大天荘でランチを・・・食べる事と・・・食べた事・・・
両方想像しながら登る道のりは 頭の中は忙しい訳で・・・

燕岳&大天井 【其の壱】

食べたらこの道を戻らなければいけなくて・・・

大下りを下りながら・・・ 帰りは オオノボリになる訳なんだ・・・と少し不安に
なったり・・・ 。

IMG_7410

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




毎回アフーの残念情報に翻弄される親分は 今回もカレーランチは
幻ないんじゃないの(・_・")?・・・と半信半疑。

まぁ・・・ 実はアフーも半信半疑だった訳で_(^^;)ゞ

IMG_7418

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中。 こんなカワイイ 出会いがありました。 で・・・ランチを食べに
行く為に・・・ランチパックを食べるという とても不思議な体験をしながら
距離を進めます。 

IMG_7419

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お猿さんもアフーも一緒。 すわり心地の良い場所を探すのが得意です。

IMG_7422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お猿さんも、そして昨日のホシガラスさんも、空や山を見ながら何かを
思っているのかもしれません・・・

IMG_7430

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さてと・・・お猿さんに逢って地点はまだ半分くらいなのかな? 目的は
大天井岳半分。 そして 展望ランチ半分。

でも・・・まだ遠い。そして カレーを食べれても帰りの事が心配になってきて・・・

IMG_7436

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


料理はあまりというか・・・得意でないというか・・・センスのないアフーですが・・・

mIMG_7573

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


美味しい物を食べたければ手間を惜しむなと よく母が言う言葉で・・・

IMG_7442

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それはこれと 同じ事?かな〜と

IMG_7444

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高2800m付近を往復10キロ。 それはきっと簡単ではないけれど

IMG_7461

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生に一回くらい そういうランチを食べに行ってみるのは
それはそれで素敵なことじゃないかっ!
って勝手に思った訳で・・・ 


IMG_7445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景色も天気もたぶん 味方。と 残念プラス思考で思い込んでいたけれど・・・ 

mIMG_7576

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の登りが見えた時・・・ ( ̄□ ̄;)!! 

IMG_7450

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントのところ・・・

IMG_7447

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やっぱりボンカレーでも いいかも・・・ と弱気になった。

IMG_7412

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドボンの暗記では・・・ 銅像があったはず。
そこから40分のCTだったはず。 で・・・アフーなりに時計を気にしていて・・・

IMG_7460

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そろそろ銅像のポイントのはず。 少し先を進む親分に小林さんの
銅像が見える?
と聞いた。 返事がないので・・・ もう一度聞くと・・・

「えっ 銅像 ずっと上のあれじゃない(`へ´)」

その返事を聞いてここで・・・もう 力尽きそうになりました。 
燕山荘に戻ってテントを片して
下山までの時間を逆算したら・・・ 無理なんだ・・・ ここまで来たのに
間に合わなかった・・・ と

「もう無理だよ。間に合わないょ。小林さんの銅像から40分だもの・・・」

とちょっとイライラモードで告げると・・・

「 あっ。銅像ってこれ? 」  と親分。

IMG_7465

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ・・・た。 銅像でなくて、 石碑というか、 
岩に嵌め込まれている小林さんのオブジェ.

mIMG_7585

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
槍ヶ岳と大天井への分岐看板を過ぎればあとは・・・大天井へ巻いて
高度を上げる訳です・・・ 

IMG_7463

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小林さんからの登りは・・・ 一切上を見ずに足だけを進めました。

IMG_7399

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一度も止めずに・・・ もう時間の猶予は無いから・・・ アフーなりに
必死でした。 

IMG_7471

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも親分とはやっぱり差ができる・・・ もう少し体力と持久力があったらと
悔やんだり・・・ 一生懸命歩いても・・・差が出てしまう・・・

IMG_7473

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナマケモノのアフーはいつもはズルシテ写真を撮っているふりして休んだり
しているけれど・・・ 今回は少しだけ 自分に意地を張ってみたり・・・して・・・

IMG_7477

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの登りは・・・ 景色も一切見ずにとにかく 一歩一歩を確実に進んで
居たけれど・・・ 心臓は もう爆発寸前でした・・・

IMG_7478

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


40分。登れば着くんだ・・・ と必死です。 背中にはこんな景色を
背負って歩いていたのか・・・とレポを書きながら今、思ったりです。

IMG_7479

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


燕山荘は遠くに小さく見えていて・・・ 
人間の足って凄いな〜と ただただ感心していたりです。

緩やかだけれど・・・辛い登り。 ナマケモノには辛かった。もう駄目だ・・・と
思ったのと同じ頃。・・・ 右手に親分と小屋。 

mIMG_7586

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\(^o^)/バンザーイ! でもって・・・ 小屋からすぐの山頂へ。

mIMG_7591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

小屋から10分の山頂は正直嬉しかった。

IMG_7481

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



記念撮影をして、すべての山を見渡して・・・ここからの景色も一生懸命
頭にインプット。

  IMG_7491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて・・・ 大天井岳君に 感謝!

山頂は・・・ 先着の方がいらっしゃって少し待ってみたけれど話に夢中で・・・
写真だけ撮らせていただければと思っていたのですが・・・
山頂看板から退いてくれる気配も譲ってもらう気配も無い為・・・
写真撮影も しっかりと出来なかった訳で・・・
長時間待っている時間のない私たちも悪いし・・・まぁ それは諦めればよいとしても・・・

ステッキがルート上に 人数分×2本が無造作に転がっている状態で・・・
少しだけ他の人の事も考えて欲しかった・・・ 引っ掛けて転んだら と考えると・・・少し怖かった訳で・・・

おっと、気分を入れ替えてランチです♪

mIMG_7592

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフ 「カレーランチ フタツお願いしても良いですか?」   
オーナーさん 「?」

この時・・・親分は・・・ またやってしまった?・・・

と思ったようなのですがオーナーさんがすぐに気がついてくださって、
インディアンランチですね。と
切り替えしてくれました。


 (^。^;)ホッ。 ランチについては 公式HPをどうぞ♪ 

インディアンランチは3種類のカレーから選ぶ事ができます。 
アフーはチキンカレー 親分はキーマカレー

オーダーをしてしばし、外の心地よいベンチで待ちます♪


「お待たせしました。」 と いよいよ至福のランチタイムです!

IMG_7502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。感激です。 
なんて美味しそうなランチなのでしょうか・・・

親分も 大感激です。 2900mのこの場所で 至福のランチタイムです。

これで1200円。 なんだかとても申し訳ないくらい丁寧なランチです。

IMG_7505

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味も本当に美味しくて・・・ 是非♪お薦めのランチです。

また、冷たいデザートと 甘くて美味しいチャイで ここまでの疲れは一気に
吹っ飛んでいきました!

帰りの水をコチラの小屋でも1?購入させていただき、長い帰路の始まりです。

IMG_7498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂も無事に踏む事ができて・・・もう感無量です。 

至福ランチを終えて・・・ 折り返し地点では・・・なんと 遠くに蜃気楼。
途中、御一緒だった九州から来られていたお兄さんに教えて頂きました。

IMG_7509

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、この銀座を歩いている間もお会いする方達、皆さんと
色々なお話をしました。 素敵ですね。一期一会。

時計を見ると 大天荘を出発したのは・・・丁度12時でした。

しかし・・・ ここから・・・昨日の朝から登ってきたスタート地点の
中房温泉まで・・・ ノンストップ で 日没との一本勝負が始まります。

IMG_7517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しか〜し・・・ 行きは目的があったけれど・・・帰りは・・・ 

そして・・・行きは 大下り。 帰りは 大上り。 あぁ・・・
 ツライネ〜。 親分は 登りでも失速しない訳で・・・

アフーは失速しない事が無い訳で・・・

IMG_7525

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛かった・・・ でも 登りきった所で 辛い〜 と言い放った私たちを見て・・・

偶然、大天井を目指しておられたご夫婦の旦那さまが
「なにか食べる?」 
とそして奥様がザックから 親分に チーズ 
しかも箱ごと。こんなに沢山は・・・遠慮した親分に
「重いから持っていってくれると助かるな〜。」 
とそして飴をたくさん・・・ 
重いのではなく。 優しいお心遣いの言葉だったのだと思います。

IMG_7529

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

その優しい飴のお陰で・・・燕山荘まで乗り切れました。 飴の効果がこれほど
あるんだと実感したのは 初めてです。 イチゴ味の飴でした。帰りは写真を撮る時間も取れず・・・でも もう 満足でした。 

IMG_7536

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・結局 親分はアフーより5分以上早く到着しており、すでにテントの
撤収作業に・・・取り掛かっていました。

案の定・・・あのマットは袋に入らず・・・親分に手伝ってもらって・・・
撤収作業は20分。 テンバを後にしたのは 15:30

親分が 「3時間半で下りきってやる・・・」 とボソッと。

アフーもその言葉を聞いて よ〜し やるぞ〜 と・・・でも今までのカラ荷から
テント泊のザックはズッシリ。 ちょっとバビリアフー。

IMG_7540

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッデンはすぐに取り出せる場所に。 

ここからは スイカ小屋。までノンストップ。 とにかく、日没までにできる所までと・・・ ザックの重みはやはり休憩を入れないと 足を攻撃してきます。

膝が・・・持つかどうかの瀬戸際で・・・ 恐々の強引下りでした。

結局 膝が麻痺してきそうになる前に現れてくれる味方ベンチに
助けてもらいながら下ります。 第一ベンチに到着した頃からあたりは
真っ暗に・・・ 

IMG_7544

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも 今度は 森の木々の間から 月明かりがしっかりと 足場の石を
照らしてくれて・・・ ヘッデンなしで 中房温泉に到着しました。

IMG_7550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燕小屋から休憩を含めても3時間以内に下山が完了しました。。。

不思議と怖くありませんでした。 きっと今まで集めてきたヘッデンや
味方道具に守られていた気がします。

IMG_7553

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過信をしていたつもりでもなく・・・  焦らなければ大丈夫と言い聞かせながら
の下山でした。
ただ驚いた事は・・・身なりを気にせず下ったため・・・
落ち武者ヘアだったことです・・・

レガシィ君でホッとするアフーです。

IMG_7557

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ! そうそう。親分の下山は燕山荘から スピード全快で 
チャックも全開でした。 (;´д`)トホホ。 負けず劣らず残念親分です。

IMG_7502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな訳で

このランチの為に往復20キロ。 累計標高差 4000mくらい。遠いけれど

IMG_7158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十二分に価値のある 最高のランチでした! 

 IMG_7477

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてランチまでの道のりの景色も・・・

IMG_7403

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワズモガナ・・・♪ アルヨっ!

mIMG_7260

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・ なが〜いレポになってしまいました。本当にゴメンナサイ。

最後にアフーからプレゼント♪

mIMG_7460

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

一番今回、気に入った写真です♪ 本当に読んでくださってとっても嬉しかったです。ありがとうm(._.)m

食いしん坊アフーバンザ〜イ!お尻ペンペ〜ン。なんちて。