2009年05月26日

飯綱山 (飯縄山) 其の弐

其の壱はこちら。


色々・・・あった5合目までの道のり。 でも5合目からはいつも通りです。
長く引きずらない。ところが親分の良い所です。なんちて。


IMG_2875

























親分頼みだった・・・ルートについてはもう9合目だと思っていた場所がまだ
5合目だったということで・・・バビッタアフーと親分であります。
親分にチョットだけピッチをあげようと言われます。

IMG_2913

























いつのまにか 柔らかくなだらかだった道が岩場になってきました。でも足場は
しっかり。浮石も少なく小刻みに足を確実に進めれば数十センチずつでも
先に進めます。 ピッチを上げようと言われたアフーですがピッチは上がらず・・・(´ヘ`;)ハァ

IMG_4243

























ダイヤのように輝く水滴さん。そそ。空は曇り空だけれど雨のち曇りだった
週間天気予報でのこの日のお天気は直前に変ってくれただけでも感謝です。

実は駒つなぎの場という昔、馬で登ってきて休憩する際にお馬さんを繋いで
休憩をしていた場所があるのですが・・・実はそれにすら気が付かずに
登ってしまいました。_(^^;)ゞ


IMG_2886

























あっ!・・・ 目の前に。 鳥さんが来てくれました。
逃げようとしません。 なにか細かく動いています。しばし観察して
見ることにしましょう♪ ↑ は何かくわえています。

IMG_2888

























と思ったら今度は 黄昏ているようです。なんちて。


IMG_2895

























むふふ。可愛いお尻ですね。 ペンペンしたくなります。はいっ。
で、この写真はどうやって撮っているかと言うと・・・

IMG_4252

























こんな感じです。 この場所は水場の少し手前。実はまだ5合目から然程
進んでいません。_(^^;)ゞ

IMG_2898

























アフー あの・・・今日は晴れますか? 

IMG_2899

























鳥さん。 「 それは・・・ボクには言えないよ・・・」
なんていう会話があったかもです。なんてね。

IMG_2908

























この場所は霧に包まれた場所でした。水場があるからでしょうか。帰りは行きに聞えなかったカエルさんの声も聞えました。 大きな鳥から小さな鳥まで
霧に包まれた楽園のようです。耳を澄ますと・・・ 綺麗な声が沢山聞えます。


IMG_2909

























↑ 美声の持ち主さん。 魅惑のチキルームです。なんちて。
さて♪嬉しい足取りは早くもなければ遅くもなく・・・ それでも徐々に山頂に
向かっています。

IMG_4259

























余所見の理由は 雲と睨めっこであります。 今日はウェザーニュースで
9時から18時までずっと晴れマークだった。。。 でないと・・・山頂からの
景色が見えないのでアルヨ・・・

IMG_4247









































夜はまだ冷えるのかな? 暖かそうなコートを着ています。
今日はジュース500mlのペットボトル2本。そしてSOYJOYしかない・・・
少し5合目で足りるかなと不安だったけれど・・・大丈夫かな?

IMG_2914

























親分が・・・ 「うちのトップガンはめちゃくちゃ遅い」


(・_・")??なんのことだか判らなかったのですがトップガンは私のようです。


IMG_2915

























開けた場所に出ました。 笹の道です。 笹を見ていると・・・あっ!


IMG_4248

























またまた見つけちゃいました! おっ。コッチ見ていますね。
大きな山の中にある沢山の命を見つけるのはとても楽しいです。
宝捜しのような感じです。

IMG_4249








































あまりに可愛いので手袋を外して触ってみようとしたら・・・ 
  イタいッ! 

大きな山の中の小さな命は自分の身を守る為にこの葉っぱに居たのかもです。写真で判るように・・・大きなトゲが葉っぱの先についておりテントウムシ君
を守っていました。 反省です。 ごめんなさいm(._.)m

IMG_4250

























見えない発見はとても楽しいです。と言うこんな感じに時は流れ・・・
時間もどんどん過ぎていきます。

IMG_4254

























でも、実は開けた場所に出てから・・・僅かの道のりもゆっくり進みました。
空の雲が目まぐるしく変るのでもしかしたら晴れるのでは?と期待を抱いて
わざとな鈍足モード。


IMG_4263

























こんにしょわ〜トップガンです。。 なんちて。 で、実はこのお山。
結構な数の虫さんが飛んでいます。 ネットをザックに入れているのですが
まぁ、歩いているうちは我慢できるのでしませんでしたが・・・
止ると・・・すぐに 群がって寄ってきます。

IMG_2918

























何度も・・・何度も 目の中に入ってしまいました。 

IMG_4265

























さっきのトゲが刺さった場所が痛くて顔がヨジ曲がるアフー・・・なんちて。

IMG_2919

























今日は2人ともザックはとっても軽いです。背負っている事を忘れてしまうくらい
軽いです・・・ 飲み物が足りそうなので・・・さらに軽量化。

IMG_4271

























親分とアフーは南登山口から。そしてここは西登山口との合流地点です。
親分が言うにはココからは早いとの事。 ポカリ君を飲むと・・・同時に汗が
吹き出てきます。

IMG_2920








































親分がなにやら撮っています。 アフーを撮ってくれているのかと思ったら・・・


IMG_4276

























後ろの青空さんです。 嬉しさがこみ上げているポッチャリアフー。
あはは。実は5キロ近く太りました。 本当に体重変化が酷いです・・・

IMG_2921

























写真チェック中。 この日このお山に持ち込んだレンズは
親分 EF50mm F1.8【出番なし】  EF24-105mm F4L     
    TAMRON SP90mmマクロ   エクステンションチューブ。

アフー EF18-55  EF55-250

IMG_4277

























この時のアフーは 山頂につく頃には晴れてくれると決めつけていました。
信じる物は救われるのでアルヨ・・・たぶんね_(^^;)ゞ

IMG_2923

























分岐から僅かの場所には飯綱神社がありました。 広くなっているのでココで少し休憩。

IMG_4280

























虫さん攻撃にあうアフー↑

このお山はまだ春が来たばかりなのかもです。 お花さんも蕾をつけています。

IMG_4285

























飯綱神社から・・・ちょっと登ると・・・広い場所に出ました。ここは山頂?

少しだけ飯綱山の紹介をします。 

いいづな
























このお山は双耳峰です。はじめに着くのは南峰。
 山頂(三角点のある)北峰より8m低いですが広さはこちらの方が広いです。 



IMG_4290

























今日は沢山のお地蔵さんに励ましてもらいながら登って来ました。この南峰にもかわいいお地蔵さんがいました♪今の空模様は思い雲が山頂を覆っています。

本当はすぐに下山してすぐ高速に飛び乗って帰る予定だったけれど・・・
予定を少し変更する事にしました。

と言う訳で・・・其の参へ続く・・・

明日も読むよ♪ お尻ペンペンクリック。うれすぃです(^-^)