そんな訳で少々ハプニングがあったものの まぁ・・・危険というわけでもなく
危うい訳でもないのでモーマンタイです。

で・・・去年実はハワイ旅行の際に台風で日本から飛行機が飛ばないという
事があった際にオアフからビッグアイランドに飛ぶ飛行機の予約を一日到着日
翌日に猶予を得ていてホッとした事があったため・・・今回もそんな事があったらと到着日の翌日はフリーに近い状態をキープシテオキマシタ。

IMG_8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルから見えた朝焼け。

で・・・一応 行きたい場所を探している間に カンチャナブリという町に
行きたかった訳で・・・ 当初は自分で電車で行こうと思ってネットで場所や
アクセス方法を探している際に カオサンRd(バックパッカーの集う通り)
発のチープなツアーを見つけてしまいました。

実はカオサンはバックパッカー向けに格段に安いツアーエージェントが
ある訳でインドやカンボジア、ミャンマーへのツアーや航空券も破格で手に
入る場所でして・・・ 通常は私の取ったツアーに満たない内容でも
2800B(9000円程) が550B(1750円程) で行けてしまうと言う訳で自分で
コツコツプランを立てるよりもラクチンそうだと 早速電話してみましたV(^0^)

IMG_8071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに ホームページは日本語でもあります。こちらそして通常は日本人の
スタッフさんも居るようなのですが私が電話した際は日本人のスタッフさんは
9日まで戻ってこないと言うことでそのまま予約を入れてもらいました。


電話に出たのはタイ人の若いお姉さんで英語が話せる人でした。
で・・・感じがとっても良いです。ホテルの部屋が判らないため、到着日に
部屋番号を再度連絡くれということで一応予約番号を教えてもらいました。



ピックアップ時間は朝の6:30から7:00の間という非常にアバウトな時間でした。

親分と朝、朝食を取ったあとホテルロビーで待ちます。
待たせてはいけないと6:20から待っているのですが・・・

7:30になっても来ません。

IMG_7826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに親分と8:30まで待ってみて来なかったらアユタヤに
行こうと言うことになりました。その間・・・ ホテルのロビーには
空港への送迎のピックアップがたくさん来ているのですが・・・

どれも綺麗な新型ハイエースのちょっと大きいバージョン。

アフーはそんな新型ハイエースが来るたびに 「あっ あれかも」
と親分に言うのですが・・・

親分は・・・ アフー 覚悟しておきなよ 相当古いハイエースで来るよ。
オンボロツートンは覚悟しておきなよ。。。

 

で・・・すんごい勢いで オンボロツートンのハイエースがホテルの前に止まりました。

 

ほんとだ・・・( ゜_゜;)

で・・・それはやっぱり 我々を迎えに来てくれた訳で・・・

車に乗ってまた・・・( ゜_゜;)。びっくり。 ギュウギュウ詰め状態です。
そして、どうにか一番後ろの席に座るものの・・・

 

あの・・・シートがグラグラしちゃって・・・カーブとかブレーキとかで
いちいちお尻が浮いてしまうデアリマス・・・

 

そして・・・前の南米系のお兄ちゃんの ワキのオ臭いが・・・
けっこうキビスィであります・・・

 

カンチャナブリツアーは・・・ マルマル一日のツアーなのですが・・・
この状態ではずっとお腹に力いれていないと吹っ飛んでしまいそうだし
それに鼻もモゲテしまうでアルヨ・・・(;´д`)トホホ


やっぱり 安物買いの銭ホニャララだったと 
思って後悔マクリでした・・・

 

が・・・

 

なんだか 車が止りました。 ここはどうやら カオサンRDらしいです。

大勢の人がなんだかイライラして待っているようです。

で・・・ やっぱり ピックアップも1時間遅れたようですが全体的に
1時間遅れになったようです。

DSCF2224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話に出てくれたお姉さんらしき人を見つけて代金1100Bを
払ってコースを伝えます。すると・・・


かなりチャチイ2cm程の三角シールを胸元に貼られます。
このシールで途中コースによって車も替わるようです。そんな訳で・・・
シールを貼られたら皆と一緒に待っていると手際よくシールの
色に寄って各車に案内を受けます。

 

で・・・さっきの ツートンのパンチの効いたハイエースから・・・
一気にコチラっ! そういえば、空港からの送迎もこの車でした。
COMMUTERという車でタイではかなり走っていました。

IMG_8377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


内部は 左1 右2 フォーメーションシートで良い感じです。
広々しています。 そんな訳で この車のメンバーは・・・

 

まずアフー達の日本。そしてイラン、ニュージーランド、オランダ、フランス、イングランド、そしてチリ。

そんな感じです♪ 他にもう一台カンチャナブリに向かう車にも
オーストラリア、それからスペインの方々が乗っていました。

 

そんな訳で・・・ここから約160キロ離れたカンチャナブリに向かいます。ドライバーさんは ・・・ このドライバーさんに限らず・・・

DSCF2236

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ トバシマス。。。車の限界に近い程
飛ばしマクリで・・・ 体が緊張する程でした。


後部座席では・・・ みんながヒッソリとシートベルトをしだす程の恐怖感でした。

 

始めに到着した場所は・・・ ここです。

IMG_8073

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所は カンチャナブリ連合軍共同墓地。 

IMG_7834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欧州諸国の若い人達。
すべて日本軍との戦いあるいは捕虜などにて没した方々のお墓です。 

IMG_8084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカンチャナブリは悲劇の地として今も
語り継がれている場所でもあります。 

IMG_7836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墓石1つ1つに言葉が書いてありその横には1つ1つ種類の異なるお花さんが手向けられているのではなく咲いていました。

 

日本人は少し前まではあまり歓迎すらされなかった地でもあるようです。

IMG_8075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでの時間は15分。 

IMG_8081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても暑かったのを思い出します。 そして居づらかった事も・・・そしてさらに厳しい先が
待っていることとなります。

IMG_8077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、向かった場所は こちら。 

IMG_8095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JEATH 戦争博物館です。 このカンチャナブリで行われた戦争の資料博物館です。

IMG_8100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのツアーは現地に英語の喋れる
タイの若いスタッフさんが居て添乗してくれます。 

IMG_7945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この博物館。 日本人は私たちだけ・・・ 大変 居心地の悪い雰囲気で
冷たい視線が矢のように突き刺さってきそうでした。

IMG_8101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本軍が 他国の人たちに過酷な労働を押し付けている模様の人形があります。

IMG_8106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どこそこ・・・日本軍の行った過去の行為について書いてあります。 

 

関係のない国からであれば・・・
ちゃちい博物館という物で済むのですが・・・ 

IMG_8108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犠牲になったオーストラリア、そしてイギリスの
方達とそして日本の私達は他の方達よりもすべての資料に目を通していました。

IMG_8103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも歴史はもう曲げる事できない訳で・・・

IMG_7847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


真実な訳で冷たい視線を浴びながらもしっかり見てくることにしました。

IMG_8105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこに移動しても・・・私がやったのではないけれど・・・ やっぱり 厳しい状況下です。

IMG_7848

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく 居心地が悪いです。

IMG_8110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここは悲惨でした・・・ 本当にこんな事をしてしまったのですね・・・さすがにこの場所を見て
耐え切れずというよりも一通り見たので上階にあがります。

IMG_8109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・ガイドブックで見覚えのある

IMG_8113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋が見えました。

IMG_8115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対岸では地元のお子さん達が川遊びをしています。

IMG_7849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・ この後は歩いて 有名な橋を見に行きます。

IMG_7852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は軽量化の為、引退した親分のカメラバッグに再登場してもらいました!

IMG_8120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに橋まではJEATH戦争博物館から歩いて5分程です。土産店が軒を列ねます。

IMG_7857

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋は アカデミー賞受賞作 戦場にかける橋 の舞台の橋となります。

 

IMG_7864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



実際に電車が走る橋なのですが来ない間は歩く事ができます。

IMG_7865

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この橋について少しだけご説明です。と思ったのですが残念アフーの説明ではたぶん・・・
お伝えできなそうなので・・・ 

詳しくはこちらです。 戦場に架ける橋 そして 泰緬鉄道

IMG_8129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん・・・落ちた人いるだろうなと思わせる 両サイド。 少し怖いです。

IMG_8137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この橋の正面には駅があります。

IMG_8149

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 丁度電車が来たようです。

IMG_8146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


泰緬鉄道。英名では DEATH RAILWAYと呼ばれる鉄道です。

 IMG_8148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、集合時間です。 

IMG_8097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JEATH博物館で待ちます。

IMG_8095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・この博物館では 日本軍の遺品なども販売していました。

IMG_8098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いは少々複雑です。おっと気分を入れ替えて・・・

IMG_8153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここまでの間、とってもイランから来られたご夫婦。
が本当に感じが良くて色々な物を買っては私たちにくれるのです。

IMG_8083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


露店で買ったと思われる木の実、食べたは良いけれど食べ方が判らずずっと
固い実を噛んでいたら こうやって食べるのよ。と奥様が 次からくださる木の実の
皮をわざわざむいてくれる訳で・・・ 旦那さまも フルーツを買ってきてくださったりと・・・

IMG_8082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



本当にとても印象に残るお二方でした。で・・・実はここでお別れとなってしまいます。
シールの色が異なりツアー内容も違うようです。 たくさん頂いたお礼に何かと急いで
隣の車に走り日本のお菓子です。食べてくださいと手渡してきました。

IMG_8087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までのグループから少しメンバーの変更の後・・・先程、戦場にかける橋で見た
電車に乗るため、暴走車に乗り込み先回りするようです。

IMG_8159

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームで待つことしばし。 

IMG_7879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイヨーク駅。別名はナムトック駅。

IMG_8161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでも パンとドーナツ売りの青年に助けて頂きました。
実は花の写真を撮ろうと近づいた大きな花壇。 これに近づいては危険だよ。

こんなにトゲがあって刺されるとこんなになっちゃうよ。と 教えてくれました。

IMG_8160

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは・・・もうミャンマーとの国境です。生きてるうちにこの場所に訪れるとは夢にも
思っていなかった訳で・・・そしてその場所がとても好印象だったことも私にとっては
驚きで・・・ありました。

IMG_8154

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと電車が来ました。電車の乗車賃はツアーとは別料金で一般席が50Bそして
一等席は150Bということでした(450円) 

IMG_8170

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの日は現地の学生さんの団体と
同じ時間となってしまい、数名を除いてはみなさん一等席を選んでいました。

IMG_8166

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で電車に乗り込みます。 一等席といっても・・・ エアコンが効いている訳では
ありません。 

IMG_8178

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれが この旅の醍醐味な訳で 素敵です。

IMG_8219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボックス席で正面にはチリの男の子。 この子がまたお茶目でとっても楽しいです。
彼は3週間のHOLIDAY で この後、私たちと同様で香港に渡るようです。

IMG_8174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳でこの電車の1等席は・・・ 色々な物が出てきます。(5分おきぐらいに・・・)

IMG_8237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



まずは・・・おしぼり。 こちらのおしぼりは まったく絞っていない状態です。

お菓子もでてきます。これはかなり日本人の口にもあうお菓子でしたV(^0^)

IMG_7923

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


キンキンに冷えています。それから お水。 そして コーラ。 そして紅茶か珈琲。

IMG_8239

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



むふふ。一等席は水っ腹になってしまいますが素敵な電車の旅です。

IMG_7891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




車窓からは 牛さん。そして ジャングルの中のおうち。そしてハンモックに
寝ている人。 本当にジャングルで・・・ こんな所で暮らしている人たちも居るんだと
私の人生で初めて見た光景は驚きの連続な電車でもありました。

IMG_7928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・目的の駅に到着しました。 下車する前にこのDEATH RAILWAYの乗車証明書
を頂きました。

IMG_8243

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

↑チリのお兄さんとアフーです。彼は一人旅なので 気が付いたら写真を撮ってあげるように
しました。 そんな訳で

2日目途中ですがやっぱり上手にまとめられないアルヨm(._.)m スイマセン

続きはコチラ♪

読んだよ♪お尻ぺんぺ〜ん。♪