2011年08月18日

室堂で逢いましょう 其の壱

と言う訳で。。。今日はここまでのお話をしようと思います。
お盆休みに親分ファミリーが室堂宿泊入りのツアー旅行をすると言う。。。

で、うちはお盆休みが変則だった事もあったりで
2泊3日のプランのうちに室堂に2日目に入ると言うのでならばちょっと遊びに行っちゃおう!
で、室堂で逢えたら楽しそうだね〜という訳で合流を決めて夜中におうちを出発したので
あります。家を出たのは日曜日の夜。ギリギリ12時ちょっとまえに関越自動車道へ。。。


IMG_6067



東部湯の丸SAにて食事。ちょっと眠気に襲われつつも 音楽聞いたりしていたら
あっというまに立山ICに到着。実はちょっと驚かせてみたい気持ちもあって
宇奈月温泉に居る事を聞いていたのできっと富山側から室堂に入るんだね♪
それならば今回は我が家もそちら側から入ってみよう!と実は出発の時も長野側から
入る予定だったのですが急いで携帯で調べて立山駅側から入る手段を調べた訳であります。

IMG_4495


立山駅に到着したのはたしか4時頃。そこから仮眠をと考えたのだけれど
やっぱりなかなか興奮している残念アフーは眠る事が出来ず。。。そして朝の5時。
うとうとする瞬間に。。。携帯のアラームが鳴って本当に眠れなかった訳であります。
でもお山の時はいつもこんな感じ。この慣れた感じもとても懐かしく♪

早池峰山以来のワクワクで心いっぱい胸いっぱいなのであります♪
お腹はいっぱいにならず。。。 お腹空いたな〜。。。。

IMG_6043



と言う訳でなんだか周りの車から徐々に立山駅に向かって出発する人達がちらほら。
じゃあ、我が家もすっぱつしんこ〜♪ で、予定では今日はきっと親分ファミリーの
事なので室堂に入ったらお山に登るんだろうな〜と♪ そんな訳で室堂で逢いましょう♪
もしくは雄山? いずれにせよなんだか わくわく楽しみにしていたアフーであります。


IMG_4497



さて、少し情報を♪ 立山駅の付近には駐車場が確認できた場所だけで大型の駐車場が3、4カ所は
ありました。一番近い場所は無理だったのですが立山駅から下ったすぐの場所の大型駐車場に
駐車する事ができました。 出発してから親分がソフトシェルを車に忘れたので取りに
再び仕切り直しのすっぱつしんこ〜であります。

IMG_6045



駐車場を出て坂を上って踏切を渡ればすぐに立山駅。
立山そばの文字が気になる胸いっぱい心躍るアフーであります。
簡単に調べただけだったので ケーブルカーとバスを乗り継いで室堂に
行けるんだと。。。ちょっとまだ疑心な感じです。 実は2年前に室堂に
入った時はまだまだ観察不足で室堂には車は入れないという印象で。。。


IMG_4498


実際に蓋をあければお山の時は少し高速道路を長く走っても富山県側から入るのが
とっても楽な事を知りました。 乗り換えと待ち時間が短縮出来てラクチンなのであります。


IMG_4499



この駅は電車の駅とくっついてるの? すべてが手探り状態。一応、念のために
ジュースを買いだめしておこうか?と 自販機でペットボトル500mlを4本。 

IMG_6051



そして、改札へ。。。 あ。。。切符買ってなかったね。 切符売り場を探します。すると反対口に
一度降りた場所にチケット売り場がありました。 室堂まで大人2枚。
8000円ちょっとでした。往復で一人4000円前回の半額くらいで
室堂まで行けてしまうんだ。。。




IMG_4500


切符はこんな感じの大きな切符。帰りまでこの一枚。この切符は5日間有効。
実は我が家、山頂で泊まる予定だった。。。

一応、ザックにはその最低限の準備をして来た訳で。。。あります。


IMG_4503


切符を買った時刻 5:46 ケーブルカーは6:30の便。それまでなにしようか?
食堂兼待合室を発見。 そこでなにかを食べようと思ったのだけれどオーダーは6時から。
すると親分大佐が寝不足だからバス酔いしちゃう可能性があるからビニール袋に入れてもらえる
お土産を買ってくればと促されて。。。 リンゴラスクをお土産屋さんで買って来た。

すると親分は これはNOだよと。。。パサパサ系でなくてしっとり系が原則だと言われた。
そっか。。。忘れてた。なんだか程よい酸味が美味しそうだなとじっくり選んだのだけれど
詰めが甘かったようであります。 が。。。このお話は山頂に続きます。


IMG_4506



と言う訳で6時がまわったので お山ではないけれど しっとり系が食べたくなって
ホットケーキをオーダー。たっぷりのホイップバターとシロップを♪
美味しさに感激していたら 時間はもう6時30分。
改札で切符をバーコード読み取りしてもらってケーブルカーへ。


IMG_4508


のんびりしすぎてビリで乗り込んだので。。。なんだか一番したの眺めの良い場所♪
このケーブルカーは標高差500mちょっと 乗車時間はわずか7分。
むふふ。私の足ならば2時間はかかるかな♪ 近代文明に関心しつつ、今日はちょっと
自分の足にも期待して♪ 目指すは3000mへ。


IMG_6054



一滴ま〜す♪ 
ケーブルカーのフロント部分の荷台は荷物を運ぶための スペース。帰りはこのスペースに
私たちのザックが搭載された訳なのであります。

IMG_6055



ケーブルカーは7分の間にトンネルを抜けて

IMG_6057


下りのケーブルカーとすれ違って高度を上げて行きます。

IMG_6061



そして美女平へ。バスは結局、待たなかったので大型連休と言う事もあって臨時で
どんどん室堂に向けて出発しているようであります。こちらからだと乗り換えはこの一回。


IMG_4510



ここからはバスで50分揺られると室堂へ。運転手さんは行きも帰りも同じ人だった。
丁寧な解説だった記憶。ゆらゆらとゆりかごのようなバスは眠気を誘う。けれども50分の
間の数カ所には見所が。。。そんな訳で眠れそうで眠れなかったこれまた嬉しい時間でした。
見所は。。。


IMG_4511



樹齢1000年以上の大木。 立山杉君。 写真で見るとそうは見えないかもしれない
だけれど実際の 立山杉君の大きさはバスの窓ごしからでもあまりにも立派で
眠気も吹っ飛ぶ立派さでした。

IMG_4513



そして、高度を上げて。。。行くのだけれど この日のお天気予報は
ネットで見る限りいくつかあって 雨のちくもり。 晴れのち雨。と
どれを信じれば良いかわからない室堂のお天気予報。 そんな訳であとは運に任せようと。
朝のうちはまだ光がたっぷり。雲は多かったのだけれどそれでも十分なくらいの
光が北アルプスに降り注いでいました。


IMG_4516



そして、滝。落差は500mだったかな? 大きな山の斜面を流れる滝は一年中
枯れる事がないと聞いた。そして。。。次は剣君が姿を現した。
車窓からの景色はそれはそれはもう見事な程の景色で なにかのきっかけでまた
室堂に来れた事にとっても感謝した訳なのであります。


IMG_4520



朝はまだ早いし、とりあえずみんなが室堂まで来るのはたしか宇奈月からトロッコそしてバス
だから時間かかりそうだから二人で室堂で遊んでよう!と決めて縦走しちゃおう♪とひとまず雄山を
目指す事にしました。


IMG_4521



バスはターミナルの一番 下の階層に到着。階段を上がればそこは2年前に見た景色。
また来れた〜。とちょっと感激なアフー。


IMG_4522


そして3階の出口へ。すると。。。
貸し切りの広いスペース。 空の青いうち、今のうちに記念撮影しちゃおうと!
決めたのだけれど結局二人とも景色を見ている間にパチり。

IMG_6066



きっと今日はこの時間が一番 晴れている時間だろうというのは どのお天気予報を見ても
雨マークがついていたので。。。 一瞬でも青空が嬉しかった訳で。。。あります。
そうそう、ザックの重さは10キロと11キロ。 山泊ミニマム装備。駄目なら山荘泊もと。。。

そして、私も親分もこの場所で合流が出来る予定で来たのだけれど2泊3日のプランで
旅行を取りそのうちの2泊目を室堂でと聞いていたのですが実際には旅行会社さんとの
伝達ミスなのか室堂駅と立山駅という小さそうで大きな手違いがあったようで。。。



IMG_4524



でも室堂には来るのだろうと思っていた。。。訳でこの時点ではどこで逢えるかな〜と。。。
でも結局この日 室堂で合流する事はできなかった。その現実を知ったのは確か一ノ越。
そのお話の続きはあと少し続きます。

と言う訳で、続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて♪