前編はコチラ。

そんな訳で・・・分厚い雲の隙間から 一瞬だけだったけれど
青空が見えた。

写真はすべてクリックで少しだけ大きくなります。

IMG_5763

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯で見た 飛騨のピンポイントお天気では18時までは曇り・・・

IMG_5485

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


太陽と青空は諦めたつもりは。・・・ やっぱり。 つもり。
本音を言えば往生際の悪い私は・・・まだ期待をしていた訳で・・・

IMG_5483

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その期待も本当の事を言うと、過度に期待をしていました。

IMG_5797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青空が出たらシャッターを押して・・・早足に・・・
雲が覆ったら・・・ 座り込んで 休憩。 の繰り返し。

IMG_5491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



風は雲を連れて行ってくれて・・・ また・・・大きな雲を運んできて・・・


IMG_5759

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


青空にお尻ペンペンされながら一生懸命急いで登っています。

IMG_5800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実は消化試合と思っていた焼岳。この日 初めて焼岳ツインズの姿を
見た時に消化試合なんて言った事を少し後悔していました。

IMG_5484

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ。ここはお花に囲まれながら登れる開放的な道です。

そこには
ハッチー少佐のほかにも チョウチョ少佐もいっぱい居ます。

IMG_5786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


彼は片方の翼が傷ついていますが・・・しっかり飛べるし・・・
ここは隠れる場所が沢山あるのでアフー中佐は少しだけ安心です。

IMG_5825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで・・・どのくらい時間をかけて登っているか判らないけれど
もう、後から登ってこられる方も居ませんでした。

IMG_5816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れるのを待っているという理由の他にも理由はあって・・・
この登山道はとっても素敵でした。混雑する夏の時期は鈍足は
邪魔で他の方達に迷惑になるからとアルプスには連れて行ってもらえません。

IMG_5813

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・綺麗な花の咲いた道。とても久しぶりです。

山頂は晴れるはず! きっと そうなるはずっ!

IMG_5799

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと・・・ 山を歩きながら 一歩一歩をこんなに大切に歩いたのは
今考えるとなかなかない経験かもです。

IMG_5822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・山頂に近づくにつれ 雲行きが一気に悪化。

IMG_5816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下ってくる 皆さん 口を揃えて視界ゼロと言っていました。

鞍部に出た頃・・・さっき見えた青空は嘘のようにどこにも居ませんでした。

IMG_5838

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



雲の中の私。視界ゼロ。そして、風が冷たく。。。山頂からの眺望を
楽しみに登ってきた私に 一撃パンチです。

IMG_5843

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、きっとタイミングが悪かったんだと現況を飲み込んで先に進む事に
しました。鞍部を右に曲がって・・・

IMG_5844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火山ガスだか、雲だか、霧だかなんだか判らないモヤモヤを通過します。

IMG_5848

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに開けた場所に出ます。ここで上高地や北アルプスの山並みが
姿を表すはず。

IMG_5870

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・見えたのは・・・ 白いモヤモヤ。 それだけ・・・

IMG_5866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分は火口の写真を撮って楽しんでいたみたい・・・です。

IMG_5873

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは木曽御岳で あのガスは2分でアチラの世界にという注意書きを
読んでから・・・ガス噴出口付近だけは 駿足に!


IMG_5874

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂は目前。フッと後を振り向いた瞬間。うっすらと・・・
上高地が見えました。嬉しい気持ちは書き表せないくらいです。
本当に一瞬。シャッターを押した時はもう・・・姿を消した後でした。

IMG_5878

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂で再び現れてくれるかな?と雲が退いてくれるのをランチパックを
食べながら待ちました。

IMG_5888

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も居なくなってしまった貸切の山頂で 
空ばかり見てました。でも・・・ずっと真っ白。光すら感じる事できず・・・

IMG_5890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



「もう駄目そうだね・・・」 「そうだね・・・」

IMG_5880

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザックを背負って・・・下ろうとした時に・・・

嬉しくて手を高く上げて! 焼岳君の頂のこの日のキセキの青空です。

IMG_5882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤッタネっ!

なんだかとってもスッキリな気持ちで下り始めます。ひとまず直下の合流まで。

IMG_5906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神風が一瞬。

IMG_5977

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えた・・・・

IMG_5960

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来ならば 全部当たり前の様に見える上高地と北アルプスの景色
なのでしょうが・・・もう諦めていた私達には このまさに神風。

IMG_5954

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲の合間から見る上高地。天国から地上を見たらこんな感じなのかな?と
そう思わせる景色でした。

IMG_5955

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真にあるのは本当に雲の途切れた一瞬をとらえた訳で・・・ずっと
この景色が見れたわけじゃなく・・・時間にしたらきっと トータルで1分くらいしか
上高地の姿を見ることは出来なかったかもです。

IMG_5971

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもしっかりと目に焼き付ける事ができました。

IMG_5836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、山も見る事が出来ました!親分に あの山なんて言うの と聞かれ・・・
もちろんアフーにその山が判る訳もなく・・・

ツバクロ」 とだけ適当に答えておきました。

IMG_5972

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・再び たくさんの雲に包まれてしまった焼岳北峰を
後にします。

IMG_5980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鞍部についた時に。オカマさんを発見! 登りでは雲に包まれて
なにも見えなかったのです。

IMG_5992

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・焼岳南峰を見ると・・・

分厚い雲の上でずっと頑張っていてくれた太陽さんにご対面。

IMG_5988

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻想的な風景でした。

IMG_5995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山もゆっくりと下りました。
もし、晴れたら山頂に再びと・・・そんな思いも少し残して・・・

IMG_5997

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲はとっても忙しそうに動き回っています。

親分「 すごいツバクロ綺麗に撮れたよっ!」 と言っています。

「あれたぶんツバクロじゃないよ。」

IMG_6006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・ GPSで見てみてよ (怒) 」 「うん。でもきっと有名な山だよ」

あ・・・親分大佐のご機嫌のためにも
本当にツバクロだったらいいな・・・と思いながら見てみると・・・


KASUMIZAWADAKE 霞沢岳。

IMG_5972

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ̄□ ̄;)!!   また やってしまった・・・ 告げたら・・・親分は
怒らずに落ち込みモード・・・ 霞沢岳の写真をメニメニ撮ったようです。

IMG_6012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微妙な霞沢岳。 でも帰ってきて調べてみたら素敵な山です!でもカッコいい山容で
行ってみたいと思ったけれど、直下の急登はかなり手強そう。

IMG_6017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面の雲はどんどん消えるように 白より青が多くなってきました。

IMG_6028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高を少し下げた頃・・・ 日の出から雲の上でずっと頑張っていた
太陽さんが勝利を遂げたようです。

IMG_6051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の雨のお天気は嘘のように・・・空は一気に晴れわたっていきました。

IMG_6037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと・・・1時間山頂に居たら・・・全部見えたのかもな・・・

IMG_6054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と心の中は悔しさ50% 残り50%は 青空が見えただけでも十分!
という感じでした。

IMG_6062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽に照らされた焼岳は それは それは!!! とっても綺麗でした!

IMG_6056

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼岳は山頂からの北アルプスと上高地、そして周りの景色を楽しむ山と
展望台のイメージでインプットしている私に・・・ 罰が降りたんでしょうね。

IMG_6086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮肉にも山頂の景色は少しだけ。

IMG_6088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・イメージはグッと変ったよ! 焼岳君!
雲に覆われた君も、そして太陽に照らされた君も!とっても素敵!

IMG_6107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


花は沢山、チョウチョ少佐とハッチ少佐の飛び交う緑のカールは
けっして大きな物では無いけれどとっても綺麗でした!

IMG_6106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲が退くのを待っていたさっきのベンチで一休みした。

IMG_6126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ日とは思えないくらいの 青い空が広がっていました。
18時というピンポイントお天気は2時間早く来てくれました!

IMG_6143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このベンチで大休止した後は・・・ノンストップでレガシィ君まで。
行きよりも急登の部分が凄い気がして・・・ こんな所 登ってきたんだ・・・
と思いながら親分の後を追います。

IMG_6146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご機嫌アフーが到着の頃は・・・駐車場は こんな感じ。 
またレガシィ君に寂しい思いをさせてしまいました。

IMG_6147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安房峠を下る途中、アルプスが姿を現しました。西穂高。見事でした。

IMG_6151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼岳君を降りた後、ずっと逢えなかったアルプスを見て・・・
焼岳は焼岳だけで楽しめたんだから良かったじゃないかっ!なんて
思ったり♪

IMG_6155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは松本ICで再び・・・行きに寄った姥捨PAに停まってみました。

IMG_6160

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


行きと帰りの景色は山も下界も違うんだ・・・と。 ↑帰り。 ↓行き。

IMG_5433

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




その後・・・長野自動車道の更埴ジャンクションで間違えて新潟方面へ
逆走というハプニングがありましたが、次の長野ICでUターンして
無事にお家に帰ってきました。 長く短い一日が終わりました。



消化試合だった焼岳君との試合は・・・9時間30分の長期戦に・・・

IMG_6088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



でもね・・・なんだか、あっという間の気がしました。

雨のち、曇りのち晴れ。 お天気はだいぶ・・・約束とは違ったけれど
人生は色々あるからおもしろいっ!

IMG_5682

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



勝敗の結果は 焼岳君の勝利です。アフー完敗です。 
そして、雲と太陽の試合は 太陽君の勝ち!

IMG_6139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は一本勝負を挑みに・・・

IMG_6092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤケダケクン・・・・・

IMG_5971

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬、見せてくれた雲の間からの上高地。 忘れません。そして・・・
君の姿も忘れません。

IMG_5672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レポはこれにて・・・オスィマイ。

読んだよっ!お尻ペンペンッ♪なんちて_(^^;)ゞ