2018年03月30日

いざ、イエローフォールへ

こんにしょわ♪
書きたいけれど時間が本当にない・・・
悲しいけれど ざっくりバージョンでお届けいたします。

行けるかどうかは別としてとりあえず 奥日光もスノーシューはもうできないと
知り福島県の猪苗代まで・・・ 無理はできないので時間をとにかく余裕を持って
と土曜日に前泊して日曜日にどこかでスノーシューをと・・・

チェックインものんびり。この日はとにかく宿につけばいいねと土曜日はそんな感じ。
そして・・・何箇所か目星はつけたのですが結局ある程度楽しく歩ける平らな雪原をと
候補に上がったのは一箇所のみでした。


IMG_5629

リフト2本の往復とコーヒー一杯の券がついた イエローフォールへのチケットは
裏磐梯スキー場にて♪ 大人1500円。

おチビさんはリフトの間のみエルゴ(抱っこ紐)で・・・ということで親分がエルゴ。そして
私は私、親分、チョビッツのスノーシューを背負子に乗せてチョビッツと一緒にリフトへ。


IMG_5634
 

リフトを降りて歩き出しは11時30分。4歳のチョビッツが楽しく遊べるという理由で来た
この場所。危ない、危ない 気をつけてと怒らなくて良いだけ・・・とても気が楽ちんです。
どこまで歩けるかな・・・ もともとイエローフォールは目的とはしていませんでした。

たぶん無理だろうな〜と・・・


IMG_5638


沼は凍って入ればそのまま通過可能です。が・・・ 微妙にすでに暖かくなり
雪は減り・・・ 沼がなんだか ちょっと肉眼で あっ、ここ沼っぽいなと
お知らせしてくださっている感じなんです。なので・・・

氷が抜けて沼に落ちては・・・と 遠回りして一応イエローフォール方面へ歩きます。


IMG_5634


楽しそうなチョビッツ!!! で・・・嬉しい誤算も。実はこの日は日曜日けっこうみなさん
いらしゃっていて スノーシューツアーなんかもありだったのですが・・・ スノーシューは
いらない感じ・・・チョビッツも楽しそうだし、沈まないならいらないな・・・そのまま
ぐいぐい進みます。

IMG_5643


ちなみにリフトでエルゴだったお嬢さんは・・・眠くなってしまったようで
そのまま寝てしまいました。ちなみに帰りの最後の1本のリフトまで彼女は起きませんでした。(笑)


IMG_5681


すれ違うみなさんに褒められるチョビッツ。
いやー彼はとにかく私にそっくりで健脚です!!!(笑)へこたれずにぐいぐい進みます。
でもかなり頑張ってくれている感じでした。 帰りのリフト乗り場の頃にはもう足は疲れ果てて
いました。。。

IMG_5640


まって〜。。。 沼を超えて そこそこな登りを2段階登ると・・・ 見えました!

イエローフォール。実は何年も前からずっと来たかったのですがなかなか来れずにいた場所
でもあるんです。でもね、戻りもあるしあと200mなんだけれどそのイエローフォールが見える
高台をゴールとしました。

ちなみにカメラは持って来ていません。万が一の時は私がおチビ。親分がチョビッツを背負って
という風にも考えていたのであります。歩きたく無いって言われたら・・・色々予測して・・・

なのでiphone Xカメラのズーム機能でパチリです。


IMG_5651

かなり小さなイエローフォールです。でも一応見れたし・・・チョビッツに感謝です。

ae2b1a3e

持って来たパンでランチタイムです。イエローフォールを見ながら♪
でもやっぱり雪山は雪山、久しぶりの緊張感が本当に心地よいです!

無事に帰らなければと内心はがっつり緊張感いっぱいの中、イエローフォールを眺めます。

bda88a7e

爆睡のお嬢さんと親分。・・・とイエローフォール。親分に もう少しアングル考えてよ。と
後に忠告を受けた写真です。(笑)

で・・・あと200mだったら行けば良いのにと思ったそこのあなた!
そうなんです。あと200mだったら行きたかったのですが 私たちの往復400mと
チョビッツの400mは体の大きさも足の長さも・・・ というわけで・・・

IMG_9972

十分小さな身体で頑張ってくれたチョビッツ君なので・・・もうここで良いかなと♪
でもそんな時のために 秘密兵器持って来ました。

イエローフォールは午前中に来られる方が多いこともあり誰もいない状態。
私たちの代わりに往復400m行って来てもらいました。


IMG_9978

というわけで・・・続く♪