2010年09月01日

月山 本編 其ノ壱

IMG_3597




































と言う訳で続きだけれど 其の壱であります。 撤退した翌日
また、月山君にトライしてみようと。。。 駐車場で爆睡中。
で、周りが少し準備をしている音が目覚まし音となり
ちょっとワクワク感が込み上げた状態で目が覚めました。

でもリフトって動いてない。。。朝の8時からだったはず。
でもう一度キチンと高速saで貰って来た月山マップを見てみた
詳しく載っていて。。。リフトを使わず下から行ける訳で
標高差も然程なければ距離も1km。

早く出発すれば雷回避にもなるしアフーの鈍足のカバーも時間が
補ってくれるはず。。。


IMG_3598























という親分大佐のほんのり失礼な発言に かなり納得しながらの
準備であります。登山口にある大きな更衣室は本当にとっても
便利です。



IMG_0281























と言う訳ですっぱつしんこ〜であります。見慣れた道を
再び歩きます。


IMG_3601


































アルモンド君(靴)。復活しましたよコールがありました!
取りに行くのがとっても楽しみアルヨ。


IMG_3605























お山の天気と親分の機嫌だけは アフーは予測付かないアルヨ。
昨日は雲のせいで 親分大佐はご機嫌斜め。。。今日は頼むよ。
って月山上空へ願いを投げた。。。


IMG_0286























姥沢小屋の脇に登山口があります。。。。 いるのかな?
いないのかな?と昨日の就寝前にお話をしていたのだけれど。。。
昨日は看板なかったからきっと居ないんだよと話していたのに。。


IMG_3609



































やっぱり いるようです。 熊さん。
嫌いじゃなくて むしろ好き だけれど できれば逢わずに
邪魔せずにが一番。


少しだけ、煩くして起こしてしまうけれど存在を知らせる為に
親分はザックから鈴。


IMG_3612






















。。。。なかなか鈴が出て来ない。と思ったら玄関に
置きっぱなしだった訳で。。。親分にバレない様に。。。
こっちの方が良いかもね! と携帯から音楽を流す事に
しました。


なくしたんでしょ。 ん?忘れちゃった

と。。。ドキッな一言。
さすが 感のの鋭い親分であります。


IMG_3613



































さて、登山口を登って行くとそこは ちょっとばかり暗い森。
そして路面はウェット。雪解け水か?朝露か?はたまた雨が
降ったのか?でも深い森はなんだか素敵です。

トトロさんや熊さんが本当に住んでいそうです♪


IMG_3616



































で、鈍行アフーも停車をすると 虫さんが来るので
止まれず。。。たぶんブヨ少佐達だと思うのですが
なにしろ虫が多い。そして苦戦したのはこの木道。


IMG_0290



































滑る〜滑るよ〜。横に後ろにトゥルトゥル滑るよ〜。
油断すると冷や汗がドバっとなる程 滑ります。
一度滑ると慎重になってしまう。。。


IMG_3623























そしてもっと強者が斜めになった木道のウェットは非常に
バランスを取り難かった訳で だけれど 親分はそんなのも
へっちゃら。
やっぱりこれは運動神経なのだろうか。。。

不思議だねぇ〜。
で森はソレホド長く続かず 開けた景色が目の前に。



IMG_0293























開けた景色に出たとたん ブヨ少佐が居なくなりました。
と言う訳ですこしだけスローペースに戻しまして。。。
景色を堪能して歩きます。まだ朝が早いから辺りは静かで
そしてほぼ貸し切りの景色。



IMG_3630


































オタカラシミズ?オタカラキヨミズ?
どれが正解かワカラナイケレド とにかく 雪解け水なのか
非常に冷たく美味しかった!





IMG_0294



































時間はたっぷりある! でこの先、不思議な事に。。。

月山を一人で歩く事になる。。。今思うと黙々歩いた場所には
いろんなお花が咲いていたのを思い出す訳であります。

このお山の帰りの賑わいぶりを見てこの登りが本当にとっても
贅沢だと言う事を知ったアフーであります。

早起きは三文のホニャララな一日のお話はさらに続きます。


お尻ぺんぺ〜ん♪なんちて♪





Posted by theslowpace at 13:19 | ヤマノボリ ,オデカケ