米山 其の壱

IMG_4923























山頂についてから。。。テーピングを貼ろうと。。。しかしそこに
すでに親分の姿はなし。。。実は私のザックにはテーピングが無い訳で。。。

とりあえず、バンドエイドでも良いからと言う事で貼る事にした訳であります。
小屋の中でと思い ドアをガタガタ ゴトゴト。 なかなか重たいドアでアルヨ。

すると、開いた。(゚ロ゚;)エェッ!?
中に人が寝ていた訳であります。


IMG_4702























駐車場には車が2台、1台は我が家のでもう1台はすでに日の出を見て下って
いらっしゃったので。。。誰も居ないはずと思っていたアフー。


だから、力の限り ドカンドカンガタンガタンとしていた訳で
もちろん、そんな風に騒がしく開けられたら。。。中に居る方はとっても
怖かったと思います。 本当にすいませんでした。と謝って。。。

平謝りアフー。すると 中にいらっしゃったので山岳会の方でした。




IMG_4932























その間、親分はと言えば山頂を散策していたようであります。
で、私はその間 起こしてしまったおじさまが起きて下って色々案内して下さいます。
本当に優しいおじさまで 昨日の夜に登って来たと仰っていました。どこから登られたかと
聞いてみるともう一つマイナーな林道があり指差した方向を見ると
山頂から車が見える訳で。。。ヘッドライトで30分も登れば着いてしまうよと♪


IMG_4935























そして、目的はトイレを綺麗にする為に来たんだと仰っていました。
トイレはもの凄く綺麗で小屋ももちろん、綺麗。祠の中も開けてみせて下さいました。

昨日は花火大会があってそこいらで沢山花火があがっているのが見えたんだよと。。。

IMG_4936



































辺りのお山のお話やそして靴下の事、本当にためになるお話を沢山沢山して下さいました。


IMG_4941


































ついつい話に夢中になってしまいました。すると続々と色々な方面から
登山者の方が登って来られました。親分と合流後、私も少し山頂散策。


IMG_4704























小屋のお話、それからこのお山のお話。そそ、この小屋の中には沢山の
カモシカ君やイノシシ君のお写真が飾ってありました。下の方ではよく出没するんだよ。
昔は居なかったんだけれどきっと追いやられているのかもしれないな〜と。。。



IMG_4705



























このお山、もの凄く整備が行き届いています。山頂もそして登山道も、
冬もとっても楽しいからおいでよと♪ いつも新潟のお山では地元の方に
またおいでってお声を頂く事が出来るのですが本当にこのお山もそうで。。。
とっても嬉しかったアフーであります。


IMG_4942























ログハウスも素敵なのですが祠もそしてトイレもとっても可愛くて素敵なんです。
さて、この写真の一部分をちょっとズームアップしてみましょう。




IMG_4932






















デケデケデ〜ン。



IMG_4950






















なんとも良い表情をしているお地蔵さんなんでしょうか?
アフー ずっとこのお山に来たかったんです。
お地蔵さん ほほう。。ここは世界中からくるんじゃよ。

って言っていたか。。。もであります。


IMG_4948
























お地蔵さんの足元のお賽銭には クォーター硬貨が。。。
昔、アメリカに居た時に日本の10円玉と25セントは同じ大きさだから
アメリカのパーキングコインメーターはその区別がつかない事があるって聞いた事が
あったような。。。ないような。。。


IMG_4961































山岳会の素敵なおじさまとご挨拶を交わして下ります。新しい靴で
なかなか慣れない事を告げると下りは滑るから手袋した方が良いかもと
アドバイスを頂きました。山頂からしばらくは傾斜のきつい滑る道。
手袋は本当に役に立ちました。


IMG_4979


































で、下りは早い早い。だけれど気温は急上昇。 ↑ 何をしているかと
言えば。。。目に汗が入ってもがいています。コンタクトをつけている時の
汗はもう痛くていたくて目が開きません。


IMG_4989























黙々 汗ダクダクで下りながら見つけたのは。。。
マチュピチュであります。 なんちて♪ そんなお話をして親分と
下ります。


IMG_4722






















靴は意外に下りはしっかり靴ひもを結んだお陰で調子が良いアルヨ。
しつこくマチュピチュチックな方向を写真に収める残念二人組。



IMG_4726























親分はスタコラと行ってしまいます。あっという間に分岐。
いや〜それにしてもこの暑さって異常だよね。って口から出る言葉は
暑さ関連ばかり。。。(苦笑)


IMG_4729























ほとんど足を止める事なく下るのですが 足も汗もとにかく止まらず。
一気に、止めた記憶と言えばこのお花さんを見つけた時ぐらいかな?


IMG_4990






































滝のような汗。親分も辛そうです。でも親分曰く
こういう時に登っておくと体力が付くからと。。。
アフーに言い聞かせる。


が。。。親分 翌週にそうじゃなかったかもと思い知る事となる。なんちて。


IMG_4732


































とにかく暑いね〜。シャツはきっと絞れるくらい。
気がつくと カメラはもう汗が滴れ落ちていてカメラも汗をかいている
みたいになっていたアルヨ。

IMG_4998



































暗いうちに登った事もあって記憶にない道を歩きます。


IMG_4736


































森の緑が明るくてとっても綺麗。もしこの木々が太陽の光を
遮ってくれなかったら。。。。きっと倒れてしまうくらい
暑かったと思うこの日。


IMG_5004


































靴のシェイクダウン。
アルモンド君まで初回から不安がないとは言い難かったけれど
でもきっと素敵な相棒になってくれる予感。


IMG_4737























無事登山口に到着。すると駐車場はもう満車。道路脇にも、人気のお山というのが
判ったアフーであります。


IMG_4741























帰りの道はこんなに素敵な景色♪ あとは一気に帰路についた訳であります。

IMG_4748
























ほぼ、渋滞もなく無事に13時にはおうちに到着。


IMG_4747























帰りの車窓から見えた米山。ちょっと霞んでいたけれどとっても楽しい思い出が
メニメニです。そして、私の中では嬉しい出来事をもういっちょ。
いつか冬に見たキューピットバレーでの景色でみた米山。


DSCF3430

























今度は刈羽黒姫山にも♪登りたいっ!本当に1つのお山に登ると
色々な山にリンクをはってそちらに行ってみたくなるから不思議であります。

そして、米山。色々なコース色々な季節が楽しめるお山なのでまた、必ず
あのお山に遊びに行こうと思います。その時はたぶん、泊まりで♪ 
今からとっても楽しみな訳であります。

おすぃまい。 レポ読んだよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて♪