【深夜特急】 出発の日。 10月8日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【其の壱】 10月9日
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【続き】
【深夜特急】 タイバンコクからシンガポールへ 10月10日
【深夜特急】 シンガポールからマレーシアへ 10月10日
【深夜特急】 マラッカでの出来事。  10月11日
【深夜特急】 マラッカからクアラルンプール・・・そしてバンコクへ  10月11日

【深夜特急】 バンコクチャイナタウン 10月12日

チャイナタウンから帰ってきて少し寝てしまいました・・・起きたのは14時前。
実はモウヒトツだけどうしても行きたい場所がありました。それは・・・
アユタヤです。世界遺産です。 でアユタヤへはツアーもあったのですが
ライトアップされたアユタヤを見たい親分とそして電車の旅をしたかった
アフーの意見が一致して支度をしてファランボーン駅に向かいます。

トイッテモ・・・歩いて3分です。

thai1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファランボーン駅。タイではこの駅が拠点となるので大変混んでいます。
ちなみに首都圏型の地下鉄のファランボーンは混んではいません。

 

で・・・1等席を予定していたのですが・・・ 1等は午前中の列車しか
無いとの事・・・そして、残念なことにかなり座席は混んでいるのでアユタヤ
までたぶん座れませんよと言われます。2等席もこの日は無いとの事。

 

根性のない私には2時間以上 昨日までの移動で多少なりともけっこう疲れ
もあって・・・立ったまま乗ることがどうしても・・・
できませんでした。それと電車の車窓からの風景を楽しみにしていたので
のんびり座って見れないのか〜と悩んでしまいます。

 

すると駅のスタッフさんなのか・・・?よく判らないけれど
が一緒に考えてくれます。 夜景を撮りたいことを
伝えると・・・ツアーデスクに案内してくださいます。色々とバックパッカーの人達に提案してくれるデスクを駅の2階に構えていまして、そちらに案内されます。

thai6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車での指定席では夜景は難しいという事になり明日のバスであれば・・・
バスターミナルではなくてこのファランボーン駅から片道350バーツで
一応その中には一通りアユタヤの見所を見てくれると言う事でした。

往復700バーツ 2人だと1400バーツ。 4500円弱。
予約を入れるかどうかという事に
なったのですが・・・夜景まではちょっと難しいと言います。

 

じゃあ・・・奥の手を使う? と言われます。

 

奥の手とは・・・今から弾丸で行ってくる?と提案されます。
タクシーをチャーターしてあげるけどと言われます。
それは15時から21時まで英語が喋れるタクシーチャーター&
アユタヤの見所を全部周ってバンコクの好きな場所まで送り届けるという
プランでした。

値段は1人1000バーツ 3000円です。 2人で6000円。

ちなみにアユタヤはバンコクから80キロ。高速道路料金だけでも往復200B
かかるから この提案は破格だよ。と言われます。

少し悩んだけれど・・・どうせだから そうしよう!という事に・・・

thai2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お願いします。 という事で付け加えて・・・できるだけ綺麗なタクシーだったら
嬉しいな〜と付け加えます。

 

担当のお姉さんが早速話をつけてくれてすぐにタクシーが迎えに来ました。
タクシーはメチャクチャ綺麗です!!!

 

と言う訳で・・・かなり・・・ かな〜り なスピードでアユタヤを目指します。
怖くてスピードメーターを見ませんでしたが相当なスピード感です。
手に汗握る・・・まさに 映画の TAXI 状態です。(;´д`)トホホ

 

どうやらアユタヤに到着したようです。 順番はよく判らないので
夜景を見たいと言う事だけをリクエストしてあとはお任せする事にしました。

 

何度も言いますが親分の写真ではなく残念アフーの撮った写真なので・・・
見所というかちと感覚のずれた感じのアユタヤですがどうぞ・・・

 

thai8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは・・・ワット・ヤイ・チャイ・モンコン。 ちなみに名前は未だにしっかり覚えられず_(^^;)ゞ

IMG_8747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入場料は20B。 タクシーの運転手さんは1回1回ドアを開けてくださいます。

ここは30分です と言われます。 了解です。 なんとなく運転手さんに
待ってもらうのが悪くてソワソワしてしまいます。。。

thai15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段を登ると・・・ たしか 20Bだったと思います。 正方形の金のついた紙を
数枚もらいました。 これを この建物内部にいる仏さまに貼り付けるようです。

thai16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分はしきりに 腰と膝と ・・・貼り付けていました。 

IMG_8742

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念アフーは順番に貼り付けなかったので・・・全部に貼り付けたはずなのに
手元に一枚残ってしまい・・・フニオチナイであります。(´ヘ`;)ハァ

IMG_8738

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと、持ち時間は30分。急がねば。

IMG_8736

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ! 不思議ニャンコさんを発見! なにかを見つめているのですが・・・
絶対にそこから目を離しません・・・ でも見つめる先を見ても・・・なにも
無い訳で・・・

IMG_8735

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


神様と交信中ですか?
とっても気になるニャンコさんでしたが時間はけっこうタイトです。

 

IMG_8730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは大きなねっ転がった大仏さまがアユタヤに居た事は知っていたので
つい、これが有名な大仏様だと思っていました。

IMG_8729

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勘違いアフーであります・・・ これも素敵な仏像様です。でも思っていたより小さくて・・・ これなのかな?と 考えている残念アフーの図 ↑

IMG_8732

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも なんだか とっても暢気そうな仏像さんが羨ましくなりました。

IMG_8725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のお寺と同じように人形さんやぬいぐるみを供養する場所もあります。

ドラえもん・・・カンチャナブリで歌ったなぁ〜♪ それももう思い出に
なってしまったな〜【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【其の壱】 
【深夜特急】 タイのカンチャナブリへ【続き】

IMG_8739

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ。タイでは若い綺麗なお姉さんも熱心な仏教徒であります。なんだか

とても純粋なタイのイメージそのままです(^-^)

00016D06C

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、私がこの記事を書いている時・・・ 2008.11.28.ニュースでは

タイのデモにより非常事態宣言が発表されており緊張状態が続いて
いますが・・・このたくさんの大仏様達の力で一日も早く平和な解決に
して欲しいと切に願います・・・

タクシーに走って戻るとタクシーの運転手さんは外で待っていました。
次の場所へ移動します。

IMG_8377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワット・プラ・マハタート。入園料は30バーツ。 ここではタクシーの運転手さんは
時間を先程5分程前に戻ってきた私達を見て 次からは好きな時間だけ見てきて
良いよと言ってくれます。 なんとなく・・・タクシーの運転手さんと交流ができるように
なってきました。 

IMG_8366

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度、入園したけれどまた、運転手さんが外で待っているのが見えたので
親分と話して、ジュースを持っていくことにしました。
外はとても熱いのですがこの時期はまだガソリンが高い頃でエアコンを
つけて待機できないのだろうと 知っていました。

ゲートのオネエサンに すぐに戻ってくるから と言ってジュースを差し入れて
また見学に復帰です。

 

IMG_8359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ、ワット・プラ・マハタートは・・・アユタヤでも一番有名な場所なのかな?

痛々しく・・・首の切られた仏像が多数・・・ ビルマ軍の手によって
切断された仏像です。

IMG_8375

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・私の撮った写真は 黒潰れマクリです。

IMG_8373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切断された仏像を見守る大きな仏像には首がありました。 きっと
ビルマ軍も なにか・・・躊躇ったのかもしれません。切断された
仏像たちに・・・ボクがいるから大丈夫と言っていそうな立派な仏像でした。

IMG_8371

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか・・・私は煉瓦の写真を撮るのが好きなようです。(;´д`)トホホ
そして・・・肝心の こちらは・・・

0001CAFEC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前のタマネギ君にピントが合ってしまいました。 
やっぱり(;´д`)トホホカメラマンです。

IMG_8370

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度このころからでしょうか・・・日がとても柔らかく夕日に変っていきます。

IMG_8369

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分もとっても楽しそうです! 夜景を撮るのをとっても楽しみにしていた
親分。 しかし・・・こんなことになるとは・・・

IMG_8358

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウモロコシ? じゃなくてワット・ラーチャブラナです。 

IMG_8357

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煉瓦の町・・・は昔から 侵略にどうにか耐えながらここまで生き残った
力強さを感じます。

 

IMG_8356

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この塔の上には登る事が出来ます。階段は昔のままなのかな?
傷まないのかな?なんて余計な心配をするアフーがいたりです。_(^^;)ゞ
さてと移動です♪ 

この後、実は象さんのいる場所にも行ったのですが・・・
カンチャナブリで乗ったのでもう十分でした。 ここの象さんは・・・足が鎖で
繋がれていました。なんとなく複雑です。でもたくさんおいしい物が食べれるのかな?

IMG_8365

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでも親分の撮った写真はたくさん良い物があったのですが・・・
私の写真ではなにがなんだか判らない・・・(・_・、)

IMG_8379

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをバネにがんばろ・・・(・_・、)

さてと、次はここ。ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピットとワット・プラ・シー・サンペット。
実はコースは全部タクシーの運転手さん任せです。 遠い入り口までずっと案内して
くれます。 それは・・・ここは呼び込みやお土産の押し売りも多いのですがすべて彼が
いるお陰でスムーズに通かする事が出来ました。 なんだかとても優しい運転手さんなのです。

IMG_8382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入園料は20B。 スタスタ行く親分。 親分が ここもライトアップされるんだよ。

IMG_8383

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う事なので入り口の方に聞いてみます。ライトアップは何時から?
18:30とのことでした。少し早かったようです。

IMG_8384

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにはとっても素敵なプルメリアが咲いていました。夕日とプルメリア♪
作り物のように美しいプルメリアさんです♪

IMG_8387

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また・・・煉瓦を撮るアフー。(´ヘ`;)ハァ 親分・・・ の写真・・・
だったらな〜・・・(・_・、)

IMG_8388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分がこうやって一生懸命撮っている写真を・・・アフーは全部捨てて
しまったあるよ・・・

IMG_8391

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日はもう・・・ 終わりに近づいています。

IMG_8397

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念アフーは建造物を撮らずに夕日と親分をトリマクッテいます・・・
それと・・・この場所には♪ たくさんのワンコさん! 肥えています!

IMG_8402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数十匹いました。 大きなワンちゃん達です。で・・・
モデルをしてあげるよ と声をかけられました。

IMG_8404

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素直にお願いします。 では 塔と同じ感じでお願いします。

IMG_8406

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでしょうか? と・・・アフーとワンコの撮影会は永遠と続きます。
そんな訳で・・・ ダメカメラマン移動です。

おっと・・・また 文字制限だそうです_(^^;)ゞ 
下の続きを読むをクリックしてください(^-^)

次の場所は・・・ w(゜o゜)wワオ!! ここです! 巨大な大仏さま!

IMG_8415

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大仏様ではないのかな? 仏像様。 ワット・ロカヤスタ 

大きな寝釈迦様がお出迎えです! かなり大きくてビックリですが・・・この寝釈迦に向かう
途中のなにげない道路にも首のない仏像様がありました。少し複雑です。
アユタヤの街にはたくさんの痛々しい歴史が残っているのです。

IMG_8408

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足しか入らない・・・ でもこの寝釈迦さま・・・本当に優しい顔をしています。

IMG_8410

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして♪アフーは ここの地元の ガキンチョ達と遊びますが・・・
遊びが過激です! バクチク遊びです!

IMG_8411

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土に埋めて逃げまくります! ライターのガスがなくなったからマッチか
ライターをと言われますが・・・ ナイアルヨ・・・ そんな訳で逃げまくって
遊んでいると ワンコの家族と タクシーの運転手さんが遊んでいるのを
発見! 近づいてみると 触っても大丈夫だよ。とジェスチャーで教えて
くれます。 運転手さんと少し会話をしてみますが・・・ 
なんとなく伝わっていない感じです。

IMG_8412

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガキンチョは バクチクで アフーを驚かせます。 驚かすのは結構ですが・・・
オタマ思い切り・・・でてますよ・・・ 少し隠して下さるとありがたいです・・・なんちて

さてと・・・移動です。運転手さんが ラスト と言います。

IMG_8419

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その場所はここ。 ライトアップメインの場所です。ワット・チャイワタナラーム。

IMG_8417

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついた頃はまだライトアップされておらず・・・入園料を払う際に聞いてみた・・・
すると・・・ 答えは

ナイン。 と言われた。 ・・・・・・・・・・・・( ̄□ ̄;)!! 21時。終わった。

聞き間違いと思いもう一度聞いてみるも。 イエス ナイン。と

IMG_8416

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガックリと・・・親分の元に行く。 そして タクシーの運転手さんに別料金で
お願いしようと言う事に・・・

IMG_8422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と・・・ ライトがついた。 只今 18:00。 

(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーーー!!!出来事でした!
オジサンはきっと間違ったのだと思うけれどタイに来て一言もタイ語を
喋らない自分は やっぱりいけないと思った瞬間でした・・・実はここまで
ずっとタイでは英語が使えて不便に思った事が無かったのですが甘えてる
自分が情けなく・・・思えてきました。

IMG_8423

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は三脚を構えて綺麗な写真をたくさん撮っていました。私は三脚なしの
手持ちなのでこの明るさまででした・・・ 親分の写真は暗闇に浮かぶ
世界遺産がしっかりと・・・写っていました。

IMG_8428

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・残念カメラマンはこんな感じ・・・そういえばここはもの凄い虫がいました・・・
体中に虫が飛んで引っ付いてきます。それは蚊のような・・・でもどこも
噛まれている場所はなく・・・ 不思議な感じです。 でも耐え切れず・・・
退散です。 親分は相変らず写真を撮っているので運転手さんと話を
する事にします。

もし、よければ 100B追加でさっきのライトアップの場所に戻ってくれますか?
と100B渡すと OK サンキューと答えてくれました。 そしてタクシーに
乗り込み移動ですが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・ なぜか スゴイスピードで・・・・・・・高速を走っていました。
どうやら通じなかったようです・・・ が でももう、十分でした。

夜景も撮れたし、なんだか良い運転手さんだったし・・・ 貴重な体験が
出来た事に満足して帰りはうとうとしながら・・・ 世界遺産アユタヤから
バンコクへ帰ってきました。

IMG_8407

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後・・・実はさらに ハプニングがあるわけです。がそれはまた
次の時に・・・お話する事とします。 いつも長くなってしまってすいませんm(._.)m

続きも読むよ♪お尻ぺんぺ〜ん!クリック♪なんちて。