2009年05月25日

飯綱山(飯縄山) 其の壱。

2009-5-23 (土)

土曜日になってから3時間くらいが経過して目覚めたアフーであります。
親分はゲーム中だったようで・・・


ネット対戦の試合の進行具合は親分の表情を見れば大体ワカルであります。

たぶん・・・負けている・・・訳で


どこかに連れて行ってというのも非常にタイミングを計るのがむずかすぃ。

でもって・・・勇気を出して
 どこかに出かけよう 

と聞いてみたら・・・ 案の定 機嫌の悪い親分は

たまにはゆっくりゲームをさせてくれ という訳です。でもアフーの内心は
毎日やってるのに・・・という本音。

山に行きたいならば勝手に一人で行けば良いんだよ。
案の定冷たい言葉が返ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・ ショボン。 としてたけれどめげずに支度して
レガシィ君に乗って家を出たのです。 それで毎度なのですが
1人で出かけてガソリンスタンドでガソリン満タンにして帰ってきます。

近所のGSがセルフになってしまい・・・ガソリンを入れるのですが
レガシィ君。すぐにパチンパチンと満タンになりましたよ〜。と止るのです。

何度やってもすぐに止ってしまい。本当の満タンが結局判らなくなり
帰ってきてしまいました。結局帰ってきてもガソリンは満タンにならず
5分の4くらいまでしか入っていませんでした。つくづく駄目人間です。

ちと、自分でもショックで。最近こういう事がとても多いのです。(´ヘ`;)ハァ

という訳で家に帰って来ると親分がメンドクサイなという顔をしながら支度を
はじめています。 出かければ楽しいのにな と思っているのは私だけなので
しょうか・・・直前にどこ行くのと言われて 甘利と千頭星に行こうと言います。
すると親分は天気が良い所じゃないと嫌だと言います。ウェザーニュースを
みると山梨よりも長野(長野市付近)のお天気がピーカン予報でした。
それで急遽。飯綱山に決定です。実はこの時期の飯綱山が素敵で
お花が咲いているのを知っていたので行きたかったので飯綱山と決まった時は
とっても嬉しいアフーでした。実は本当に出発前に決まったので下調べする時間がないのでガイドブックと数冊持って家を出ました。

でも無事にお出かけです。ワクワクなアフーとイライラな親分。

高速に乗ったのは5時過ぎ。少しだけ乗る前には機嫌が良くなっていた
親分も高速に乗りまたイライラとしていきます。


高速道路が1000円効果かどうか判らないけれど・・・
長野ICの間 故障車3台。 事故1台。朝の5時なのに
今までではあまり無かった事がありました。法廷速度以下で走る車もけっこう
ありそのたびにその部分が団子渋滞。親分は徐々にイライラモード。


でもそのイライラなんかよりも・・・その後。私とナビのお馬鹿コンビでまた
ヤラカシテしまいました。バードライン上にある飯綱登山口なので今日こそ
きちんと行こうと思っていたのですが・・・善光寺での渋滞に嵌りそれを避け
406号に入りそこからトンネル手前に戸隠と書いてある看板方面へ・・・


これがまた、片側走行なみに細い峠道で・・・親分の怒りも頂点に。
「飯綱山ってバスでも行ける人気の山なのに・・・みんなこんな道通って
行くの(`へ´)プンプン・・・」

「・・・・・・・・」

「毎回毎回いい加減にしてくれよ。」

もうだめだ・・・と思ったその時にバードラインとぶつかりました。
やった〜。乗り切れた。と思った残念アフーは・・・甘かった。

「このバードラインにどうして毎回そんなに来れないんだよ。。。」

実は家のナビは国道と有料道路それから県道は色では分かれていても
あまり太い道路とかが判りズライのです。そして長野市内では渋滞に巻き込まれアタフタでジックリと拡大してまで道を確認もできず・・・でもこれはアフーの
言い訳。運転する親分からすれば気を揉む道路であるのは間違いないわけで。ちなみにアフーも助手席で気を揉んで居ますた。

登山口はバードラインと細い峠道がぶつかってからすぐでした。そんな細い道にコンビニなどある訳もなく、アフーは前の長野CCゴルフ場にてジュースと
SOYJOYを2本買って帰ってきました。

駐車場はとても広く清潔なトイレもありました。 親分はもう機嫌悪さ100%
口も聞いてくれません。 1人でコツコツ準備している間。ザックに入れるものを
助手席に置いておきました。親分がガイドブックを見てくれています。

IMG_2856


























カメラの準備をして親分の所に行くと・・・天気予報はずれてるし。
あとでゆっくり出発するから先に行ってて良いよ〜 と言います。


実はここまでの道中もイライラの矛先がジワリジワリと私に来ていたので
さすがに私も少しだけ頭がパンク状態でした。もう当分山来たくないなと
思いました。 親分の思う壺作戦だったのでしょう。いつも思う壺に嵌るアフです。



でもたまに親分の機嫌が悪い時だって親分はあまり
それを長くは引きずらないのです。楽しくなるだろうと信じて!と出発です。


駐車場から(ちなみに一部のガイドブックでは鳥居のすぐ近くにPマークが
ありましたが現在は駐車場はバードライン場にあるものしかありません。)

さて前置きが非常に長くなってしまいましたがいよいよ出発です! 
少しいつもの楽しい出発モードとは違っていました。先を急ぐ親分。

IMG_2859

























まったく追いつくことはできません。もちろん。親分は写真すら撮りません。
来たくもないのだから仕方アリマセン。今日で当分山に行けないかもなと
悟るアフーがいました。

IMG_2860

























でも鳥居の前で写真を撮る親分を見つけてホッとするアフー。
この鳥居はバードラインから数百メートルの場所にあります。
駐車場側の半分はウッドチップの柔らかい足元。そしてその道が
終わると舗装の道。 

IMG_2862



























さっきの鳥居から更に少しだけですが再び鳥居さんがあります。その前には♪
狛犬さん。 私はまだまだ写真が上手に撮れないので親分にお願いをします。

IMG_4213


























狛犬さん達に無事に帰ってこれますように。とお願いをして・・・そして・・・もうひとつ。お願いをしました。

この頭上にある重たい雲をどかしてください・・・
お願いであります・・・

IMG_4214

























狛さん。 判りました。頑張ってみましょう。と言ってくれたかも。。。

IMG_4215


























帽子をザックから取ってもらって
鳥居をくぐり柔らかい登り道を登ります。

IMG_2863










































道は新緑。綺麗です。 でも親分は空を見て・・・
がっくり中。

IMG_2866









































と言って・・・置いて行ってしまいました。

IMG_4219

























もちろん。追いつくわけもなく・・・

IMG_2865


























・・・・1人誰も居ない登山道を自分なりに必死に登りますが・・・一向に
見える気配もなく・・・

IMG_2868



































上の写真を撮って少し歩いた所で・・・
情けないことに・・・プツ〜ン と何かが切れた音がしたと同時に
涙が出ます。

こんな情けない格好を見られたくなくて必至に涙を
堪えると今度は お鼻水が止まりません。 一度止って落ち着いて
ザックからタオル出して・・・再び歩きます。

座っていた親分を見つけました。その時は・・・親分。見てみぬ不利をして
 それをみて・・・案の定 冷たい顔して

「無理して来たってつまらないでしょ。」 その言葉に
肯きました。 そして、もう帰る事を決めて親分に強引につれて来てもらった
事を謝って帰ることにしました。

親分に帰ろう というと・・・ 1人で車に行ってて良いよ とまた、置いて
登って行ってしまいました。


あっという間に置いていかれます。・・・親分はたぶんそのまま戻れと言っても
言う事を聞かない私の性格を読んでいます。あはは。読まれてイルであります。


IMG_2870








































ヒィヒィ言いながら登っていくと親分が待ってくれていました。
ようやく親分も機嫌が直っていました。 実はこの間・・・の写真がない訳で
でも途中には沢山のお地蔵様がいました。 第二から第七までのお地蔵
さんはきっと私が泣いて登っているから不思議がっていた事でしょう・・・

IMG_4231








































でも不思議な事に。この間に他の方と出会う事はありませんでした。
丁度合間に登ったいたようです・・・こんなつまらない空気を山に持ち込んでは
いけませんね。。。反省。


IMG_2875


























さて・・・ここからはいつもモードです。親分も約5時間機嫌が悪かったのですが
ようやく不機嫌タイマーが切れたようです。。。ふぅ♪うれすぃ。

IMG_4224



























と言う訳でアフーの初ショット。まだご機嫌が治っていないようです。
顔も見たくないようです (ToT)

IMG_2880










































山のお話に戻します。実はこの日
ガイドブックに頼る為に持ってきたのですが車に忘れてきてしまいました。
あとは親分の記憶に頼るしかありません。ちなみに私の記憶は甘利山と
千頭星山でした。急遽変更したので・・・ でも大丈夫です。親分曰く
山頂まで1時間チョット。


IMG_2875


























だからこのコースにあったお地蔵さまの番号こそが 何合目だと・・・そして
このコース微妙に上が開けて見えるのです。。。それで2人ともカンチガイをして
おりました。


IMG_4227









































ポツンポツント 紅一点とは君のこと? 本当に綺麗に咲いていました♪
今年初めてのイワカガミさん。

元通り親分と楽しく会話するアフー。さっきまではたぶん・・・夢だな。
と必死で頭の中を抹消しています。

しかし・・・すべてを吹っ飛ばす出来事が・・・さっきのお地蔵様で9合目だと
思っていたアフーと親分の前に・・・ 見覚えのある ヒラヒラ。

IMG_4219

























このヒラヒラに・・・ 五合目 と書いてあります。

( ̄□ ̄;)!! ( ̄□ ̄;)!! どうりで駐車場で先に出発した
人達が帰ってこないのと・・・そして後から来る人も殆んど居ない訳で・・・

そんな事が不思議だねと話をしていた矢先のヒラヒラでした。
動揺しすぎて写真すら撮っていません。

IMG_4235









































と言う訳で写真はないけれどキリの良い5合目にて今日はオスィマイデス。
いそげ〜っ! スタカタッタ〜な 其の弐へ なんちて。

続きも読むよ。お尻ペンペンっくりっく♪なんちて。







Posted by theslowpace at 07:10 | ヤマノボリ