という訳で山頂のアフーの続きからでしたね。。。

_MG_1293



実はこの写真はもう下山直前の一枚。山頂に到着した時はまだ山頂は
人が結構居たのでとりあえずのんびり八ヶ岳サイドに座って親分はギガパン、
そして私は待ち時間にお汁粉! 

DSC_1299


これは年末に赤城山の地蔵岳でこの時間に
お汁粉が飲めたらねとギガパン待ちの時に話をしていた事だった訳で。。。

DSC_1300


ひっそりと楽しみにしていたアフーであります♪ で、お汁粉作りました。
親分が真剣にギガパン撮影に取り組んでなにやら色々格闘している時に。。。
私は私で段取り悪いながらも準備して。。。これがまた山頂では唯一風が凌げるのが
八ヶ岳サイドの山頂少し下ったあたりなのですがそれでも風がありまして、
気をつけなければお尻に敷いたSIREXやらちょっと邪魔な手袋やらが飛んで行きそう。。。

DSC_1302


そんな事に注意しながらも色々準備してスタッフバッグが多いのが山道具であるのだけれど
調理器具もけっこうスタッフバッグに色々分類していたのでこちらも今後は見直しだねと
一人で色々と今後の課題をみつけつつお汁粉ができました!

DSC_1304



が。。。親分、どうやらギガパ撮影がいまいち納得出来ないようで。。。お汁粉に無関心。
微妙にご機嫌が悪そうなので損ねないように。。。冷めちゃうよとお汁粉を必死に促すアフー。

DSC_1301


。。。すると親分、一気飲み。(((( ;゚д゚)))


あ。。。。あ。。。。 と思ったけれどまっ!いっか!オヤビン今、忙しそうだし♪

という訳で外気の冷たさでお汁粉の冷めるスピードは早いながらも温かいうちにどうにか
食べてほっこり♪ 


次はなにを持ってこようかなと新たな野望を挑みつつ、オヤビンは八ヶ岳とは
反対側に行ってくるとギガパンとカメラと三脚を持って行ってしまった。。。

DSC_1299


置いて行かれたアフーは暇なので後片付けをする事にしました。なにげに色々と後片付けも
風に飛ばされないようにと真剣です。それからスノーシューも登りの様子では下りは要らないねと
二つともしまいまして親分待ちです。

DSC_1303


親分が戻ってきまして逆側の撮影中だという事でその待ち時間。。。はのんびりギガパン撮影の
360°に映り込もうと(笑)遊んでいた訳であります。



それが無事に終わってからは足早に♪山頂での記念撮影をしてそれから
あたりの山々とも記念撮影をして

_MG_1286



富士山と南アルプス達♪
前回見れなかったのでちょっと嬉しい♪

_MG_1288


なんとなく、もっと真っ白になっているのかなというイメージでしたがきっと風が
強いからなのかそれとも傾斜がきついからなのか。。。思ったよりも真っ白なイメージでは
ないかもというのが正直な印象でした。。。

_MG_1289


はい、富士山!

_MG_1294


それは南アルプスだけでなく八ヶ岳ももっと真っ白なのかな?とイメージしていたのですが
遠目は思っていたよりも白より黒が多いかなと。。。

_MG_1297


山頂は風がけっこうあるので皆さんは八ヶ岳側の斜面でゆっくり休憩されている方が
多かったです。

_MG_1302


下山前。。。そうだ!今度は私にカメラ持たせてとお願いしまして♪下りは私が
撮影する事に♪ 

_MG_1308


オヤビンと八ヶ岳♪ そうそう、この日は猛烈に二人とも厚着をしている訳ですが
今回、親分も去年買ったソフトシェルのフーディーをインナーに着ています。
これが意外にもとっても便利で、アウターシェルの帽子はどうもゴアゴアっとするので
圧迫感があるのですがソフトシェルのフードをかぶると首元も温かいしそれに
ゴアっと圧迫感もほぼ皆無。。。

_MG_1310



ご機嫌なオヤビン♪ ただ、二人とも体重増と着用物の重みで。。。ジャンプはこじんまり。

これに微妙に二人でウケてしまって。。。ゲラゲラ笑いながらの下山開始です。

_MG_1314


そうそう、今日はめずらしく親分のザックが復活しているんです。

_MG_1317
 

富士山を掴もうとするオヤビン。適当に写真を撮るアフー。。。

_MG_1332


という訳で、親分のスノーシューがブラブラしていて気になりますが。。。
ザックのお話に戻しますとこの日は親分のザックにはギガパンが入っています。
これがまた微妙に大きくて重たい。そんな訳で現役の親分のGOLITE JAMはどうも
初代ザックよりも小さくまったく入る気配なし。。。

_MG_1336
 

そんな訳で初代JAMを持って来た訳ですがオヤビンはどうもこの初代ザックはもう
しっかりとお蔵入りにして大切に取っておきたいらしい。。。

ギガパンが入るザックを物色しようとしているのだけれど ちと我が家ではそれは微妙に
どうなのかという話になっている訳であります。

_MG_1342


下る道にはトラップあり。それから 尻セードで一気に下れるようであります。
が。。。スコップみたいなので下って行かれた後の道は綺麗になめされて
思いっきり滑る道に変身です。

うらやましい。。。けれどスコップないし。。。

_MG_1348



まぁ、滑っても特にモーマンタイな柔らかい感じなのですが。。。
で、あっという間にこちらに到着。。。

_MG_1351



皆さん 天然滑り台で楽しんでいらっしゃいます♪

ならば。。。我が家もなにか滑れる物を見つけて滑りましょう!と悪のりを始める。。。

その滑れる物のお陰で猛烈スピードで下る方が若干この広場に現れる訳なのであります。


という訳で最終回に続く♪

最後も読むよ♪お尻ぺんぺん♪嬉しいです♪