2010年03月23日

富山 とみさん。(千葉県)

IMG_6130























天の川の後は、車を走らせました。
日本版 Pacific Coast HWYであります。 日本で一番好きな
道はヴィーナスライン。そしてアメリカで一番好きな道がPCHで
あります。

するとなにやら灯台を発見であります。


IMG_6131























そして、天の川の時から強い風だったけれど、更に増して
いるようでした。


IMG_6134
























不思議な地層を見つけたり


IMG_6139























任務を終えた 大きな木とペットボトルを見つけたり



IMG_6141























自然に出来た小型入り江を見つけたり。。。
まだ太陽は出ていないけれど 遠くの岩場には釣りをしている
方がちらほら。



IMG_2719



































そして、移動すると今度は白浜が出て来ました。
サーフィンをしていました。


IMG_2701























昔昔からサーフィンを見るのが大好きなアフーです。



IMG_2725
























実は私にはかなりファンキーな叔父がいまして。。。
父の弟なのですが、20代からサーフィンをしにアメリカに
行ったまままだ帰って来ない訳であります。今はさすがに
サーフィンはもう引退してますが。。。私の父も負けず劣らず
ファンキーな訳で。。。


IMG_2721























小さい頃からそっちの血を引いていると 母親に言われ続けて
それが実はとっても嫌だったアフーですが今はそれがなんだか
嬉しかったり。父、叔父の 先輩二人には絶対に敵わないけど。


IMG_2708























さて、そんな訳でこの先も銚子方面に連れて行ってくれた親分に
ご提案。実は 鋸山の時に山渓に載っていた ばんや さんに
行こうっ! 実はむっちゃんは 館山によく釣りに来ていて
朝定食とお風呂の事を話した記憶があった訳であります。


9h1gu9


























刺身定食。 朝の7時からのようですが すでに満席に近い
状態でした。


食事をして外に出ると。。。やはり凄い風。
伊予ヶ岳と富山のどちらかで行こうと一応ガイドブックを
持って来たアフーです。 で、親分の一言で富山へ。



IMG_6291























駐車場に車を停めてちなみに駐車場にはトイレがあります。
すでに1台停車中。ちなみにただいま8時頃です。
上の桜のようなお花は駐車場と登山口にある大きな木であります。



IMG_6173























登山口までは車道歩きでありました。
もうすでに汗ダクダク。


IMG_2731




































そして、山頂まで1200mの看板を越えてからは 階段階段階段
オンパレード。


IMG_6181























実はこの富山町には小学校の頃、この町に泊まった事があります。
渋谷区立臨海学校
実は私も、父もそして叔父も。 みんな同じ小学校な訳で、
それと実はもの凄い事に私と父の担任は同じ先生だったりで
新米教師で私の時はベテラン先生。


IMG_2740
























で、臨海学校なので普通は2泊3日でこの富山に来るのですが
ファンキーな叔父だけはこの学校を気に入って数年間入れる
プログラムがあったようで入っていたファンキー小学生だった
ようです。昔は健康学校と言っていたようです。


IMG_6200























さて、永遠に続く階段を登ります。道は崩壊している場所が
ありました。 なんとなく風の強さに煽られる木や竹の音が
怖いくらいでした。


IMG_6187























そそ、親分は今日はザックも飲み物もそして登山靴も
要らないサッと登って降りて来るぞ〜と。時間を貰えず
カメラと携帯だけ持ってであります。


IMG_2741



































周回コースもあったのですが今日は風も強すぎるので
ピストンでという事になりました。


IMG_6191























この山になった親分の一言は 行程が短い方と言われました。


IMG_6192







































上を頻繁に見るのは 木の軋み揺れる音にビビっている訳で
あります。なんだか倒れそうな木があって隣の木に寄りかかって
いてちょっとだけ大丈夫かな?なんて不安になったり。


IMG_2743



































ひたすら続く階段だけれど歩幅も 無理な感じでないから
助かりました。 たまに見る山の歩幅が合わない階段。

一歩で行くか?それとも2歩で行くか。。。みたいな。。。


IMG_6194







































でも親分は 登ると決めたら楽しんでくれる性格なので
本当に助かっているアフーです。階段は休むと辛いし
と頑張って勢いで登りきるとT字路に。

なんだか 工事している雰囲気たっぷりです。
ひとまず北峰へ。 そちらへは 左折であります。


IMG_6211



































うんうん。 小学校の臨海学校で習った記憶であります。


IMG_2748























ここからの景色はとても綺麗でした。
アフー望遠でめいいっぱいズームインッ!


IMG_2751























風が強いので髪の毛はぼっさぼっさ。だけれどボサボサアフーは
山頂に到着。そして親分もっ!


IMG_6217























山頂は広くないけれどベンチがあってなんだか陽当たりが
とっても気持ちよかったアルヨ。


IMG_2756























それにしても今日は風が強くて 文では伝えきれない程の
音がうずまいています。


IMG_2758



































親分も山頂でパチリ。 山頂を後にしてすぐ横の広場へ。
ここはとっても広い。そして皇太子さまと皇太子妃さまの
石碑が。 確か甲斐駒ケ岳も黒戸尾根から登られている
健脚なお二人のお話を登山口の小屋で聞いた事を思い出しました。


IMG_2759























さて、親分はちょっと待ってて と言うので仁王立ちで
待機中のアフー。親分の 待て が解除されるまでは
大人しくしている訳であります。




IMG_6221























で、親分はどこにいるかと言うと


IMG_2763























景色が相当良いみたいで 綺麗だな〜と上で言っています。
アフーの待てが 解除されたので 急ぎ足で上に登ります。 



IMG_6228























綺麗だな〜。そこにはうっとりな景色。そして天気がよければ
富士山そしてアルプスだって見えるこの展望台。


IMG_2766























残念ながら今日は見えなかったけれど 翌日に黄砂が来る訳で
黄砂が無いだけでもラッキーだったのかもと思ったり。


IMG_6231























そんでもって、あの海で クラゲさんに刺されたんだっけな〜と
嫌な事を思い出した。 クラス中みんなパニック状態になった
記憶であります。 何人も何人もクラゲさんに刺されてました。


IMG_2767























そして、右手を見ると鋸山。
本当に鋸みたいです。 あの白い建物の脇を通って本当の
山頂を探しにおでかけした記憶も蘇って来ました。
記憶が確かならば私がデジイチデビューしたお山です。


IMG_6234























さて、渋滞が始まってしまうと親分が大変なので急いで南峰へ。


IMG_6237























登った階段を急ぎ足で下ります。

IMG_6241






































そして眺めの良い場所を通過して T字路へ戻ってきました。


IMG_2771




























実はそこから先の道は旧道が見えたのですがそちらは通行止め。


IMG_2786























ユンボ君が置いてあって そしてそのタイヤの足跡が続く
新しく出来立ての登山道かな?と思う様な道を進みます。


IMG_2772


































こちらは階段ではなく緩やかに。すると 分岐。
親分がこっち。と言うのですがアフーは 下る訳ないよ。
と登りの道を選択。


IMG_2773























結局道は間違っていました。 親分が見上げる先は
超傾斜道。


IMG_6251






































でも上は開けていてなにやら見えたので登る事に。
さすがにちょっと傾斜がきつくて登るのが大変だけれどどうにか
クリア。


IMG_2774


































無事親分もクリアして 広場を越えて再び細い道を
ちょこっと登って南峰に到着。 看板の文字は消えていました。
ここには鉄塔が。北峰から見えた鉄塔です。


IMG_2778


































さてと、下ります。 


IMG_6256






















南峰直下には観音堂。
そしてさっき道を間違わなければ


IMG_2780























この階段にでれたようです。 親分に呆れられるアフー。


IMG_6261






































残念だねぇ〜。と。 で足元はマラソンシューズ。
で竹杖はこのお山が貸し出してくれる物であります。
登山口とそれから山頂の中間にあるあづまやに置いてあります。


IMG_2781


































風は止む感じもないので とりあえず話しながら下りました。
サッカーのお話とか それから カメラのお話。


IMG_6267
























そんな色々な事を話しながら どんどん階段を下ります。


IMG_6270







































明暗のある山肌。 そして足元にはすでに沢山の
お花が咲いていました。 風が強過ぎてすべてボケピン。


IMG_6273























あっという間に、車道に出て なだらかに下って行くと。。。


IMG_6283






















さくらさんのお出迎え。無事にレガシィ君に辿り着きました。
時間は9時30分頃。 急いで鋸南ICで高速に乗り込みます。
が。。。 


IMG_6286






































すでに 浦安ICから先大渋滞、200分。



急いでアクアラインに変更。


IMG_6302






















首都高はどうにか西銀座経由で
渋滞を上手にそして再び渋滞を避けるために違うICに向かった。

首都高で見た関越道の渋滞はなんと。。。50km!そして
首都高の反対斜線も渋滞で動いている感じではなく。。。


IMG_6311























でも降りてから再び渋滞に嵌り家に到着したのは12時。


IMG_6293























ニャンコのお耳のような 双耳峰の富山のお話でありました。

12時間近く みっちりと遊んだんだと話しながら夜の22時
まで昼寝をしてしまったそんな土曜日のお話であります。


全部読んだよ。お尻ぺんぺ〜んっ!なんちて。






Posted by theslowpace at 06:04 | ヤマノボリ ,ニッキ