2010年06月28日

大森高山 奥松島

ちょっとドライブのはずが。。。
目的が漠然としていないの事が微妙にゴールを見つけられず。
慣れないナビに慣れないテンタマ君。


東北自動車道で宇都宮、白河、それから安達太良、
そんな感じで色々なゴールは山ならば決まりそうだけれど
山道具の積んでいない日はいつもこうやってゴール決まらず。

けっきょく、目的は松島と言う事になりました。
宮城県の奥松島に。。。

到着したのは15時ちょっと過ぎ。天気もよくないので
のんびり走っていると親分が登山口を発見。

山頂まで15分と案内があり、それならば行ってみよう。
という運びに。


IMG_9411























実は私も親分も起きてすぐに適当に近所で食事をする予定だったので。。。お恥ずかしい格好であしからずであります。
しかも二人とも。。。寝癖のおまけ付であります。なんちて。


IMG_0645






















実は、レガシィ君には長年積み重ねて来たあったら良いな
道具がけっこう積んであります。たとえばスニーカーとか
簡易ザックとか。。。でもテンタマ君にはまだなにも積んで
居ない訳で。。。 本当はちょっと心細い靴を吐いているの
だけれどそれは 私の都合な訳で 親分にサンダルだから行きたく
ないな〜とも言えず。。。 しかも15分なら 靴擦れしたって
我慢できると意を決してのスタートであります。


IMG_0647































奥松島の景色を背負って階段からのスタートです。
ひさしぶりのお山であります。 カメラも一応、スタンバイ。


IMG_9414



































木の根の張る道に懐かしさすら感じつつ。。。親分が
そろそろお山にでも行きましょうか?と。。。

嬉しい誘いに喜びつつ。そして 実はもの凄い湿気の
お陰もあって凄い汗に驚きつつ登ります。


IMG_0652























親分がお花さんを見つけて写真を撮っています。
なんというか懐かしい雰囲気です。お山にそろそろ
戻りたくなりました。肩も完全に復活したのでザックも
背負えるし♪ いひひ。肝心な体力は元々あった訳でも
ないので それほど落ちていないだろうし。。。


IMG_0655































ミドリ緑の道。 足元を気にしながらもやっぱり楽しい!
運動不足過ぎた体は体を動かす事を求めていた様で
なんだか非常に快調に足が進みます。どんなに短い道でも
辛い時はすぐに辛くなるけれど なんだか非常に心地良い。


IMG_0660























駐車場からは山頂まであっというま。1km無いのだけれど
山頂への道しるべはイッチョマエ。 山から少々遠ざかって
いたので かなり嬉しいアフーであります。 でも韓国の南山
でもこのような看板があった事に感激していた記憶。


IMG_9426























数分の間にも登山な雰囲気を味わえるこのお山。
自転車転倒の怪我にはじまり実は すべてが面倒になっていた
私にはとても良い刺激になっていました。

IMG_9427































親分はなにも変わらず。 アフーを置いてアルプスに
行く
と言う。 いいよ。 尾行するから。
そんな会話。


IMG_0665































山頂までは15分.実は松島を見渡す景色の4大名所の
1つと言う事もあって 整備は非常に行き届いている訳で
あります。そして ちょっとだけ嬉しかった事は。。。

すれ違う人はカップルさんやご夫婦さん。女性の方はやっぱり
サンダルやパンプス。 それでも山頂まで行って景色を堪能
しているらしく。。。


IMG_9429























癖もありすれ違い時にどうしても挨拶をしてしまう。けれど
ほぼ100%の挨拶返し。若い人もとても元気がよかったり
照れながらも挨拶返ししてくれたりと とても気持ちが良い
訳であります!


IMG_0669























親分が動かない? これは ホタルブクロ? に似ているけれど
色が違うかな? なんて 記憶の奥からお花の名前を色々
探すも見つからず。。。

IMG_0671































でも楽しい訳であります。 こんなに短くてもこんなに
楽しい訳で。。。そろそろ 行きますか?テント泊。
なんてお話をしているとあっというまに山頂。

景色は素敵。でも空はどんより。 


IMG_0685


































そそ、高速のインターチェンジはナンチャラ奥松島というIC
でした。 1000円割引があるからなんて思っていたら
あはは。2500円くらいのアナウンス。不思議だねえ〜。

それでも ここまで一気に来れたのはとても嬉しい。
実はここに来るのは2度目。10年以上前。
その時はこんな便利な高速なんて無かったね〜と。。。
気がつけば親分とはもう今年で16年目。遠い思い出であります。


IMG_9436























牡蠣かホタテの養殖かな?来る途中の道路脇にたくさんの
貝殻があってそれから この登山口のすぐ近くには
ウニ丼という看板もあった。実はそれは後に書く事に
しますが。。。今回牡蠣騒動を起こす事になる訳であります。

山頂には展望台があります。で、晴れていれば栗駒山も
見えるんですと標識が教えてくれました。。。


IMG_0691























栗駒山を指す方でよろけているのは サンダルのせいであります。
登山靴。そろそろ履きたくなってきた。 最後に履いた時にきちんとメンテナンスしたっけな〜なんて思いながらの山頂であります。


IMG_9437























山頂にはこんな風に三角点と石碑とアヅマヤと展望台。
大高森山の山頂の風景であります。

で、場所を説明すると。。。 と思ったけれど上手く説明
できないので 地図でどうぞ。

IMG_0696























気がつくと日本の色々な観光地は色々な外国語で案内されている
事に気がつきました。
いや〜。それにしても今日の湿度は凄いデアルヨ。


あっ。この展望台。少なからずとも。。。ちょっとだけ出資
シテイルアルヨ。


IMG_9438
























宝くじ協会さんによる寄贈品だった展望台であります。




IMG_0698























久しぶりのお山にはスミレさん、それから 他のお花さんも
幾つか見れました。下りはなんのお話をしたかというと、
お腹のお肉をどうするか?というお話でした.



IMG_9443























登りが15分ならば下りは本気で下ればあっという間。
のんびり下ってみたけれどあっという間に登山口。

親分が看板に気がつきます。

アフー。津波の避難所になっているお山なんだよ。


IMG_9444































そうでした。ここを含め少し奥松島をドライブしていたのですが
案内板だと見た看板は 津波時の避難マップでした。

この大高森山を含め 高台はすべて自然に出来た場所が多かった
です。自然の一部な津波災害だけれど守ってくれるのも
自然の一部。って教えてもらったアフーであります。


IMG_0669
























嵯峨峡遊歩道? 行ってみよう! という運びに。。。。
時間はすでに16時経過。 うん。日はまだ高く時間を許して
くれそうなので向かう事にしました。

と言う訳で アフの細道 大高森山編を終わります。
続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。






Posted by theslowpace at 03:06 | ヤマノボリ ,オデカケ