2012 弾丸ツアー 台湾編 INDEX

         

         





IMG_1439


さて お話はここからでしたね。。。
もはや、王道を突き進んだつもりでいた私達。。。
IMG_1440


だって、こんな素敵な石畳もあり。。。
それから歩いて来た道から見た 大屯山には 一本の綺麗な道が
ずっと見えていた訳で。。。

IMG_1405


そう、イメージは竜ヶ岳的な感じの道をイメージしていました。なんというか
あの道の 九十九折りではなく直線バージョン的な 広い道。。。

209996c0


こんな感じや こんな感じと。。。

b64e8aba



う〜ん♪ すんがすんがすぃ〜♪ 笹道!
を頭の中では 想像していた訳であります。


IMG_1833



でもさっきの東屋を超えて少しだけ直進ステップで 石畳を超えて山頂へ
めがけていく 一本道は。。。ちと狭い。。。

で、ちょっと躊躇してみた矢先に少し道が開けた。。。


IMG_1441


看板なんかもしっかりと 足元に。。。 七星山で見た看板と一緒アルネ。。。

IMG_1834


クネクネ登った道を直線にすれば 1キロも無いらしい。

IMG_1444


だいぶ歩いて来た気がするのになぁ〜。。。たださっきの車道の爽快感とは打って変わって
いるのであります。。。

IMG_1442


石段のある道は 再び狭くなる。。。がもう時はすでに 遅し
引き返すという場所ではない感じと思えた。。。

IMG_1837



悩む親分。これ、みんな歩いていると思えない。。。
実は足元の石畳は非常にありがたいのですが。。。 車道と明らかに違う
恐ろしい程の湿度。。。






IMG_1447



それが石段を湿らせる。 足元は登山靴ではない私と親分はなんども
石段で滑る。。。

IMG_1448


下りでこの道を使えば。。。たぶん滑り落ちて行って 自動石段尻セードで
下れる程に ツルリンコと滑るのであります。。。



IMG_1838


親分も言う。下りはこの道使えないよ。。。 さっきの駐車場からの
人達とかすれ違った方達を見てもこの道を登る格好じゃなかったよね。。。


IMG_1831



へいっ。。。 仰る通りで。。。
なんだか 笑ってしまう私と親分。。。

それは 想像をちょっと超えているのではなく はるかに超えた高い薮漕ぎだから
なのであります。(笑)

IMG_1451


その薮小木は 沢山のチョウチョと一輪のヤマユリさん。。。

IMG_1450


今年はうちに咲いてくれませんでした。。。
きっと来年はと待ちわびる事にしていたのですが なんだかここに一輪。


IMG_1452


待ってくれていたのかな? なんて思いながら とても懐かしく。。。
不思議に一輪だけ咲く ヤマユリに元気を貰い。。。
突き進みます。


IMG_1840


ヤブコギヤブコギ〜♪
ちなみにあまりに酷い所は写真に収めていません。(笑)

IMG_1458


チョウチョさん。。。 飛べるもんだからと 茶化しているように 頭上を飛んでいます。

IMG_1459


親分は巨大笹薮迷路に入った。。。
もう両手で笹をかき分けて、時に怯むと一瞬頭に 私台湾まで来て
何してるんだろうと言う考えが芽生える。

IMG_1842


それを一瞬でかき消しては楽しさに替えて 台湾薮小木を突き進みます。



IMG_1463


IMG_1847


きっと王道を外れたな。。。と いや 間違いなくと思いながらも
この経験、貴重だねと話ながら 山頂が近いから 余裕ではありました。

IMG_1464


登り詰めた場所に広い山頂があると思っていたのです。。。

IMG_1472


ちなみにこれ以上に高い場所は。。。 見当たらない。。。
が山頂も見当たらない。。。

IMG_1476


少しだけ 深い薮小木からそれる更に細い薮漕ぎに親分が行って見ると
もしかしたら 三角点だったかも という物があった小さい小さい 畳半畳程の場所が
あったらしい。。。

IMG_1483


↑ この上の写真が 親分がその山頂らしき場所から撮った写真。
ただ、他に突き進む道は無いので親分は私のいる笹薮に戻って来たけれど
山頂かは半信半疑状態。。。

他に山頂があるはずだよ。と突き進むも。。。

笹の道。はもう道で無くなった。 そして 有刺鉄線の高い咲くの柱が
見えとりあえずかろうじて出来た獣道を突き進む。。。

IMG_1850


そのかろうじての道は 上の写真よりも全然道としていない道で
写真どころではなかったのであります。。。

実はけたたましく ワンコさんが 何匹も吠えまくっているのです。
笹薮の中で 周りの物は柱しか見えない。。。
ワンちゃんは大好きなのですが 見えないワンコさんの鳴き声は
怖くて。。。怪しい物として吠えられている事を自覚しているので。。。

ちょいと必死に薮小木迷路を突き抜けました。


IMG_1851


ようやく薮小木の最後に辿りつけこんな風に開けた時はホッとしてしまった訳であります。

IMG_1484


飛び出て車道の行き止まり。。。 そんな所に 脇の笹薮から親分とアフーが
こんにしょわ。。。。 山頂は何処ですかと聞きたいけれど ここには
チョウチョしか飛んでいない。。。

IMG_1485


わいるどだろぉ〜。 と言わんばかりの 大屯山。
流行言葉を使ってみました。 

IMG_1853


で、山頂はどこでしょうか????
と振り返った さっきの薮小木迷路。。。 あっ、見えていた柱はあれだね。
ある意味 貴重な場所を歩けたみたいだよ! と笑いながら振り返って車道道を歩いて
本当の山頂を探します。

IMG_1854

 

進む道は この舗装された道かそれか さっきの薮漕ぎ一直線を戻るしか無い。。。
とりあえず車道を歩こう。。。 別に急いでいないもんね〜。

と。。。そういえば さっきの湿度とは比べ物にならない程に快適な道。
でも振り返ると。。。 あの道に居た。。。

IMG_1453



君に呼ばれちゃったかな? なんていう風に思えば それはそれでまた
素敵な思い出だなと思うのであります。 こんなに綺麗に咲いているんだもんね♪
しっかりと写真と記憶に記録したよ♪ 大屯山の一輪のユリ♪

さて、本当の山頂探しへと続く。。。

続きも読むよ♪ お尻ぺんぺ〜ん♪ なんちて。