こんにしょわ〜。

休日返上なアフーであります。

さて、実はここ数年、本当に困った時にだけ登場する
すてきな食べ物を発表します。


それは キャラメル。
時にそれは 塩キャラメル。。。


IMG_0431






















であります。きっかけは、記憶が定かなのならば。。。
蝶ヶ岳。

架空ちゃんが出発前の買い出しの時にこれあると良いかもよ♪と
レジ前に置いてあってみんなで賛同して買ったsの時からかも
なのであります。 



IMG_0426






















基本、登りでは食べずなキャラメルだったのですが デビューは
登りで食べた記憶。

蝶ヶ岳では。。。正直 親分も調子が悪く。。。
寝不足やらなにやらで3人共、最後の方はもうバテバテで
キャラメルだのみな登りだった記憶。


IMG_9596


































そして、那須岳、ここでは那須岳から避難小屋までの下りで
半滑落事故に居合わせた数人で救助用品をザックから
出していた時に隣のおじさまに キャラメルを頂いた。

話は変わるけれど 
架空ちゃんあの突風に煽られて危機一髪だった瞬間。
思い出すのだけれどやっぱりスローモーションなのであります。


IMG_9174





















記憶もスローだっていうのがとても不思議なならない
アフであります。
人生、風に勝てずに四つん這いで歩いたのは後にも先にも
ここだけな記憶であります。

それからあまりの遅さに怒られ続けた伊豆ヶ岳。


IMG_0290





































実は山頂ではもうバテバテで少しの移動も モタツクアフ。
いつでも本当に厄介な残念人間なのであります。



IMG_0718






































そんな時もとりあえず な山頂キャラメルを食べた記憶。


IMG_1333





































それから 山頂ご褒美キャラメルは石裂山のお隣の月山でも
頂いたアルヨ。


IMG_1246






















↑ キャラメルを開けるのも モッサイアフー。のあちらに
聳える男体山で次はキャラメル君にお世話になる訳であります。

もしかしたら ここからはおまじないのお話になるのかも
しれない。。。実は下りでアフーは時折足に力が入らなくなる。
といっても危険箇所ではそんな事は絶対にないのだけれど油断
すると何度も転びだしたり足がしっかり上がっていなくて
木や石に足を取られる事があるようで。。。



IMG_9162






















それがはじまりだすと 親分がアフー待ちの時に足にきてる
みたいだからキャラメル食べな。そうすると治るからと
渡してくれる。


IMG_9181


































それはブッキラボウな言葉なのだけれど とっても嬉しくもあり
優しい言葉にキャラメルの甘さもプラスして 転ぶ回数が
とっても少なくなる訳であります。

困った時にいつもお願いするキャラメル君。 基本、お山に行っても親分がのんびりするのがどうも アフーと一緒だと嫌みたいで
ゆっくり飲み物を飲んだり食べたりと言う事は我が家は本当に
無い訳で。。。

だから故にこんなにアフはキャラメル君の存在がとても
お山で大きいのかもしれません。いつかはのんびり山頂で
食事をしたいです。


それから こんな変わり種もあるのであります。


no title



























と言う訳で、今日はオスィマイ。

明日も読むよ。お尻ぺんぺ〜〜〜ん♪