【2008、10,25〜 31】

 

弾丸旅行から帰ってきて・・・ 急いで移動する事に疑問を抱いた訳で・・・
それと少し疲れていて・・・

IMG_9438

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく 口直し というかそんな感じになっていて・・・

 

今は便利な世の中でネットで出発前日に予約が取れる訳で・・・
適当に支度をして出発しました。

帰ってくる日は親分の実家のイベント佐渡旅行の前日に合わせて出発です。

IMG_9651

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ザックの中身は・・・
ほとんどシュノーケリング用品とライフジャケットが占めています(;´д`)

しかし・・・残念アフーは 前日の夜中から喉が痛くなってそのまま
酷い風邪をひいてしまい大量の風邪薬を持ち込み出国しました(;´д`)トホホ


サイパンへはノースウ●スト航空しか運行されていません。
サーチャージ1人18000円也

 

毎度・・・おなじみチープチケットは現地の夜中に到着する訳で・・・
夜中にチェックインしてから 両替を忘れてしまいホテルで両替をしました。

ちなみに市場のレートでは確か1ドル=80円台だったはずですが・・・

レートが1ドル=125円  

1ドルにつき40円近くの手数料がかかっている事になる訳で・・・ 
今後はマルチマネー口座から引き落とす事を心に誓ったであります・・・(;´д`)トホホ

DFSも似たようなレートなので日本で両替するかクレカを
使った方が良いかもです・・・


両替したドルを握り締めてホテル前にある winchel's 24時間オープンの
ドーナツ屋とクラムチャウダーを買って部屋で食べて寝ました。

ちなみにホテルはグランドホテルです。あんまりグランドではないホテルです。
なんちて・・・でも慣れればすぐに快適です(^-^)

一応オーシャンビューですがDFSなどがあるガラパン地区からは離れた場所に
あるススペ地区のホテルです。ススペ地区には裁判所や役所がある地区となります。

 

起きてから・・・足を探す事にします。
レンタカー会社に電話して4WDの車の空きを
探します。外資系のレンタカーは韓国系の車を使用している所が多かった
ようです。結局、トヨタレンタカーにRav4が帰ってきていたのでそちらを
ピックしてもらってホテルまで持ってきていただきました。

IMG_8911

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滞在中ずっと借りてたしか保険コミコミ450ドル位でした。そんな訳で協力助っ人のRAV4君でこの島を駆け巡ります。

 

地図はレンタカー屋さんでもらえる地図が一枚あれば・・・この島全部
道に迷う事はありません。理由は道がそれ程ないからです・・・

bigmap02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向かった先は・・・ バンザイクリフ。

 

向かった先というよりは走っていたら島の端に到着したと言った方が正解かも・・・しれません。

IMG_9673

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wikiによるスーサイドクリフの説明。

IMG_9665

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太平洋戦争中、日本軍司令部がサイパン島北部にあり、アメリカ軍の激しい戦闘(サイパンの戦い(1944年6月15日〜同年7月9日))において、追い詰められた日本兵や民間人が、スーサイドクリフと同様にアメリカ兵からの投降勧告、説得に応じず、80m下のに身を投じて自決した悲劇の断崖(岬)である。多くの自決者が「天皇陛下、万歳」と叫び両腕を上げながら身を投じたことから、戦後この名で呼ばれるようになった。自決者の数は1万人にのぼるとも言われていて、海は血で真っ赤に染まり、死体の海と化した。

IMG_8891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

welcome to BANZAI CLIFF 

IMG_8887

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 welcomeなのか・・・なんだか複雑。

IMG_9658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


以前、見た実際に飛び込むフィルムを見た事があった訳で・・・つくづく
今の平和な日本に生まれてきた事を 少し考えたり・・・ 

 

IMG_9680

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本から贈られた沢山の石碑が並んでいました。

IMG_8882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来たばかりの石碑や長野の善光寺からの物もありました。

 

 

IMG_8897

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、親分とアフーはバンザイクリフの後ろに聳える・・・

IMG_9683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スーサイドクリフまで行く事にします。 

 

整備された山道を登っていけば到着です。

IMG_8912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柵の先は 断崖絶壁 

IMG_9693

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この柵の近くに・・・戦友を偲んで書かれたと思われる文字がありました。

IMG_8902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なんとなく・・・想像もできないけれど ため息ばかりがでてしまう場所でした・・・

 

頑張っていた残念アフーでしたが・・・少し辛くて ダウンです。。。

IMG_9711

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪で具合が悪いなんて・・・
根性のない自分に嫌気が差します。

IMG_9695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


青い空にはかもめさんが 気持ち良さそうに飛んでいました。

 

 

気合を入れて移動です。 次はグロットに遊びに行きます。

グロットにはこの後、また2回ほど遊びに行く事になるのですが・・・

IMG_9718

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分は見に行ったようですがアフーは具合が悪いので駐車場で
沢山咲いている花の写真を撮っていました♪

IMG_9725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南国のお花は本当に色鮮やかで眩しくなります。

 

IMG_9732

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイビスカスやブーゲンビリア♪ 

視線を感じます。実は観光地場所などには管理の方が
必ずいらっしゃってその管理の方でした。

下に下りずに写真を撮っているのが変な人だな〜というような感じでした_(^^;)ゞ
じつはこの方との出会いはこの旅の1番、2番の思い出になることになります。

IMG_9744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから・・・バードアイランドに遊びに行きます。スーサイドクリフ。

グロット、バードアイランドはとても近くです。

IMG_8925

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここの管理の方に話し掛けられます。

色々な話をしました。この先にあるカラベラケーブの事を説明して
くれました。 カラベラケーブには二つの話があって病院説と牢屋説と・・・

IMG_9736

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そしてとても暑そうだったので車に積んでいたジュースをさしあげました。

 

後日遊びに来てくれと言うので (*'-')ゞリョウカイ♪と返事をして
帰路につきます。

IMG_8923

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々なことを話しました。色々なことに興味があるようで、ホテル名や
それから飛行機チケットの代金や日本のことも♪

そのかわりサイパンの色々なお話をしてくださって汗だくで3人で喋って
いました。

IMG_9747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


本当は毎日泳げる場所を探しているのですが・・・なかなか見つからずです。

バードアイランドはシュノーケリングに良さそうです。海亀さんも来ると
仰っていました。

でも・・・アフーの願いに反して・・・風邪はどんどん悪化していきました・・・

 

IMG_8891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島の大きさは・・・車で端から端まで走っても・・・1時間かからない
小さな島ですが・・・ 

悲しい歴史は傷跡はほぼそのまま残っている訳で・・・普通に
泳いでいても・・・戦車があったり 大砲が落ちていたり・・・

IMG_9060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛々しいけれど・・・
でも歴史に負けずに優しくて陽気で暖かいのが
ギュッと詰まった小さな島のお話です・・・

IMG_9699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しだけつづきます・・・ 続きも読むよ。ペンペン。うれしいですm(_ _"