実はきっかけは。。。自転車を室内で漕ぐローラー台は案外きつい。。。
1時間はかなり拷問のような感じで。。。それをサボるべく、それでも実は我家では
しばらくの間に月曜日を始点として毎週3回は運動をするという事を決めた。

ただでさえ、怠けようと思えば幾らでも怠けられるのだけれど そうじゃいけないね。と最近は
どうにかこうにかその約束をギリギリラインで果たしています。。。な訳で話を戻すと

どちらに行こうかを悩みました。いつものゲレンデとなると我家はフタツ。
猪苗代リゾートスキー場かパルコール嬬恋スキー場。理由は簡単。ゴンドラ君があるから。

P1251234


で、HPをチェックしてみて雪の状態を確認しに行ってみると。。。猪苗代リゾートスキー場は
今日スペシャルデーらしい。シーズン中に4回ある貴重な日と言う事もあり実は毎度、
ここまでのHPチェックまでは何度か振り返ると親分と一緒にテンション高めに調べるのだけれど
ギリギリで面倒になって取りやめとなる事もあるのだけれど。。。スペシャルデーはなんだか
勢いを付けてくれた事は 紛れもなく確かな事で。。。準備をして出発しました。

家を出たのは4時過ぎ。

P1251236



実は途中で仮眠しました。が。。。忘れ物をしてしまい。。。
正直どこで眠るかと那須を越えたあたりから考えました。。。
なぜなら 忘れ物は寝袋。 外はマイナス10度越え

エンジン付けて寝れば良いのだけれど煩いから眠れない。。。と言う訳で
車内を一気に暖めて就寝したけれど気がついたら自分が寒さに震えている事に
気がつく。。。煩さを我慢してエンジンを付けて眠ろうという事になったのだけれど
エンジンよりも音楽が目覚めのよろしい系の音楽がかかり。。。それで結局寝付けず


P1251237


起きたのは7時30分。大して寝てないね。。。と再スタートをしたのは雫石PA
それから磐越道にそして 本当に久しぶりに逢えたね! 白鳥トンネルさん。
一箇所しかないこのトンネルだけれど毎回見落とさない様に磐越道に入ってから
トンネルを楽しみにしているアフー。

P1251239



ギリギリセーフで写真に収め。。。今日は晴というお天気だったので磐梯山に逢えるのが
とっても楽しみだったのだけれど。。。

P1251240


磐梯山は雲の中に隠れていました。。。
下界は晴れているのにね♪ と吹雪いていそうな感じの磐梯山。

P1251241



磐梯高原を降りここから目指すのは猪苗代リゾートスキー場。
このスキー場を見つけたのは高速の降り口から近いスキー場一覧で見つけたのが
出会いの始まりでした。ゴンドラあるし、スキー場からの景色もそしてコースも
空いているお気に入りがあるので練習をするアフーには本当に優しいが揃っている
スキー場であります。

P1251243


レガシィ君のナビはあまり 王道がお好きでないラスぃ。。。
毎度これに困らされる。。。と言う訳でお話は一気にスキー場に
正直なことを言えば3年か4年前にスキーをやってみようと決めて自分で親分の
後をおっかけて体で覚えた残念スキー。


2年ぶりに滑れるかどうか本当はかなり不安でした。いきなりゴンドラではなくて
第一リフトでという運びになったのだけれど別々に乗ったリフトの椅子で親分の背中を
見ながら緊張している自分の心臓をトントングーでたたいて緊張を沈めました。

DSC_0700


もたついたら当分連れて行ってもらえない事を知っているからに。。。リフトの降りる場所。
それからスキー板に靴をはめるのもやぱり一苦労だけれど 兎に角必死。

DSC_0701



景色を見ている訳ではなく。。。滑れるかどうかが非常に不安。
よし、行け! とオヤビン監督。。。 

そうだそうだ、リフトだって大丈夫に降りれた訳だし!!!勢いで取り戻してやろう!!
と気合いを入れて滑り出した。


DSC_0709



ら、へっぴり腰は健在だけれど。。。 なんだかしっかりと体が覚えていた訳で。。。
カーブもアタマで考える前に体が覚えていてくれて。。。

DSC_0711



もしかしたら 2年か3年前の新潟のキューピットバレー以来の スキーだけれど
あの日からずっと体のどこかではもう覚えていてくれてみたいで。。。
ちょっと嬉しかったアフーです。と言う訳で調子に乗ってゴンドラへ。

ただ、ここのスキー場のゴンドラを降りてからすぐの道とそのすぐ先で王道から
離れるコースに降りる場所の傾斜はもう私にはギリギリの状態で・・・結局この日も
まともにというよりもギリギリ滑り落ちるのを止める状態でインするような感覚。。。

DSC_0714



それでも。。。この道に来たいので気合いでゴンドラへ。
ボーダーの人もスキーヤーの人もとってもかっこよく滑って行く。。。
けれど我流な私は誰が見ても ギリギリの滑り。。。

DSC_0715


あっ、そうそうスキーウェア。。。パンツをベージュにしたのですが スポーツ用品店で
試着せずに買って来たので。。。丈が短い。でオレンジの今までのバートンジャケットを着たら
親分がちょっと可笑しいというので結局山のソフトシェルを着て来ました。


DSC_0716



体が覚えたへっぴり腰スキーだけれど自分なりに速いスピードそして自分なりに
もの凄く楽しんでいます。ただ、楽しみだった景色は到着時は吹雪いていたくらいで
顔に当たる雪が痛い。

でも4本目くらいの時から空は一気に青組が攻めてくれた!


DSC_0745



逢えたぞ〜! ここから見る磐梯山が大好きなのであります。
この景色。見れただけでも 人生でスキーは要らないと思っていたけれど
少し頑張ってみようと必死で覚えた甲斐があったアルヨ。。。
私の運動神経では間違いなくかなり無理しているくらいに スキーはギリギリなスポーツ。


DSC_0719



ご飯はお家で食べて来たのだけれどやっぱり 小腹が空くよねと11時に。。。
だけれど 食堂についたら 小腹よりも大腹の方が 出しゃばって来て。。。


DSC_0720


わかめうどん。 もの凄いボリュームです。 食堂のスタッフさんもとても優しく
そしてリフトのおじさんも ゴンドラのおじさんも みんな優しい。
このスキー場はいつ来てもそうであります。 それと若い子達ももの凄く礼儀正しく。。。

DSC_0721



親分、七味かけ過ぎだよ。。。 なんて話していた記憶。 架空ちゃんなら3倍以上かけるかな。。。
みんな辛いの強いんだね。。。 でそうそう 雪マジなんちゃらというシステムがあり
年齢が19とか21とか なんだか規定の年齢の人はスキー場がただになるらしく
若い皆さんがエントリーし易いようになっているらしい。間違いなくこの日の
平均年齢を上げているアフーとオヤビン。

DSC_0724



そう、若い皆さん。そして上手な皆さんに混じって食後に再びゴンドラへ。。。
ただ、親分も私も温かさとお腹いっぱいと朝眠れなかったから。。。
睡魔君もゴンドラに乗って来た。。。


DSC_0725


だめだ。。これは 昼寝をしましょう! というまったりなスキー場。
眠さを堪えて一本滑る最中に親分はゴンドラのすぐ下の裏街道に入る急斜面で大転倒。。。
転がり落ちて行きました。。。アフーも親分の後を追ったので必死に交わして

傾斜の緩やかな場所で親分が大丈夫かと振り返る。。。

傾斜の途中で親分と板がネッ転がっているのが見える。。。
で親分なかなか傾斜で板が履けずもう一度転倒。。。でも大丈夫そう。

親分はこの日、この傾斜で2、3度転んでいた訳で。。。みんなカッチョ良く滑っていく。
ヘルメットを被って滑っている人はもう本当にかっこ良く。。。滑って行く。。。


アフーは思った。。。オヤビンもヘルメットが必要だよ。。。


違う意味でと思った。


私は基本無茶はしないけれど親分は毎回その傾斜で無茶を
して転んでいる訳で。。。

DSC_0727



とりあえず 昼寝しよう! という事になり。この楽しい時間の続きは少し遅れた午後から
はじめる事にして。。。仮眠してしまったのであります。

でも正直、絶対に転ぶだろう、振り出しに近い状態からのスタートだろうと
思っていたけれどどうにかこうにか 以前の滑りの状態のまま
体が記憶してくれていた事にとっても嬉しく。。。ただ1つ不安が。。。

DSC_0736


間違いなく体で覚えたこの残念スキーはこれ以上の上達は無いと思われ。。。そんな事を
考えていたらいつの間にか記憶は途切れていました。
そんな磐梯山のお腹で眠りについた記憶の続きはまた明日。

 と言う訳でいつもスキー場でちょうど良いカーブとかターンの時のきっかけ的な障害物と化
しているアフーのスキー2012の第一弾のお話はあと少しだけ続きます。

と言う訳で続きも読んであげるよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。