八ヶ岳 【赤岳】 山行日 2006.9.24(日)   標高2899m 天気
ルート 美濃戸⇒行者小屋⇒文三郎登山道にて赤岳⇒地蔵尾根経由にて行者小屋⇒美濃戸 タイム:歩行タイム 5:55 休憩 1:25 合計7:25

先週の会津駒ヶ岳に登ったものの、体重減らず・・・
という事でどこかのお山に・・・最後まで悩みました。

日帰りの出来る山。という事で八ヶ岳に行く事に♪
土曜日の夜に仕度をして、
日付が変わると同時に家をでました。
ガソリン満タン完了後、出発です。ちなみに諏訪南ICが登山口に
一番近い降り口となります。

美濃戸登山口がありまして、ここから美濃戸までは徒歩で1時間くらいなのですがここは車でショートカットが出来ます。ちなみにけっこうなオフロードですので車高の低い車やリップエアロとか入っちゃってる車は多少のガリガリは覚悟で入ってくださいね♪うちのレガシィでも車高、かなりギリギリでした。でも駐車場は前日から入っている人たちの車も含め沢山停まってました。

ここには やまのこ村 と赤岳山荘 があります。アフー車は赤岳山荘に駐車♪

DSCF0082

 

 

 

 

 

 






 

 

 











あと、駐車場代金が一日1000円となります。アフー的には往復2時間の徒歩を考えれば安いと思います♪しかもトイレありで安心です♪(50円)

明るくなったら歩き出そうと決め、仮眠準備に入ったら・・・

( ̄□ ̄;)!!すぐに明るくなる訳で!!で、結局毎度の事ですが・・・
今回も無睡眠(泣)!

日帰りという事もあり、早めに出発。ちなみに寒すぎです。気温約6℃。

P1020295

 

 

 

 

 


























チラホラ日帰りの方もいるのでちょっと安心♪

P1020296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓美濃戸山荘の横を通過します。

P1020299

 

 

 

 

 


























ここから行者小屋まではガイド本によりますと・・・2時間ね♪なんて話しながら

DSCF0083



















 

 

 

 






登山口。

DSCF0085

 

 

 

 

 


























南沢と北沢に分れます。この看板を10分後にまた見るとは・・・

ちなみに赤岳には南沢の方が近いのでそちらから〜

すぐに石の階段があります。この階段を下りたらすぐ右に曲がってください♪
まっすぐに行く道もありますが ここは × です。 

万が一、ジャリ道が出てきたら戻ってくださいね♪その道は北沢ですから・・・
という事で、アフーチームがこんなに詳しいのは・・・

間違えちゃったから♪また、登山口に戻ります。

あ〜これで10分くらいロスしちゃったな〜・・・なんて思いつつ、橋を渡り

DSCF0086

 

 

 

 


























川沿いの登山道を進みます。何度か川を渡ります。

P1020302































 

 

 

 



ちなみにアフーは丸太系が苦手・・・↓腰抜けアフー

DSCF0087

 

 

 

 






 

 

 

 








 



でっ、何故か道に迷う。

P1020303
































 

 

 



いくつか分岐があるのですが毎回悩む・・・
後にいた人が途中で前にいたりと、している訳なんです。

DSCF0089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


で気がつくと逆だったりなんて・・・

迷っても大丈夫みたいです。いくつもルートがあるみたいですょ(*^^*ゞ
ちなみに今回も不親切なガイド本持参。そういうことは一切書いてないし・・・・・・(`へ´)


DSCF0088

































行者小屋(標高2350m)へはガイド本では2時間♪この区間は約3.9kmで標高600m上がります。つまり、アフーがお伝えしたいのはですね まったり 3.9km 登る訳なんですよ。標高は上がらないし、なんだかアフーチーム二人ともダルダルです。

P1020305































 

 

 




ついに、あ〜ツライ。今日はダメです。先週のような元気はナシ。

あっ、お伝えするの忘れてました。本日、快晴。
ということでどうにかですが(*^^*ゞダラダラ歩いて行者小屋に到着です。

DSCF0090

































テン場あり。水場、トイレあり。小屋の前にはテーブルイスがあり、休憩できます。
ここで15分休憩。

P1020308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





で、ここからまた分岐があります。

で、アフーが取り出したのはあの、どうしようも
アフーガイド本、今日は疲れちゃったからな〜赤岳ピストンといことにして
すかさず、距離の短い方を選択♪

DSCF0094

 

 

 

 

 

























・・・・・しかし、 ま〜た やっちゃったよ。アフーさん。ニヤニヤしてる場合じゃないですよ・・・!

DSCF0092

































日帰りチームが6チーム程あったのですが・・・こちらには「いかにも登れます」っていう感じの単独の男性の方が2組だけ・・あとは、誰も来ない・・・

DSCF0099
































 

 

 

 




まっ、いいか、深く考えない・・・ってイキナリ スゴイ急登りっすね・・・


P1020312





















 

 

 

 

 

 

 

 






って え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

P1020314




























 

 

 




 



これっ、写真でお伝えできないくらいの角度です。
しかも、この階段、アフーのヘビィな体重に耐えれないのか・・・

DSCF0100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グニャフニャなのです(・_・、) 上を見ちゃったのだけど・・・

DSCF0101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あの傾斜を・・・・くっ〜 あのガイド本め〜
無事下山したらビリビリの八つ裂きにしてやる〜(▼、▼メ)

DSCF0106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



とりあえず、この登山道は文三郎登山道というらしいです。

DSCF0091

 

 


























 

恐るべし、文三郎。

とりあえず、階段を登りきると・・・・
あの・・・ 鎖だらけなんですけど・・・・・一見ラクチンそうに見えますが・・・

DSCF0111

































この足場の石は滑る。しまいには固定の石なんて無いんです。全部の石が浮きまくり(×_×;)
チェーンに頼りながら登ります。

DSCF0118

 

 

 

 



























下を見た・・・ アフーは バビッタ。 ビビッタ。 そしてチビッタ(←これだけは嘘です)

DSCF0115





















 

 

 

 





でも、こわい・・・・・ 硬直している残念アフー↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こちらからの登りが 悪いことばかりではございません。
それは・・・景色♪ しばし、展望をご覧あれ〜♪

DSCF0112
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


DSCF0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



親分は既に分岐に到着。

P1020323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーも遅れて到着。(^。^;)フウ


DSCF0122

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 





擦れちゃってる分岐看板。

DSCF0125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分と阿弥陀岳。

P1020317

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 



親分と看板と青い空

P1020327

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ここから、次の分岐まではこれ以上にスゴイ登山道になります。

DSCF0134

 

 

 




























もちろんチェーンだらけっ。(足場が悪いし傾斜もスゴイ為、途中での撮影は厳しいです)

DSCF0135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらの道はやはりあまり使われないらしく降りてくる方、ちなみに2チームのみですが
誉められる誉められる♪単純なアフー。なんだか嬉しくなってきたぞ〜

DSCF0137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 



でも、もうこんな道は絶対上りも下りもイヤジャ〜〜〜〜。(+_+)
シツコイヨウデスガ・・・この先にもう一つ分岐があります。

P1020339

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そこまでがさっき以上に岩マクリりです。

P1020340

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 


待って〜あのガイド本め〜聞いてないよ・・・

P1020334


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 




スパイダーマン?

P1020335






























 

 



 



あっ、違った親分ジャン

P1020342
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








 


 

 



ありがたい看板

P1020336

 

 

 

 

 

 


























↓これ二つ目の分岐看板


DSCF0138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





(^。^;)フウ  やっとこ 赤岳にたどり着けそう 

P1020344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




と、思ったのも束の間。

P1020331






























 

 

 


 



やっぱりね〜DSCF0142 でも もう慣れちゃったよ(;´д`)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に梯子が2箇所。

DSCF0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、最後の梯子(・_・、)ついた〜
見えます。親分の前に あの あの 看板が・・・

P1020346
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは↓ クリック。

\(^O^)/ヤッター 到着♪
 

DSCF0146

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 


こちらは赤岳山頂にある祠。

P1020349

 

 













 

 

 

 

 

 

そんでもって w(゜o゜)wワオ!! 富士山。っていうか絶景でございます。


DSCF0144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーが邪魔なので。。。もう一枚

DSCF0147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



お昼ご飯を食べよう♪という事で山頂ではなく赤岳頂上小屋の前にてランチタイム♪

DSCF0149

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



赤岳頂上小屋は山頂直下にあります。

P1020353

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





↓小屋から山頂を見た写真。

DSCF0148









 












 

 

 

 

 




今回のランチ♪手作りランチ♪でなく また、途中のコンビニのもの・・・

DSCF0153

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でもおいすぃ。
残るは下りか〜。あの道を下るのは危険すぎるという事で地蔵尾根から下る事に♪

DSCF0155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから次の小屋まで一気に下るのですが・・・ここも怖いです。何がというと
石です。落石が歩いているだけで起きてしまうのです。落とさないように慎重に歩いてもすぐにザラザラっと落石してしまいます。ちなみにすごい急勾配です。

↓腰抜けアフー
DSCF0156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


赤岳天望荘に到着♪

DSCF0158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの小屋にてトイレ休憩なり

DSCF0160




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにトイレは100円。こんな山頂にあるなんて本当に助かります。
小屋に入ってすぐの階段を下りた所にあります。ペーパー完備。鏡あり、とてもきれいなトイレです。小屋の方も感じが良いです♪

DSCF0161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに展望ではなく 天望 です♪ ちょっとオシャレですね♪

P1020359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


地蔵尾根の分岐(赤岳石室?)

P1020360

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓やっとできたね♪アフーポーズ♪


P1020365

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからの赤岳はとても   スンバらしい♪ 

P1020371

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは地蔵尾根を行者小屋まで下るわけなんですが、やっぱり下りづらい・・・
滑るんです。油断をするとすぐに滑ってしまいます。慎重に下ります。

P1020372

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフー「もう、こういう下り、 大嫌い。(`へ´)プンプン」
樹林帯になったら行者小屋はすぐ近く♪

P1020376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





あ〜ついた。ついた。ここでまったり休憩。

P1020378

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は膝が痛いようでザックからバンテリンを取り出す。ちなみに本日親分は右膝用のサポーターデビュー。しっくりこないようで、↓本日何度も見た光景。

P1020310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




親分が叫ぶ「バンテリンが破裂してる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぅ」

P1020379

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あ〜あ親分の緊急セットがバンテリンだらけ・・・」(+。+)アチャー

P1020383



























帰りは普通に歩いているにも関わらず行きと違うルートのようです。(行きにはこんなヘリポート見てないモンっ。)3.9?は長いから、ちょっとペースアップの休憩ナシで下ります。

P1020385

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの階段に到着♪お疲れ様でした♪↓うなだれる親分。「アフーに騙された・・・」

P1020386

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは言いたい。この山は是非泊まりでゆっくり来て頂きたい♪」でもね

P1020388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日帰りでといったのはチミですよ・・・
日帰りもOKと言ったのはアフー持参のあのアフーガイド本ですから。

なんちて。 以上。 弾丸赤岳レポでした。