そうでしたかぁ〜。って特に意味はなく_(^^;)ゞ  其の壱はこちら。

mIMG_9578

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



とりあえず、宇宙旅行が終わりまして・・・ 

mIMG_9582

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったりと、綺麗な地球の楽園に向かう事にしましたV(^0^)

mIMG_9585

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一切経山から東吾妻山に行くには・・・まず来た道を少しだけ戻ります。

mIMG_9587

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、分岐をこんな感じで下ります。

mIMG_9593

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩ゴロですが、あっという間に
避難小屋とトイレの横に出てきますっ!

mIMG_9598

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・ こんなに素敵な木道のスタートですっ!

mIMG_9603

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山。沼。緑。花。

mIMG_9607

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、地球の素敵な物のオンパレードですっ!

mIMG_9607

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリギリ青空も見えていますっ!

mIMG_9622

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ程、混雑していません。

mIMG_9624

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一切経山を後にテクテクと整備された木道を写真を撮りながら歩きますっ!

でっ、この時期、虫さんが多いかなと思ったのですが、カラッと!

mIMG_9630

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

していて、本当に歩いていて丁度いい気温で虫さんもいませんでした♪

mIMG_9633

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木道の途中にはたまにベンチが用意されていて、綺麗な景色が堪能できます。

IMG_9686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花木道♪ 勝手に命名。
たくさんの種類のお花さんが出迎えてくれています。

IMG_9709

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むふふ。虫さんがいない理由が判りましたよっ!それはね♪
人間よりもお花さんの方が人気者な訳でしたV(^0^)

IMG_9717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマさん。バラ科。和名のチングルマは、この実の形が子供の風車に見えたことから、稚児車(ちごくるま)から転じて付けられた。

IMG_9695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーも親分も綺麗なお花さんをパシャパシャとカメラに収めますっ!

mIMG_9628

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トウモロコシフラワ〜♪ なんちて_(^^;)ゞ コバイケイソウ。小梅�柤草
こんなに綺麗なのに、ちょっと毒があるようです。

IMG_9692

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実を言うと・・・綺麗な池のアチラ側で・・・

IMG_9697

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ど〜んより、しているお山さんがおりまして・・・もっもしやっ!

IMG_9698

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思いましたが、やはりアレが 東アヅMAXさんのようです。

IMG_9703

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、お天気がドンヨリなので、気が進まず・・・なんとなく・・・蛇さん
出そうな感じがなぁ〜!

mIMG_9638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角度によっては青空、そしてドンヨリ といった感じです。

と思ったら・・・ベンチで座っているオバサマが
「熊がナントカカントカと聞こえてしまい・・・親分と一瞬・・・目が合いまして。

mIMG_9636

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフー「やめようよ〜」  親分 「やめようか・・・」
でも、ガイド本では分岐から35分。 諦めちゃうのもちと勿体無いし・・・なぁ。

mIMG_9640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ実を言と・・・この日、ヤマノボリ風の格好の方はかなりいらっしゃったの
ですが、時間帯の問題もありそうですが・・・東吾妻に行く人が・・・誰もいない訳でして・・・不安はちと募る訳で・・・

mIMG_9642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ、素敵な木道に別れを告げて、え〜と、とりあえず向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから、35分。さっきの会話は嘘や冗談かもしれないけれど・・・
やっぱりちと、怖い訳で・・・
熊さんと逢いたくないので・・・ザックから一応鈴を
出して、('_')ノ▽"手に持ってフリフリまくります。

mIMG_9643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっ足元は赤土で水溜りだらけです。そして、雲はドンドン
厚くなって。午後から晴れると言っていたのに・・・・

不思議だねぇ〜。(・_・")?

mIMG_9645

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東吾妻までの道のりは・・・樹林帯です。ムシムシしていて、
笹も多いので・・・熊さんが目撃されたという看板もインチキや
脅しではなさそうです・・・

mIMG_9646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ガサガサッという音に ビックリして・・・親分は腰をヒネッテシマイマシタ。
それでも山頂まで35分。とにかく登りました。アフーも(^-^;汗ダクダクで
ヘロヘロですが、怖いので、一回も止らずに山頂に向かいます。

mIMG_9647

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、みんなコッチは登らないのですね。お天気が悪いからかな〜。

mIMG_9648

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯を越えると・・・急に開けた場所に出ます。

mIMG_9649

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず、熊さんに遭わずに済みました。

mIMG_9652

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、アフーは一休み。風が冷たい・・・

偽看板が二つ。でも山頂はすぐそこですっ!

mIMG_9653

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、西アヅMAX! 東アヅMAX!制覇ですっ!

モヤっとをスッキリに変換完了ですっ!

mIMG_9658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂は{{{{(+_+)}}}}寒いです。少し冷えました。
休憩は5分ほど。。。視界ゼロで展望台が先にあるようでしたが・・・
下る事にします。

IMG_9710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、アフーここの登りで頑張りすぎてしまったせいか・・・
それとも、さっき一切経山の少しの下りで石でツマズイタカラカ・・・

膝が痛くて、悔しいほど、思い通りに下れません。平坦は大丈夫。
でも段差を下ると・・・左の膝に激痛が走ります。親分が予備に
持っていたリガードサポーターをお借りして見ましたが・・・・改善されず・・・

mIMG_9659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、足を棒のように曲げずに下ります。( ̄□ ̄;)!!こんなに
痛いのは初めてで・・・痛いのよりも悔しい気持ちで一杯です。

IMG_9719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、両方登れて嬉しかったですっ!

IMG_9719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大げさなアフーなので、きっとこの膝の痛みは親分や他の膝痛の
皆さんの痛さに比べたら・・・とっても小さいと思うのですが・・・

IMG_9715

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回のお山で、下りにこの痛みが再発したらどうしようと・・・
正直一人心細かったりする訳で・・・

IMG_9712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


根性だけは目も当てられない程・・・残念だけれど

けっこう身体は丈夫に出来ている様で・・・壊れそうでいつも壊れないで
いてくれる訳で・・・  今日も次の山の事を考えている自分がいたりです_(^^;)ゞ

文字制限のため

其の参へ・・・