IMG_1205


そんな訳で二ツ山の山頂は広く快適ベンチもあるのでちょっとばかり珍しく
のんびりとしてしまいました。


IMG_1196


オヤビンも楽しそうであります。 芝生もまだこれから更に青くなりそうな気配。。。

IMG_0930



さてと、そろそろ2番線 鈍行アフー号。すっぱつします。


IMG_1214


そう、この二ツ山に行く時は立ち枯れの景色が見えたら山頂はすぐそこと覚えると
景色の変化が楽しいかもなのであります。


IMG_0936



今も、この写真を見るだけで爽快感が蘇って来る。
こんな綺麗な美しい日本を放射能で汚染されるなんて 本当にごめんだと思う。。。
実は沢山ヒトリゴトをまたつぶやきたい事がいっぱいある。

IMG_1217



将来の私がこの記事を読み直した時のために 少しだけヒトリゴトを書いておこう。
ニュースでは今日、土壌汚染の詳細なデータが出た。チェルノブイリでの
居住禁止区域と同じレベルの範囲は東京23区分の広さに値すると推計が出た。
正直な事を言えば。。。この情報は限りなく3月の地震直後、1週間後くらいには
情報が上がっていた。。。と思われる。
政府やメディアに騙されている事はもう判っていて。。。本当は
どっかに逃げたくなったりそれから他の国が羨ましくも思った。。。時があった。


IMG_1221



でも結局、仕事、家族、現実。そんな事が沢山溢れて実際になんにも動けない
事に気がついて、黙って騙されるしか無い事を知った。同じ思いだった人はきっと
沢山いると思う。

きっと本当に戦争中からこの国はなにも変わっていないのだと。本当はここまで酷いとは
思っていなかったのだけれど。。。実際にはもっともっとずうずうしく国民を騙している
訳で、それに腹も立たなくなる自分にもっと腹が立つ。


IMG_0941



でも国民はきっと戦争の時から助け合ってそれで戦後もこの国を再び立ち上げるために力を合わせてここまで来た証がいまの豊かな日本だった訳で取り戻すには結局 私達が
頑張るしか無い訳で。。。突き進むしかない。。。


IMG_0944


愚痴を言っても始まらない。さてと、再び歩く記事に戻そう。
そして、日本がしっかりと元に戻るまで歩みを止めずに進もうっと。
再び ヒトリゴト。封印しないと。。。と書いてから反省中。


IMG_0957



こんな風に大きな景色にとけ込む小さな私。
あまりにも綺麗だからこの大きな景色を写真に収めようと親分と
別々に歩いている。ちなみに、反対側から撤退した2008年の記事を
見直してみると同じ事をしているから不思議。。。


IMG_0964



親分を撮ろうと思ったのだけれど全然見えないから私はザックから
秘密兵器を取り出した。


IMG_0973



実はこの日、あまりに誰にも会わなくなって不安になった。
それはなにかあったのではないか?と。。。 ニュースを携帯で見た。
そんな事、実は今まで一度もお山では無かったのだけれど。。。
普通にしていても なんとなくついて来る不安。 でもすぐに景色は
そんな不安も吹き飛ばしてくれる。


IMG_0976



さてと、秘密兵器で覗き込んでみよう!
それは私の原点のいくつかの間違いなく1つに入っていると思える場所。

IMG_1229



美ヶ原。 実はブログをはじめる前はHPでお山の事を書いていた。
今はない、初代のHPのトップページはこの美ヶ原なのであります。
名残のあるページはまだ。。。あったかな?と探してみたのだけれど
そのページもなんだか消えてしまった。。。寂しいな。。。


IMG_0986



まぁ、いいや。無い物は仕方ない。。。このページもいつか消えるのかな。。。


IMG_1232



さてと、線路は続くよどこまでも。。。な感じで クネクネと上がって行く。
そして、気温もどんどん上がって行く。

IMG_0975


頭ポリポリ。 前の道。登るの大変そうだな〜。なんて思っていたのだけれど
実際にあの九十九折りを登るのではなくて左側に一直線の線路があって
そっちを通る事になった。なんでだか判らないけれど 成行きでそっちを歩いていた。


IMG_1236


もしかしたら、道を再生するのに入れなくしていたのかも。。。ここでトレランの男性さんと
すれ違ったのだけれどその方も九十九折り道ではなかったので。。。

ご機嫌なオヤビン!見ている私も楽しくなって来る!

IMG_1239



カラッと大地を歩きながら 足を止めてはあたりを見渡して
歩いている実感を得る。



IMG_0990



そして、アイモカワラズ、快速になっていない自分に気がつく。
今日はこれではいけないとちょっとばかり wii fitで長距離のマラソンを
走ってみたら。。。体温上昇しすぎてその後、気温差で頭痛になった。

かなりお粗末なそんな1日。なのでちょっと暴力的なこんな記事になっているのだと。。。
残念をお許しください。


IMG_1241



そそ、この日 親分のザックが下過ぎるねという話になった。
帰って来てザックの調節をした。と言っても調節ができるのは
一カ所だけなJAM君。


IMG_1242



我が家にはJAMの初代から3代目までがいるのだけれど それなりにどんどん改善されて
いる。だからといって昔のザックを捨ててしまう気にならない。


IMG_1243


思い出も一杯。
詰まっている訳で、これから先、幾つのザックに思い出を詰め込んで行けるかなって

そんな楽しみもある訳であります。

IMG_0992



背中に八ヶ岳君と蓼科君。どうりで体が重い訳だ。。。なんてね♪
さすがに鈍ったからだが悲鳴をあげて来た。


IMG_1255



さてと、前二ツ山の頂まであと少し。


IMG_1262



大きな親分も山の中に入れば小さく見えるね♪

IMG_1266


細い道と太い道。行きはどっちを通ったのかも忘れちゃった。。。
一本道じゃなかったんだ。 まだ、見えていそうで見えていないもの。
この世の中に沢山ありそう。

IMG_1269



それから、あっちに見える高い山が鉢伏山だと思っていた私は
親分を巻き込んで厄介な事になる。


IMG_0990


まるで夢に出て来そうな程、 お山を歩く理想のイメージの景色。
私がお山をはじめる前は日本の全部のお山がこんな風な感じで登るのだと
思っていたのだけれど、実際に沢山の個性のある登山道を知ったアルヨ。


IMG_1271


すでに前二ツ山に到着のオヤビン。このあたりから。なんだか、親分の調子が
いつもと少しずつ変わって行った。


IMG_0995


私はいつもの通り。登りで一気にペースダウン。


IMG_1277



そして登りきれば単細胞な私はご機嫌に!

IMG_1279



二ツ山の山頂が判ったからあっちの一番奥のお山が三峰山。撤退した時の記憶を
頭フル回転で思い出す。そうしたら、脳みそが疲れちゃった。


IMG_1016



糖分補給。魔法のキャラメル。鉢伏山まであと少し。


IMG_1003


青空を掴めそう!

長くなりすぎなレポ。ごめんなさい。もう少し鈍行列車は先へ進みます。。。

読んでるよ。お尻ぺんぺん。なんちて♪