という訳で続きです。登山弁当をまさかの登山前に食べてからの出発であります♪


IMG_4199

見上げる空と山! まさに登りたくなるようなそんな景色でありますよ!

IMG_4200

登山口脇の駐車スペースは満車だったので少し先の駐車スペースを利用。ここに15台くらい
そして更に先にはもう少し大きめのスペースもありましたよ!

_MG_4054
 
機内に持ち込んだままのザック。。。 中身は主に防寒着とイマージェンシーグッズ。
かなりミニマムグッズでしたが・・・実は出発する前に何度もオヤビンに寒いから防寒着だけは
・・・防寒着だけはと呪文のように唱えられていたアフー。オヤビン、チョビッツそして自分の
防寒着とレインウェアは重い&嵩張るのであります。でもって車を止めた場所がアフーの後ろに見える
駐車スペースです。

IMG_4201

そこから少々車道歩きとはいっても 5分くらいかな?

IMG_4204


こんな立派な見落としようが無い登山口が登場! 登山口には日本語の他に英語、中国語、韓国語
の案内もありましたよ。

IMG_4205

さてと・・・登りますか! 事前の下調べはそこそこ。。。ただ1合目に始まり親切な
山道であるということは知っていたのでありました。

_MG_4057

こんな感じで登山口付近に路駐で止められるようです。

IMG_4207

いや〜♪ 眩しい景色であります。 晴れているから嬉しい! 初日は何度も言いますが予報では
一番良いのがこの日だったのでありますよ!

IMG_4209

でもってこの付近は霧島とも言う。ネットで調べてみると けっこう霧に包まれている
景色が多かったのは確かであります・・・

_MG_4060
 

足元には綺麗なお花さん! 山頂付近まで咲いていたお花さんです♪
さて・・・下の写真。アフーの後方に見える建物がさっき登山弁当を買った
足湯の駅 えびの高原であります。

_MG_4061
 
土日になれば混雑必須なこのお山。あの駐車場に停めて出発するようです。ちなみに駐車場料金は
500円だった記憶です。

IMG_4215

さっき標識にあった 硫黄山は親分の先にある 白い部分を言うようです。

IMG_4217

こちらが硫黄山。 あまり硫黄の匂いはしなかった記憶です。観光でこちらのみ散策される方も
多かったです。こちらは今回割愛しまして・・・目標は 韓国岳へ・・・

_MG_4063
 
まさかの私もオヤビンも カラクニだけと読んでいませんでした。 どちらかというと
ストレートな呼び方でかんこく岳だと思っていたのであります。残念ぶり炸裂であります。。。
こんな残念チームを韓国岳くんは 青空で向入れてくれるのだから非常に寛大でありますね!

IMG_4218

硫黄山を背中に背負って いざ、

IMG_4221

1合目を目指すのであります。ただ・・・見事なる 夏日! 気温はこの日鹿児島県で28度の予報
でした。いくら高原とは言えど 歩いているとかなり熱い。 

_MG_4067

私も比較的 厚着の山服。 オヤビンに置いては・・・防寒着を合い言葉にしている程なので
まさかの長袖3枚というレイヤースタイル。序盤から 高温サウナに入っているかの様な
汗だく状態でした。

IMG_4223

ただ、指摘すればご機嫌さんが損なわれるので そこはスルー。。。して
見て見ぬ振りであります。

IMG_4224

それにしても 暑い。。。暑い。。。 この下山後の予定もあるので
アフーも凹んではいられません。けっこうこの日はしっかり歩けていましたよ(苦笑)

IMG_4225

レンズは新しく投入した SIGMA 24-105F4 Art と EF70-200F4のコンビです。
そうそう、紅葉が少し始まっていましたよ!

_MG_4070

あっという間につくだろうと 思っていたので・・・なかなか記憶では遠く感じてしまった
そんな1合目に到着です。

IMG_4226

 と言う訳で・・・続く。