IMG_1132


さてと、まもなく。。。 鈍足列車アフー号。 前二ツを発車しま〜す。
と言う訳で、アイモカワラズ くだらないレポは続きます。。。


と言う感じで幾つかの山の上を描くまるで線路の様な道を再び歩いて進みましょう♪


IMG_0891


本日、どうやらオヤビンは。。。体重増と食べ過ぎ反省中により、メンタル的に落ち込んで
いるようであります。 それと。。。オヤビンなにやら、膀胱炎の疑い。
夜中に何度もトイレに行っていました。。。。

もしかしたら結石?なのだろうか。。。ちょっと先輩に聞いてみないとなのであります。
ちなみに先輩はこちら。 

チャッコ
























入院歴のあるチャッコ大先輩。さてと冗談抜きで今日。。。

ハルンケアというものを買ってきてあげよっと。


IMG_0894


でも、おやびん。。。コーヒーの飲み過ぎとアルコールの飲み過ぎの疑いも。。。
否めず。早く治ると良いのだけれど。。。 我が家は体の丈夫な私と ちょっとだけ
打たれ弱いオヤビン。。。 体に良いもの食べないとね。。。


IMG_0895


さて、膀胱炎親分。
親分が読んだら怒るだろうな〜。。。。と思いつつも親分はごくたまに
写真を見る事はあってもブログは絶対に読まないからモーマンタイなのだ。。。


IMG_0896



そそ、お話を戻せば前二ツまでの道のりにどのくらいの
時間が経過したのか、そしてその先の二ツ山までの道のりが
どのくらいなのかも。。。気にせずに歩いていた。


IMG_1116



楽しいね〜。 綺麗だね〜。 と何回言っただろうか?


IMG_0901



そして、そんな間も気温はメキメキ上昇中。そして腕に浴びている
お日様光線もメニメニ。

IMG_1152



気温の上昇は時折、親分が帽子を脱ぐ姿でお分かりになるかな?
下界はこの日、30度を越えていたくらいだから止まっていると心地よい
この山の上も歩くとちょっとで暑くなる。


IMG_0902


でも、このお山の湿度は限りなく低い。そんな訳でカラッと暑い訳なので
蒸し暑いとは違いまったくもって不快さはゼロなのであります。


IMG_0907



ほどなく、ちょっとした登りになるのだけれど そのテッペンが二ツ山と思いきや
ちょっと違う場所でなんだか判らなかったけれど 一瞬だけ道を間違った?
へんな山の看板が登りの途中に横たわっていたのでそんな風に錯覚をしました。

IMG_1152





親分に、道間違ってしまった事ってある? と聞いて見た。

IMG_1154



けれど
答えはすぐに、間違う場所なかったもん。大丈夫だよ。ダメそうならすぐに戻るから。
と膀胱炎オヤビンはいつものように 心強い返事を返してくれた訳であります。


IMG_0909



そう、やまびこのように繰り返すが 迷いたくても迷える様な場所は無いのであります。
そんな中、帰りは残念なミスをしてしまう。

IMG_1166


その話はまた後程にして、
あとどのくらいなのかな?と一瞬頭の中をよぎる事があったころ。。。

IMG_1157


そう、ちょっとばかり贅沢な話。この道にも飽きたというか、見慣れて来た訳で。。。


IMG_1173


ちょっとだけ、小さな森に入った時に。。。落とし物を見つけました。

IMG_1178



。。。。落とし主は判っている落とし物。
なんとなく、誰かに持って帰られちゃうのが
悔しくて。。。 
もちろん落とし主君が拾いに戻って来ない事も判っているのだけれど。。。
草むらの奥に隠して来ました。

親分が不思議そうに見るので誰かに持って帰られるのがシャクに触るのだと
報告すると。。。また、残念癖が始まったという顔で呆れられていた。


IMG_0914



あたりは不思議に立ち枯れた木が天へ向かって立ち並ぶ
景色へと入って行く。。。
ここまでこういう景色は無い。そんな訳でちょっと飽きていた草原歩きから
立ち枯れた景色を見ているとそれは間もなくやってくる。。。


IMG_0913



ざっと、ガイドブックを流し読みしていたのだけれど 記憶は曖昧。
山頂は見晴らしがないという感じで書いてあったのでまだ、まだ先なんだろうという
感じで登っていた私であります。


IMG_0916



そんな訳で立ち枯れ景色の中を歩いていると。。。
突如山頂という感覚で二ツ山に到着する。


IMG_0918


鈍足アフー号。給油中。今日はこれ一本とミルクティを予備に持って来た。

IMG_1186


すでに半分以上を飲み干している。ここからはセーブモードに入らなければ。。。


IMG_0919



本日のザックはもの凄い軽量化してきた。この日、ザックから出した物は
キャラメル。お茶。それからレンズのみ。あっ。そうだった。朝、食べれなかった
オニギリを持って来てそれを山頂で食べました。

IMG_1198


久しぶりに山頂でご飯を食べた記憶。
コンビニのオニギリでなにが一番好き?と聞かれたら。。。。たぶん聞かれる事は殆ど
無いと思うのだけれど。。。 迷わずに チャーハンのオニギリと答えるアフであります。


IMG_0921



そんな訳で、鈍足アフー号ただいま、二ツ山山頂駅にて停車中。珍しく長時間
この場所でまったりとします。到着後、すぐに山頂は貸し切りになりました。

IMG_1205


ベンチになってくれる丸太が丁度枝たっぷりとつけた木の下に幾つか置いてある。
きっとベンチにと誰かが置いてくれているのだろうという配置で。

メジャーではないのかもしれないけれど本当に手の行き届いたお山なのであります。

IMG_0924



もしかしたら1時間くらいいたのかな?
まっ。時計を気にしないそんなゆるい山登りも楽しい訳であります。。。


IMG_1214



フタツヤマ制覇! と言う訳で、鈍足列車は。鉢伏山へ戻りま〜す。

続きも読むよ。お尻っぺん。なんちて♪