こんにしょわ。。。
と言う訳で暴走気味に続きます。 

_MG_9558


高城城跡 ヒメサユリ祭り会場を後に弥彦山スカイラインの入り口なのでしょうか?
ナビをセットしてみると丁度30キロ程。 三条市で少し渋滞に嵌った物の順調に
弥彦山を目指します。 

_MG_9562


なんとも大きな鳥居です。 すると親分がこんな看板を発見。ズームでヨッテミマショウ!

_MG_9564


大きいはずです。日本一大きな鳥居のようです!!!
そして、順調にスカイラインに到着そして、山頂直下まで続くスカイラインは
有料と思いきやそのまま通過できるようです。

_MG_9566


そして13キロと少し車を走らせると突然綺麗そうな駐車場に到着するのです。。。
が、私も親分もそこがまだ山頂とは気がつかず。。。 後ろを振り向くと。。。

0Y2A9654


あっ! ネットで見たクライミングカー。。。 もの凄い急斜面をまさに
クライミングしていく乗り物なのであります。

0Y2A9656


これに乗ってみたかったのです。最近はこういう乗り物が全国的に廃止されて行く事も
多く 山などで調べてみると廃止されてしまったんだという物が稀だけれどあったりするので
あってくれた事に感謝です!!! 

_MG_9569


クライミングカー。でもこれとっても人気の乗り物のようです!!! 乗車時間は1分。
ちなみに駐車場から徒歩で登る事もできるようです♪ 
往復で大人350円。 とても安い!

_MG_9571


乗車口付近にはなんともソソラレル看板! お腹空いたね〜!
さてと、クライミングカーが来ましたよ〜!

0Y2A9657


下りのクライミングカーには思ったより人が乗っております。ひっきりなしに
上下しているクライミングカー君。けっこう人気物なのです!!! しかもなんとも
可愛らしい風貌なのであります!

0Y2A9660


いよいよ乗車です! と言ってもたった1分なのですが満喫しましょう♪

_MG_9572


見上げる親分。 親分が見ている景色はこんな感じ。

0Y2A9662


そり上がっています。ちなみにこの弥彦山は麓からロープウェイも運行されています。
徒歩、ロープウェイ、スカイライン、そしてクライミングカーと色々な方法で山頂直下
まで行ける弥彦山は人気があるのが伺えます!

0Y2A9668


しかも景色も抜群です! この日は雲が多い物の佐渡島までくっきりはっきり
見えてくれました!

_MG_9578


たった一分の短い間でも眼下にはテンタマ号。そして遠くにはお山も
見たい所がメニメニです。

0Y2A9673


が、やっぱり1分。あっという間に山頂駅です。クライミングカーの山頂駅は
麓からのロープウェイの山頂駅よりも若干上にあるのであります。

_MG_9580


降りるとそこはレストランがあって小さな公園もあってそれから山頂続く道と
反対側にあるお山側に行く道とそんな感じになっています。
で、親分も私も あれれ。。。 なんだか過去に見た似た景色を発見です。
弥彦山の山頂に行った後、どうしても寄り道したい場所を発見です。

0Y2A9676


そんな感じも以前に同じ事があり観光で訪れた後に見かけた風景を
どうしても再訪して山頂を見てみたく数年後に登ったあのお山にそっくり!

c0f66622


台湾の基隆山になんだか似ている!!と言う事は景色が素晴らしいはずだよね!
必ず行こう! と親分に伝えます。 もう親分はそっちのお山に行きたくて
仕方ないらしい。

_MG_9581


ただ、まずは弥彦山の山頂に行きましょう♪とお願い。 ちなみに親分は
ギガパンを持って来ております。 そして少し山頂方向に歩いた景色を見て
お隣のお山ではなく もうギガパンでこの風景を撮りたいと言い出しました。

0Y2A9677


確かに判るその景色! 遠くには見事な名峰揃い。
じゃあ、山頂でギガパンをやろう!!! とまずは 現在九合目にいるので
山頂に行かねば! 道標に国上山と書いてある!

0Y2A9681


実はこのお山。我が家には忘れられない過去があるのです。 実は雪割草が咲いているという
情報を得て目指したのですがつい、のんびりしすぎてしまい到着が
夕方、しかもほぼ日が沈んだ頃に到着した記憶が。。。このお山もいつか登りに行きたいねと。。。

0Y2A9682


右手に佐渡島と日本海が見えるビューポイントを越えたら山頂にある神社にむけて
階段を登ります。


_MG_9582


ラクチンな方法だけれど、今の私に踏める数少ない貴重な山頂です。 
久しぶりの山頂が待っているんだと思うととってもワクワクドキドキするのであります。
皆さんの素敵なレポでよく拝見するあの弥彦山と書いてある石碑に逢えるのが
もうとても楽しみで仕方なかったアフーであります。
と言う訳でお話はもう少し続きます♪ 

続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん!嬉しいです♪