_MG_4197kari

と言う訳で続きを書きましょう♪ 筑波山へラクチンケーブルカーで
登っちゃおうと。。。 初めて乗る筑波山の乗り物であります!
チョビッツを理由にラクチン登山が出来る場所を探してしまうのです。。。

L1009803kari


さて乗り場はこんな感じ♪ 恋人達が集う景色の良い場所にチョビッツとオヤビン。。。
まぁ、恋人達以上にチョビッツオヤビンは仲良しなのであります。(笑)
密着度は更に上でありますね〜♪ なんちて。

_MG_4200kari


さてとケーブルカーは15時出発。最後に乗り込めば良いねと並ばずまったり〜。
で、実は少しばかり不安もあるのです。チョビッツが泣き出さないかどうか。。。

L1009805kari


実を言うとあまり泣かない方ではあるのですがチョビッツが苦手な物が1つだけ。。。
それはエレベーター。エレベーターに乗るとなぜか泣き出すのです。。。
なので他の人が乗っている場合のエレベーターには迷惑をかけてしまうので避けたり
階段やエスカレーターを使っている我が家なのですが。。。今日だけはケーブルカー
泣かないでくれれば良いのだけれどと切に願います。

_MG_4204kari

そうそう、今日はNew レンズを試したいのでライカで♪ でこの日の行動により後日
我が家のカメラ構成が考えられる事になる運びとなります。。。
さて乗り込みましょう♪

_MG_4207kari


ケーブルカー。乗ったのは立山以来でしょうか・・・
ロープウェイやゴンドラはよく乗るけれどなかなかケーブルカーって日本にも
少ないかもです。と調べた所 21カ所。 意外に多いかもです。

_MG_4209kari


チョビッツ泣くなよ〜・・・と父母の切実な願い。は後に木っ端みじん子に
打ち砕かれるのであります。チーン

_MG_4211kari


出発進行〜♪ ちなみに車内から見る傾斜は半端ありません。

_MG_4214kari

写真だとなかなかお伝え出来ないな〜。。。

_MG_4218kari

中間地点ではすれ違います。ケーブルカーはクリスマスカラーの赤と緑。
乗車時間はたしか8分。 そしてトンネル登場。トンネル内通過は車内の蛍光灯が
ついてくれるのですがチョビッツこの暗さに恐がり泣き出してしまいました。
滅多に泣かないチョビッツですがギャン泣きされてしまい皆さんにご迷惑を
おかけしてしまいました。同じ車内にはチョビッツよりも月齢の小さな赤ちゃんも
乗っていたのですがチョビッツだけが泣いていました。。。

_MG_4219kari


チョビッツがギャン泣きのまま山頂駅に到着。怖かったチョビッツはなかなか泣き止まず
親分と二人であやします。。。ごめんねチョビッツ。

_MG_4221kari


チョビッツが泣き止んで笑みを見せてくれるようになったので
一応、山頂目指そうかと歩き出します。


_MG_4224kari


女体山山頂は割愛する事に。。。そして男体山へ向かいます。で親分はめんどくさいからと
スニーカーで来ています。特に身軽なら大丈夫なのですがチョビッツがいるので
ちょっと滑りそうな場所を見て反省していました。どうせなら登山靴でくれば良かったと。。。
そう、実は車には登山靴がありながらも履き替えが面倒だというオヤビン。昔にも一度
同じ事がありその時はアフーの助言で登山靴に。その時の山は雪あり凍結ありでかなり
親分は助けられた記憶があるはずなのですが。。。この日は面倒くささが勝ったようです。

_MG_4225kari


まっ、ここは観光地♪ しかも山頂まで300mくらいだった記憶です。(笑)
ブーツのお姉さんもそれからミニスカートのお姉さんも登るお山であります。
さて、登山服に包まれた私も軽快に登らなければです!

L1009812kari


が。。。なまった体は言う事をまったく聞きません。(笑)ちょっとした階段上がっただけなのに
息は切れ切れです。

_MG_4229kari


オヤビンは快調に進みます。で一言
ヨレさんは相変わらずなスピードだねと。。。ヨレさんとは
アフーの帽子がヨレヨレな所から命名。。。

L1009810kari

はい、ヨレさん。。。変わらずであります。。。自分でもがっかりしています。

L1009814kari

先に行けとオヤビンに言われて渋々先に歩き出します。
体は鉛的な重さです。 登山靴の重さもまるで鉄の固まりのようです。
ちなみに。。。妊娠中の登山はオヤビンはめちゃくちゃ優しかった記憶です。
あれはやっぱり一時の幻だったようであります。(笑)

_MG_4230kari


はいっ。あっさり抜かれまして。。。そしてこの後 メニメニの観光の方達にも抜かれている
アフーであります。時にこの登山服を纏っている事を恥ずかしくなるのであります。。。
よし、次はブーツにミニスカートで来てやるぞ! な〜〜んちて。
日本一ミニスカートが似合わないと自負しております。。。

L1009818kari


残念登山者。。。これでも一応 百名山を半分程登っているとは本当に自分でも
信じられないこの体力。。。そう、時々地面はスリッピーモード。。。になります。
下り親分気をつけないとね〜と。。。 しかし下りはそれどこれではない残念な人が
登場します。。。

_MG_4232kari


気がつけばチョビッツ少佐はすでに眠りについていました。この抱っこ紐は
本当にすぐに眠ってしまう凄いアイテムなのであります。

L1009820kari-2


さて、この階段を登りきると岩場登場。

_MG_4233kari


親分の持っているカメラをザックにしまい後を追う。が。。。山頂までオヤビンに
追いつく事は無かったのであります。

そして見覚えのある山頂。

_MG_4234kari


すると姿は見えないけれど聞き覚えのある声が聞こえます。
亀さんが来たよ〜。。。。 とチョビッツに話しかけている模様。
すると祠の裏側からオヤビンとチョビッツが現れました。 
いや〜。やっぱり凄いねアフーは! と一言。 もちろん皮肉コメントであります。

_MG_4235kari


と言う訳でなにはともあれ チョビッツ少佐筑波山制覇。また歩けるようになったら
遊びにくるであろう山頂です。 記念撮影をして足早に下る事にしましょう♪

_MG_4238kari


と言う訳で下山のお話に続きます♪