そんな訳で毎年振り返っている訳ですが_(^^;)ゞ

今年も・・・というより毎度適当ですがとりあえず駆け足で振り返ってみます。

ヤマノボリ 2007はこちら。

2008年。と言うよりも・・・紅白見ないで寝てしまって朝早く起きてしまった方の
お誘いで・・・どっか行こうという事に・・・

でもって・・・なぜか こちらに♪

それは 2008年1月1日のお話です。

ふかい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光 キスゲ平にある丸山という 女峰山に繋がるお山に向かいました。
しかしながら・・・ かなりの雪でラッセル状態の親分とアフー。

つかれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも楽しい山アケとなりました。 でも・・・結局吹雪きになりまして・・・
山頂は断念。

撤退

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ、下りはゲレンデを下るのに・・・本格的に尻セードデビュー・・・
しかし・・・加速したアフーは トンチンカンな方面に滑っていってしまった
訳で・・・

怖い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッケルが欲しくなったアフーでした。

それでも年明け早々高いところから見える景色はやっぱり素敵ダナァという
幕開けに始まった訳であります_(^^;)ゞ

残念丸山敗退編は コチラです。


それから・・・1月5日。

オニギリザックと一緒に・・・

キャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大菩薩峠の曇り様に少しがっくりしていながらも・・・
白と黒の世界がこんなに綺麗なんだ〜と少し・・・興味を持ちはじめたのは
この辺り・・・

振り向いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも寒くて・・・

白い世界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは鼻が冷たいからでなくて・・・ オハナミズがすごいから・・・
なんちて_(^^;)ゞ

2000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と・・・アフー達はあまり登った山に二回行く事はなかったけれど・・・
今年は2回目と言う山が少しだけいつもより増していたかもです。

なきたいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


結局山頂を踏んで戻っても・・・まだ空に青は無かったアルヨ。

もうそろそろ峠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・諦めて峠を下って間もなく・・・

空の色が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空から雲が退いたから・・・

諦めて下ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分も・・・アフーも 再び峠に戻ることにした。
以前この山に来たときは・・・完全なる ピークハンター。
峠も見なくて良いからとにかく最短ルートでピストンした訳で・・・

綺麗だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびりと違うルートで歩いたり・・・二度来てみると新しい
景色が見れることもとっても楽しいんだっ!という事を知っちゃいました。

そんな素敵なお山の楽しみ方を教えてくれたのが・・・この大菩薩嶺だったかな? とその残念レポはこちらです。


1月16日 入笠山

朝から写真を撮りたくて親分と八ヶ岳付近をウロチョロ。
この日はこっちの方がアフーにとって印象が強かったかも_(^^;)ゞ

かっちょいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳。

駐車場からは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから・・・ この付近は 南アルプスも見える。

甲斐駒君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーのライバル・・・(・_・")?

甲斐駒君も雪化粧。

あっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・晴天率の高い入笠山は・・・ 曇っていた。( ̄□ ̄;)!!

山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ・・・お天気ばかりは仕方ない・・・

まっまさか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山後の・・・ドライブが楽しかったアフーです。

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とそんな入笠山レポはこちら。


そんな訳で・・・

2008年アフーの一番ダイスキなエリア。

伊那丸看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イナマルフジミダイの駐車場が好きなアフーです_(^^;)ゞ

えへへ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指すはモチロン アタマヤマっ!

まつ親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと・・・これは親分のアタマだった_(^^;)ゞ なんちて

うひょひょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで・・・とっても素敵な再会がありました(^-^)♪

へっぽこ山ちゃんさんです♪

そして・・・アタマ山はキセキ山かもしれません♪

山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 山頂では♪ cyu2さんとお会いしました♪むふふ。アタマヤマはやっぱり素敵な事がメニメニです!

てくてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えへへ。調子に乗って 山ちゃんさんとご一緒させて頂きましたっ!

が・・・ やはり残念アフーは凹んでしまいました。

もちろん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも蝶々深山に到着してとっても楽しいヒトトキでしたV(^0^)

やっと晴れてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キセキのアタマヤマ&蝶々夫人はレポはこちら♪


おっと・・・まだ1月のお話です。 ちとスピードアップします。

1月27日

蝋梅を撮りに・・・行きは自分の脚で・・・

てくてく歩いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは・・・ モンキー君に乗って・・・

切符

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蝋梅は・・・

夢中です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にロウで出来ているみたいだったアルヨ。

だんだんだん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗だな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麓ではジャガバタを食べた。そしてニャンコさんに逢った。

猫さんだって必死に生きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キミハ無事に冬を越せたのかな・・・

ここの山はアフーにとっては少し寂しい印象の山です。

でも・・・ここは 宝に登る山。 そんなレポはこちらです。


ここからは・・・撤退続く・・・訳で・・・

運命の雲竜漠。

アフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても行きたかった場所に・・・滝の凍る姿。

場所は女峰山の真ん中あたり・・・ 

飛び越えた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪崩箇所を越え・・・

カラフルアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


頑張って突き進んだ。

慣れてないから恐い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川に落ちてしまった人もいて・・・正直帰りたい気持ち半分だった・・・

大きさは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ もたつきながらも・・・到着したけれど

また川です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり・・・正面で見た景色はやっぱり無理だと思った。

まだ先です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・親分に先を行ってもらう事にした・・・
けれどその日はやっぱり 雪が多くて。。。他の男性陣の方と
戻ってきた。

友知らず5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また来ようということで・・・帰ることにした。

晴れてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッテロ・・・・ウンリュウバクっ! と誓ったアフーでした。

そのレポはこちら。


そして・・・その2週間後・・・ ついにリベンジをする日がやってきたっ!

それは挑発的に高速のSAで雲竜漠の写真が飾ってあった事が発端だった。

暑いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は前回よりも雪が少なかった。。。 ラッキーと思っていたのは・・・
歩き出しの頃。

今日ははやい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空にはほんのり青空と・・・ アフーはこの日稀に見る・・・軽快な足取り・・・

今日はイケルと思ったアルヨ。

( ̄□ ̄;)!! しかし山は甘くないと知った。

いっきに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹雪に見舞われた・・・あと少しという所で・・・

ビバーグを強いられた。

しかし・・・練習していないツェルトの組み立てにアフーは手間取り・・・
ステッキを雪にコツンコツンと打ち込むと・・・

親分のアタマが・・・ ツェルトの骨組みになった。

zelt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・体のデカイ2人には・・・中は争奪戦。 

とばされるもんか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が少しだけ収まった頃・・・急いで撤収をしたけれど・・・吹雪は
やっぱり容赦なく・・・ アフー達をフッ飛ばしそうな勢いだった。

そして・・・ここでアフーはピッケルを落としてしまいました。一度も使う事無く・・・
とても痛い思い出となりました。

前が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と・・・ウンリュウバクをやっつけるのは・・・ 2009年に持ち越しになった。

と撤退に次ぐ撤退レポはこちらです。


それから・・・なぜか ヒョンなことからスキーを始める事になったわけで・・・

体育の通知表がアヒルちゃんなアフーに・・・

スタート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなカッチョイイスポーツが

どた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


すんなり出来る訳もなく・・・苦戦しながらも・・・

こけた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり・・・難しい。そこで親分と猛特訓です。トイッテモ・・・

こけても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われたとおりに滑るのは・・・難しい。

でも・・・ここはキセキのアタマヤマ。

山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここをホームゲレンデにした。

BCはだめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・すんなりイカナイコトモ 続けてみると楽しくなってくるっ!

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味方は蓼科山君だった。 苦い苦い・・・アタマヤマスキー編


 

それから・・・2007年に逢う事の出来なかった ハナネコノメを探しに
仙人ヶ岳へ向かった。

が・・・変な登山者さんに絡まれて・・・ 親分は御立腹。
その人のお陰で単独登山に近い状態で
とても不愉快な一日になった・・・山でした。

コケもとても綺麗だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも・・・花はとても素敵でした。

カタクリ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りもお花に夢中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・お花はね・・・午前中よりも午後の方が元気な事を知った山。

そんなレポはこちらです。


そして2007年に達成できなかった事・・・ のモウヒトツ。

コチャルメルソウを探しに・・・

ちなみに2007年に親分に線香花火みたいなお花だよと教えてあげたけれど・・・

ちとちがう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分はカンチガイ男だった訳で_(^^;)ゞ

今年はしっかりアタマにインプットした親分と♪

コチャルメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな コチャルメルソウ 一本勝負レポはこちらです。4月6日のお話です。


そして・・・草原を歩きたいね〜という事になったわけで・・・

ダイスキなビーナスラインを通過して♪ 三峰山へ。

空は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三峰山まではとても素敵で予想通りの道でした(^-^)

しかし、欲張って先の 二ツ山に向かったけれど・・・ 雪解けのグジャグジャ道
に苦戦して撤退。

途中の看板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも楽しかった。 そして開放的な空と景色の中っ!

カッコよくポーズを決めるっ!

美味しい空気が沢山だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなカッチョイイポーズを決めた後は・・・たいがい カッチョワルイ。

降りれぬ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よっこらしょっ!っと。 

山頂親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから時間があったから・・・蝶々深山に行ったアルヨ。

手を振った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿原の真ん中で手を振っているアフー達に旋回で答えてくれるグライダー。
この時間もやっぱり楽しかったっ!

開幕です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい時間はあっというまです。でも思いでは長く続くから素敵ですっ!


それから・・・私にとって今年 ベスト3に入るお山です。

くものかけはし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008.4.29 のお話です。

近いけれど遠まわしだった山。

寝釈迦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびりスタートだったから・・・静かな山を歩きました。

ハイキングコース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


低山&里山はやっぱり素敵です。

ツツジ親分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑とピンクのトンネルな登山道は暖かい日差したっぷりでした。

そんな登山道を歩いていると・・・先を急ぐ方が・・・

うさぎさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは・・・

ぴょこぴょこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎさんでした。この日はイノシシさんにも逢いました。 どうやら
すこしばかりアフー達が時間を間違えてしまったのかもしれません。

夕日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに夕日が綺麗で・・・ついついのんびりしすぎてしまいました。

急いで下ったけれど・・・暗くなって少しだけ不安なアフー。

羅針盤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな心を読まれてしまったみたいです。下山は真っ暗だったけれど・・・
とても心強い助っ人さんが現れてくれました。

うれしすぎる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


明るく写っているけれどもう空は薄暗かった。

親分のことを待ってくれています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二匹のワンちゃんが誘導してくれました。彼らは甲斐の国から来た
甲斐犬のワンコさんです。アフーよりも山道は得意だよと言わんばかりに
山の傾斜道をスタスタと上がったりして見せてくれました。

行くよアフー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとても素敵な山は 栃木県にある行道山。そのレポはこちらです。安全にレガシィ君まで送ってくれました。本当にありがとうm(._.)m

親子のワンちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして・・・暇なGWの最終日・・・ 思い出したかのように・・・突如家を飛び出して
猫魔岳に向かったけれど・・・ ・・・

なぜか磐梯山に登っちゃった訳で_(^^;)ゞ

BD26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2008.5.7の出来事。

BD34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モグラタタキゲーム場のような森を抜け・・・

DSCF0389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年ぶりにこの地に。

BD37

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変らず・・・ ヘコタレ癖は治らず・・・

BD53

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もランチパックを山にたくさん持っていきましたっ!

BD56

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖かった雪も・・・スキーのお陰で少しだけ怖くなくなった。

BD60

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変らず腰が引けているアフー・・・

それでも前回ここに来たときよりは心と道具は少しだけ進化していました。

BD69

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・そんな訳で3年ぶりの磐梯山は以前とはまた違う印象ができて・・・
2倍の思い出に変換完了っ!

パノラマ

 

 

 

 


山頂のご褒美は景色だったっ!

そんなレポはこちらです。


そして・・・また草原チックな山に行きたくなったアフー達が見つけた山は・・・

社山&黒檜山。半月山から入った訳で・・・

IMG_0605

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快晴だったけれど・・・

IMG_0422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして開放的だったけれど・・・

IMG_0435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そらはどんより。

IMG_0690

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中から恐れていたけれど・・・

IMG_0461

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーに雷サウンドが聞えちゃったわけで・・・

ビビリアフーは・・・ 怖くて途中の阿世潟峠で湖畔まで下っちゃいました。

IMG_0477

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分は怒って・・・しまいました。

IMG_0482

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


自分で歩けないならばもう連れてこないと怒られてしまった・・・アフーは
凹みながら湖畔を歩きます。そして・・・

再び半月山に登る事は不可能と断定して・・・

IMG_0495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お客さん待ちのタクシー運転手さんのご好意で半月山まで猛スピードで
連れて行ってくれました。このタクシー運転手さんとはまた後日違う
場所で会うことになるから人生はとっても楽しいですっ!

と言う訳で・・・インチキしちゃった 社山レポはこちら。


5月21日

GPS購入して・・・使ってみようということで

遊びに行ったのがこちら。

IMG_0875

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙元山です。 山というより丘のような素敵な公園です。

IMG_0835

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうにか使い方をマスターしました。

IMG_0529

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても小さな山で短い時間でしたが これも楽しかったなぁ〜。

IMG_0538

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りはお花畑を見つけて寄り道。

IMG_0550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラのお陰で寄り道が増えた。アフーは寄り道が好きだからうれしいです。

そんな一日のお話はこちら。


そして 6月9日は

IMG_1395

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、登った事のあった湯ノ丸山へ・・・季節をかえて遊びに来ましたっ!

IMG_0650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


むふふ。快晴です!

IMG_0658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しくて仕方ない一日でした。 そして珍しくとってもラクチンに登る事が
できました。 珍しいです。_(^^;)ゞ

IMG_1465

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワカガミさんと タコヤキアフー。なんちて。

で・・・湯ノ丸だけでなく烏帽子岳にも遊びに行きましたっ!

IMG_1503

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日もGPSを見ながら歩きます。

IMG_0736

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・ここでも食べましたっ!

IMG_0740

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチパックはとても便利です。 コンビニで買えばその日の日付がわかる
から・・・・・・ この日の翌日はアフーの誕生日のようです。_(^^;)ゞ

IMG_1569

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期はお花がたくさん待ってくれて楽しいっ!

でもね・・・ この誘惑は ちとツライアルネっ!

IMG_1598

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトクリームダイスキなジャンクアフーは・・・ 我慢した。
そんな日のお話。


そして・・・その日は遂にやってきました。 2007年に登った仙丈ヶ岳で
お話した素敵なご夫婦に教えて頂いたコースを歩くときが・・・

仙丈岳レポはこちら。

で・・・新しいテント用ザックを購入後・・・

シェイクダウンもこことなった。

IMG_1744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局今年も 丸太渡りのヘッピリ腰を克服する事は出来ずだったけれど・・・

IMG_0798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どうにかこうにか・・・ずっと山頂付近までの標高差約1700mの
樹林帯を・・・歩きつづけた。

疲れは・・・嫌いな粒あんパンすら・・・ 美味しく感じされてくれるから!
不思議です。

IMG_1780

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・稜線に出た時は正直 もうクタクタだったけれど・・・景色を見ていたら
なんだか標高差1700mの辛さは掻き消された。

IMG_1802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタコラ。それでも早くは歩けないけれど・・・自分なりに一生懸命です。

IMG_0818

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身なりしっかりな親分に対して・・・

IMG_1814

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボロボロヨレヨレアフーです。

IMG_0821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね・・・景色は本当に綺麗だった。雪の残る南アルプス君達が正面に。

オールスターゲームを見ているようです。

IMG_0823

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


空中散歩はとても楽しかった。

IMG_1899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帽子すらかぶりなおす余裕は無いけれど・・・景色を眺める余裕はアッタアルヨ。

IMG_1921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・大変だったのは・・・ここからだった。

ズルして近道ルートを選んだトバッチリは・・・とても大きかった。

IMG_1980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪と泥んこまみれでアフーはどうにか鳳凰小屋に到着した。

結局洋服が乾かず寒くてなかなか眠る事が出来なかった。

IMG_2030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝はオベリスクへ・・・

IMG_2068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山が見えた。 嬉しかったなぁ〜。

アフーはいつも南アルプスで痛い目にあっているけれど・・・
それでもとても勉強になってさらに山が好きになっている訳で_(^^;)ゞそれと
富士山が居てくれる訳で・・・ 運が良いのかもと自分ではちと思っている・・・
残念人間です。

IMG_0933

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オベリスクには親分に行ってもらった。 アフーはここの景色で十分だった。

IMG_2055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・ ドンドコ沢一本勝負へ挑む訳だけれど・・・
もうヘロヘロだった。 まだ 中道の方が楽だったと思いながら歩いた。

IMG_0984

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


微妙な段差がどんどんアフーの残念脚を攻撃してきて・・・ もう
膝はプルプルで・・・┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・ザックは肩を攻撃。

歩くペースがどんどん遅くなって・・・ 親分がブチキレル始末。

最後は・・・

IMG_2109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな残念な始末。

それでも・・・アフにも少しだけ意地があって・・・

怒る親分に 「 いいからザックよこせっっ!」 と怒られても

絶対に渡すもんかっ!って思っていた自分を今この記事書きながら
そんな事を思い出しました。

そんな訳で・・・また 今年も_(^^;)ゞ まとめにならないまとめ編の前編です。
後編は31日にアップします。

今回も一筋縄では行かなかったけれど、たくさんの思い出と・・・

IMG_0821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事な景色をたくさんたくさん 記憶にインプットしてきました。

IMG_1821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤快速アフー・・・ タダイマ、 薬師岳山頂付近を通過中で〜す。

↓通勤快速アフー待ちの親分。

IMG_0836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分「今日の通勤快速、遅れてない?」

IMG_1822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

やっぱり 宿題とマトメは苦手です。 ちっとも駆け足でなく振り返ってしまっている残念アフーです。(;´д`)トホホ なんちて。

       後編も読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん。