と言う訳で続きです。竜ヶ岳  其の壱




この日はいつもと違いカメラごと交換した一日でした。
APSCとフルサイズをフルに活用であります。
アフ7D には 24-70mm F2.8  オヤビン5DMk2 には 16-35mm F2.8

レンズ交換で埃が入るのも避けられるしという訳であります。



IMG_7602




































ここからは 開けた道と書いてあったガイド本。
珍しいくらい開けた道を登って行くような表現で書いてあり
とてもとても。。。楽しみだった。

でも、そこまでの道もそれほど 閉鎖的なコースではなく
木漏れ日がまた新鮮な素敵みちでしたよ。


IMG_8804



































だって、久しぶりに青空であります。 この時をどんなに
待っていた事か。。。 1ヶ月以上待ったな〜。
それはそれは、毎回 連れて来てくれる親分に後ろめたい気分で
雲を恨んで歩いていた訳であります。 なんちて。嘘です。

でも、やっぱり 若干の後ろめたさはアッタアルヨ。


IMG_8808


































そして、歓迎してくれる様に♪ サクラが一本咲いてくれて
いました♪ 
満開とは行かないけれど 青い空にとっても似合っている
桜さん。


IMG_8809








































親分は早速、動かない。 で、サクラの写真を撮ると思うけれど
どうせ親分が撮る写真には 敵わない。。。 から




IMG_7608
























親分のザックの写真と空と桜さんを撮りました。昔から
親分のザックを撮るのが大好きなアフーでありますっ! 

なにしろ、山の景色と同じ位に親分のザックを見ながら
後ろをどうにかひっついて歩いている訳であります。



IMG_8812








































と言う訳で、たまには 逆も♪ と思って先へ進みました。

親分は ついて来てくれるものだと思って。。。 スタスタ
と進みましたよ。。。



IMG_8814




































うん。でもだいぶ長い事 放置されていただけだった。 


まぁ、慣れてるアルヨ。


登りはいつも単独行みたいなものだね。 が親分の口癖。

登りはいつもエースアフーはついて行けないのでこういう
口癖が出来たと思われ。。。 でも今日は 景色も天気も
コースもすべてが味方!



IMG_7609




































とっても心強い味方が一杯で! いつもの自分の足では
無い位、とっても軽い♪ んっ。もしや、今頃ドーピングが
効いて来たのだろうか? なんちて。 


IMG_7616



































さっきのベンチを越えてからはいつだって 頭上と富士山側は
大きく開けた視界。 こんな開放的なお山は本当に なかなか
思いつかないかもです。


IMG_7634
























下に広がるのは青木ヶ原樹海。 と言えば、なんとなく色々
考えてしまう。  けれど 気分を入れ替えよう。


IMG_8831


























それにしてもここの景色は見事です!
富士山から 遮るものなく どかんと聳える竜ヶ岳。


竜ヶ岳って 名前はとても逞しく厳しそうな山名。


IMG_8834
























でも実際に歩いてみるとコースも
景色もすべて名前の強さとは真逆なイメージ。

そのイメージは山頂について更に思ったアルヨ。
優しい竜の背中を歩きます♪



IMG_7680























標高差は確か600m弱。 その400mくらいは笹の道。
ではないかと思うくらい開放的です!


IMG_8823

























つまりは3分の2が
なんだか天空を歩いている気分になれる訳です。
景色を見ていると本当に竜の背中に乗って見下ろしている気分です。



IMG_8840



































あまりの眩しさにカメラのディスプレイも見え難い。

うんうん。 やっぱり降り注ぐのは雨じゃなくて太陽光が
嬉しいな〜。


IMG_8849
























そそ、今日の白組さんは 負けだったけれど 空に
おにぎり を作っていました。


IMG_8859




































大きなオニギリ! ちなみに 親分は梅干しのオニギリが苦手。
アフーはオカカはあまり子供の頃は好きじゃなかった。

コンビニのオニギリだと メンタイマヨがスキアルヨ。
でも 一番大好きなのは あったかい 塩むすび。特大の。



IMG_8861























これ、一番ダイスキっ!

話が暴走しちゃった。。。


で、親分はというと 九十九折りの道を曲がるたびに足を
止めて写真を撮っています。 ちなみに高さが数m上がるだけで
景色は変わらないのだけれど。。。

毎回カーブを曲がってみるたびに 富士山もそして眼下の景色、
青空も素敵に見えちゃって。。。 


IMG_8851























でも、それは他に居た方もきっと同じ思いだったはず。


IMG_8864

























皆さん、カーブを曲がっては足を止めてこの景色を堪能して
います。


IMG_8853




































で、さっきのベンチで見た 山頂かなって思った場所は
石仏という場所でした。 そんな山は甘くないよね♪ というのも
もう、さすがに自分の中で理解出来る様になっていて。。。



IMG_8855























昔は え〜。 まだなの。と 怒っていたけれど最近は
まっ。まだまだ山頂な訳無いよねと 軽く流せる。 


IMG_8870

























で、たまに えっ?もう山頂と言う事も最近増えて来た。

これを たぶん。 タナボタモチ というのかも。。。。



IMG_8872

























そんな訳で アフーが見上げるその先は。なんだか








IMG_8877



































公園の様な感じに下から見ると見えた訳であります。

山のあづまやのイメージは比較的暗い場所にある事が多い。
あくまでアフーのイメージだけれど。。。 そんな訳で
ちょっと ここは違っていて 公園なイメージなのであります。


IMG_8882























で、景色は 。。。 きっと 景色のきれいな あづまや の
ランク付けをするならば かなりの上位になると思われ。。。。




残念ながら、あづまやは人気だったので 上がる事はできなかった
けれど ムーチョ感激な場所でありました。



IMG_7705
























この あづまやがある場所が 石仏。 名前の由来はすぐ横に
小さな小屋に守られた 仏像さんが居た訳できっとこれが由来かな? 



IMG_7704
























景色は富士山方面だけが綺麗な訳じゃなく 360度すべて素敵。
ちなみに 下も上も素敵です。 


この場所を満喫していた親分が いきなりのスタートです。


IMG_8891







































さてと、大佐に遅れをとらない様に アフ中佐も出発アルヨ。



IMG_8817







































と言う訳で、なんだか ひたすら長くなりそうですがあと2回
おつきあい頂けたらうれすぃです♪




IMG_8895

























パブロンは眠くなる。 以上であります。

続きも読むよ♪ お尻ぺんぺ〜ん。