2010年09月23日

金時山 其の壱

2010年8月30日 

その前の週の米山で朝早く登って早く家に帰れれば渋滞なしで
涼しい時間に登れて一石二鳥か山頂か?という訳で。。。
味をしめたアフーと親分。

な訳で今週もその作戦を遂行する事になった訳であります。なんちて。


狙うピークはキントゥキ山。
家を出たのは夜、未明。コンビニで買い出しをして駐車場で
ビールを飲んで夜食を食べてから朝登ろうという運び。

御殿場ICのコンビニは何処も混雑していた訳であります。車内では

親分 「もの凄い食べたい物がある。当てたら凄いね」
アフー 「わかるよ? ビーフン 」
親分 「 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!? なんで判ったの?」
アフー 「なんとなく。。。」

ずっと一緒に居ればなんとなく判る訳で。。。それよりも親分の驚き様に
びっくりなアフーでありました。とそんなエピソードも歳をとって思い出せる様に
書く事にしました。

さて、登山口は暗かったので若干迷った物の無事到着。途中でイタチさんと遭遇したアルヨ。
ビールとビーフン。そしてお弁当を食べて。。。暴飲暴食の後、就寝。

さてと明るくなって来て一陣がスタートしたようであります。なので我が家も眠気眼に
支度。結局また、適当な格好で出発をしてしまった我が家であります。

IMG_4755






















公時神社からスタートです。まだ明るすぎないため
ブレブレ写真ですがこんな感じの車道を少々歩きます。


IMG_5013






















そして、ほどなくこんな感じの本格的な山道モードへ。。。
ちなみに体もめちゃくちゃ重くなったアフーは本日
ドーピング。



IMG_4761





















軽快な親分の後を追うのだけれど なぜか親分めちゃくちゃ
歩くのが早い。どうにもこうにも追いつけず。。。でも私も
そんなに遅くはないはずなんだけれど追いつかない。


で、黙々と足を進めます。ちなみにちょっと虫さん多し。そして
気温ももの凄い勢いで上昇中。


IMG_5015























で、後ろから空荷のご夫婦が軽快に登って来られました。
あっ、やっぱり私遅いんだと認識した途端、ペースが一気に
ダウン。どうもメンタルが弱いのか? 悪い癖が出たアフー
であります。


IMG_5029


































汗ダクダク。で親分とはもの凄い距離が離れてしまいました。
登り傾斜がマックスな辺りでしょうか? 上の方を見ると
はるか上の急斜面を3人組が歩いています。

(((( ;゚д゚))) 先程のご夫婦とオヤビンであります。


。。。。寂しい。。。。。。゜゜(´□`。)°゜。

必死に登るももう傾斜はキツいし追いつかないし。。。
むなしくなって来た頃。。。辺りは霧に包まれていました。

IMG_5036























そこはようやく傾斜のキツさから開放された場所で
霧に包まれた場所はとても涼しかった印象。親分が
私の顔を見て驚きます。 顔が真っ青。

いつもは暑くてタコのように真っ赤になるのだけれど
この時ばかりは真っ青だったようです。オーバーヒートも
通り越してしまいまして。。。気持ち悪くなってしまいました。

が、コンビニで買った冷凍ペットボトルで首の後ろを
冷やしたら良くなりました。と言う訳で10分程ここで
休憩して再び登ります。

IMG_5059
























少し登ると霧から抜けたようです。後に山頂で判ったのですが
この霧は丁度雲海の中だったようです。 なかなか不思議な体験
をしたんだとちょっと山頂で嬉しくなったアフーであります。

IMG_5045



































気温上昇中。足を少しばかり投げやりに投げ出して歩いている
アフー。体が重い。そして親分も汗ダクで登ります

さっきの休憩のお陰で怠くなってしまったようです。


IMG_4762






















で、そんな事もありちょっとイラ気味の親分。
アフーはいつになったら期待に応えてくれる歩きをしてくれる
ようになるんだよ!
と怒りだした。

これはマジキレモードにならないように。。。
その日はいつか来るよ。。。。苦しい言い訳を言った。
ほんとかねぇ〜。
待つ程にその時の喜びが大きいはずよ。
。。。。


IMG_4764


































苦しい言い訳を聞いてくれたのか哀れに思ったのか親分は
怒らなかった。 そのかわり 早く山頂に辿り着いたら下山して
帰るよ。という事になった。


IMG_5060























木漏れ日にチョウチョ少佐。 
とても綺麗な森にようやく心の余裕が復活。理由はちょっとばかり
上空に山頂の雰囲気があったからかもしれません。

山頂の雰囲気とそれから 山小屋の独特のあの匂いには
非常に敏感なアフーであります。

山頂に到着です。

私の目にはじめに飛び込んで来た物は もちろん。。。

富士山。。。といいたい所だけれど。。。







IMG_5074


































富士山ではなく。。。
ヒナタボッコ中のニャンコさんだった。。。

IMG_5081






















得意技は甘噛み。疲れや暑さの感情は一気に空に放たれて
しまいました。 そしてニャンコさんと遊んだ後に見た景色は


IMG_4782























見てみたかった景色であります。ずっとこの景色を見てみたかった
のであります。ようやく見れたアルヨ。そしてさっき通過したと
思われる雲海の広がる景色。



IMG_5114























そして、このお山の魅力をもう一つ。知ったアフーであります。
其のお話はまた後日♪ な訳であります。

金時山 山頂編

ハヨカケぺんぺ〜ん。なんちて。





Posted by theslowpace at 17:29 | ヤマノボリ