2019年06月15日

カブトムシ君 ピ〜〜〜〜ンチ!

こんばんは。
今日はあいにくの雨。今日はちょっと気持ち悪い虫達のお話なので

苦手な人はスルーしてくださいね♪

朝から土砂降り・・・ どんな天気でも私の朝の日課になっているのは・・・

カブトムシ君が姿を見せなくなった虫かごを外に出して 蓋を解放することです。

なぜなら・・・ 理由はこちら・・・

そう、コバエ大発生なのです。

ちなみに対策も打ったんです。コバエキャッチャーみたいなキノコ型のも

これはまったく効き目なしでした。コバエの種類が違うらしい・・・

それからコバエシートも。これは虫が出てこないようにするだけ対策。

なにしろよくわからず飼いだしたカブトムシ君。

暖かくなり土にあった卵が羽化して大発生。これが毎日外にだしてもまた

新しいのが次の朝には・・・ その繰り返し・・・結局カブトムシ君が

蛹室に入ってしまってからは動かしてはいけないと言うのでずっと耐えていました。

もう毎日人生最後のカブトムシにしたいよ・・・と思いながらも

今朝も誰も面倒見ないカブトムシ君の虫かごを開けてみると・・・ なんだか穴が空いている。

そうコバエ軍団は土の中の有機物を食べるのである・・・

カブトムシ君がなんとなく見えてしまっているのです・・・そうなったらの対策は

実は知っていたので急いで朝からホームセンターへ。人工蛹室を買いに行きましたが

数店舗行っても売っていなくて 結局調べて 園芸用の吸水スポンジ購入。


IMG_7253


スプーンでくり貫いて・・・ それからお水を吸水スポンジに染み込ませてから
移動です。

実はまだオスなのかメスなのかも判らず・・・

IMG_7255

手で触らないようにスプーンで。ちなみに親分がやってくれました。
私がやってみたのですがまだ苦手克服できていなくて 手が震えまくりで
繊細なカブ君を痛めてしまいそうで・・・見るにみかねて親分がやってくれました。

と言うわけで無事に移動ができました。そして随分久しぶりに見たカブ君は・・・


IMG_7257

立派なカブトムシ君の形に完全変態を土の中でしてくれていました。
どうしているかな?

去年の夏になんだか蛹みたいなのがあるね。と言うのからもう10ヶ月近くが経過。

小さな蛹から大きな蛹になり今はこんなに立派なカブトムシに成長してくれていました。

IMG_6439


でもね、カブトムシの一生は一年。彼の人生はあと少しと言うことになってしまうと

考えるととても切なくなってしまうのであります。

成虫になったらどうしよう・・・ と親分に相談したら 大きなカゴでメスを

入れてあげれば良いんじゃない。彼の子孫がまた見れるよとのこと・・・


でもね、実はもう お腹いっぱいなのであります。もうカブトムシ君は君が

最後で良いかな?と次は子供達が面倒見なかったら自然に戻すことにしようと

考えています。でも、とても貴重な体験をさせてくれたカブトムシ君に感謝するのみであります。

おやすみなさい。




Posted by theslowpace at 22:52 | ニッキ