2010年02月26日

栃木三峰山 其の壱

と言う訳で昨日の赤薙山撤退で機嫌の悪かった親分は
翌日はそのことすらまったく記憶が無いかの様に機嫌が良く
山に行こうと。。。

で、梅林が見たいと しかも紅梅限定で

そんな訳で親分が紅梅の見れる場所を探している間に
ならば、今日は山でランチ食べようか?と
アフーは苦手にも関わらず。。。

料理に挑戦。 挑戦したのは、パニーニ。


で、出来映えは。。。 オーブンが出来ましたよの合図で
覗き込んでみると。。。


(゚∇゚ ;)あッ!? bomb。。。




IMG_2176
























親分に破裂してしまった事を伝えました。ちなみに2個とも
残念な結果に。 帰って来てから食べようと提案してくれた
親分。 と言う訳で いろんなお花が咲いていると言う星野の里へ
向かう事にしました。

その日はたいして登らなくても昨日登っているからね。。。と
おうちを出発。 ちなみにこの時点で目指していたお山は
梵天山。 正直 山というよりは丘に近いらしいけれど
景色が綺麗そうなのでそちらを目的地にしました。




高速のPAでなにかを食べようと企んでいたけれど
時間帯も手伝ってどのSAも混雑 PAも観光バスが
入っているともうどうにもならずで降りてから探す事に
しました。

しかしながら あまりお店が見つからず栃木ICを降りてから
あっという間に星野の里に到着してしまいました。


星野の里HPはこちらです。




IMG_2021
























お腹ペコリンの二人はおそば屋さんを発見です。 どうやら
人気店なのか?入った時は開店間もなくだったようで
普通にすわれたのですがいつの間にか行列になっていました。


IMG_2026























よく判らないので天ぷら2つと それからざると
温かいお蕎麦を2つ。 樽で頼む事も出来るようです。
で、冷たいお蕎麦はかなり美味しいです! 


IMG_2030

































スタンプラリーがあるようなのでそれも長い目で挑戦してみたく
なりました。ちなみに蕎麦食べ歩きのスタンプラリーです。

食後は隣の物産展でお土産を買おうという事に。
お漬け物、お野菜、羊羹、味付け卵を買いました。羊羹と
味付け卵は山で食べようという予定。 お会計の時に
お店の方とお話をしました。 成行きで梵天山に登るんですと
言うと、それは砂を盛った様な感じだと言われたので。。。

砂を盛った感じとなると ちと気が引ける訳で、他に素敵な
お山はありませんか?と聞いてみると 御嶽神社から
三峯山がこの辺だと有名だよとご紹介頂いた訳であります。



IMG_2031























実は親分もナビで三峯山を見てこの山良さそうだねと話して
いたので 急遽、三峯山へ変更です。お店の方に登山口を
教えて頂いたのですぐに駐車場に到着です。

支度をして御嶽神社にあった信仰の山のコースは所要時間4時間
と書いてありました。 ではそちらに行こうという流れは
出来ていたのですが。。。これがちと 選択ミスだったかも
であります。


IMG_2032

































コースは階段から始まります。 綺麗なコースだな〜と感心
していた訳です。


IMG_2034























親分の前に聳え立つのが三峯山だと思って居たのですが。。。
とんでも勘違いでありました。


IMG_2035























信仰の山なので兎に角、今日のコースは古いながらも
コース上には祠などに出逢う事ができます。


IMG_2038
























ちなみに始めは新しい階段だったのですが綺麗な神社を通過した
あとは階段もそして道も少し荒れて来ます。
石段の階段を登って行きます。 昨日の今日なので少し足が
怠いです。


IMG_4405

































そして、どちらかと言うと日なたぽかぽかというよりも
暗い感じが続いています。階段は段差はまちまち。
非常に登りづらくなってきました。

汗はダクダク。
軽いお山のはずだったのだけれど 昨日に負けない
傾斜で、親分に最近の親分は傾斜マニアだと。。。
文句を言い出したアフー。

IMG_2039



































IMG_4412
































一瞬。階段がなくなると 体も心もちと休めるであります。
階段はちなみに、昔の人が積んだのだろうと思わせる程
歴史を感じさせます。

すると突如。最新の階段。

なんだかちょっと変な感じと思うと。。。左側に
ありました。 旧道が。


IMG_2041

































とても急な場所ながらも世代交代を終えた旧階段が
ひっそりと。。。 こちらを眺めていました。



IMG_2043

































そしてこれがバトンタッチした新しい階段。
突然こんなに綺麗な階段の登場に これからの登山道は
どんなのだろう?と 足の疲れもすでに吹っ飛んだ感じの
アフー。


IMG_4410























でも正直、コースを知らない そして実は昨日の赤薙山で
どこまで行ったのかを知りたかったので家にGPSを置いて
来てしまい山頂がどれなのか?どの位の距離なのか?
そして標高すらも知りません。


IMG_2046























新鮮な感じです。 山頂はまだかな?まだかな?という感じで
ぐいぐいと突き進みます。

IMG_4414






















神社群を越えて行くと更に階段なのか?そうでないのか?
よく判らないけれど急坂であります。
息を切らしながらもだいぶ体力がついて来たかもと
どうにか親分をいつものように待たせずに 金魚のフンアフー。


IMG_2047

































さて、そんな古そうな登山道を通過すると 分岐登場。

IMG_2048

























阿留摩那山。 でもなんだか見るからに危なそうなので
右ルートを選択。これは大正解だったようでやはり相当
スリッピーで危険なコースとの説明がWebにありました。


IMG_4415


































しかし、そちらだけでなく選んだルートもすぐに これは
危ないでしょ?という場所に。



IMG_2049

































ちょっと険しいね。 石裂山が近いようでなんとなく
雰囲気が近いかな? なんて思うアフー。


IMG_4425


































はいっ。鎖登場。 鎖がある場所は全然問題が無い訳で。。。
問題があるのは鎖の無い 切れ落ちた斜面を横切る時でした。

IMG_2051























その場所は間もなく。登場します。
先を進む親分が アフー 引き返そうか?と

IMG_4428























その切れ落ちた場所の写真は下の一枚だけです。
怖そうに見えないのですが 右側がスパッと切り落ちていて
落ちたらただ事ではなさそうな場所です。


IMG_2052























親分と話をしてまた、怖いコースが続くようなら今日は
あまり無理をしないで帰ろうと。。。

しかし、この場所を越えると道は一気になだらかになります。



IMG_4436

































雪が溶けない日陰の道を緩やかに登ります。
山頂はまだかな? でもだいぶ登って来た感じです。


IMG_2053























忘れた頃に小さいながらも間違っていないんだよと
教えてくれる案内看板。

IMG_4445























実は二人とも適当に御嶽神社の看板を見ていた訳で
本当は三峰山への直登コースがあったのです。(ピストン)
しかしそちらは 一気に登っている感じの線が描かれていて
こちらは なだらかに見えたのでこちらから周回しようという
形でこちらのルートを選びました。


IMG_4446

































なんとなく、その線の意味が分かって来た。。。
実は今いる場所はなんというか手前の小さなコブを越えて
奥まった場所に来ている様な感じなのです。


IMG_2060























言葉を悪く言うならば 遠回りというか。。。そんな感じです。
親分が まだなの〜。この道長くない? と言い始めた頃。

尾根らしき所に到着。


IMG_4452























右に行けば奥の院。 ここからどのくらいなのかは私にも
親分にも判らず。そしてGPSもない訳で。じゃあ。。。奥の院は
行かずに権現山へ向かう事に。


IMG_2063























昨日は行けなかった山頂を目指して突き進むのですが。。。

思っていたよりも なが〜い道のりとなります。
辛く、苛立ち、悔しく、怒りまでもが出て来るお山となります。

親分に抑えろと言われた感情も。。。すでに抑えが利かない
残念アフー炸裂なお話へと続きます。



IMG_4623






















絵で見ると簡単だけれど色々な事があった里山です。今現在
烏帽子岳付近。半分来たなと思った場所はまだ 1/3地点のようです。

続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。クリックなんちて。






Posted by theslowpace at 13:02 | ヤマノボリ