2014年4月12日 (土)
この週の日曜日は朝から恐怖の自治会総会なるものがあり欠席できなそうな予感・・・
そんな事もあり土曜日にお出かけをする事に朝からお弁当を作って出発の準備をしたのですが
オヤビンが朝からずっとPCから離れず・・・どうやら行きたくないのかな的な雰囲気。
これは結局私の勘違いだった訳ですが、その後 微妙な雰囲気のままお昼過ぎまで我が家で
ほんのり険悪のような単なるグダグダのような(笑)

でも結局お昼過ぎ 何事も無かったように家を出発。そして高速に飛び乗って
降りたのは太田桐生IC そしてナビは吾妻山公園に設定。 あとはナビに任せて走ります。

_MG_9687


吾妻山公園に到着したのはすでに14時を回っていたような・・・駐車場はほぼ満車に近く
整備の方の案内で入庫。時間帯が遅かったので運良く待たずに駐車できた模様です。


_MG_9688


足早に支度をして出発です。駐車場には非常に綺麗なトイレあり。自動販売機。公衆電話も
ありました。そしてまずは公園内を通り過ぎる感じで吾妻山に向かいます。

_MG_9689


駐車所の整備の方が出ていたのはなにやらイベントがあったからのようです。園内には
色とりどりの風船が飾られて非常に華やかです! 風船のゲートなんかもあったりと♪

DSCF8211

このゲートオヤビンには通り抜けるのがちと大変そうです。それをよそにチョビッツは
もの凄く楽しそう!

_MG_9690


チューリップ祭りとあって園内にはチューリップ畑があり見事に咲き乱れていました!
がちょっと今日は急ぎ足な事もあり帰りにチューリップの寄り道をする事にして通過です。

_MG_9692


園内を奥の方に進みます。

DSCF8216

本日のカメラマンであります。なんちって。親分が重たいレンズを着けて来たので
非常に重い・・・5DMk3 EF24-70mmF2.8 このセット2キロ近い。首から下げると
かなり首に来るのです。昔は慣れて来ていたのですが久しぶりだと鉛のようです。 

_MG_9693

。。。ただカメラが重いなんて チョビッツを背負っているオヤビンには言える訳も無く・・・
心の中で首が痛いと叫ぶアフーなのであります。なんちて。

DSCF8220

それから今までのお山でよく話には出ていたのですがチョビッツを連れて山に行く時には
下山用にストックがあると負担軽減になっていいなという親分の要望を取り入れまして
アフー中佐が大佐と少佐のためにストックを持って来たのであります! 出来る中佐だな〜♪
なんてね(笑) その後、中佐は少佐と大佐のお荷物になる事も知らず調子に乗っております。

_MG_9701

そうそう、この山の近くには動物園もあるんです。しかも入園が無料なのにライオンさんや
象さんも居るというのです。どんな動物園なんでしょう♪興味があるので今度調査しに行ってみますね♪

_MG_9704

つったかたった〜♪ 親分は本日も軽快です!
そうそう、この公園内には不思議な岩が幾つかありましたよ。

DSCF8215

蛇口のついている岩です。これが幾つか。捻ればちゃっかりしっかり水も出るのです。

DSCF8229


哲学の小径。は通って来なかったのでどんな 小径なのか気になる〜・・・

_MG_9707

幻想的な写真が撮れました!!! さすがカメラマン! なんちて。

_MG_9708

ちょっと山道っぽくなってきましたね! けれど実はまだ公園内。

_MG_9709

小高い尾根のような道を少し歩きます。

_MG_9711

するとこんな場所にでるのです。案内板と綺麗な橋がかかっています。その橋の下は
川ではなく車道でした。道路を隔てた場所には沢山の車が止まっていました。
ここが水道山公園なのかな?
ネット上で調べた時には吾妻山に向かうには吾妻山公園と水道山公園の両方から登れるような
事がありまして・・・迷ったのですが我が家は吾妻山公園からスタートしました。

_MG_9714

アフーの説明では判り難いので上の地図を見てみてくださいね!

_MG_9715

春の訪れと共に一気に萌え始めた山の風景です!

_MG_9722

ちっこい坊さんを乗せております。 なんちって。でも後ろ姿は本当に小さいお坊さんです。
これでも髪の毛増えたというか伸びた方なんですけどね〜。(悩)

_MG_9723

相変わらずチョビッツは背負子に乗っている時は上機嫌です! 結局この日も
一度もぐずらず。 ちなみにアフーは何度この日 グズッた事か・・・

_MG_9726

遅咲きの桜さん? そしてしばし歩くと登山口登場!
ここからはかなりガッツリな山道です。

_MG_9729

そして登山口とほぼ同時に 男坂 女坂の登場です。
親分とチョビッツの男二人は迷わず 女坂へ・・・ なんてね♪

_MG_9732

安全第一。もちろん。女坂にみんなで進みます。下りもね♪
こんな大きな浄化槽でしょうか? 横を通って徐々に高度を上げて行きます。

_MG_9733

この山は地元の人にとても愛されているお山で山頂まで険しい箇所はあれどすべて
整備が行き届いているお山であります。

_MG_9738

で、トンビ岩という名所があるのですが そこまでも少々あるのですが 若干1名。
遅れを取りましてほぼ写真はございません。

_MG_9740


さんざん2名を待たせたあげく 待ってくれた親分と目があった時に
親分が呆れております。。。 アフー顔がよじれちゃってるよと・・・

DSCF8246

そうなんです。顔がよじれちゃう程にヘロヘロになってしまったアフーであります。
何年経ってもやっぱり成長せず。

DSCF8249

顔がよじれちゃっていると笑われながらも 言葉1つ返す余裕もなく必死にノボリようやく
トンビ岩に到着です。

_MG_9744


景色は最高なんです。そう、この場所で言われました。
その体力でよく登山するよね。その心意気だけは買うよと・・・親分に・・・
単純標高差は300弱 累計でも400m弱。

DSCF8251


 ヘタレっぷりがこの後も半端無く・更に顔はよじれて行くのでありました。
で、自分でも思いました。
よくこの運動神経と体力で山に登ろうと思うよな・・・と・・・ 

         と言う訳で 続く・・・(笑)