2009年02月24日

根子岳 【前編】

2009.2.8.Sun 【根子岳 長野県 標高2207m】

実はこの山は去年の秋からずっと行こうか〜どうしようか〜という
感じで名前が挙がっては行けずだった山のひとつだった訳で・・・

今回は行こうか〜という感じで就寝。したのが・・・うだうだ眠れず結局
朝の3時。

そして目が覚めた( ̄□ ̄;)!! 時計は7時30分。

どうしようかモードと言うよりもとりあえず急いで仕度して出発。
道具倉庫から一応、スキーシューも持ち出しての出発となりました。

karhu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


封も切っていない状態で倉庫に買ったまま放置していたのですが
今日はつかえるかもねと・・・スタンバイです。

ガソリン満タン。高速飛び乗り。関越、上信越を快調に進みます。
時間が遅いせいもあってNO渋滞!

でもって、お腹が空いて東部湯の丸SAにて朝食。 ここはくるまやラーメン
が運営している簡易レストランでした。朝から2人でガッツリと食べてしまいます。
(;´д`)トホホ

上信越道の上田菅平ICにて降ります。菅平高原方面に向かえば
目指す奥ダボススキー場は看板が案内してくれます。

mIMG_9875

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、準備を済ませてリフト券1回分。

mIMG_9876

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一クワッドに乗ります。1回500円。フード付です。 

mIMG_9880

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで時間は11時30分を過ぎていました。 

mIMG_9881

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


のんびりと歩き出します。まだスノーシューは要らない感じ?という訳で
ツボ足でトコトコ歩いています。

IMG_9900

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れ物は・・・ゴーグル。で・・・結局カルフは時間切れで今回は断念。
正直な所。まだ付け方もワカラナイ・・・ので アンパイ踏んでスノーシューです。

IMG_9901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板はいたる所にダボスと書いてあります。

mIMG_9884

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして山頂は最終リフト駅からも
肉眼で確認が出来ること。

mIMG_9885

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと傾斜がなだらかで雪崩の心配の無い事を
確認した上で今回はこの山を選んだりです。

IMG_9913

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当のことを言うと・・・四阿山のときはパルコールキャビンを使い
楽なルートを選んだ為、根子岳には実は未練タラタラだったのかもです。

mIMG_9889

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は今日は朝、叩き起こされて少々朝は機嫌が悪かったのですが
今はスコブルご機嫌親分です。

IMG_9917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広大な山肌を眺めながらスキーで降りてくる人、ボードで降りてくる人。
そしてスノーシューで降りてこられる人。様々です。

IMG_9926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は長袖、半袖の速乾シャツにプラスフリースとオーバージャケット
ですが (~Q~;) あっち〜 。状態ですぐにフリースを脱ぎます。↑ウナダレテイマス。(;´д`)トホホ

IMG_9921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



汗がダクダクです。それは多分ビールと思われます。なんちて。_(^^;)ゞ

山頂駅からしばしなだらかな平坦に近い道ですが傾斜が増してくると
ツボ足が雪に嵌り出して面倒になってきます。

IMG_9942

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろスノーシュー?という感じで装着完了です。

mIMG_9899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



歩いてみるとだいぶラクチンでした。


そして傾斜のある登りではスノーシューのヒールリフターを使用します。
ちなみにアフーは山頂までヒールリフターに助けてもらいました。

IMG_0028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分はスノーシューをかなりマエノメリ状態で着用していて可笑しいです。。。

mIMG_9934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は膝が少し痛いとヒールリフターを戻します。でも写真はコケて
しまった親分です.むふふ貴重かも・・・なんちて。後ろの山並みが綺麗です。
かかとを止めるバンドがビロ〜ンビロ〜ンと伸びています。
注意しても聞く耳持たずです。/(-_-)\ こまった〜人です。

mIMG_9896

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、そんな感じでなだらか〜に登りがつづきます。

IMG_9999

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


登っている人は我家チームのほかにスキーヤーさんが一名。

mIMG_9928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


他は全て下ってこられる方ばかりでした。

mIMG_9905

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間的にはリミットを決めていたのでとにかく進みます。

mIMG_9910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


避難小屋を過ぎた頃からトレースは半分程に減ります。
子猫さん経由でなく直登する事に決定です。

mIMG_9939

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



久しぶりなので程好い緊張感です。楽しいです。

IMG_0003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今回は久しぶりにキスデジN君の登場です。実は親分のカメラに
リコール発生らしく10日間の入院です。

mIMG_9936

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・親分は30DアフーキスデジN君です。軽くてラクチンです。

IMG_9999

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒールリフターのお陰でしょうか?珍しくとてもラクチンです。
もしかしたら自転車ライドのお陰で少し楽なのかな?それとも雪の
お陰かな?と色々カンチガイオンナはちょっとばかり早く歩けた事を
喜んでいます。

IMG_9987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スノーシューで反対のスノーシューを踏んでしまうとコケテシマイマス。(;´д`)
カバケツアフーであります。

IMG_0011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分の前を行く 早足アフーです。 

IMG_9993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その喜びは一瞬に終わります。(´ヘ`;)ハァ

IMG_9981

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっというまに追いつかれてしまいました_(^^;)ゞ

mIMG_9905

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難小屋付近の分岐でトレースは一気に減りました。
そこからは高い場所を目指します。

mIMG_9945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中には晴れていた空も午後からは少しずつ下り坂という事は
頭にインプットしてきていたのですができれば晴れていて欲しいと願います。

IMG_9969

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

願いは叶うか? 暑くて帽子を取ります。 汗はダクダクです。

mIMG_9944

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキーヤーさんと交代交代で休憩を含めながら登ります。

mIMG_9919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキー&ボードなら
帰りは山頂からリフト山頂まで一気に10分で下れてしまうようです。

mIMG_9942

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道はほぼなだらかなのでBCデビューにはもってこいの根子岳さんの
ようです。私にはまだまだ無理だけれど

IMG_9959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根子岳はゲレンデよりもずっとずっとなだらかでもしかしたら
滑れるのかもと・・・野望だけは抱いていた訳で_(^^;)ゞ

IMG_0068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一気にすべり降りる人たちを羨ましいな〜モード前回で( -_-)ジーと
見つめるアフーです。

mIMG_9951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分もとっても楽しそうです。

IMG_0078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風の通り道に差し掛かると・・・寒いです。{{{{(+_+)}}}}
ジャケットのフードを被り首元とホッペを守ります。

 

IMG_0085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・できれば早めに山頂につきたい気持ちはあった訳で
途中からはGPSのナビで山頂に向かう事にしました。

mIMG_9953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スノーシュー&なだらか斜面の醍醐味を味わう為・・・と言うよりも
時間短縮で オフロード設定で山頂を目指します。

 

ちなみに山頂までのGPSの軌跡はこんな感じです。

close

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軌跡が途切れているのは電池切れです。実は電池は前回のままだったので
切れてしまったようです。

IMG_0098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先を進む親分に方向を聞かれます。

mIMG_9940

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは後方で遅れていたので
親分に向かって山頂の方向を指をさして教えます。

IMG_0093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪はフカフカです。 

IMG_0066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時、アフーは親分のトレースのみを追っています。

mIMG_9969

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スキーで下っている跡はあるけれど他にはありませんでした。
ひたすら追いつづけます。

mIMG_9970

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ヘリポートらしき場所で親分が待っていてくれました。

IMG_0125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登りで一緒だったスキーヤーさんは山頂へは行かずにヘリポートから
下っていってしまいました。。。

IMG_0064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



少々不安のまま、平坦になりつつある場所をGPSの言う事を聞きながら
進みます。 

mIMG_9957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電池切れでストールするので都度電源を入れます。

IMG_0128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘリポートから山頂まではちょっぴりと登り。そこは特に雪が深くて
足の踏ん張りが利きません。 キチンとルートを通れば雪は圧雪されて
いるので問題ないのですが一度進んだスノーシューの一歩は戻るのが
とてもタイヘンデス。

IMG_0137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で_(^^;)ゞ 手は雪まみれ。 ジャケットの手首から腕に雪が
入り冷たくて仕方アリマセン。(´ヘ`;)ハァ

IMG_0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、改善する場所はメニメニであります。
と言う訳で・・・山頂まで残り100m。 後編に続きます。

IMG_0144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きも読むよ♪お尻ペンペンクリック。嬉しいです♪







Posted by theslowpace at 07:07 | ヤマノボリ