という訳で こちら、箱根神山山頂のアフーです。


IMG_6619
























聞こえますか? ど〜ぞ?なんちて。 大湧谷に降りたかった
けれど断念したアフーと親分。山頂で今度は携帯の電波の
違いを比べてみました。



そんな事をしていると大湧谷方面から男性二人組が。
そして駒ヶ岳ロープウェイ方面に降りて行かれました。


IMG_6157
























時計を見て、急がねばと我が家も下ります。


IMG_6187



































けっきょく懸念した帰りの泥濘は
酷いけれど先日の栃木三峰山に比べたら傾斜はなだらかで
苦戦すると思われた場所はまったくモーマンタイでした。


IMG_6620























靴だけは悲惨な状態になっていましたが。。。。



IMG_6631























写真を撮りながらそして今日は出発を急いだのでスント君を
忘れてしまいました。


IMG_6638
























そそ、このお山はけっこう頭上注意な感じです。

時計はカメラと携帯電話で確認して
16時50分なので40分までに辿り着けば状態です。



ちょっと下っていると先行の二人が登り返して来ました。
はて? でも急いでいるような。。。 でもしかしたらこのお二人
はあの道の塞がった部分でルートをミスったと思ったのではなど
と思ったアフーです。

IMG_6645
























なぜなら山頂で 駒ヶ岳を
コマゲダケ方面と読んでいた記憶。それともやっぱりピストンにと
変更したのかな? あまり深く考えずに進む事にしました。


IMG_6659
























今考えると沢山泥濘があったのですがあまり写真に写っていない
訳で。。。信憑性に欠けちゃうなぁ〜。なんて
もともと、この残念ブログに信憑性などなかった。。。



IMG_6193























のんびり歩いても下りはあっというまで工事の場所まで
到着です。

IMG_6674























「おっ!」 「おかえりなさい」 「おつかれさまです」
と。。。皆さん親分とアフーを覚えてくださっていました。
行きとはだいぶ違う姿です。行きはヘロヘロ。帰りはヘラヘラ。


IMG_6679























本当に皆さん、感じが良くて優しいです。 


IMG_6195

























心地よく、下ります。 


IMG_6201

























親分とレンズを交換したりして写真を撮ったり


IMG_6657








































遊んでいるとあっという間に平の場所に到着。




IMG_6703























雲の流れが速くてそれを写真に収めてみました。
が全部 ボケピンで真っ白でありました。。。


親分の脚。


IMG_6205























アフーの脚。


IMG_6691























靴下もグジャグじゃだった。


IMG_6689
























そして、登り返せばあとは駒ヶ岳。


IMG_6215























だけれど、なんだかもの凄い勢いで。。。もやってきました。


IMG_6232




































親分と富士山どころじゃなかったねと。


IMG_6225




































登り返した所に再び分岐。


IMG_6695
























駒ヶ岳に向かいます。


IMG_6234
























それは左に逸れる感じで。。。

IMG_6744
























どちらでも行けるのですが駅経由か
直接駒ヶ岳かの違いです。



IMG_6235
























ササッパラ。これを青空のしたのんびり歩くはずだった。。。
だった。。。アルヨ。


IMG_6238





































富士山を見ながら。でも先日述べたように、富士山どころか
親分も見えず。


IMG_6239

























救いは笹の道があるから良い訳で本当に数m先が
まったく見えないです。

IMG_6762








































ここまでの靄は滅多に無いかもです。


あっ。親分の前に見えるのは。。。もしや。。。
もしや 槍ヶ岳。。。 なんてね。


IMG_6240



































小槍まであるアルヨ。なんちて。



IMG_6242


























で。。。これは山頂なのかな?


IMG_6246
























という感じの広い場所に到着。看板らしき物は見つけられず。


IMG_6247
























岩が見えるだけ。



で、神社が今度はどこにあるかまったく見えず。親分と悩む。


とりあえず数mあるいた。するとうっすらとすぐ前に神社登場。



IMG_6251
























あったっ! と。。。本当に靄に隠されていて見えなかったので
こんな前にいた事に正直驚くアフーと親分。




お参りして下ろうと
言う事に。ちなみに中には入れずです。時間的にだと思います。



IMG_6768
























真っ白すぎて笑ってしまう。外からきちんとお参りをして時計を
みるとまだ16時20分。 うだうだしていると


IMG_6256



































神社の中から人が出て来ました。宮司さんなのかな?
最終16時50分だけど30分のに間に合うよ〜。と
ここから駅を目指します。と言っても3分くらい。


IMG_6258



























道は相変わらず真っ白。宮司さんとロープウェイに乗り込み
そしてお話を聞きます。貴重すぎるお話を沢山してくださいました。そしてロープウェイを降りてからも沢山楽しいお話を
聞かせてくださいまして気がつくと1時間近くお話を聞かせて
頂きました。


IMG_6768


























すると、宮司さんと話し終わると丁度、そこへ工事の
皆さんが一斉に帰って来られまして、そこで


「あっ!!!」
という事になりまして(笑) 
再び談笑してお別れです。


IMG_6775

























なんというか、不思議な箱根山の印象でしたがもの
凄く楽しかったです。で。。。



寒かったけど。。。


IMG_6774
























急ぎます。どこにかと言いますと アウトレットです。


買い物が終了後。今度は親分に睡魔君。高速はすでに25キロ
渋滞を表示中。 無理だ。。。という訳で。


親分大佐を時之栖(箱根店)へご案内。


bf7b4ad5.jpg












































箱根店は初めてでしたがかなり巨大施設でした。
この日は連休明けという事もあり空いていたのでゆっくりと
過ごして夜中まで休憩して帰路についた訳であります。



IMG_6681
























という訳でいろんな事をひっくるめるとなんだか楽しい日だった
訳であります。



春山を目指したけれど。。。


IMG_6748























ツゥララが。。。

そこは冬山だった。春山の格好にはちと厳しかった。


IMG_6750























でも悪い事ばかりでないよ。



IMG_6676
























次は泥濘道だってこの丸太君達は一歩一歩を助けてくれる
んだろうな〜と思ったそんな事を思ったり♪


IMG_6684























良い事ずくしだった一日という事にしておこうっ!


全部読んだよお尻ぺんぺんっ!