と言う訳で続きです♪

結局夜中の12時を回るまで首里城でギガパンに没頭していた後、
食事をしてホテルに戻ったのはもう2時。(笑)

それでも最終日と言う事もありしっかりと朝は起きれたのであります!

本日目指す場所は観光地というよりも長年ずっと追ってきた第二次世界大戦の
爪痕へ。。。

0bac871e


↑ 何日も探しまわってようやく見つけたグアムのジャングルの中にある大砲。。。

思い起こせばグアム、サイパン、ハワイでも 兎に角 第二次世界大戦の爪痕を
探しては彷徨っていましたが。。。最終激戦地の沖縄に。。。
 
_MG_7979



向かった先は喜屋武岬。

向かう途中では道を間違えたのか未舗装の道路を通り辿り着きました。

_MG_9386



この場所は第二次世界大戦中。罪の無い沖縄県民の方が米軍に追い込まれ岬から投身を計った
悲しい場所でもあります。 

_MG_9388


この日はまだ誰もおらず 親分と私で貸し切りだったのですが 時代が違うだけで
大きく変化する状況。。。 本当に戦争は憎しみや悲しみだけを生む産物です。。。

_MG_7981


この場所には見た事も無い青い綺麗な鳥が沢山飛んでいました。 

さて、場所を移動して行きましょう。次に目指した場所は

_MG_7985


ひめゆりの塔です。女子高校生240名が沖縄戦末期、この場所にて看護要員として
従軍しこの第三外科壕にて100名弱の方が米軍の攻撃により命を落とした場所でもあります。

_MG_7987


この日は朝早くにも関わらず 日本津々浦々からの観光の方、そして修学旅行生も
含め沢山の方がお花を手向けていらっしゃいました。

_MG_7988


この穴の中が第三外科壕。

_MG_7990


明るい太陽の下、彼女達はどんな事を思い、誰を思っていたのだろうか。。。
戦争の無い今の時代に生まれた事にすら少し罪悪感を覚えたそんな場所でもありました。 

_MG_9393


それから再び場所を移動します。

_MG_9405


平和記念公園へ。。。

_MG_9397


この日は若干雲がある物のどうにか雨には降られず。。。

_MG_9405


広大な敷地には多数の戦争で亡くなった方達のお名前が刻まれた石碑が立ち並びます。

_MG_8003


その数を改めて見ると1つ1つの命の重み。。。当時の日本政府はどう考えていたのだろうかと 

_MG_8000


戦争の体験のお話などのテレビを見ると米国に比べて日本兵の扱いそして人権
あまりの差に閉口してしまうのです。

_MG_8008


名の刻まれた石碑は沖縄県の地区ごとに分かれていました。
3日間島をずっと周回していたので土地勘もそして土地名も把握していたので
その地区の石碑の前を通りながらあの辺りに住んでいた方なのだろうなとか
そういう事もフラッシュバックしていくのです。

_MG_9403


それから平和記念公園を後にした私達は。。。一気に高速道路にビーチが綺麗だった恩名まで
引き返しました。沖縄の本島の端からまた真ん中まで一気に。それでも100キロ弱でしょうか?
実はその途中で。。。親分が目を引いた物が。。。

_MG_9406


そんな訳ですがとりあえず再び 島の真ん中付近まで戻ったのち、またのんびり綺麗な
静かなビーチを探しまわります。

_MG_8015


幾つも幾つも何度も何度も車を停めては ビーチを眺めたりと 今日は最終日。
しっかり目に焼き付けておこう!!!

_MG_8026


こんなビーチも♪ そして遠くを眺めれば 日本にこんな綺麗な海があったんだと思わせてくれる
そんな色が広がっています。

_MG_8022


と言う訳で。。。実はこの後、向かった場所は高速道路でどうしても親分が見てみたいと
場所に向かいます。 その前に腹ごしらえもした記憶です。この日夜最後のフライトで
沖縄を後にするのでそれまでのお話はあと少しだけ続きます。

と言う訳で今日も読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん! なんちって。