甘利山&千頭星山 其の壱 甘利山&千頭星山 其の弐
甘利山&千頭星山 其の参



IMG_5354



































そんな訳で・・・ようやく最終回であります。千頭星山の山頂には
長居せずにすぐに下ってしまいました。我家はいつもどうしてもゆっくりが
できないようです。歩くのが遅いせいでしょうか・・・ヽ(~〜~ )ノ ハテ?

IMG_5356

























でも・・・そのぶん歩くのが遅いから時間が無いのかもです。でも今日はもうひとつしっかりした理由がありました。中央自動車道ということで帰りの渋滞の前に
帰りたかった訳であります。

IMG_4963

























山よりも渋滞の方が疲れるという親分。理由もわかります。先週も酷い渋滞で
帰ってきたらグダグダだった訳で・・・

今日はいそいで帰りましょうという意見は出発前から決定していた訳で
あります。山頂では貸切だったのでそれほどこの時点ではこの山の人気が
まだ判っていませんでした。


IMG_5361

























山頂を去ってからササッパラにでるとけっこう登って来られる方がいらっしゃい
ました。空には青空で空気もアイモカワラズにカラッとしています。


IMG_5364

























でもそれは長く続かず・・・すぐに雲が空を薄暗くしたり明るくしたりとイタズラで
あります。まぁそのたびに一喜一憂。平日には一切ない心変わりを楽しみます。

IMG_4964






































このササッパラ。道がしっかり出来ているのでモーマンタイなのですが
すれ違うときに道を譲ろうとそれるとけっこう グサッッと嵌ります。
踏み固められていないとこんななんだな・・・と道にしばし感謝であります。

IMG_5369







































ササッパラもあっという間に過ぎてしまいガイドブックで言う急な登り場所が
でてきました。いつも帰りに思うのですが・・・こんな道通ってきたんだと
記憶はいつも上塗りで忘れている事が多いアフーです。

で、この登りがキツイあたりの頃は少し道幅が狭いのであります。

IMG_5384

























そこに来て・・・丁度 ツアーや大きなパーティさんが登って来られます。
登り優先ということで道を譲るのですが・・・足場も狭いしお花も踏みたくないし
できれば笹だって踏みたくないので頑張って足場を探して待機するのですが・・・

IMG_5385

























イラっとさせる方が多いこと多いこと。なんだか久しぶりの
体験で私も親分もかなり嫌な思いをしました。 恩着せがましいことは言いませんが30人くらいのパーティを黙って待っているのだからリーダーの方は会釈
でも良いのですべきです。挨拶なし、お礼なし。待ってもらうのが当たり前という
態度の方が多く・・・がっくりさせられる事が多かったです。

もう少し配慮をすべきだと・・・ 時期とハイキングコースと言うこともあり特にかもしれませんが大パーティがいくつも来まして・・・待ち時間だらけで下ることになります。

IMG_4985







































そんな嫌な気分はお花が紛らわしてくれます。しかし・・・こちらが登りに
なってからもすれ違いパーティさん。・・・道を譲ってくれもしないし退いても
くれずに困ったさんでした。(;´д`)トホホ 待機場所を探すのを見もしないで
強引にすれ違おうとするのです。避け場所もないのに強引に来られるので滑る笹に足をついてしまい転んでしまいます。

親分の手袋あって良かったね〜という一言にイラっと心が和らいで
救われたアフーです。でなければ・・・たぶんその方に注意したかった
くらいです。

IMG_5388







































・・・山慣れしたお姿の方達のパーティはさすがでした。 すれ違いに
丁重な挨拶と軽い会話を交わしてくださいまして。心遣いもバッチリでした。
はぁ・・・下りはぐったりです。素敵なパーティもあるので一概に言えませんが
すこしばかり考えていただきたいものであります・・・はい。

それよりもあれだけの人があの千頭星の山頂で休憩したらすごい
ことになるのでは?とひっそり考えていたりであります。


IMG_4990











































でもこのお山はそれも全部吹っ飛ばすほどのお花が沢山でした。

結局残念人間アフの足の爪が伸びていて・・・
転んだ拍子に踏ん張ったので_(^^;)ゞ爪の先が靴に押し付け
られて・・・再び爪の間に血がにじんでいました。。。反省です。足の爪。けっこう
山の準備のリストに入れておかねばです。



IMG_5391


























ツツジが咲き乱れる地に付いてしまえば・・・もう到着したのも同然です。
IMG_5398

























甘利山山頂のすでに機嫌が直っているアフーであります。さっきまで居た山頂を見て親分に話しているものの親分そこに居ない・・・Σ( ̄[] ̄;)!ホエー!!
と言うことが最近多いアルヨ。


IMG_5401

























アラヨット。
足元のお花は絶対に踏みません。それから虫もそれから出来るだけ草も・・・


IMG_5404

























さっきよりは人が増えていましたが・・・でも道も広いのでまったく問題なしです。
しかし・・・甘利山山頂にはとても美味しそうな匂いが漂っていて・・・
羨ましかったアフーであります。

IMG_5008


























親分は木道が空くのを待ってツツジさんに挑戦しているようです。
とっても難しいと親分が言っていました。そんな訳でアフーではもっと
難しいね・・・と一人納得していた訳です。ここは写真を撮らずに親分を
撮っていました。
IMG_5002







































今週末が本当の見ごろかな? まだ蕾もあったのできっと綺麗だと
思いますであります。はい・・・ 

IMG_5009


























で、親分のシャツはとっても良かったようです。ザックと同じ色でお洒落だね。
と言うと・・・
親分はさらに違う色も欲しいと言い出したので・・・ここはスルーです。

IMG_5414











































なかなか上手に撮れないと言っていたけれど十分綺麗だと思うアフーです。
ちなみにアフーが撮ったツッツジーさんは・・・イワズモガナボケピンです。

IMG_5013

























振り返ったあちらの山頂の景色。もう聞かれても答えられるようになった
アフーです。ササッパラと熊と沢山のお花とコケにたたずむ妖精と
それから・・・奥甘利山の事も忘れないです。



IMG_5423

























こういう山は同じく何度も訪れると言うことがあまりないけれど・・・次回は
もしかしたら鳳凰への道に使うかなとか・・・色々考えたりです。千頭星から
鳳凰までならば標高差は1000m無いから楽なのかな?とか色々想像妄想
して・・・

IMG_5453

























そんな間に駐車場です。でもそこまでの通りはまさにフラワーロード。
左右には沢山の種類のお花さん。行きとは違う道で帰ってきました。
東屋経由です。こちらにはすずらんが咲いていると朝見た掲示板に
書いてあったので実は楽しみだった訳です。しかし見つからず・・・





IMG_5454







































これは・・・ゼンマイさん。写真入のミニ看板のお陰でアフも親分も
少しお花の名前を覚えて帰ってきました。

IMG_5020







































・・・・・・・サクラソウ科の・・・・・・・・えっと・・・・

IMG_5024


























これは覚えました!!! ヘビイチド。

IMG_5460







































そして、こちらは 言わずと知れた!!!すずらんさんです!
まさに・・・かわいいと言う言葉がピッタリです!

IMG_5027







































まだ、蕾をつけたお花も沢山なので・・・本当に今週が・・・良いかもです。
というのは・・・実はこれには訳がある訳であります。

IMG_5039

























アフーと親分は一度車に戻って親分は違うレンズを持ってお花を撮りに
向かいました。アフーは適当にザックのお片づけをして・・・親分の元に
向かいます。といってもお花ロードと駐車場は目と鼻の先。

IMG_5028











































時間を忘れるように・・・写真を撮る親分。結局この日も4GB使い切った
ようです。帰りのお花さん達は アフーたちが出発したときはまだ目覚めて
居なかったのですがこの頃は綺麗な姿を見せてくれました。そして不思議
なお花さん。

IMG_5470







































を見ていると・・・話しかけられます。甘利山倶楽部の方かな?
腕章をつけていらっしゃって
「この一厘だけ・・・」 と教えてくださいました。


そうでした・・・朝は咲いていませんでした。アヤメ姉さんです。
一厘だけ咲いたばかりのピッチピッチアヤメさんです。周りにはスラッと
したアヤメさんの蕾がチラホラと・・・ 

IMG_5469











































そんな事もあり・・・今週が見ごろと勝手に言っているアフーであります。
そして、パッツンパッツンパンツは無事に伸びたようです。行きには
大きく息を吸うとボタンが吹っ飛びそうでしたが・・・帰ってきた頃は
良い感じにって・・・(;´д`)トホホ なに真剣に書いているのだか・・・


IMG_5471











































と言う訳で・・・甘利山と千頭星山、そして奥甘利山のレポを終わります。
長くなってしまいゴメンナサイ。どの山頂も甲乙つけがたい素敵な山で
ありました。帰りはNO渋滞。 本当に楽しい一日でした!

明日も読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん。嬉しいです♪