そんな訳で続きです(^-^)  前編はこちらです

山陰鳥取大山町公式観光サイト さんに
お電話した時に雪は6合目からは確実に現れるという事でした。

それは本当に的確なアドバイスで・・・そしてお天気だって本当に12月
とは思えない程の暖かさでした。きっとこの日は恵まれていたのかも♪

と思いながら登るものの・・・前にはどっしりとした山頂らしい塊君と雲。

aIMG_0044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が出てきたのですがこの雪はもう1週間以上前に降った雪。
大山は一年中人気のある山なのでもう雪は踏み固められている
状態で・・・気を緩めると滑ってしまうのであります。

そんな時はすぐにアイゼンです。

aIMG_0046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山道の少し開けた場所で親分とアフーはそれぞれアイゼンを装着です。
久しぶりのアイゼン。一瞬つけ方を忘れてしまっていたけれど・・・
どうにか5分くらいかかって完了。親分は待っていてくれました。

しか〜し・・・親分は少し歩いてみるとアイゼンが取れそうだと言っています。

そのお話は・・・まだ六合目の少し手前。

IMG_0188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


六合目でみてみようということで・・・六合目に到着して親分のアイゼンを見てみると・・・なんだか・・微妙に違う。 アフーのと比べてみると足首の手前にくる
はずの紐がかかと側にある訳で・・・それがグラグラの原因でした。(;´д`)トホホ

そんな訳でこれが六合目のお話。

aIMG_0047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・この上の写真がアフーと六合目と・・・分厚い雲。

親分は雲に怒っている・・・なだめる為に言ってみた。

「しかたないよ・・・歩いている最中に晴れる事もあるし曇っちゃう事もあるでしょ?」 と・・・歩いている間に曇っちゃう原因はたいがい私が遅いからであって

IMG_0189

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともらしく言ってみた。けれど・・・ 説得力は・・・自分で言っていてまるで
ナイな。と思ったアルヨ。

実は・・・この日。雲が退くかもと期待しながら時間稼ぎをして出発は12時過ぎ。
ガイドブックのCT通りに私が登れる訳もなく・・・それでも自分なりには
ほとんど足は止めずに少しずつだけれど登ったアルヨ。

aIMG_0069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


後ろには雲と日本海。そしてうっすら青空だって。 そう。実は曇り君は
大山の頂上付近にだけ停滞していて・・・他の場所にはきっとこの日青空
だったはず。

それと・・・もうヒトツ。暑さを原因にして脱いだフリースを着た。親分は
すでに冬用ジャケットを着用。アフーはだいたい・・・用意が悪い。

aIMG_0071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・休まず歩くととってもぽかぽかして丁度良い。

ノースフェイス。北壁。いつかNHKで見たっけな〜と思いながら眺めます。
まさか来れるとは・・・でもまだ山頂は先。

IMG_0191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


後ろだけはいつも青空でした。 貴重な青空だったのでしっかり収めます。
お日様だって雲の上にはしっかり待機してくれているみたい・・・です。

IMG_0192

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・雪が現れてからは比較的楽に登る事ができました。
暑くなってくるとアフーはすぐに凹んでしまうけれど雪が上昇しすぎた
体温を丁度良く奪ってくれて・・・それで歩幅は自分で決める事が
出来て・・・

aIMG_0081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あっ!そそ。雪が現れた頃から少しして・・・辺りの木の枝は少し
白く樹氷ちっくになっていました。

aIMG_0084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・もう数年前になるけれど
樹氷をはじめてみたのは天城山。その頃は雪のある山には登らない
なんて思っていたけれど・・・

aIMG_0089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな時期の山が見てみたくなるから不思議です。でも・・・
これ以上の厳冬期はやっぱり私には・・・まだ無理だなと・・・思ったアルヨ。

IMG_0195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷惑かけちゃうしね・・・最近、親分はうちにはエースが居るから大変だと言う・・・
( ̄□ ̄;)!!・・・ちと ツライアルヨ・・・

aIMG_0093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず何合目とそれから標高の看板は交互に出てくる訳で・・・
みているとけっこう凹みがちになりそうな自分の性格がわかっていたので
見ずに登ることにした。

IMG_0201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪のある場所ではどうにか必死に親分の見える位置をキープして登った。
と言うよりは・・・正確には親分が待っていてくれていた訳で(照)

aIMG_0094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下りは滑ったら少しヒヤっとしそうな場所もあったアルヨ。

IMG_0205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ヒトツだけ敵がいました。という言い方はよくないけれど・・・
このたまに見える針金。これはまだ味方。

でも雪の下に隠れている針金君。これがアイゼンの歯に引っかかると・・・
かなり厄介でアリマス。親分も何度か引っかかっていました。

IMG_0198

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の道はとにかくアイゼンさえあればとても楽でした。特に丁度良い
硬さの雪だったからなのかもしれません。

aIMG_0097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一生懸命登っていると・・・いつのまにか雲の中。

aIMG_0099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、親分もこの頃は諦めていたよう曇っていようがあたりが真っ白くても
なにも言わなくなっていました。

IMG_0206

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず続く階段。アイゼンをつけた足には雪道以外はちとツライです。
ッギィ〜という音もそれからガリガリと言う音も・・・(;´д`)トホホ

aIMG_0102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのくらいの場所かはわからないけれど傾斜の強い場所も何箇所かありました。後ろには・・・さっきまで応援してくれていた日本海も太陽もなんにも見えず

IMG_0211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足を止めないように・・・親分の赤いスパッツだけを見て歩きました。

aIMG_0104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに見上げる山頂方面に高い物体がなくなった頃・・・
アフーは青が見えたあるよっ!

aIMG_0107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれはね・・・一瞬で消えちゃった。

aIMG_0108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でももう・・・山頂に近いから上にあった物体がなくなった訳で・・・あと少しで山頂なんだと認識しました。時計を見るとすでに15時を回っていました。

aIMG_0109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは高い塊に守られて登っていたから風が分からなかったけれど・・・
平らの場所になってからはとてもひんやりと冷たい風が吹いていました。

IMG_0213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲の中、木道を歩きます。そして・・・9合目。
そそ、ここまで実は5,6人の方とすれ違っていましたが・・・皆さん
口を揃えて 「今日は視界ゼロ」 「天気外れちゃったね」 と仰って
いました。

aIMG_0113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ・・・仕方ない。って思っていたけれど・・・ 関東からの

フーフーがアフーの鈍足を計算してくれていたかのように・・・

IMG_0216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂に付いて木道を歩いていると・・・サ〜と重たい雲を
吹き飛ばしてくれました。カルさんずさん本当にありがとうm(_ _"m)ございます♪

白と青の勝負をみているようでした。

aIMG_0120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フーフーはどんどん強力になって・・・ 青さが圧勝です。

IMG_0219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに嬉しくて沢山沢山写真を撮ってしまいました。

aIMG_0121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分も大喜びです

IMG_0220

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アフー青空のあるうちに山頂に辿り着いちゃいな」

といわれて歩き出します。

aIMG_0126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフの後ろには・・・山頂の試合に負けた・・・雲さんが・・・
でもって・・・親分の後ろには勝ち誇った青空さんが・・・

IMG_0225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分と一緒に これは本当にキセキだね〜と・・・そしてこの木道では
とにかく下山を考えたらゆっくりしている時間はなくて・・・
親分はアフー急げ。を連呼していました。

aIMG_0131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳でちと 急いでおります。

IMG_0232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!あれが山頂だっ! と 目標物が見えたところで・・・写真をパチリ

aIMG_0136

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと少しで山頂です。ここまでの道のり。。。800キロ。

aIMG_0139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠いけれど・・・来れて良かったと思った瞬間です。

aIMG_0143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分を待っています。紛れもなくさっきまで山頂にあった雲は退いて行きました。

aIMG_0153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相当・・・ご満悦なようです。

aIMG_0157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分に先に行ってもらいます。アフーは写真を撮ります。
その頃の空はこの日で1番青い青でした。

IMG_0233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで・・・雲の上で応援してくれていた太陽は影を作って
くれました。

aIMG_0163

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大山の山頂にアフーとアフーの影です。

aIMG_0164

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まだ・・・雲さんが待機しているものの・・・

IMG_0236

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は無事に青空のまんなかの山頂に到着です。

aIMG_0169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは・・・ほんのり青空だったけれど・・・でも十分です。うれしいです。

おっと、文字制限なので続きを読むをクリックして下さいm(_ _"m)

aIMG_0184

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時計は15時30だった。だから少しばかりの滞在だけれど山頂でジュースを
飲んでからすぐに下山する事にしました。

IMG_0259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きと違って帰りはずいぶんと山頂の景色を眺めた気がします。

aIMG_0188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の夕方・・・決めた大山でしたが、無事に登頂ができました。
それはとても不思議な縁でお電話をした際にきっとこちらの電話番号で
お判りになったのだと思いますがお電話に出られた方が関東からですか?
お気をつけていらしてくださいネ。

aIMG_0199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言われた一言にどうしても行きたくなってしまったアフーです。
アドバイスは的確で・・・心の準備もそして装備の準備もバッチリでした。

aIMG_0203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りはピッケルの使い方も練習してみようと持ってみたけれど・・・
やっぱり一度講習で勉強してこないといけないかもねと親分と話していました。

aIMG_0207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも去年買ったアイゼンとピッケル。鳥取県まで一緒に来てくれて
アフーの助っ人君になってくれました。 そして・・・気になる・・・

IMG_0276

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分の赤いスパッツは・・・少々ずり落ちてはおりますが・・・
こちらも頑張ってくれました。

aIMG_0215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六合目までは雪の道をザクザクと軽快に降りてきました。ここで親分の
ザックからクッキーを取り出して小休止。アフーのカメラはなぜかレンズが
曇ってしまって・・・使い物になりません。

aIMG_0212

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曇るレンズとにらみ合いです。

写真を撮りたいのですがダメなのでフリースで拭いてみます。すると・・・
今度は水滴だらけに・・・(;´д`)トホホ

aIMG_0215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ・・・下りはずっと話をしてきたのでかなり早く下った印象です。でも・・・
雪がなくなった五合目と六合目の途中からの道は・・・歩幅の合わない階段を
強引に急ピッチで下ったので膝が大笑い状態でした。

IMG_0282

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ、実は行きに途中にあった鳥居をくぐって来ました。それは無事に帰って
来られますようにと・・・無事に帰ってきましたとまた少し登山道から離れて
鳥居をくぐってから・・・再び階段を下って駐車場へ。

aIMG_0224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山口に近い駐車場の正面にはモンベルがありました。
下山届の短冊形の紙にアフーのバッチイ字で名前を書いて無事に
大山登山の終了です。

aIMG_0220

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度車に乗る頃に空を見てみると・・・満月で空がとても明るいでは
ありませんか! 親分が満月と鳥取砂丘が綺麗そうだねという事で
少しばかりお腹も空いていたけれど・・・そちらに向かう事にしました。

aIMG_0222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山口近くの駐車場を去ってから鳥取砂丘に出発して間もなく・・・
空にぼんやり浮かぶ山を発見。いつまにか雲さんはすべて
どこかに移動してしまったようで・・・満月の空の下・・・
くっきりとお見送りしてくれる大山君。

aIMG_0231

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


暗い中、記念撮影をしてきました。あの山頂・・・アフーは知ってるアルヨ。

aIMG_0170

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなだったアルヨ。

aIMG_0230

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で・・・2008年のラスト百名山。大山レポはこれにておすぃまい、
満月の鳥取砂丘へ・・・ トゥズク。なんちて。

レポ読んだよ♪お尻ぺんぺ〜んクリックうれしいですm(_ _"m)

続きはこちらです。