2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         



という訳で続きです♪

台北101を後にしてタクシーの運転手さん任せで 象山登山口まで。

IMG_2304


そう、この風景を探しにはるばる日本からやって参りました。
さてはて、見つける事は出来るのでしょうか?

IMG_2336


タクシーの運転手さんは 少し迷っていたけれど無事に登山口に届けてくださいました。
思っていたよりもこじんまりとそして奥まった場所に ひっそりと佇む登山口に到着。

IMG_2354


トッツァン坊やアフーが到着です。
雨上がりなのでものすごい 湿度です。。。  路面のご覧の通りスリッピーです。

IMG_2357


ただ、登りはじめからすぐに気がつきます。この山。。。蚊がはんぱない。。。
しかも日本にいるような蚊ではなく ものすごい大きなサイズ。

IMG_2359


登っている間にすでに顔は何カ所も刺されている 足も酷い〜〜〜〜。
親分は蚊に刺されてもまったく痒くないようで。。。

IMG_2360


で、話はそれましたが とにかく猛烈な湿度の中 階段を登ります。
滑るは蚊が集ってくるわもう。。。ほぼ注意力散漫状態。

IMG_2362


なんて書いてあるのか 判らないけれど 登山口。

IMG_2364


どんどん登っていくオヤビン。

IMG_2367


時折、下ってくる方とすれ違うのですがきっと縦走されてきているのでしょうか?
土砂降りの中を歩いてこられたようで。。。ずぶぬれです。

IMG_2369


時折 ワンコも降りてきます。ワンコの散歩道でもあるようです。
そして、開けた場所に。 すると ドド〜ンと台北101が聳える景色に飛び出します。

IMG_2368


それにしても 湿度100% そして止まるともうすごい数の蚊。
気がめいりそうな苦痛度100%。。。状況。

IMG_2371


で、象山の頂に到着。景色はこんなです。ただまだ先はずいぶん続いているようで
親分は先を見てくると。。。私はここにとどまる事に。。。景色はこんなに素敵です。

IMG_2372


この岩に登ったらもっと素敵だろうなと思っていると少し離れた所にいたおじさんが
なにやら 滑るから危ないよと言っているよう。。。相当危なっかしいと思われたようです。
運動神経の悪さは万国共通で伝わってしまったようです。

さてと、無事にあの景色なのでしょうか?

IMG_2336


デケデケデケデ〜ン 発表します!

IMG_2373


うん。アフーが撮った写真ですが見事に そっくり!少し画角の違いはあれど
しっかりとそのアングルに近いです。すると 縦走路の方から若い青年が2名。
そして岩にスタタと登ったのであります。 おじさん、彼らを止める事はしなかったので
やっぱり私は相当な運動音痴にみられたようです。(苦笑)

IMG_2374


そこからの景色は素敵ですか? でそれを見ながらもなぜか 蚊が私によってきていて。。。
もうそれを撥ね除けるのに必死なアフー。すると 青年が。。。これどうぞと一枚くれた。

それは蚊がいやがる匂いのパッチ。

IMG_2375


使い方が判らず直接に肌に貼付けてみたら そうじゃないよと。。。
服の上に貼るんだよと教えてくれた。。。。で、 あまりに蚊に刺されている私を見て
哀れに思ってくれたようで。。。これ一箱、全部あげるから使いなと渡してくれた。。。

IMG_2379


なんて優しい青年達なんだろうか。。。 
記念に写真を撮って♪ お別れです♪ 台湾、本当に優しい人がメニメニです。

IMG_2378


しばらくして、親分が迎えにきました。もう少し先に東屋があってそこで
カメラマンさんが何人かいるとの事。 そちらに移動する事にした。縦走路をしばし進み
小さな公園を超えて一つ目、二つ目の東屋に到着しました。

IMG_2383


蚊はやっぱり減らず パッチを貼っている場所から離れた所を集中攻撃されているアフー。

IMG_2385


東屋で日が暮れるのを待ちます。 ザックの中に足を突っ込んで腕にはタオルを巻いて
蚊からの攻撃を最小限に。。。ただ音がものすごい。気がめいる〜。

IMG_2391


で、親分のカメラの周りにも数台のカメラ。カメラマンさんは5、6人。それぞれにシャッターを
きるとディスプレイに映し出されるのですが皆さんの撮られた写真があまりにも素敵で。。。
でも親分の写真だけなんだか 全然冴えない。。。

IMG_2392


それを一部始終見ていた私は やっぱり親分の写真だけ冴えない。。。と伝えてみるのです。。。

IMG_2393


すると言葉は違えど。。。う〜ん。ちょっと違うんだよな〜というニュアンスは万国共通のようで
隣のおじさまがオヤビンのカメラの設定を見てくれました。
あっ、この設定よりもこの場所はこれが良いよと設定してくれた設定で撮ってみましょう♪

IMG_2394


私も便乗してその設定に。。。すると。。。同じカメラとは思えない素敵な写真が。。。
という訳でこんなにも違う写真が撮れまして。。。

で、右のおじさまはご夫婦で立派なカメラ一式を持って撮影にこられていました。
おばさまも私に指導してくれまして。。。

_MG_2398

まったく言葉は通じないのに いろいろとみんなであれこれ。。。楽しい時間が流れます。
それからアメリカ人の方も参加! もういろいろな言葉が飛び交う楽しい東屋です。

_MG_2402


今でもうちのカメラは台湾のカメラ先生の設定になっているのですが
そして隣のニコン使いのお兄さんも 黒い四角い紙を持って扇いだりして
特殊な撮影をしていらっしゃいます。

_MG_2404


夜にしっかり近づいた頃。少し湿気も収まって 蚊も少なくなったのか?それとも
アフーが慣れたのか? 楽しくてなかなか予定時間を大幅に過ぎていたのですが
遅くなっても良いや! という感じに♪ 道具頼みばかりの親分と私でしたが、完璧に
カメラを使いこなしている皆さんを見ていたら。。。 少し恥ずかしくもなったりです。
まだまだ、カメラの事、判っていなかったんだなと。。。

で、親分の冴えなかった 台北101の写真は 台湾のカメラ先生のご指導のおかげで
ものすごい奇跡的な写真が撮れたのであります! やったね! オヤビン!

_MG_2400


撮影に夢中で幸せそうな親分。
しかし、この時まだ知らない。。。 その素敵な写真を何度も消してしまう残念人間が
こんなに近くで撮影を見届けている事を。。。

という訳で、実は救えた写真はたったの一枚。

その写真はヤマノボリ総集編にアップしようと思います。

少々急いでいる象山レポはもう少しだけ続くのであります。
今日も読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。