こんにしょわ。特に書くことも無いので最近は思いついた事をダラダラ書いている感じです。m(._.*)m 

登山を始めた頃、赤城から始まり男体山(日光)に行った事がありました。あの山は
記憶の中ではかなり大変だった記憶があります。標高差は800m山を始めた頃の私には
未知なる標高差で、もうヘロヘロになって山頂に着いた記憶があります。

IMG_0607




























下山時は水がなくなり、雷が鳴り出し、豪雨になり・・・最後の樹林帯では足の親指の爪が
足に食い込み血まみれになりながら下ってきた痛くて辛い思い出ばかりです。

IMG_0704




























でも、時が経つといつの間にか沢山の山に登って標高差も徐々にアップしていくように
なり、今ではガイドブックを見ても800mの標高差。
相変わらず体力には自信のない私ですがまぁ、行けるでしょという感じまでになりました。
道具も揃えて万が一にも備えていると心の準備も違うわけで・・・

IMG_0482



























ココロもドウグも変化すれば いろいろ捉え方も変わって来て、改めて足を止めてみると面白いものです。。。

男体山の写真を捨ててしまい証拠が一枚もありません。またいつかのんびり男体山に遊びに行くのも楽しみな今日この頃です。

もういっちょ。山シーズンが始まる季節。
今年も自分に言い聞かせる事があります。 それは温度調節の重要性。

数年前に北岳、間ノ岳でのお話。 はじめからこのうなだれようだったのですが


DSCF0170

































その後・・・・皆さんが 洋服を着込んでいるときに(親分も着込み中)

 
DSCF0208




























アフーは暢気に景色を見とれてこんな調子。

P1020512





























出発前に急いでカッパだけ着用。

P1020546

 






























親分とアフーの格好は見た目は一緒。でも中身が違うだけで・・・
この後、痛い目にあうことになります。

P1020559

 





























この日の天敵は風でした。親分は下にフリースとインナーダウンまで着用。
アフーは速乾シャツだけ。

P1020563































北岳山荘に到着してからは・・・ 自分に何が起こっているか一瞬
判らなくなりそうになることもありました。 震えは止まらず
歯がガチガチ。数時間経過してもそれは収まらず、食事も食べる事できず。
ボーっとたっているのが精一杯でした。

記帳するにも字がまったく書けないのです。

その後もなにをしても体の体温が上がっていかない感じで・・・
自分で一瞬。このままで明日の朝、生きているかな?と大げさでなく
冷静に考える自分が一瞬居たのを思い出します。
 

DSCF0245































テント泊から小屋泊へ変更。復活できたのは 北岳山荘のお兄さんが
用意してくれた熱いお茶。

冷え切った体は外から暖めても限界があると言うことをその時に
しりました。小屋のスタッフの皆さんにもご迷惑をかけたのに最後まで
本当に色々教えていただきました。小屋のスタッフさん達に逢いにまた
北岳に行きたいくらいです。

DSCF0290






























↑アフーとアフーの一番好きな小屋。


あれ以来。暑ければ脱ぐ。寒ければ着る。面倒だけれど
できるだけハイキングでない山登りの時は心がけるようにしています。

ちなみに、翌日は体調は完全復活。間ノ岳に向かったアフーは・・・

 
DSCF0249
































レインウェアのパンツのファスナーすら上らないほど全部着込んで
出発しました。

山頂でも ご覧の通りの残念ぶりです。

DSCF0277






























二度とこういう間違えはしないと心に決めました。山ではメンドクサイから
では済まないという事です。雨が降ったらすぐに止むだろうとカッパを
着なかったり今日はこれは必要ないだろうと思って出したものがその日
結局必要だったりと、そんな事も・・・ 改善しないといけません。

 

DSCF0282































↑アフーさん。お尻出てますよ・・・(;´д`)トホホ

そして、ここに誓います。毎年、忘れ物アフーは親分の道具に助けられています。今年は全部、自分のザックで補えるように忘れ物ゼロを目指します。!

そして、迷惑をかけない山登りを誓います!親分にも迷惑かけないように
がんばります。

アフ!しっかりしろっ!お尻ペンペンッ!クリックうれしいですm(._.*)m