石裂山 (栃木県) 標高 879m

実は始めは違う山に行く予定だったのですが。。。
うだうだしている間に時間は過ぎて行き。。。
そして実は出発出来なかった理由があった訳であります。
アフーのコンタクトレンズが間に合わずこの日の朝、
クロにゃんこ宅急便で8時以降にピックしてからの出発と
なった訳であります。


8時以降になれば高速道路の渋滞はすでに緩和されており
行ってみようか。。。という運びに。いつも予定していた山に
行く事が少ない我が家であります。鹿沼ICを降りてから
国道121号を走り鹿沼市街方面へ、そちらに行けばあとは
道標に石裂と出て来ます。 途中で朝食とは言いがたい
ガッツリ食事を取ってしまいまた反省モードで登山口へ。

加蘇山神社が石裂山の登山口となります。鹿沼ICから22k


IMG_0482






















加蘇山神社を左に見てまだ先の車道を走って行くと。。。行き止まりに到着。ここに10台程の駐車スペースがあります。この日はすでに満車に近い車が止まっていました。我が家はまたビリ出発の
ようであります。今日はトレーニング。痩せるため、スタミナを
付けるため、インチキ忍法を使います。ドーピングの術で粉を
飲みます。その後、親分と一緒に VAAMダイエットの粉末を
VAAM飲料で飲みます。

IMG_0467






















粉の量が多くて一度に飲みきれないと親分。粉の煙を吐いていました。アフーも続いて飲みます。確かに一度で飲みきれず。。。
口の周りをマッチロにして。。。どうにかこうにか飲みきりました。後、帰って来た後で知ったのですがこの粉末は水に溶かすようです。親分に説明書をきちんと読んでくれとイエローカードをもらいました。

IMG_0967





















イチョウの葉と銀杏が落ちまくりエリア。綺麗だけれど
ちと サイクー。

IMG_0968























サイクー サイクー。

さて、話を戻して、歩き出します。
今日はしっかりと頭に地図が入っています。このお山。
高所恐怖症の親分が敬遠していたお山です。

IMG_0971






















実際にこの登山口に5名の死傷者が出ているから気をつけて
下さいとの警告文。 怖さと緊張感を発生させてくれる看板。
身が引き締まります。


IMG_0962







































すこしビビったのはたぶん、私だけではないかもです。でもそれも
表には出しません。



IMG_0484























親分が怖がってしまうからであります。
私は怖くなくはないけれど、
親分よりは高所恐怖症ではありません。
親分は極度であります。

IMG_0975























駐車場からのんびり歩いて行くと。。。川の音と共に
橋を渡ります。と言ってもしっかりとした橋。そこからの
眺めはけっこうな綺麗でした。前日の雨のお陰でけっこうな
水量にそして足元の落ち葉もガッツリと湿っている状態。


IMG_0494



































少し進むと今度は進んむ進行方向の左側にネット。雷注意という
看板と、右側には川が流れている道。 この道の間には
見事な杉の木が沢山。


IMG_0983






















ドーピングが効いているアフーは親分を猛追随。
実は今日の出発は確か11時過ぎていて。。。CTと
照らし合わせるとあまりゆっくりもしていられない。

IMG_0985






































体は楽なのに。。。恐ろしい汗と 顔は今回もタコまっしぐら。
すでに真っ赤かです。 オーバーヒートしているのにドーピング薬が制御中。 という感じでしょうか
そして、時間の問題はいつも暗くなっても大丈夫なラインを
ひきます。今日は周回コースも考えていて状況があまり判らず
とにかく先へ進もうと。


IMG_0986






































この日は結局。あずまや 

IMG_0997






































がある場所で数分座った以外には
ほぼ休憩はナシ。と言っても鎖場や写真を撮るのでちょこちょこ
足はとめています。



IMG_0497



































本日の親分。靴はローバー君。そしてニット帽。アフーは
帽子を置いて来ました。ここの山はツバのながい帽子は
視界を妨げるのでちと いただけません。

IMG_1003





































まるでお尻が歩いているようであります。。。。カバケツ御免!

さてあづまやの少し先に分岐登場。月山への道と石裂山への道。
ピストンにするか周遊にするかまだ判らず。判断は山頂での
時間でと登りの道によりけり。。。

IMG_0501



































千本杉。  滝と看板の大きさで見ると判る木の大きさです。
ここはとても本当にこの木を筆頭に見事な木が沢山あり
帰りはそれを楽しんで帰って来ました。オンリー下りです。
実は登りはずっと登り。当たり前だけれど 傾斜の強い場所に
落ち葉と湿った岩、苔も手伝って。。。

IMG_1006






















かわいいフォントの案内とはかけ離れた道が待っています。
すべーる すべるーよ。。。♪ ♪ ♪


IMG_1014






































ロープや鎖がけっこうありますが使わずに登れる所もけっこう
ありです。雨の翌日を選んだ チミが悪いっ! 
でもドーピングのお陰で息が切れても足が前に進む訳で。
急な登りも遅れをとらず。粘っているアフ。
ドーピングしているアフーよりも早い親分。


IMG_0503



































この日はアドベンチャー的な石裂山がさらにアドベンチャー度が
増して。。。 スリリングでした。

IMG_1016






































実はけっこう気が抜けないであります。整備されているけれどけっこう切り立っている箇所も
あります。そして、岩も滑る、苔もすべる。葉も滑る。

IMG_1017






















今日は天気がめちゃくちゃ良いけれど 今日はその光の届かない
森の中。 そんな一日も なんというか とっても貴重なのかも
しれない。。。と思うアフー。
深い深い森は太陽の光を殆ど遮る。 古い森はエネルギーに
満ちあふれています。

IMG_0504






















なんとなくトトロが出て来そうな森です。マックロクロスケ
でておいで〜。 とメイちゃんとサツキちゃん。

そこへ マックロクロスケ登場。

IMG_7489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんちて。これは家にいるマックロクロスケ君。

話を戻しましょう。


IMG_1019






































実は石裂山はずっと我が家が敬遠していたお山でした。
親分が高所恐怖症という事もあってそして事故が遭った事も
知っていたので。。。。 でもなぜかこの日は勢いで来て
しまいました。

IMG_1021






















そんな訳でイメージは怖い山。それにプラスして滑るので
鎖場が実はアフーも怖くなっていたのは心の中のお話です。

IMG_1024






































平常心を装いながらも。。。 あまりに怖かったら今日は
無理しないで帰ろう。。。 なんて思っていました。
実際に、先にお話ししてしまえば鎖やロープのある所よりも
気を抜いた瞬間に魔物というかスキが潜んでいると言っても
過言でないお山かもしれません。

IMG_1025






















とにかく進むのですが 伊豆ヶ岳ではあんなに凹んでいた私。
この日は正直コースは全然こちらの方がキツイ。というか登りが
キツイ。だけれど全然平気な自分に。。。ちょっと。。。
違和感すらありであります。

IMG_1032






































でも、限界値はきちんと設けられていて それなりに疲れて
足を止めます。 小さなロープや 無限大マークの∞鎖。

IMG_1045






















そろそろ、時間的におでましでは。。。。 と思う頃。。。

IMG_1036






































親分が前を行き、この坂を上りきった後。。。視線が止まり。。。
えっ。。。。 これを登るの?
という話に。そこにもあづまや一軒。 


IMG_0510



































あづまやで、一息入れて。。。

ツルンコテン梯子へ。。。この時の私は高所恐怖症では
ないのに。。。正直な事を言うと心の中で かなり
ビビっていました。たぶん、親分も。。。


IMG_1047-1



































つるんつるんチェーンデスマッチに。。。続く。

続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。なんちて。