ガイコク
2013年01月10日

弾丸ツアー 台湾編 其の21


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         



と言う訳で続きです。夜中の2時30分。
帰国の集合は翌朝9時過ぎ。。。それまでの時間もちと勿体ないね!
夜でも遊べる台湾を最後まで満喫しようと。。。悩んだ先は。。。マオコン!
猫空。 そう、5年前にも訪れているのだけれどお茶をせずに帰って来てしまった。
猫空は山の中でお茶が飲める場所がメニメニあるスポットです。

_MG_2405


24時間営業のお店も多いと書いてあったので鵜呑みにして最後だからタクシーで
奮発して行ってしまおうという企み。。。で、タクシーを拾うもそれなりに通り猫空。
何台もお断りされる。。。仕方ないね。。。と根気よくすると一台のトヨタウィッシュ
タクシーが連れて行ってくれるという捨てる神あれば拾う神あり。

そこから30分以上、タクシーはけっこうなスピードで猫空を目指しました。そして
山道に入りどんどん標高を上げて行きます。そして一応、24時間営業しているお店を
インターネットで調べて住所と名前を伝えてみたのだけれど。。。

P6082295


到着するとそこは真っ暗。。。辺りもすべて真っ暗。普通の真っ暗闇の山中
お茶屋はやっていなかったのだ。かと言っても目的地はここな訳で降りたのだけれど
もうどうにもならないくらいに山の中にポツンと置き去りの2人。 するとタクシーの
運転手さんが戻って来てくれた。 心配で置いて行けなかった様で戻って来てくれたのです。

そして、言葉の通じない中、どうも何処のお茶屋もやっていない。けれどそう言えば少し
下の方に煌煌と明かりがついていた場所があった。そこまで降ろしてくれると言う。。。

その分の運賃をお支払いしたい旨を伝えるもどうせ下るんだから良いんだよというニュアンスで
受け取ってくれない。。。 本当になんとお礼を伝えたら良いか。。。


タクシーの運転手さんがそのまま見放していたら私達は相当な距離を歩く事にしかも
真っ暗闇の山中を。。。本当に今でもあのありがたみは忘れられません。

P6082296


そして、一軒だけ営業しているお茶屋さんに入ってみます。
入り口で茶葉を買いまして後は お湯とかお茶セットは出してくれるらしい。

ジャスミンティーと烏龍茶のミックスされた物を購入。 これで一安心。。。

P6082297


そとは真っ暗闇の中、営業しているこの明るいお店には若い4人組のお客さんが
談笑していた。 お酒ではなくお茶を飲みながら真夜中というか朝方に
談笑している光景は少し物珍しくもあり。。。

_MG_2406


不思議な空間でした。そして眼下には大きな茶畑がそして遠くには霞がかった台北市内の
灯りがぼんやりと 揺らいでいました。

まったりとしながら。。。本当に良い時間でした。

_MG_2410


お茶の入れ方が判らずお店のおじさんが 一度見本を見せてくれた。 1つ1つのテーブルに
ガスコンロ。お茶が無くなったら再びガスコンロを付けてお湯を沸かしてお茶を入れるという
なんとも まったりなスタイル。

_MG_2411


季節はほぼ夏だから 空が明るくなるのも早い。。。 

_MG_2421


店番のおじさんが 色々話しかけてくれるのだけれど 言葉が全く判らない私達は
しどろもどろ、どうにか少しでも理解しようと一生懸命聞きながらニュアンスで
会話を繰り返していた記憶です。 台北101も本当ならくっきり見えるんだけれど
今日はきっと晴れるからモヤッテルね♪
というニュアンスに捉えながら。。。 念願だった 猫空の時間は過ぎて行く。

_MG_2430


そう、座っているテラスからは 猫空 の山頂駅が見える。5年前は長いゴンドラに乗って
あの猫空山頂駅まで来たよねと思い出話をしたりと 記憶を蘇らせてはまたここに来れている事を
実感しながら噛み締めていた記憶です。 ただ それなりに睡魔君も隣に座っていた記憶。(笑)

_MG_2441


猫空駅と遠くに見える台北市街を見下ろしながら 台湾の情緒あるお茶屋で過ごす時間。
そういえば台湾に来て初めてなくらいにゆっくりした時間だったかもです。

_MG_2442


さてと、茶葉が良質で濃いからか お茶酔いした 残念2人組。
時刻は5時45分。 のんびり猫空駅まで行く事に♪ お店を退店した。
店番さんがなにか言っていたのだけれど言葉通じずだけれど笑顔でお別れした。。。

きっと帰る手段が心配だったのかもしれない。。。

_MG_2446


と言う訳で私達が今回お茶をしたのはこのお店。大きなテラスからは
もの凄く素敵な景色が見える明るくなってから見渡すとかなり好立地な場所だった訳であります。

_MG_2447


横からみると こんな感じ。長い歴史を刻んでいる事を告げる風貌だね!
いい味でてるアルネ!

_MG_2449


さて 猫空山頂駅まで歩こう! 道はとっても賑やかでした! それは見た事もない
大きな南国ちっくな虫さん達! 見た事無い不思議なカブトムシとかクワガタとか
バッタとか。。。

_MG_2451


それから お店も沢山見ながら のんびりお散歩。

_MG_2452


まあ、とにかくお茶する 山荘はメニメニあるのだ。 ただ、24時間営業という
ガイドブックをあてにすると痛い目にあうことになるのであります。

_MG_2453


こんな お茶 より ティー が似合うようなお店もチラホラ。

_MG_2457


。。。どんくらい歩いたかな? でも30分くらいかな? 猫空駅までもう少し。

_MG_2458


これ、全部 お茶屋の紹介パネル。 ちなみに私達が24時間営業とリストしてきた店は2店舗。
共に営業はしていなかった。で、しばらくすると後からバイクがブーンと行ってしまった。
さっきのお茶屋で一緒だった若者達だった。きっとそのお茶屋も6時までの営業だったかもです。

_MG_2459


なにはともあれ、無事 猫空山頂駅に到着。時刻は6時ちょっと過ぎ。
バスで帰ろう!とバス停に行って見ると。。。

_MG_2461


土日でない日の早朝バスは無い。。。ガビーンという言葉が古いながらもこの言葉が
頭をよぎった。。。 あら、帰国出来ないじゃん。。。

オヤビン ちと 不安を隠すためか怒りだす。 アフー どうする。。。

タクシーを呼ぶしか無い。。ただ言葉通じないし。。。実は平常心を装いつつ
内心私の方が焦っていたりも。。。

_MG_2462


そんな中、猫空でニャンコに出逢った。この写真はバス停の前。。。
タクシーをどうやって呼ぶか迷っていると対面の左上の方にバスを待つ男性を発見。

通勤らしい。。。急いでそっちに走って行く。。。台北に帰りたいと紙に書いて告げると
このバスで行けるよと教えてくれた。。。 そのバスは間もなく、現れてくれたのだ。

時間は6時50分。


_MG_2464


運転手さんは女性だった。そしてもの凄いクネクネと細い道を巧みな運転技術で
軽快に下って行く。それにしても対面通行が出来ないくらいの細い道を下って行く。。。
徐々にバスはおばあちゃんやおじいちゃんを拾って毎日顔なじみのような談笑が
繰り広げられるバスで徐々に山深い道から麓に下って行き。。。

気がつくと見覚えのある動物園駅についた。 そうこの駅は5年前に猫空に来ようと
電車を乗り継いで辿り着いた駅。今回もこの駅にたどり着くのにちょっと苦労したね。。。

_MG_2466


ここから電車を乗り継いで再びホテルに戻る。。。本当はもう一つ寄り道したい場所が
あったのだけれど 今回は断念するしかないね。。。

兎に角9時の集合までにホテルに戻ろう。 でもこの段階で時間を逆算してみると結構
モーマンタイだね! と余裕綽々だった記憶。。。

と言う訳でここから 実は もう一つ 寄り道をする。所から帰国のお話で台湾の長い長い
お話を終わります。

読んでるよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちって。


Posted by theslowpace at 13:17オデカケ ,ガイコク
2013年01月08日

2012 弾丸ツアー 台湾 其の20


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         



という訳で実は台北の象山へ写真を撮りに登った途中からのお話です。
実はこの後、少しずつ皆さんは帰られて行きましてニコンのお兄さんと3人残りました。
結局21時頃までだったかな?それからニコンのお兄さんにも色々教えてもらったり
Facebookページを教えていただいたりと楽しい時間はすぐに過ぎ。。。お兄さん台北101で
コックさんをされているという方でこれからお仕事なので下山しないとという。。。

名残惜しいけれどお別れをして私たちはもう少しだけ写真を撮ろうかなと思っていた所
お兄さんが戻ってこられました。

_MG_2404


22時頃になると不審者が出る事があるのでそれまでには出来るだけ下山した方が良いよと
わざわざ引き返して告げに来てくれました。とっても優しい方で。。。そういえば、今思うと下山
された方向が違っていたのでこの場所にくるにはいくつもの道があるようです。


_MG_2402


私たちも急ぎ足で下山準備をして下りました。 登る時に雨上がりで下りは滑るであろうと
想像していた道はいつのまにかモーマンタイレベルまで乾いていてかなりのペースで下山が
出来ます。途中のもう1つの東屋にはワンコが5匹程で夜景を楽しんでいたりと。。。

それから途中のアスレチックでは筋トレをしている外人さんがいたりと。。。
象山は台北の老若男女&動物さんたちにも愛されているお山でありました。


名称未設定-1


そこからはふざけてあとは携帯での撮影で楽しんできた訳です。

1


下山はヘッデンを用意して来たのでモーマンタイ!

3


あっ、これが象山の山頂です。写真の撮影をしていたのはここからもう少し尾根を
進んだ場所です。

DSC_1031


下り一辺倒。

2



台北101をつまんでみよう!

DSC_1033


とまぁこんな感じに明るい街中へ向かって暗闇を下ります。

DSC_1035


それでもやっぱりまだ 止まると蚊がよってくる。。。
足早に楽しみながら下りながら。。。写真を楽しみながら♪
下山も楽しみます!

DSC_1040


そして街中に到着。タクシーでホテルまで。なにはともあれ急いで シャワーを浴びます。
さすがに今日は汗だくだく。おまけにアフーは全身蚊に刺されまくり。。。

それから直行で夕食を食べに適当と探してみるも屋台までは体力ないし。。。
今日もいつものところで良いや! と24時間営業しているこちらへ。

P6082282


かけつけ ピーチュー一杯! ビールのことアルヨ♪

P6082285


それから適当に頼みます。が親分は前回食べた定食のようなのが
気に入ったようでそちらを。

P6082286


後は青菜炒めとアフーは汁ビーフン。

P6082291


見た目はあまり美味しそうでないけれど けっこう美味しいのであります。
まぁ、アフーの舌は基本 自分の料理意外は何でも美味しく思うのであります。

P6082292


親分の定食。間食すると こんな文字が見える。

P6082293


う〜ん! オツなお皿だね! という訳で満腹二人はとりあえず今回の台北出張で
登ろうと思っていた山は3座コンプリート。ホテルに戻り明日の朝には帰路につく。

P6082295


確か、ホテルのロビーに9AM集合ダッタ記憶。 現在夜の1時です。
弾丸旅行はほとんど眠らずに遊ぶ事が多い我が家。。。 そんな訳で
台北の最後の夜も。。。なにか悪あがきをしようと企むのであります。

仮眠を1時から2時30分まで。。そして目覚めた。
悩むならば行ってみよう! と翌朝戻って来てすぐに
帰国できる準備をして夜中の3時にホテルを出発! そう、これも5年前にやり残した
事! そんな場所に行くのですが猛烈にハプニングおきまくる事を。。。二人はまだ知らない。。。

な〜んちって。

この続きはまた明日♪ という訳で 続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん!


Posted by theslowpace at 14:11オデカケ ,ガイコク
2012年12月29日

2012弾丸ツアー 台湾編 其の19


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         



という訳で続きです♪

台北101を後にしてタクシーの運転手さん任せで 象山登山口まで。

IMG_2304


そう、この風景を探しにはるばる日本からやって参りました。
さてはて、見つける事は出来るのでしょうか?

IMG_2336


タクシーの運転手さんは 少し迷っていたけれど無事に登山口に届けてくださいました。
思っていたよりもこじんまりとそして奥まった場所に ひっそりと佇む登山口に到着。

IMG_2354


トッツァン坊やアフーが到着です。
雨上がりなのでものすごい 湿度です。。。  路面のご覧の通りスリッピーです。

IMG_2357


ただ、登りはじめからすぐに気がつきます。この山。。。蚊がはんぱない。。。
しかも日本にいるような蚊ではなく ものすごい大きなサイズ。

IMG_2359


登っている間にすでに顔は何カ所も刺されている 足も酷い〜〜〜〜。
親分は蚊に刺されてもまったく痒くないようで。。。

IMG_2360


で、話はそれましたが とにかく猛烈な湿度の中 階段を登ります。
滑るは蚊が集ってくるわもう。。。ほぼ注意力散漫状態。

IMG_2362


なんて書いてあるのか 判らないけれど 登山口。

IMG_2364


どんどん登っていくオヤビン。

IMG_2367


時折、下ってくる方とすれ違うのですがきっと縦走されてきているのでしょうか?
土砂降りの中を歩いてこられたようで。。。ずぶぬれです。

IMG_2369


時折 ワンコも降りてきます。ワンコの散歩道でもあるようです。
そして、開けた場所に。 すると ドド〜ンと台北101が聳える景色に飛び出します。

IMG_2368


それにしても 湿度100% そして止まるともうすごい数の蚊。
気がめいりそうな苦痛度100%。。。状況。

IMG_2371


で、象山の頂に到着。景色はこんなです。ただまだ先はずいぶん続いているようで
親分は先を見てくると。。。私はここにとどまる事に。。。景色はこんなに素敵です。

IMG_2372


この岩に登ったらもっと素敵だろうなと思っていると少し離れた所にいたおじさんが
なにやら 滑るから危ないよと言っているよう。。。相当危なっかしいと思われたようです。
運動神経の悪さは万国共通で伝わってしまったようです。

さてと、無事にあの景色なのでしょうか?

IMG_2336


デケデケデケデ〜ン 発表します!

IMG_2373


うん。アフーが撮った写真ですが見事に そっくり!少し画角の違いはあれど
しっかりとそのアングルに近いです。すると 縦走路の方から若い青年が2名。
そして岩にスタタと登ったのであります。 おじさん、彼らを止める事はしなかったので
やっぱり私は相当な運動音痴にみられたようです。(苦笑)

IMG_2374


そこからの景色は素敵ですか? でそれを見ながらもなぜか 蚊が私によってきていて。。。
もうそれを撥ね除けるのに必死なアフー。すると 青年が。。。これどうぞと一枚くれた。

それは蚊がいやがる匂いのパッチ。

IMG_2375


使い方が判らず直接に肌に貼付けてみたら そうじゃないよと。。。
服の上に貼るんだよと教えてくれた。。。。で、 あまりに蚊に刺されている私を見て
哀れに思ってくれたようで。。。これ一箱、全部あげるから使いなと渡してくれた。。。

IMG_2379


なんて優しい青年達なんだろうか。。。 
記念に写真を撮って♪ お別れです♪ 台湾、本当に優しい人がメニメニです。

IMG_2378


しばらくして、親分が迎えにきました。もう少し先に東屋があってそこで
カメラマンさんが何人かいるとの事。 そちらに移動する事にした。縦走路をしばし進み
小さな公園を超えて一つ目、二つ目の東屋に到着しました。

IMG_2383


蚊はやっぱり減らず パッチを貼っている場所から離れた所を集中攻撃されているアフー。

IMG_2385


東屋で日が暮れるのを待ちます。 ザックの中に足を突っ込んで腕にはタオルを巻いて
蚊からの攻撃を最小限に。。。ただ音がものすごい。気がめいる〜。

IMG_2391


で、親分のカメラの周りにも数台のカメラ。カメラマンさんは5、6人。それぞれにシャッターを
きるとディスプレイに映し出されるのですが皆さんの撮られた写真があまりにも素敵で。。。
でも親分の写真だけなんだか 全然冴えない。。。

IMG_2392


それを一部始終見ていた私は やっぱり親分の写真だけ冴えない。。。と伝えてみるのです。。。

IMG_2393


すると言葉は違えど。。。う〜ん。ちょっと違うんだよな〜というニュアンスは万国共通のようで
隣のおじさまがオヤビンのカメラの設定を見てくれました。
あっ、この設定よりもこの場所はこれが良いよと設定してくれた設定で撮ってみましょう♪

IMG_2394


私も便乗してその設定に。。。すると。。。同じカメラとは思えない素敵な写真が。。。
という訳でこんなにも違う写真が撮れまして。。。

で、右のおじさまはご夫婦で立派なカメラ一式を持って撮影にこられていました。
おばさまも私に指導してくれまして。。。

_MG_2398

まったく言葉は通じないのに いろいろとみんなであれこれ。。。楽しい時間が流れます。
それからアメリカ人の方も参加! もういろいろな言葉が飛び交う楽しい東屋です。

_MG_2402


今でもうちのカメラは台湾のカメラ先生の設定になっているのですが
そして隣のニコン使いのお兄さんも 黒い四角い紙を持って扇いだりして
特殊な撮影をしていらっしゃいます。

_MG_2404


夜にしっかり近づいた頃。少し湿気も収まって 蚊も少なくなったのか?それとも
アフーが慣れたのか? 楽しくてなかなか予定時間を大幅に過ぎていたのですが
遅くなっても良いや! という感じに♪ 道具頼みばかりの親分と私でしたが、完璧に
カメラを使いこなしている皆さんを見ていたら。。。 少し恥ずかしくもなったりです。
まだまだ、カメラの事、判っていなかったんだなと。。。

で、親分の冴えなかった 台北101の写真は 台湾のカメラ先生のご指導のおかげで
ものすごい奇跡的な写真が撮れたのであります! やったね! オヤビン!

_MG_2400


撮影に夢中で幸せそうな親分。
しかし、この時まだ知らない。。。 その素敵な写真を何度も消してしまう残念人間が
こんなに近くで撮影を見届けている事を。。。

という訳で、実は救えた写真はたったの一枚。

その写真はヤマノボリ総集編にアップしようと思います。

少々急いでいる象山レポはもう少しだけ続くのであります。
今日も読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。




Posted by theslowpace at 18:43ヤマノボリ ,ガイコク
2012年12月28日

2012弾丸ツアー 台湾編 其の18

年末の宿題を終わらせるために。。。
書き終えます!


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         


と言う訳で実は書き忘れレポは台湾。。。



2012 弾丸ツアー 台湾編 其の15 淡水編

淡水という観光地で2人乗り自転車で遊びほうけた後。。。

7d50d3ab



電車で再びホテルに戻りました。
理由は睡魔君の限界。。。それから1時間と少し仮眠した後。。。再び山に行くのです。
山服に着替えて。。。出発です

IMG_2295


ただ、夜の山狙いなので。。。
ちょっと食事でもと言う事で。。。鼎泰豐 本店へ。
小龍包でも食べようと。。。


IMG_2297


世界の10大レストランに選ばれているお店ですが 気軽に入れる本店スタイル。
待たずにすんなり入りまして、小龍包をまず2つ。それと前回も食べた記憶のある物を
それと忘れずにビール。。。

IMG_2300


あっつあつの小龍包。お互いもうひとつずつ おかわりしまして。。。
何個食べただろうか。。。もう当分小龍包いらないくらい食べてゆっくりしようかと
思いながらもどうも食事どころはいつもすぐに退店してしまう私達。。。

IMG_2301


あっ、そうそう前回とは違いチャーハン付のなにやらと。。。オヤビンも
なにやらチャーハンを頼んでいた。。。お店の人がそんなに食べれると心配されつつも
見事完食して。。。そそくさ、タクシーを拾う。
タッチパネル式のヘッドレスト。 目指すはまだ日暮れには時間がありそうなので
台北101でも見に行こうと。。。

IMG_2303


鼎泰豐から台北101まではほぼ一本道。このストリートにはけっこうな
山ショップが幾つか並んでいます。寄りたい気持ちも抑えつつ。。渋滞しながらも確実に
台北101に到着です。



IMG_2304


本物の台北101。。。ちなみに下の写真は
数年前に山に登る前に朝、見上げて。。。親分と勘違いしていた偽台北101

28fcee19


山に登るからと近づけなかったけれど、記念撮影までしちゃっていた訳で。。。
残念ぶり炸裂です。さてと、この日も後程 山に登るのでなかなかこの格好で
うろちょろする訳にもいかず。。。

IMG_2306


直行で展望台へ

IMG_2307


足早に。。。そしてチケットを購入して。。。

IMG_2310


ゲートをくぐって ムーチョ早いエレベーターで展望階へ。

気がつくと、かならずゲートをくぐる際にはザックを背負っている我家。。。

282e0359


...観光的な事、オヤビンがあまり好きでないから。。いつもこんなスタイル。
でもとってもアフーは楽しいのであります。。。

IMG_2311


展望台にあがると ドゥ〜ンと重い空。

IMG_2316


昨日登った、基隆山も遠くに聳えています。望遠レンズ効果で大きく見えるね!

IMG_2326


あの辺も昨日登った 陽明山?

IMG_2327


大きなディスプレイはこんな風に日本語でも教えてくれる。。。

IMG_2329


で、この後、登る事になる山も載っています。そう、実は縦走が出来るお山なのですが
この日は1つのお山のみ目指します。 四獣山はすべて獣の名がついた小さなお山の集まり。
総称が四獣山と言います。

IMG_2332


さて、目指す場所を肉眼で探してみます!!とありました。 鬱蒼とした緑の中に
あるあの岩。。。あの場所を目指します。 山の名前は 象山。

IMG_2333


あの場所を目指すのですがあまり情報がないので。。。ちょっとタクシーの運転手さん
任せなのであります。すると 台北101の展望階に沢山の人が。。。
なんでだろうかと思うとさらに上の展望デッキにいた方達がすべて降りて来られたようです。
ゲリラ的な雷雨だったようです。。。ずっと台湾では屋外にいた私達ですがこの時だけは
ラッキーだったようで、雨に濡れずに知らずにこの場所にいれたようです。

IMG_2336


恒例の絵はがきも。。。切手もハガキも売店で購入してこの場にあるポストに。。。で実は
前回もこれに似た絵はがきを買って送っている訳ですが今回、基隆山に登りたいという思いと
もうひとつは。。。この絵はがきの絵にある場所にたどり着いて写真を撮りたいという事でした。

IMG_2340


一足先に。。。台北を旅立つ絵はがき君。ただこんな事になろうとは。。。


IMG_2341


そろそろ、お山に向かいますか。。。雨もやんだみたい。。。

IMG_2342


台北101。。。 また来るね〜♪

IMG_2345


合成写真を撮っているようです♪

IMG_2347


下るエレベーターはけっこう並びました。その間、こんな物などそれから
お土産コーナーを通りながらエレベーターを降りるシステム。前もこうだったかな?と
記憶を疑う。で、実は中国本土からの観光の方が多いのですが。。。
長蛇の列も物ともせず ずる込み。。。 ずる込みってなかなかキー打ちする事
ないのですが、これは酷いくらいに。。。台北101のエレベーター係さんも困惑しています。

なにはともあれ、無事に外に出て見ると。。。雨は完全にあがり残っているのは
もの凄い湿度。紙に 象山 登山口と書いて運転手さんに見せるも判らないタクシー2台。

IMG_2351


。。。暗雲が。。。なんて思って諦めかけてもう一台。次のタクシーに聞いて見た。
すると、一瞬悩んで再び良いよ。と♪

念願の絵はがきの景色がある 台湾滞在、最終山! 象山へ!

と言う訳で、レポは続きます♪
明日も読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。♪


Posted by theslowpace at 23:00ガイコク ,オデカケ
2012年08月24日

2012 弾丸ツアー 台湾編 其の17 淡水編


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         



IMG_2233


そんな訳で自転車を借りて のんびりサイクリンと行きましょう♪


IMG_2234


二人乗り自転車は後の人はラクチンなのであります。 親分が一生懸命
ペダルを漕いでいる時も 後は暢気に写真を撮ったりと♪

IMG_2237


悠々景色を堪能中であります。さてこの淡水では魚が釣れるようで
調べて見るとここは湖ではなく川でした。

IMG_2243


ワンチャンとのんびり 釣りをしながら 優雅な時を過ごすおじさん♪
そしてその脇を あても決まらないままレンタル自転車で暴走する二人組。。
サイクリングロードは時にそのまま 川に落ちちゃう的なコースもあり
けっこうなスリルも味わえます!


IMG_2244


こんな風にしっかりと整備された自転車道です。

IMG_2246



空にはいつのまにか雲は居なくなって。。。
日差しが降り注ぐので オヤビンは汗だくであります。

IMG_2247


そんな親分。突如自転車をホッポリダシテなにやら駐車場か空き地のような場所へ♪
はて。。。


IMG_2248


その先にはもの凄く小さな ちびニャンコ。。。掌に乗りそう。。。
少し心配するも隠れた場所にニャンコの簡易ハウスとお水とご飯がありました。


IMG_2252


ちびニャンコの件で安心したオヤビンは再び自転車道を走ります。
が時に自転車道は水路から離れた通常の道路の測道にもなったりします。


IMG_2256


そして再び リバーサイドに戻ったりと♪ 変化に飛んでいるサイクリングロードでも
あります。途中にはお洒落なお店などもありますがやっぱりまだお店は時刻的に
開店前。


IMG_2258


すいすいのす〜い。 そんな訳で地元の方のゆっくりまったりしている所を
ウロチョロな観光客であります。


IMG_2260


本当はどこまでも行こうかと思ったのですが時間的にもそれから暑さ的にも
という色々な理由付けでUターンする事にします。


IMG_2265


本当は夕日が綺麗な淡水なのですが まぁ、朝のサイクリングも和やかで
新鮮でいいね! と。。。

帰り道もまった〜りしていると。。。突然 見覚えのある。。。


IMG_2268



チー君!!! そっくりのニャンコさん。。。しかもあちらにも そちらにも。。。チー君が
4匹も。。。

IMG_2269



。。。なんだかお家に帰りたくなってしまったのであります。
きっとひとりぼっちで寂しがっているんだろうなと思えば思う程。。。
仕事絡みとはいえ。。。 お家に帰りたい。。。


IMG_2270



で、なんだかとっても不思議で 釣りをしている方はほぼきっと毎日とか
日課になっている方が多いようで。。。ニャンコさんも それぞれのニャンコさん
的な感じで パートナーがちょっと見えたりしたりもしました。


IMG_2275


なんだかとっても良い関係♪な 釣り人さんとニャンコさん。
気がつけばさっきまで雲隠れてしていたお山も顔を出していました。


IMG_2276


そそ、このおじいさん♪のニャンコさんは こちら


IMG_2277



二匹♪ しかもそっくりさん♪ おじいさんは ニャンコさんの お水までおうちから持って来て
いました♪ なんだか 本当に君たち幸せそうだね。。。

IMG_2278



仲良しな光景に 云わずもがな 私も親分も癒されてしまいました。
何匹いるのかなと思う程に猫さんが多い。 しかもどのコもとても幸せそう。。。

すると 不思議な銅像が。。。

IMG_2280


少女と沢山の猫の銅像。。。なんだろう
後でじっくり調べる事にして♪ すると この銅像の付近には
新鮮なお魚を食べている本物のニャンコさんたちいました。


IMG_2287



時間がゆっくりと流れる午前中の淡水。初めはもう帰っちゃおうとなんて
言っていたのですが レンタル自転車を借りた事によってとても
素敵な思い出ができました。 

IMG_2288


それにしても1時間300円?未満なんだ。。。
もう少し涼しかったらあと2時間くらい のんびりしても良かったね!
とか話しながら駅に向かいました。


IMG_2290



放出しすぎた水分を補う事にします♪ 50嵐。というお店。
チェーン店で台湾内でけっこうみかけました。


IMG_2291



そして見覚えのある ヤクルト 発見!
でも 私と親分はそれぞれに タピオカミルクティーの大きいのを注文。
で。。。シロップの量など色々聞かれたのですが 言葉が通じない事もあり。。。

IMG_2292


激甘ミルクティーの到着です。
血糖値がいっきに上昇していきそうな中 駅のベンチで休憩した後 程よく
汗もひいたので電車にのって ホテルに戻る事にしました♪


IMG_2294



駅はとても綺麗♪ 前回来れなかったので 今回という形で本当は夕方が絶好の淡水という
観光地ですが 朝早く来てみると観光地とはまた別の顔の淡水が見れた気がして
これはこれで良かったなとそんな少し遠くにも感じる思い出話を書いてみました。


素敵な週末をお過ごしください♪ ファンチーフライデー♪

明日も読んであげるよ♪ お尻ぺんぺ〜ん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 18:24ジテンシャ ,ガイコク
2012年08月23日

2012 弾丸ツアー 台湾編 其の16 淡水編


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         



IMG_2172


朝早く起きて とりあえず出かける事にしました。出発は。。。
7時頃(笑) 本当にアホな位に眠らない。。。いろんな物が見たくて
眠さも吹っ飛ぶ訳で。。。とりあえず前回も行けなかった淡水という場所に
行ってみようと言う事になった!

IMG_2175


電車の乗り換えももうお手の物。なオヤビン!
どうせ空いているだろうな〜と思った車内は以外と混雑していて淡水までは
ずっと座る事は出来なかった。で、混雑していた理由は通勤時間なのであります。


IMG_2180


さてと、無事に淡水に到着。ここは週末ともなると台湾の方達の観光地として
非常に活気のある町並みとの事! で、海ではなく湖。 湖畔に沿った町は
お洒落なカフェなども色々あるようであります。

IMG_2182


ただ、寝不足旅行者の二人は。。。時間帯にだいぶ誤差が生じているようで。。。
活気はまったくなかった。。。もはや駅構内では 気功とか太極拳とか非常に
和やかな時間が流れていたのであります。

IMG_2186


ごらんあれ。。。 どこもなにもあいていない。。。でもオヤビン!
地球の歩き方には 金色海岸という素敵な海岸があるらしい。
あれ?湖畔だったはずだけど 勘違いかな?

IMG_2187


すっからぴ〜ん。 土産店などメニメニ賑わいそうな雰囲気だけは
遠くに感じるアルネ。。。

さてと、ならばいいよ!金色海岸に行ってしまおう!と歩く事少々。。。

IMG_2188


あ。。。。 間違えました。すいません。金色水岸でした。
やっぱり湖であっているようです。(照)適当っぷりが伺えてしまいました。。。
さて、金色水岸はどちらかというと 灰色水岸ちっくな光景。。。

IMG_2190


見事なる雲に覆われて。。。そういえば。。。日本では見かけないもの発見!
綺麗な芝生と手入れされているこの金色水岸の広場のいたる場所にこんな物があります。

IMG_2192


ワンコさんの ポンポンの袋です。 あっ、我が家では なにを ポンポンと言います。
例え。。。 チー君 ポンポンされました〜。 的な使い方をします。と
余計な補足です。ひさびさにガッツリとブログが書けるのでちょいと暴走しております。


f821565107



ポンポンビニールは至る所にいたる形で置いてあります。
なんだか いいねっ! こういうの! と思ったアフーであります!
そそ、山あったよね! と思ってみましたが。。。


f438407411


見事なる雲隠れ。。。テンションダダ下がり。。。

IMG_2195


さて、オヤビンお腹空いたから朝食でも食べようか? 実はホテルに朝食ビュッフェが
毎日付いていたのですがどうしても地元の物を食べたいとこの日も食べずに来てしまいました。

IMG_2198


だからお腹ぺこぺこ。。。でもやっているお店がない。。。うろうろします。


IMG_2199



公衆電話にはWIFI, 使えるのかどうかは判らずオヤビンはなにやらやっていたようですが。。。
私は面白い鳥を見つけて バードウォッチングする事に。。。

f419812211


お店。。。まだ開きそうにないね。。。オヤビン駅の方に戻ってみようか。
なんだか淡水は時間帯が悪かった事にして 帰ろうか。。。と言う話になった。

f262844339


てくてくと歩きます。そして ちょっと変わった駅に戻って来ました。
親分がお粥食べたいというのでお粥屋さんを探します。


IMG_2200



そうそう、実は淡水の駅前にはモスバーガーがあります。しかもお粥キャンペーンらしい
事が書いてありました。モスバーガーや吉野家それから和民などは普通に台湾の至所にありました。


IMG_2201



お腹空いたペコりんこ旅行者2名。。。 親分の後を追いかけます。
バスでも台北から来れるのとそれから 昨日訪れたテレサテンさんの故郷である
金山や基隆からのバスも見る事が出来た。なんだか次はもっとバスの旅で満喫出来そうだね!


IMG_2202


さてと、なんだか朝市ストリートを発見です! ここならご飯にありつけそう!


IMG_2205


ここにもスクーターがいっぱい! そしてお店を探しまわるもなかなか 開いていない。。。
まだ時間が早かったんだね。。。少し準備しているお店はあるものの。。。まだ準備中っぽい。

するとオヤビン。呼び込みさんに掴まります!






IMG_2206


うちで食べて行きなよって言われている気がしたのですが。。。
君の飼い主さんはまだ一生懸命 開店準備中。。。あ〜残念。

とっても素敵なお店だったのだけれど。。。 名残惜しくも呼び込みニャンコさんともお別れ。。。

IMG_2208


なんだか癒されちゃったね〜と歩いていると 市場らしい光景がどんどん現れます。

IMG_2213


親分がチマキを見つけて購入。

f966712883


お肉屋さんもお魚屋さんも八百屋さんも。。。とにかくなんだか ノスタルジックな
アジアンな風景。。。

f996888115


あっ! モコモコモンスターだ!  日本にもあるよ! 君は ケイトウというお花だったよね!

f876344691


こんな感じでなんだか タイムスリップしたような光景が妙に新鮮でした。
不思議果物発見! 


IMG_2216




IMG_2217


トマトのようでトマトでない。 今にもしゃべりだしそうなそんな果物?
もしくは野菜? 結局判らず。。。

IMG_2218


市場を歩くオヤビン大佐。 目が良い オヤビンにひっついていけばきっと美味しい物に
ありつける! あっ、実はこの日以降の台湾旅行の写真は実は私が大失態をしてしまいまして
親分撮影のカメラメモリを削除してしまうという アユタヤ事件と同じ事を繰り返してしまい
親分データは復旧出来た分のみとなっています。。。きっと素敵な写真あったんだろうな〜。

IMG_2220


で、へなちょこカメラマンアフーの撮影した物が多めとなります。。。
お話を戻しましてご飯にありつけました。なんだか薄いクレープにお餅と卵を巻いた
ソースで食べるお好み焼きのような物とさっきのチマキ。

どちらも 甘からず 辛からず そして 旨からず。。。 ちょっと薄味過ぎた訳で
あります。 まぁ 私の手料理よりは全然美味しいそうですよ。。。酷い事言うよねオヤビン。

IMG_2221



チマキ。色々入っているのだけれど 少し味が薄い。

f806201715



そんな訳で無事に朝食も済んだから いったん台北に戻ろうと言う事になった。
バスで淡水の名所まで行く事も出来たのですがなんだかまだお店も開いていないし
という事で なんだかな〜と 淡水を後にする事にします。

f228212147


こんな路地での朝食はとっても新鮮! 男装ってお店が気になる〜。
さてと、ちょっとだけ歩いて町並みを目に焼き付けてから帰りますか〜と
てくてく再びお散歩です。今日は夕方まで特に用事はないのであります。

IMG_2223



あっ! クロネコヤマトだ! とちょっと感激! しかもユニフォームも一緒だ!


IMG_2224


さてとそんな寄り道も飽きた所で駅に戻ります。が迷子になりまして
結構な時間を要します。。。
それが後に功を奏すのであります。

親分が見つけた自転車屋さん。 

レンタル自転車屋さんを発見! 暇人二人。 迷わず入店。

こんな可愛い店員さんがいるではありませんか!

IMG_2226


ロードバイクがメニメニ。しかも自転車パーツも非常に豊富!
買いたい物が出て来そうだけれど まずはレンタル自転車を借りる事に♪
1時間たしか数百円。 とりあえず1時間借りる事にしました。

IMG_2228


借りた自転車(笑)

タンデム自転車です。

IMG_2231


スタバの横を通りまして再び 金色水岸へ。。。
実は自転車専用ロードがあるのを来てすぐに把握していたんです。
サイクリングされている方はけっこう多く!

いいな〜と思っていた矢先のレンタサイクル!どっちが前に乗るという事になりましたが。。。
見事な程にタンデム自転車を扱う事が出来ない残念人間が一人。。。

f541365427



と言う訳で 二人乗り自転車の小旅行の始まりであります!
これがめっちゃくちゃ楽しくて。。。しかし、その後
もの凄いホームシックになってしまうのであります。。。

そんなお話はまた明日♪ 
と言う訳で明日も読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪なんちて。


Posted by theslowpace at 04:03ガイコク ,オデカケ
2012年08月08日

2012弾丸ツアー 台北編 其の15


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         








IMG_1968


部屋に戻って落ち着いて。。。しばらくしてみると なんとなくまだ22時台。。。
勿体ないな〜。一応、この旅は出張と言う事で実は。。。明日の晩は仕事が入っている訳で。。。
使える時間は使い切りたく。。。

IMG_1970


再びほっつきあるきをはじめる事にしました。
で、実は今朝、陽明山に向かう最中に見覚えのある駅名を見つけまして。。。
ならバスで行ってみよう! と言う事で向かってみる事にします。


P6062269


今朝乗ったバス停は朝と違いもう誰も居ない。バス停の時刻表を見ると
沢山のバスの幾つかは22時までと表示されていて既に最終バスなく 0時まで
運行されているバスで目的地に行くバスを待った。一応、バス停で行くバスの番号を
幾つかピックアップしていたのですが すんなり一本目のバスがそれでした。


P6062270


運転手さんに一応、降りる場所に不安があったので 紙に書いてみてもらいました。
で、目的地に到着!すると バスの人!なぜか皆さん私達が降りる場所を知って居たようで。。。
降りれるか不安だねと日本語で親分と会話していたのを聞いてくれていた様で。。。

降りる場所になった途端に台湾語、日本語、そして大学生は英語でも
それぞれに教えてくれまして。。。バス停から少し歩かねばならなかったのですが
丁寧に道案内までしてくれました。


IMG_1972


優しい道案内をして頂いたお陰で迷う事無く目的地に到着!
士林夜市に無事到着です。実は5年前に来ていたのですが新しくなったと言う事は
しっていたのですがここは今回スルーしてしまうおうと予定していた場所でもあります。


IMG_1973



が、どうせならば見ておこうよ!という事で 時間のあまったこの日に訪れてみちゃいました!
が位置関係はだいぶ変わったようで。。。迷子になります。


P6062272



けっきょく遠回りしまくって 到着です!

P6062274


もう23時をまわっているので 観光の方は少なく台湾の方ばかりでした。
それにしても台湾は本当に眠らない町です。

P6072276


こんな綺麗になったんだね〜♪ と感心しまくりな私と親分。
ヨーピーチューマと覚えたての言葉でビールを頼んだ記憶も新しく。。。

IMG_1975


入って行きましょう!


P6072277



食堂街は地下になります。綺麗になってるぅ〜。 あのまた ムーチョアジアンな感じも
好きだったのにな〜と思いながらも何処で食べようか悩みます。で取りあえず。。。

P6072279


まだ飲んでいなかったよね! と タピオカミルクティーを2つ注文。
今日は恐ろしく汗をかいたから どんだけでも水分が体内に入ってくのです。


IMG_1978


ただ、美味しい。。。けれど 一気に飲み過ぎてお腹を壊してしまいそう。。。

IMG_1980


喉を潤してから少しベンチで休憩しました。のんびりと 終わりの準備をする
地上階の雑貨屋さんなどが並ぶ景色を眺めながら。。。

IMG_1981


実はもう地下街も終わりに近いのか。。。食べれる場所は限られていまして
なんとなく食べたい物が無かったのとさっき急いでご飯を食べたのと
タピオカミルクティーも手伝って夜食は要らないかな〜と

IMG_1983


そんな訳で。。。通っているとなんとも良い香りでみんな1、2つずつ買って食べている。
な訳で。。。私達も食べてみる事に。。。 で3個ずつ食べようとなりまして
6という数字を手でお願いしましたが、ちょっとだけ様子が可笑しい、少し待てと言う

で、待っていると大量に焼きだしました。その間に長蛇の列まで出来る始末。
6と言う表現を左手1本右手4本の合計6本の指は 相手には
15個という形に。。。

IMG_1986



無事15個受け取りまして(笑) ならばホテルに戻って一杯やろう!という事に
ならば続きで ならば 名物の巨大唐揚げもお土産しちゃおう!と


P6072280


そんな訳で美味しい 唐揚げも無事に購入完了! 本店は長蛇の列だったので裏側にでて
支店で購入。 そのままタクシーを広いホテルまで

IMG_1988



ホテルに帰って一人7個の青菜のベーコーン巻き的な物と唐揚げを食べて
そのまま眠ってしまいました。それでも旅根性と言わんばかりに目覚ましは6時にセット!
基本的に明後日の最終日は帰国日、ほぼ使えないだろうから残るは明日のみ。

と言う訳で濃密な台湾の旅2日目は
★陽明山 大屯山 ★金山 ★基隆
★九扮 ★九扮基隆山 ★士林夜市
の弾丸となりました。


続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん。


Posted by theslowpace at 11:03オデカケ ,ガイコク
2012年08月06日

2012弾丸ツアー 台北編 其の14


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         








IMG_1903


下山後、台北に戻る為に まずは 九扮まで歩きます。と言っても
5分くらいでしょうか?

IMG_1905


もう日暮れ後と平日と言う事もあって 活気のない九扮。。。
すると 。。。富士山の旅 と書いてあるバスが(笑)

無謀なネーミングアルネ!

IMG_1906


九扮へ下る坂道を右に振り向けば こんな風に入り組んだ 地形の海岸線が
広がっています。


IMG_1907



そして後ろを振り返ってみると暗闇。。。 それはさっきまで登っていた基隆山が聳えている
からなのであります。 


IMG_1909


更に下った右側には タクシー乗り場があります。
観光地と言う事もあり タクシー乗り場が1つではなく幾つかあるようです。
平日なのでこちらは機能しておらず。。。

IMG_1910


そこから見える景色が素敵だったのでまったりと 三脚をザックから取り出して
のんびりと写真撮影してみる事にしました。

IMG_1912


暖色系の街灯がとてもノスタルジックで素敵なのであります!台湾 というか アジアという
感じです!

IMG_1917



今日は朝早く台北からずっと動きっぱなしだったのだけれど 不思議とまだ疲れていなくて
それから念願かなって来れた場所と言う事もあり 急ぐのは勿体ないという結論に至り時間に
追われる事無く 進んで行くのでありますと言いたい所だけれどちょっと凡ミスしまして。。。


IMG_1919


寺院の屋根はとても特徴のある物が多く 仏閣巡りも楽しそうな予感です!
今回は1つだけ行ってみたい神社を用意していたアフーであります。それは最終日に♪


IMG_1923


まったりもだいぶ なじんで来た頃。。。気がつけば体が汗でべとべと。。。
これはちょっと 気分が良くないね! と言う事でコンビニへ!そしてシャワーシートを購入。
ちなみに日本に売っている Banのシャワーシートとまったく同じ物でした。

それからタクシーに乗ります。瑞芳駅までは一律料金。ただし台北のホテルまで1000元で
行ってくれると言う。 考えると非常に安い。。。だけれど 自らに今回は試練を与えたく。。。

IMG_1924


悩んだけれどタクシーには瑞芳駅まで送ってもらいました。
試練とは。。。 実は5年前には鈍行列車で台北まで。これが非常にキツかった。。。
当時はとにかく必死だった事もあって 無事に帰れれば良かったのですが もっと快適な
列車があると言う事を知ったのは帰って来てから。。。


IMG_1925



前回は新幹線も乗ったから今回はその 快適快速列車に乗って行こう!と決めていました。
体力も気力もまだまだあります! で、まずは駅へ

IMG_1927


紙に 【自強号 指定 台北】 と書いて見た。すると日本語で 説明してくれた。
台湾では日本語が話せる方が多いのです。。。

指定席を購入してみると 8時2分発とある まだ少し時間があるね。20分と少し。。。

IMG_1928



お腹ぺこぺこだから何か食べよう! と辺りを散歩してみる事にした。


IMG_1929


屋台の多い台湾なら20分もあれば食事は楽勝!


IMG_1930


駅からまっすぐ 歩いて行くと。。。美食街と言う物が出て来ました。
そそられるネーミング!


IMG_1932


お腹ペコリンコ隊は迷わず 入ってみます!すると中は屋台街でした!

IMG_1933



お寿司屋さんでラーメン食べてる! とまぁ なんとも楽しい 空間です!
色々食べるお店を吟味した所! 親分が台湾では最近鉄板焼きがブームらしいと言う
ソース元は何処か判らないけれど そんな事を言うので 迷わず!鉄板焼きのお店に。

IMG_1935


読めないから取りあえず親分と同じ物を。。。
親分に任せた。牛肉を親分は頼んでいたので私はすかさず ピースして二ツと述べた。
それからよく判らないけれどライスも頼んでみた。でもなにか折り返しで言われた。
きっとセットだからライス注文は要らないよという意味だったと思われる。。。
すぐにスープが運ばれて来て。。。このスープは見た目以上に美味しい!

IMG_1936



それから山盛りご飯。そして鉄板では私達の分を調理してくれているらしい。


IMG_1937


あっ!!!!!!!!! オヤビン、電車の時間。。。 
まであと10分を切った。。。頃に ご飯到着! この時はもう頭が効かなかった。
というかいつも効かないのだけれど 後に考えれば電車の切符を買い直せば
良かったんだねと。。。

IMG_1938



先に切符を買って思ったよりも時間が余ったので 食事というちょっと予期しないパターン
だったので もう頭は働かず購入した指定席のある自強号の8時2分に乗り込む事しか
考えていなかった。。。 食事はしっかり食べよう!基本、食べ物は相当な事が無い限り
残さないと決めている我家。大急ぎで完食をめざす。


ただ。。。熱くて熱くて。。。 そりゃ 鉄板焼きだもの 熱くて当然。。。口の中は大やけど
状態。。。でもニンニクが利いていて青菜もモヤシもお肉もどれも絶品!

結局、親分完食、私は親分に少し手伝ってもらって完食!

IMG_1939


足早にお支払いをして美食街から 駅へ向かった。
もう話す事も出来ないくらいに 口の中は大やけど。。。

IMG_1941


急げ、アフーと言われながら ほぼ 全力疾走! 食べたもの。。。出て来ない様に
気をつけながら。。。 兎に角親分の後を必死に追う。

IMG_1942


駅に入り、あもうも 言わずにホームまで ホーム=月台 という。
あと3分。まだホームが何処かも判らない。。。この日は瑞芳駅では写真家の撮影展が
開かれていて とても素敵な目を奪う写真がホームまでの道のりに何枚もあった。。。

IMG_1943


親分が 見たい、見たかったと嘆く中。。。見て行きなよと言うと
逆切れされる。。。兎に角 口は火傷、食事は急ぎ過ぎてなんだかテンテコマイ。
写真展は見れないと もうスッタカメッタカ。。。 イライラが少々募るオヤビン。

IMG_1944


そこに追い打ちをかけるように 隣のホームも1分違いで台北行きがある。。。
どっちに行って良いのか判らず2番ホームと言われたのだけれどどっちも2番。。。

IMG_1948



冷静に親分がチケットをみてこの電車と気がつく。。。そして無事に乗車。

IMG_1946



無事に自強号に乗れた。。。のも束の間。 指定席に違う人が座っている。。。

何度見ても私達の指定席番号。。。 チケットを見せるとなにか言いながら何処かに消えた。。。
。。。あるんだねこういう事も、と 親分とまた新しい事を発見した瞬間でした。

IMG_1952



台北まで45分だったかな? 私達、瑞芳まで何時間かけて来たかな?なんて
考えながらウトウトしては 目が覚めて。。。の繰り返しで気がつけばもう電車は台北駅に
到着した。

IMG_1957


ここからも正直な事を言うと ホテルまでは乗り換えが必要で。。。一本では行けない。
タクシーも考えたかったのだけれど 悩むのも面倒になり。。。少しここに来て疲れが
お互いに見え始めていました。

IMG_1958


なぁなぁで 兎に角無事に乗り換えを住ませて 最寄り駅に到着した。
ほぼ、記憶も無い。

IMG_1962


ホテルのある 中山国小 これは 中山小学校。。。

IMG_1963


駅から地上に上がる階段にはこんな風に小学校のイメージが描かれている。
なんとなく暖かみのある素敵な絵だった記憶。

IMG_1965


それからホテルまで黙々と歩く。そして無事にホテルに到着。。。

IMG_1967


気がつけばホテルを出たのは朝の7時頃だったかな?帰って来たのは22時
だいぶ遊んで来ちゃったね! と就寝する事にしました。。。が。。。

IMG_2170


22時に寝ちゃうってどうなのと言う事になり。。。
それから真夜中のバスの旅に出る事にした。。。
のであります。と言う訳で続く。。。


続きも読むよ♪ お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。


Posted by theslowpace at 07:30ヤマノボリ ,ガイコク
2012年08月03日

2012弾丸ツアー 台北編 其の13 基隆山




2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         




IMG_1776


と言う訳で続きから。。。。
IMG_2045


短い時間なのだけれど 長年登ってみたいと思っていたお山なので
まったりのんびり満喫中。

IMG_1785


山頂まではとにかく ずっとひたすら登り。


IMG_2048


そして実はこの上の写真の茶色の土の部分は 一見なにもなさそうだけれど
魔物が潜んでいるのであります。

IMG_2053


クワガタ君が親分にのっかって 一緒にこの山を登ってくれていたようです♪
安全な場所に避難させて♪

IMG_1786


私達は出発と思いきや、いきなりずっこけてしまいました。

IMG_1787


膝は特に大丈夫だったのです 前にあった階段に手を付いた時に
上からカメラが。。。それが丁度親指に 微妙に腫れ上がって行きます。

IMG_2054


なにはともあれ山頂に親分は到着したようです。

IMG_2057


台湾のお山にも三角点。

IMG_2058


山頂はだだっ広い公園のような場所。

IMG_1789


景色は 素敵でした! 生憎雲がすこし多くなってしまった物の
雨が降らずに良かったな〜と。。。

IMG_1791


東屋は合計山頂のも含めると4箇所くらいあった記憶。

IMG_2061


台北市内からも見えるらしいこのお山。標高は600mないらしい。

IMG_1793


台北市内の逆側を見てみると。。。
こんな風に海岸線が広がっています。

IMG_2063


日焼けしまくりですの。。。 なんちて。 でチョコフレークを食べましょう!
なにしろ空腹なので何でも 特別に美味しい!

IMG_1795


山頂でまったりしてしまいます。親分は夜景を撮りたいと言うので
時間を出来るだけ日没まで有効に使うには。。。

IMG_2065


景色を見ているのが懸命だと 思われ。。。

IMG_1802


ふむふむ。看板によるとトンビ君も来てくれるらしいのだけれど。。。
暇人の相手は今日はしてくれないらしい。。。

IMG_1806


山頂で時間をつぶすのも限界があり。。。暇人二人は下山を決めた。

IMG_2071


下りはあっというまに終わってしまいそう。

IMG_2073


でも下山の風景も広がっている山肌に一本道の登山道。
景色は最高に良いのであります!

IMG_1810


あまりの暑さで 抜け殻になった アフー。 中身はどこかに浮遊中。。。なんちて。

IMG_2078


飲み水もかなり調整しながら飲んでいます。。。
すると登って来られて来たオバサマが みかん食べなよと1つずつ下さった。。。

IMG_1813


言葉は通じないのだけれどジェスチャーで話しながら 色々と話した記憶。
内容はもしかしたら チグハグだったかもしれないけれど 笑いながらの談笑には
あまり言葉がなくてもどうにかなるもんだと 痛感したのであります。

IMG_2083


下って下って。。。休んで下っての繰り返し。

IMG_1821


水分が抜けて顔が小さくなったアルヨ。。。 なんちて。。。


IMG_1822


見下ろすのは 台湾の有名な観光地 九扮 。。。
アジアのマチュピチュ的な存在。。。?

IMG_1827


変わったお花に親分はこころ奪われたようです。
相変わらずあちらの山が雲を遮ってくれています。

IMG_1829


そのお陰で光の屈折が町並みにスポットライトで照らしたかのように浮かび上がらせてくれていたり

IMG_1834


あの沢山の建物よりは小さい物はなんだろう。。。見慣れないものも沢山
大きな景色の中にあったりする訳で 退屈しません♪

IMG_2086


で、いつか5年前に見上げた場所を探してみました。↑ ありました!
それは非常に簡単でオレンジ色の屋根の寺院を探して横に階段があればその場所!

IMG_1835


そして遠くにはぼんやりと 台北101が見えました!

IMG_2090


ジオラマの世界!

IMG_1836


ずっこけるのが嫌で ガニマタになって 慎重に階段を下りて行きます!

IMG_2092



あれは。。。家の様に見えて違っている。。。 それはたぶん お墓なのかもしれない。。。

IMG_1837



対面の山肌に ぎゅうぎゅう詰めになって 立っている。大きい物から小さいもの
立派な物からそうでないものまで。。。色々と種類は豊富だった。。。

IMG_2095


国の違う私にとっては とても不思議な光景だけれど きっと日本のお墓も
外国人が見るとそう思うのかもしれない。。。

IMG_1838


望遠レンズで少し寄ってみましょう!

IMG_2096


赤提灯! それから 色とりどりの 建物。
日が暮れるのを待ちわびるのですが 。。。

IMG_1840


降りてしまうと勿体ないので 休んでばかり。。。


IMG_2098


上からの風景はこんな感じ。そして 階段の一番上から眺めた景色は。。。

221c3921


こんな感じ。。。いずれにせよ、いつも山服(笑)
3度目の九扮は普段着で遊びに行こっと♪

IMG_1842


天井の様な雲。

IMG_1847



見る方向を変えると今度は 雲が光のカーテンを作っていた。


IMG_1851


ようやく 夕焼け

IMG_2100


雲の具合によって どんどん 風景を照らす色も変えていました。

IMG_1853



暇人〜♪ 台湾に来て 山に登って 暇をつぶして♪
幸せなのであります。


IMG_2110


私のカメラ ホワイトバランスが可笑しい???

IMG_2111



でも実際もこんな程に 黄金色に近かった記憶。
IMG_2116


親分もひたすら 足を止める。。。

IMG_2129


日はまだ 沈んでくれず。。。
日が長くを望んだり 短くと望んだりと。。。
人間って我が儘だなと思ったり。。。


IMG_2141


でも気がつけば今日は朝 とても早く起きたんだったな〜。
不思議と眠気は襲って来ない。。。

IMG_1864


とりあえず この山さえ登れば 残るは1つのみ!
実はこの日、時間と体力が間に合えば3座も考えていた。。。


IMG_1875


けれど あまり詰め込みすぎるよりはと この場所で3座目は明日に回す事にした。
台北に戻るだけでも 今回は前回 鈍行に乗ってしまったので 自強号に乗って
戻るというリベンジも含めてまだ やりたい事をいくつかこの日に残しているのであります。

IMG_1877


で、実は三脚を構えてみたけれど 親分 どうも思っていた物とは違うらしく。。。
ちょっとイメージとは違うからそろそろ下ろうという。。。

IMG_1881



私に気を使っているのではと思い なかなかまた来るのは大変だから しっかり
撮っておいた方が良いかもよと言うも 違うというので 本当にイメージが違った
ようなのであります。

IMG_1885


この日は平日、九扮の明かりはどちらかというと 省エネ的でした。
確かに帰りに少しだけ 路地に入った物の。。。お店はけっこう閉店していました。

IMG_1888


ならば 下ろう! とすたこらすたころ。。。 一応 ヘッドライトだけは
スタンバイ中。

IMG_1892



親分 イメージ違いの図と私♪ 私的には情緒があって素敵だと思いますが。。。


IMG_1898


親分のイメージは相当に素敵だったのだろう。。。まぁ 時にそんな事も楽しい訳で
親分は重たい三脚を再びザックにしまって 下山。

IMG_2165


とりあえず 無事下山。ここから台北に戻る訳ですが。。。
地図は汗でぼろぼろに(笑) どうにかこうにか 記憶も思い出したりして
タクシーでとりあえず最寄りの 瑞芳駅まで行かねばです。

IMG_1899


下山完了間近に振り返った 基隆山。 ようやく山頂をいただく事ができました!

IMG_2166


満足げに♪ 車道を歩いて タクシー乗り場へ。。。

IMG_1900


でもその前に もう一度 親分のザックから三脚が登場する素敵な景色を見つけました♪
急ぐたびではないのだからと 九扮の町のはずれでちょいちょい遊んでいた
そんな記憶のお話を終わります。


続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちて。


Posted by theslowpace at 07:30ヤマノボリ ,ガイコク
2012年07月29日

2012弾丸ツアー 台北編 其の12 基隆山

とそんな訳で続きです。


2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         





IMG_1699


車道から鬱蒼とした登山道入り口を入り 鬱蒼とした道を少しだけ進むと眼下は一気に
広がり鬱蒼とした道からも脱出が出来た。

IMG_1700


そして、ほどなく展望台的な立派な場所に飛び出ました。展望台があるだけに
景色はとても素晴らしい。


IMG_1993


ただ、問題は太陽問題。。。灼熱過ぎる程で。。。この展望台の素敵な床でさえも
太陽光線を跳ね返して容赦なく体から汗を噴き出させている模様。。。

IMG_1701


本当に写真ではなかなか暑さが伝わりずらい。。。けれど今回は十分に
伝わりそうな写真がメニメニでした。(笑)

IMG_1995


海からの湿気風がもの凄いのか。。。それとも 今朝ここは雨でも降ったのだろうか?

IMG_1704


登山開始から間もないけれど アフーのお腹がグーグーなっている事に気がつく。。。
そう、実はまともな食事にありつけなかったツケがここにまわって来た。
ちなみにしっかりとメニューを吟味したオヤビンはしっかりと栄養満点+炭水化物も
メニメニ蓄えて元気であります。

IMG_1997


暑そうな写真第一弾。。。 オヤビン タオルをザックから取り出すの図。

IMG_1706



道はというと本当に山頂まで整備が行き届いている石畳もそして階段も
程よい歩幅で登山道そのものは快適そのもの。


IMG_1998


実は雨が降ったら山は全部 とりやめにする予定だった。。。
順調にこれを登れば今回予定している2座をクリアする事になる。

IMG_1708


お腹空いている人は。。。順調に遅れを取って行く。。。


IMG_2001


飲み物もせめて スポドリにすれば良かった。。。すでにさっきの山の
ポカリ君は空っぽ。。。 持っているのはお茶と水。

IMG_1708


お〜なかすいたよ〜。 という声は親分に届かず。。。




IMG_2004


しっかりとした階段に見えますが 時々、ぐらっと来る場所があり冷や汗をかきます。


IMG_1710



遅れながらも親分の後を行くアフー。 途中 迷いそうでもない道なのに看板が登場。


IMG_1714


山頂と山頂。。。 迷わせる気だな〜 とおちゃらけながらも。。。
まっすぐの山頂方向へ向かう。ちなみにもうひとつの山頂方面は
草がボウボウダッタアルヨ。。。

IMG_1716


写真を撮る振りをして 休憩中。

IMG_1721


振り返る景色も素敵です! が、あまりの湿度に耐えきれず。。。
親分が。。。ダウン。

IMG_2007


コンビニで買ったお水はもう ぬるま湯になっていた。

IMG_1723


背中に背負う景色は とっても素敵で 実は夜景を収めようと企んでいるのであります!

IMG_1725


だから 時間はゆっくりありすぎる程なのです。が。。。そうゆっくりも登っていられない暑さ。


IMG_2008


お日様少し隠れてくれないかなと 内心はそう思っていた。。。

IMG_1727


2つ目か3つめかの休憩ポイント。正面に見える山は金鉱があった 金瓜石。

IMG_2010


目の良いオヤビン曰く 縦走が出来そうだという。。。
次に台湾に来た時はあの山にでも登ってみようかという話になる。

IMG_1728


もはや誰にピースをしているのやら。。。 暑さで少々可笑しくなっていると思われ。。。

IMG_2011


あちらには海。 実際の景色は写真ではお届け出来ず また雲が
山肌に影を作ってとても神秘的でもあった訳なんです。

IMG_1729


と言う訳で。。。夜景を期待している景色を昼間もしっかり撮っておかないとね!と
パチり。。。 親分は一日中、けっこうな重さのある背負い難い三脚を
背中に背負っているのはこの夜景を撮るため!

IMG_2012


少し雲行きがあやすぃ〜。


IMG_2014


だけれど 汗は相変わらず ダクダクと滴れ落ちて行く。。。
オヤビンのタオルはもう 絞れる程だそうです。

IMG_1730


あっちの山が雲を塞き止めてくれている光景をまじまじと見つめる。

IMG_2016


さてと、てっぺんを見に行くのだ!
長い階段で暑さに負けそう。。。そしてもう空腹には負けていた。。。

IMG_1732


さっき食べた 基隆の 麺だと思って頼んだスープ。微妙に麺が一本だけ
入っていた。。。 それと肉が実はなんのお肉だか判らなかったのも。。。
実はここだけのお話。鶏肉のような。。。

でも食べた事が無いような。。。

IMG_1734



思い出すと 嫌になるから 忘れよう。。。
再び 休憩ポイント。






IMG_2019


けっこう頻繁にあるのであります!

IMG_2021


何度も振り返っては景色を眺めるオヤビン。

IMG_1736


その景色に空腹人物が邪魔にいつもフレームインしている状態。。。

IMG_1738


けっこうな急勾配。転がって行けば登山口まで3分ほどで到着しそう。

IMG_1742



バナナの友達?


IMG_1745


あの九扮には今回はまったく興味がそそられなかった。。。
実は 臭豆腐の臭いが苦手な私は。。。 近寄り難い。。。

IMG_2023


すったこらさっっさ〜。あの上に山頂がある訳では無い。。。 
そしてその先もけっこな登りが続く。。。けれどこんな風に

IMG_1747


ベンチがあってくれる。なんて 優しい山なんだろう!








IMG_2025


気がつくと カメラを持つ掌も汗でびっしょり。 


IMG_2027


二人で項垂れながらも 山頂を目指します。
けっこう登っていらっしゃる方が居て 私達の前にも4名の男性パーティーさんが
登っていらっしゃいます。

IMG_2030


毎日の日課にされている方らしき人もちらほら。

IMG_1751


実は靴が微妙に石の苔に乗ると滑るので ガニマタで登る事にした
空腹人間。

IMG_2031


相変わらず 汗がダクダクなオヤビン。。。
すべての毛穴から 汗が出る物だから 登山パンツの太ももにも
びったりと 服がくっついて歩き難い。

IMG_1753


近そうで遠い山頂。。。


IMG_2033


休憩する場所が多いからありがたいのだけれど それなりに休憩してしまうので
遠く感じる。。。

IMG_2034


だいぶ登って来た 汗だくオヤビン。
少しだけ ヒンヤリとした。。。 空に雲が来てくれたのです!

IMG_1758


それと 場所によって風が通り過ぎる所にいけば う〜んと いわゆる風穴の涼しさ!
と言いたい所だけれど。。。

IMG_1759


もう、ヘロヘロ。。。 親分大佐から そこの休憩所までしっかり登れと喝を受ける。
ハイヨハイヨ。。。と登ってみるも。。。


IMG_1762


暑さで倒れそう。。。
と言う訳で少し風通しの良い 台湾風東屋で長めに休憩をする事にした。


IMG_1766


屋根があるから陽も遮れる。。。

IMG_2035


でも登ってるんだね〜。なんだか不思議だねと親分と話していた記憶がはっきりと
残っている。また来れちゃったね! と。。。

IMG_2036


しばらく休憩したオヤビンは なにかに吸い寄せられて行った。。。

IMG_2038


なんだろう? とその看板には 時 という文字と
三歩石時 健康好評 と書いてあった。

IMG_1765


なんだか 明るく楽しそうな文字列に元気を貰った気がした!

山頂はすぐそこ。もう手が届きそう! という訳で今日はここまで♪

続きはまた明日!

明日も読むよ♪ お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。


Posted by theslowpace at 09:30ガイコク ,ヤマノボリ