金時山 其の壱
金時山 山頂編

IMG_4813























はいっ。こつぃら 金時山山頂のアフーです。なんちて。
さて、下りは違う道も見てみたいと言う事で時間を見てもまだまだ
渋滞を考える時刻でもないので乙女口経由で下ります。


IMG_4817



































天気が良くて気持ちが良いねっ!こっちは開放的な道と山頂で教えて
頂いたアルヨ。 そういえば 公時神社コースは森に包まれたコースだった
なぁ〜と振り返る。 止まってのんびりと言うよりも一気に山頂へという
感じだったのに比べこちらのコースは


IMG_5158






















写真を撮ってのんびり歩ける様なハイキング道でありました。
どちらのコースも共に整備されているのでモーマンタイなのですが
登りと下りでどういうコース配分にするかは気分で選べそうであります。


IMG_4818



































唐辛子もどき? 
撮影者 アフー。 ピンボケボケだからすぐにわかっちゃうアルネ。


IMG_5148



































足取りは軽く♪健やかに歩きますっ! と言いたい所だけれど
気温はもうミルミルと上昇しているのが判る訳であります。
木漏れ日と言えどもの凄い気温上昇に手元の飲み物もどんどん消費されていきます。


IMG_4820






















直射日光だともう目が痛くなる程の太陽光線であります。
足早に。。。 でこちらのコースは小さいながらも登り返しがあります。


IMG_4821



































少々の登りでも汗が一気に吹き出ます。
美味しそうな色した実がなっていました。 浅草岳で教えて頂き
野いちごを食べたアフー。

もちろん、自分ではどれがOKでどれがNGかが判らないので
スルーですが懐かしい思い出がこの実のお陰で蘇りました。


IMG_5169


































と。。。山頂です。長尾山頂は広々した広場です。テントも沢山張れそうで
あります。眺望は無いけれどトンボ少佐がメニメニ暑さで放心状態の
残念アフー中佐を励ましてくれます。


IMG_5162




















そそ、今日は凍ったジュースを持って来たお陰で登り復活できたアフーで
あります。コンビニにこんなに便利な物があったのは知って居たけれど
こんなにお世話になったのは初めてであります。


IMG_4834























さてと、これ以上のんびりしているとさっきの唐辛子モドキのようになってしまいそう
なので足を進めます。 道は本当に整備が行き届いています。

落とし物?かな?


IMG_5177























持ち主さんの所に帰りたがっていました。。。
帰れるといいんだけど。。。

モクモクと下る事長尾山頂からは僅かの距離ですが突如 乙女峠。
お店はやっていないようです。 親分と二人で道があっているか確認後
とりあえず下ります。


IMG_4835























のんびり歩ける場所コースでも 少々慎重な残念アフー少佐。
親分はこういうのを見ると苛立つんだろうな〜と思いつつも
転んで迷惑をかけるよりは慎重に行った方が良いと決めて居る訳で
その結果がこうやってもたついている訳であります。 苦しい言い訳を
してみました。(照)


IMG_5172























。。。飲み物が尽きて来た。。。
親分はアフー飲んで良いよと渡してくれる。

IMG_5181























でも月山の時だけは飲み過ぎたアフーに飲み物のペースも考えろと
言われた。。。 初回の男体山では飲み物の奪い合いをした事も。。。

IMG_5178























木の根の凄さにあっけにとられた場所。
踏んで良いのか迷うのだけれど天然に階段を作ってくれる
木の根にちょっとばかり感謝して♪



IMG_5187


































根っこ階段を降りた頃。。。ちょっと長く感じて来た。
なだらかに下っている分仕方ないのだけれど
なかなか見えない先に不安が。。。
少しずつ。 あってるのかな?この道?


IMG_5190























でも車の音は近くなり安堵感と共に歩くと
道路に到着しました。

IMG_4843


































やった〜と喜んでいたのも束の間。
ここからはなんだか微妙に暑く辛い車道道。


IMG_4845



































暑さは森の中でもマックスと思っていたけれど
アスファルト道に出てさらに気温が上昇というか
土の道と違いなんだか異常な照り返しもあってそして
排ガスっぽいのも感じ取れて。。。


IMG_5204



































よし、親分バスに乗っていっちゃおうっ!と
本気モードでインチキモードのアフー。
しかし、神様はよく見ている。。。バスは行ったばっかり。
待っているよりも進んだ方が多分早く車に戻れる。


IMG_5211



































この暑さでは待っているも歩くも変わらないねっ!
という灼熱っぷり。


IMG_5213























車がビュンビュン通る観光地への車道を。。。
走る。 公時神社までは歩道が広い、狭い、無いっ!
という場所が入り交じっている感じであります。


IMG_4848


































右に転んだら大惨事になるくらい車と接近する場所もある。
今回一番緊張した道とも言えるかもであります。
そんな中で助けてくれたのはまたもやトンボ少佐。


IMG_4853






















とっても大きなトンボ少佐だった。。。
もしかしたら中佐だったのかもしれない。。。
灼熱地獄の中、頑張っている姿を見せてもらった記憶。
元気に羽をばたつかせて音を出していました。

さて、そんな訳で無事にテンタマ君に到着したみたい。
あまりに暑くて。。。でも渋滞も面倒だからって急いで
帰路につきました。


IMG_4855



































渋滞無し。人気の金時山。

IMG_4813























登って景色だけが人気の理由じゃ
無い事も判った訳で、きっとまた遊びに行くだろうな〜と
すでに思っているアフーであります。


IMG_5111























次は雪の頃に♪ 
と言う訳であります。 


全部読んだよっ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて♪