2010年01月26日

地蔵岳(赤城さんのお友達)其の壱

今年初のお山となったのは。。。赤城山となりました。

2010.1.24. お天気ピーカンのちょい手前。

実は前日むっちゃんが泊まりに来ていて眠ってしまい
起きたのは8時。 と言う訳で 富士急ハイランドなら
一緒に行くけれど お山なら今日は帰るという むっちゃん。


と言う訳で 海外は嵌ったようですがお山にはまだ 
どっぷりは嵌っていない模様であります。まっいっか。


親分が雪が見たいというので今日は親分のリクエストで
寝坊しても行ける雪のあるお山に遊びに行こうかと。
調べている時間はないのでとりあえず高速に飛び乗ります。


で。。。 途中で思いついたお山はこちら。



IMG_2584



































赤城山の 荒山 実はこのお山に行った時に雪のある時期も
綺麗だろうね〜と お話ししていたんです。そんな記憶が
物忘れの酷いアフーですが ポワーンと頭に浮き出て来まして。。。 荒山に行こうか?と


でも。。。 どうせなら 未踏の正面の鍋割山にしてみよう! 
と言う運びだったはずの東北自動車道。


そんな経緯の中、佐野ICで下車。 国道50号線をひたすら
前橋方面へレガシィ君を進めます。

赤城山方面へ50号から122号そして352号を経て赤城山へ。

去年の一月も不思議と赤城山に来ていました。気に入られているのか気に入ってるのか?特に意図的にでなくごく自然に。辿り着く。
きっと相性が良いのだっ! と勘違いするヤッターマンアフー。


IMG_0021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんちて。

さて話はまた峠を走るレガシィ君に戻します
滑りそうな車道を走りながら見上げる山にはなんだか雪がない。



で。。。ナビ君に鍋割山の文字が登場。雪の無いお山は
目指していた鍋割山だった訳であります。 


親分が希望していた程の雪が見当たらず。。。
ちょっと雪がないな〜と残念そうに言うので
もっと上のお山に行ってみよ。駄目ならまた戻ってこよっ
そんなアバウトな山選びはお家からずっとグダグダと続いて
居た訳であります。


レガシィ君で標高を稼いで行くとなんとも雪に覆われた綺麗な
お山を発見っ! 鉄塔が山頂に見えます。 このお山名前は忘れて
しまっていたのですが確かスキー場から登れる山。
とだけ残念アフの頭にインプットされていました。 
そんな訳で登る山が決まりました。


日本一小さいスキー場に車を止めて

IMG_3278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


支度はすこしばかり急ぎ足で。肩のストラップ。。。がキツい。
そそ、今日はシェイクダウンするアイテムがアフのザックに
スタンバっています。

 

IMG_1388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レガシィ君。 現役で頑張ってくれてます。

そんな訳で出発なのですが。。。 記憶のルートというのも
怖いのでなんとなく、日本一小さいスキー場さんのレンタルブース
のプレハブへ行って聞いてみました。

IMG_1389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると。。。 これがこの日の素敵なヤマノボリのきっかけだった
と思う レンタルスキーと売店を一人で切り盛りする優しいおばさまが丁寧に教えてくれていました。きっと山に登る方なのかな?と
そのくらい詳しく丁寧な教え方のおばさまでした。

直登もあるけれど登りで使わずに下りで使って登りはあちらの
建物にずれてゆっくり登って行くと良いですよ
と。。。

 

IMG_3281

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お礼を行って出発する時も窓を開けて声をかけてくださり
ました。 本日初の一期一会。

 

IMG_1392

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの。。。親分。それ、私の手袋。 今日はソレホド寒くない
からとアフーのを持って来たようです。 どうやら自分の
グローブは大切に仕舞ってあるようであります。まっいっか。

 

IMG_3279

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様のソリ会場をパスするのですがこれがまた
いきなり猛スピードで急降下してくるので焦り避けながら
それをも楽しんでおばさまに教えて頂いた建物方面へ。

 

IMG_1393

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の深さはこの時点ではあまり深く考えておらず持って来たのは
アイゼンだけ。完全に致命的なミスです。

IMG_3284

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登りはアイゼンも要らない程サラザラな感じの雪質です。

もちろんはじめは雪も無くて楽観視な訳であります。

 

IMG_3287

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が。。。 足跡の無い道の為ルートを早々見失ってしまいます。

 

IMG_3290

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分はとにかく気のむくまま先へ進みます。

 

IMG_3283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにアフーはドーピング粉を車の中で吹き出してしまい
飲むのが遅れてしまい出発直前に飲んだのですでに遅れている始末。

 

IMG_1396



































ぐいぐいと進む親分ですが 突然に
雪は深く思ったように進まず。

IMG_3292



































親分の足跡をぴょんぴょんと進みます。けっこう疲れる。

IMG_1401



































親分はもっと疲れるアルネ。

IMG_1403



































アフーこんな風に苦戦歩きしながら確信していた。


IMG_3293
























この道は絶対に間違っていると。。。


IMG_3295



































でも不思議とこの日は不安は無かったアフーです。
実は山頂につかなくてもいっか? 迷ったら帰ろうっと
親分に何度も言うアフー。


IMG_3297























でもいざとなればGPSに頼ろう。なんていう姑息な考えも
ちゃっかり。 



IMG_3300




































でもね、

お山の神様は山頂まできちんと呼んでくれるようです。


IMG_1404




































雪が深いけれどその先の木の枝に結ばれた
赤いリボンを発見。


IMG_3298




































その場所にはリボンはあっても足跡は
無かった訳で。でもとっても心強い赤いリボンでした。

IMG_1407



































ギザギザと歩く親分の後を ヒ〜ハ〜ヒ〜ハ〜言いながら
息切れマックスなアフーであります。 ドーピング粉まだ効かず。


IMG_3302
























ドーピング粉が効くのを待っているのはアフーだけではない
ようです。 ↓ この方も お待ちのようであります。


IMG_1410




































ここにはうっすらと スノーシューの跡かな? 目を凝らせば
見える気がします。はたまた勘違いでしょうか?なんてね


IMG_3328




































今日はゆっくり写真を撮ろうと決めていました。
最近、なかなかゆっくり写真を撮るという事も無かった
我が家です。


IMG_1411



































雪があり、静かで青空もあって 緩やかに登って行く感覚が
本当に心地よい訳であります。

それと、下にスキー場がある安心感もアフーにはちとあったり
であります。

IMG_1417



































赤いリボンを見つけてからの道は雪もなぜか足跡はないけれど
堅く歩き易い雪でした。 


ご機嫌な親分。


IMG_1418



































さて、実はこの時点でまだこの山の名前を知らず。
たしか。。。鈴ヶ岳? なんて勘違いして大きな声で親分に
教えてあげている残念アフーが一人。


後ろには赤城の駒ヶ岳君。


IMG_3305























そんな訳で急がずに登るお山ですが確かスタートしたのは
午前11時30分くらいだったかな? 余裕で間に合うのは
目検討で判っていました。 なのでのんびりな訳であります。


IMG_3313



































そそ、アフーはこの写真の辺りで中に着ていた
フリースを脱ぎます。 


IMG_3315




































そそ、グアムでは逆光の写真がすべて潰れていて。。。
そして練習してみたかった親分はここが絶好のチャンスと
言わんばかりに沢山逆光写真を撮っていました。


黒潰れしていないので成功のようです!!!

IMG_9538_filtered

























黒と聞くとすぐに チー君が浮かんで来る親ばかアフーです。


IMG_3318
























今日は出発前に帽子を迷ったアフーです。あのニワトリさん
帽子を被ろうと思ったけれど 勇気が出なかったアフー。
お蔵入りになりそう。。。



IMG_3322























練習に励む親分。土壇場に弱いと言うけれど
今日は大丈夫っ! のようです。


IMG_3323



































おまたせしました。フリース脱ぎ終わりました。さて、アフーは
頻繁に洗濯できないオーバージャケットを着る時はネックゲイター
を付けます。日焼け止めなどがついてしまうのを防止するのと


ここだけのお話ですが オハナミズキ を拭く為でもあります。


IMG_3320



































さてと、
そろそろ先へ歩みを進めましょうか?


と言う訳で非常に中途半端な所ではありますが力尽きてしまった
ので残りはまた明日。

ハヨカケお尻ペンペンっ!くりっく。なんちて。