IMG_1047-1



































... これっ。 いける?
という話で持ち切りになっていたこの景色を見て話すアフーと
親分。実は。。。ここまでのなんて事無い道も滑って
けっこう快適という感じではなく。。。メンクサイ感じ
だったアルヨ。




IMG_0519



































とりあえず、危ないからこういう危ない箇所は一人ずつ
行こうか。。。という話になった。

先行、オヤビン。 高所恐怖症代表。


IMG_0521



































下から親分のお尻を見ながら。。。 頑張れ〜と応援する
アフー。 うぉー 滑って怖い〜。

下見ない方が良いよ〜


IMG_0522



































と言うアフーの応援も もはや 真剣モードの親分に届かず。
スタスタと登れる感じではなく一歩一歩をきちんと確認しての
登りとなりました。


IMG_0525



































さて、後攻。。。 アフ。 いきま〜す!


IMG_1049






































実は心臓は バクバクドキドキ。チェーンを持つとずっしり
重い。そして。。。フリース手袋でちと滑る事に気がつく。。。

とにかく安全第一。手が切れたって滑らない素手の方が
安全な気がして片方の手袋を外しました。


IMG_1052






































判っていたら。。。グリップ手袋だったな。。。
さて、ずっしり重いチェーンを持って一歩進むと。。。
緊張感は吹っ飛んで。。。 


よしっ! 気合いで登りきってやるぞ〜と

IMG_1054






































上から親分が色々指示を出してくれている模様。
でも。。。全く耳に入らず。 超真剣モードアフー。
さっきの親分状態です。

IMG_1056






































滑るけれど、足場を見つけられるから特に問題は無かった。。。
でもスリリング感でアドレナリン 大放出状態。


IMG_1061






































足の間から下を見てみた。。。 みなけりゃ良かった。。。
と。 ここで帰りにこの道を通らない事を決めた。


IMG_1069






















登りはなんなくクリア出来ても下りはこれはかなり技術を
ようするかもです。腕力が強ければ別だけれど。。。
滑る地面の日の下りは少し遠慮したい。。。ね。

IMG_1071






















さて、親分がいる場所を通過して、先に進む事にした。
こうやってこの日は交互で登る感じが続きました。


IMG_1082























こんな風にけっこう足場がある訳で見た目よりは苦戦しません。
ただ、高所恐怖症の親分にはとても辛そう。
高度感のある場所はとても怖がっていました。


IMG_0527






















こうやってチェーンが助けてくれる訳であります。
登る前は怖いけれど登り始めれば怖さはもうありません。


IMG_0528






















親分は下を見るととても怖くなってしまうようであります。
それから親分は閉所恐怖症でもあります。シュラフに寒くて
潜り込んでおきながら ビビって夜中もがいています。。。


IMG_0531



































鎖を越えても続くのは落ち葉と滑る岩と木の根の道。
それでもコースのこの辺りまで来るとある程度コツを
足が覚えだしていて。。。あまり苦戦しなくなってくる。



IMG_1084






















このルート。なぜかけっこう傾斜がきつい場所が頻繁に出て来て
けっこう手を使って登る事多し。

従って。。。体重増のアフーは少し腰が痛くなってくる訳で。。。

IMG_1090






































いつもアフーが4足歩行の時でも親分は2足歩行。
でもこのお山では親分も手を使って登る事がしばしば。


IMG_0534



































アスレチック石裂山。全身を使って登って行きます。


IMG_1093





































親分が。。。止まっている。 
階段があります。これを見て親分がひとこと。

。。。。 こんな所にどうやって作ったんだろう。。。
大変だっただろうねと。。。


確かにここのお山の梯子や足場は斜面だけでなく垂直の
場所に橋のように作られている場所もあり。。。これを
作るのは...... 考えるだけで困難な事が手に取るように
判る。 感心と感謝をしながら進みます。

IMG_0536



































なんだか普通にこんな感じの道が続くのですが別にそれも
ひとつひとつに驚かなくなる。。。 慣れって怖い。


IMG_1100






































。。。。。。 アラヨッ。 コラヨッ! と心の声。

IMG_1101






































ザックの蓋が今回も。。。閉まってない。つい忘れて
しまう残念ぶり。なんちて。計画犯です。


IMG_0537



































親分が止まる場所は。。。危ないからアフーを待っている場所。
という事で あまり間違いはない。 この先の写真は無いので
どうなっていたかは忘れたけれど。。。


続々と。。。ちとストイックな感じの登り道が現れます。


IMG_0541



































行くしかないね。上に上がらないとあのさっきの鎖を下らないと
行けないんでしょ。。。 進むよ。進む。という感じです。


IMG_1126























この登り。浅草岳の登り以来な感じです。
木の根が助けてくれる。。。 手すりにステップに
悪いなと思いながらも感謝しながら登ります。



IMG_0542



































相変わらず交互に進む感じです。


IMG_0546






















絶対に。。。左には落ちれない場所。
岩と木にしがみついて登ります。 


IMG_1122



































ほっ。。。確かに死傷事故が起きていると言うのも納得できる
場所がありました。 でも道は整備がしっかりされているので
危険ポイントだけきちんと気を引き締めてあるけば特に
問題はない気がします。 コースやルートよりも油断が一番
怖い訳であります。


IMG_1125







































鎖も梯子も階段も慣れた。けれどどうしても慣れない場所が
ありました。

IMG_0548



































。。。。。細い そして落ち葉たっぷりの道。
足を滑らせれば。。。一気に谷に落ちます。

この斜面の木だと私の体重は支えてくれないだろうと考えると
絶対に転べないと 緊張100%

IMG_1131
























親分もアフーもけっこう真顔です。
落ち葉が無くて乾燥していれば。。。全然快適だったかも。。。
と反省するアフー。


IMG_0551




































はいはいはいはい。。。 転べないよ。。。 
と自分に声をかける感じで渡ります。 
こういう場所が一番 とにかく怖かった。。。

IMG_1133
























見ている方も怖かったらしい。でもアフーはこういう場所では
慎重に慎重を重ねる性格。



IMG_1134
























あっ。そういえば、親分もアフーも気がついた事がありました。
下の写真の紅葉している赤い紅葉。
これは落ち葉ではなく。。。 

IMG_1152








































地面からしっかりと根を張って
自分の力で生えているモミジ君。 将来りっぱな木になると
話してくれましたよ。葉が一枚だけの小さな木。
この小さな木はこの森のあちらこちらに仲間がいました。



IMG_0559



































エネルギーたっぷりの森であります。


IMG_1153
























それと、親分と話していた事を思い出しました。
このお山。落ちている葉がとても綺麗です! 


IMG_0564





































踏んでしまうのが勿体ないくらいです。さてちょっとばかり
ストイックな道の後とは思えない程のなだらかな場所に到着。



IMG_1154







































。。。。。。。すると山頂風な場所に到着。
とても狭い場所。山頂ではないらしい。 本当の山頂へ
向かいます。


IMG_0588




































日差しがいつのまにかそこにありました。
ここまで殆ど遮られていたのでちょっと嬉しかったなぁ〜。
でもその嬉しさはほんのつかの間。

なんだか。。。 親分が めちゃくちゃビビッテいます。


IMG_0594
























あ。。。下に降りて行った親分がちょっとしか見えない。
なんだか 反り返っている様な感じの場所に取り付けられた
梯子。アフーは全く問題ないけれど 親分が怖がっています。


IMG_0597




































スイッチバックしないとイケナイ梯子で下を見てしまった親分。
。。。。 


IMG_1173







































下を見ないで ゆっくりゆっくりと
声をかけるアフー。 アフーはこういう梯子は怖くないので
モーマンタイ。


IMG_0601




































親分。スイッチバックしてからもけっこう降りて行きます。
どこまで続くのこの梯子。。。


IMG_1175







































と言う訳で。。。スイッチバックしてからもこんな感じ。
。。。 アフーが中腹にまだいます。

IMG_1180







































梯子はしっかりしているので大丈夫です。親分はちと
疲れてしまったようです。


IMG_0602




































ここは西剣ノ峰。 山頂はまだ 先らしい。さっきの狭い場所が
東剣ノ峰だったらしい。


IMG_0605




































。。。。。 けっこう時間の事を気にしだすアフーと親分。
ここにはあと山頂まで25分と書いてあった。。。



IMG_0609
























えっ〜。 けっこうあるね。危険箇所以外は少し急ごうかという
話になったけれど。。。すぐに 梯子のお出まし。


IMG_0610




































親分の苦手な梯子が続きます。でも親分は文句言わず
黙々と進みます。 


IMG_1196
























アフーも黙々と進みます。 でも幸いな事に尾根付近はもう
地面はカラカラ。滑る事はない訳であります。
なんて思っていたら カラカラの落ち葉もけっこう手強い。


IMG_0612





































最後の登りへ。。。


IMG_1205
























やっぱりフィナーレも急な登りだった。 でもなんというか
とても新鮮な感覚の山でありました。

後少し続きます。

ワオ。。。。 滑ってしまいました。カメラ激突。

IMG_1207






















ドーピングのお陰で親分の事を今日は然程待たせずに
一緒に歩く事ができました。楽しいです。




IMG_1210























カラカラズズズーの道を登ります。ドーピングのお陰で
タフに歩けたアフーの足も。。。いつのまにか
登りなのに。。。。 ぷるぷるしていました。


IMG_1212
























最後の登りを越えて。。。分岐が登場。そこを左に曲がって
歩く事1分くらい。 石裂山の山頂に到着しました。
時間にしてみれば然程かかっていないけれどなんというか
とても長い時間歩いている気がしました。

親分が見ているのは。。。男体山。 
今日は晴れの一日。眺望をゆっくり見たのは
ここが初めてかも。。。しれません。



IMG_0619



































月山そして。。。下りへ続く。 土曜、月曜。。。仕事確定。
最後も読むよ。お尻ぺんぺん。