こんにちは。

きっと。。。チョビはもしかしたら事故にあってしまったのか。。。
それとも怪我をして隠れたまま息絶えたのか。。。


とそんな風に思い始めたのは6月の中旬頃から。。。



IMG_6853

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


















 

 

 

 

 

 

 

実はチョビが我が家に置いてきぼりになったのはまだ

とっても小さいときのお話。


ちょびとちゃま


































もう何年間も毎日ご飯をあげて もちろん、私も親分も

いっこうに懐いてくれないけれどチョビは我が家の子だと

思ってずっと可愛がっていた。 実は一度もチョビを触った

事が無いけれど。。。それはそれで彼女の生き方を尊重して。



IMG_0213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

















 

 

で、実は、ここだけのお話は女の子な訳で 野良猫扱いと

なれば子猫は増え不幸になってしまう猫もネズミに近い程

早い時間でそうなっていく。。。


26bcd4e0



 

数年前チョビは小さい命をすべて
育児放棄したのであります。


IMG_0584




放棄された命を
集めたのはもう2年と半年くらい前の話。人間を怖がる子猫達を
捕まえるのは本当に壮絶だった。実はその時、怪我と初めて全身湿疹が出来た。
沼の様な空き地に入り込んで廃墟の倉庫したに潜った時に何かに噛まれたのかもです。
何日も薬を飲んだ記憶。。。それでもチビニャンコ達は現在。

しっかりとした貰い手さんが見つかり幸せに暮らしている。
3匹中1匹が亡くなってしまった。てんかんという病名で。。。

IMG_0586

 

で、すべてが終わったと思った頃。。。チョビがひょっこりと
連れて来られたのがチー君という訳なのです。


no title



















(貰い手は大きくなり見た目も真っ黒で見つからず。。。)


IMG_3175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




















 

 


 

と言う訳でチョビを捕獲して避妊手術をした。

耳カットはその証。 ノラではありません。という証でも
ある。

 

入院から帰って来てからもずっと2年以上普通に毎日暮らして
いたチョビが居なくなり。。。

 

 

IMG_3200


























チョビとの歴史は4年程。だろうか。。。な訳でどんなに懐かなくても
責任もって飼うつもりだったのであります。



IMG_2076


























逢えなくなって、すでに半年近く。諦めかけていたのだけれど 
望みはやっぱり捨てていなく。。。

未練タラタラでこのブログにも何度も何度も書いていたのであります。

早く帰っておいでと。。。


振り返ると7月の草津白根山で天の川に願いを。。。流れ星ではないけれど。。。




IMG_3124










































。。。 そそ、今日はチョビの歴史を書いていた訳ではない。。。


実は昨日、 親分と一緒に買い物に出ようと

テンタマ君で我が家から1分かからない場所で。。。親分が。。。


あっ。チョビかも。!


左折しようとした親分の視界に右側の遠目で道路を横切って行ったらしい。


チョビ、靴下履いてる? うん。履いてる。

じゃあ、絶対チョビだ。 歩き方がそうだった。


とテンタマ君で急いでUターンしてチョビを探しに戻ると。。。



居ました!!!!!!!!

生きていました。そして特に苦労している感じもなく、いつものチョビです。



IMG_2133
























 覚えていてくれている様な、いないような、それは見事にいつものチョビです。

嬉し過ぎて、、、でもチョビは懐いていないのでどうにも出来ないモドカシさもあるのですが

でも、それがチョビらしい良い所なのであります。 我が家より良い場所を見つけたので
しょうか?6月から徐々に居場所を替えたのかもしれません。




IMG_2077


























道路は我が家のブロックから隣のブロックへ渡っていた所。こんなに近くに居るのに
我が家に一度も顔を見せなくなりました。もしかしたら、チョビは私達にではなく
ポエット君と一緒にいただけなのかもしれません。。。


IMG_2020


























見えない所でも元気で生きていてくれた事だけでも本当に飛び上がりたいくらい
今の我が家には奇跡でした。 むふふ。引越はチョビが希望しているならば♪是非!

でも、そうでない気もして、そうならばもちろん、近いのとライフワークは同じ地区。

私にはチョビが万が一、違うおうちで放棄されたとしても守れる訳であります。


兎に角、本当に本当に良かったのであります!!! でも帰って来てくれない原因を
聞いてみたい。。。のが正直な本音です。ご飯がカリカリで嫌になったのかな。。。


もしかしたら。。。ポエット君もひょっこりとチョビと一緒に暮らしているのかな。。。


9






























なんて思ったりします。もしかしたら、チョビやポエット君に捨てられたのは
私の方なのかもであります。


DPP_0003


























でも、元気で生きていてくれるだけで 本当に本当に嬉しい報告でした。
で、薄暗い日に見つけた親分に感心しました。実はその場所はチョビが居なくなった頃、
一度親分が同じ様にチョビらしいのを見たという場所でした。


ずっとその場所でチョビは暮らしていたようです。


望みは捨てない事と言う事をチョビに教えてもらいました。後は。。。君だよ。


no title





























嬉し過ぎて、眠れなかったアフーであります。と言う訳で今日の報告おわりであります。


明日も読むよ。お尻ぺんぺ〜ん♪ ひゃっほ〜い。