2008年08月13日

夏の陣2007 乗鞍岳 其の壱

乗鞍岳  3026m 

木曽御岳2007年8月11日 乗鞍岳8月12日

木曽御岳から無事に下山して・・・がすっていた空が青が復活した頃・・・・

IMG_1307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、どこに向かおうかと親分と相談。
白川郷も見てみたい。 でもまずは温泉。

IMG_0318

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くで見つけた温泉。 こもれびの湯。 大人500円。

それから・・・木曽路を抜け、松本方面へ・・・

IMG_1314

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、途中で止って写真を撮ったりと・・・で・・・実は一度、沢渡まで
行ったのですが・・・食事を忘れ・・・松本まで戻ることに、結局
空腹に勝てずラーメン屋さんを見つけて二人で4人前を完食。

IMG_1315

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑途中でみかけた、とってもレトロでかわいい駅。新村駅。

とそんなこんなで、アフーの週末はまったりと時計を進めます。

向かう場所は決まりました。 ステキな星を見るために・・・
移動をします、上高地、中房トンネルを経て・・・

IMG_1275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木曽御岳山に登り、アフーと親分は 上高地バスターミナルを
通り、中房トンネルを抜け・・・

乗鞍岳のバスに乗る為に ほうのき平駐車場へ向かいます。

駐車場についてからは、すぐに親分もアフーもレガシィ君の後部で、爆睡。

ちなみに、親分は40時間近く無睡眠。
アフーは移動中に合計で数10分間は眠った模様。ゴメンナサイm(._.)m

 

 

すると・・・ 親分が 大きな声で叫んでいます。

うわっ! 凄い・・・・・・★ 星。 というので、目が覚めてしまいました

早速、三脚とカメラを用意して 
憧れのBULB撮影を始めます。しかし、カメラと携帯の充電器を入れた
袋に購入したばかりのリモコンも入れており・・・

アフーはその袋を忘れちゃった_(^^;)ゞ 

でもっ”! アキラメナイッっ!

真っ暗闇の中、20分間。頑張ってシャッターボタンを押したまま
ひっそりと空を見ていました。

IMG_1326

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、あのレガシィ君と線香花火で予行練習をしておいたので
手ぶれしちゃったけれど・・・どうにか撮る事ができましたV(^0^)

 

親分は何度も流れ星を見たようです。

駐車場に戻ってみると・・・

 

すでにバス停にはたくさん並んでいました。

アフー達も大急ぎで準備しますっ!w(゜o゜)wワオ!!

バスの時間など気にせずにいたのですが、とりあえずチケットを購入。
 大人 往復 2000円 * 2枚

そして、並びます。

IMG_1328

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスが来て、どんどん人が乗り込みます。バスが2台満員になってしまい・・・
アフーの前の人で二台分。終了。

 

( ̄□ ̄;)!! そっ そんなっ・・・
アフー達は結局始発に乗れず・・・しかし、捨てる神あれば拾う神あり

IMG_0320

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、なんとっ!今から運転手さんを起こしてバスを出してくれるとの事っ!
濃飛バスの皆さん。ほんとうにありがとうm(._.)m ございました。

そして、なんと残されたお客さんの中にご来光を見たい
という方がおりまして、特別に、畳平ではなく、
手前の長野県側に特別に止めてくれるというっ!

そんなこんなで、運転手さんが起きて準備をして、バスで迎えに来てくれるまで
しばし、待機!

IMG_1329

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これもまたステキな思い出♪

バスは思ったよりも早く到着。運転手さんはご来光に間に合うように
少しスピードを出してくれました。

IMG_0321

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辺りはうっすら明るくなってきましたよっ!
そして、畳平の途中にバスは止りました。

IMG_0322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、手前で止めてくださったのでもしかしたら、ご来光を拝めそうです。

IMG_0323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ギリギリな時間で、けっこうな標高なので一気に足を進めると
いつものクラクラ感が沸いてきます。

ひぃ〜 ひぃ〜 ハフ〜〜〜〜〜。 ちと どころじゃなく、かなり
ツライです。しかし、親分は遥か先に・・・ アフーも見たいよ・・・

でも、不思議、アフーも頑張って頑張ってどうにか到着です。

IMG_0331

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フゥ。 ちと 呼吸がつらいね。呼吸を整えるまでにかなりお時間を
要しました_(^^;)ゞ

IMG_0332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、頑張った甲斐が ありましたっ!

IMG_0356

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大黒岳に登りきると・・・現れます。

IMG_0335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにが・・・現れるのかというと・・・

IMG_0325

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥に足を進めるほど・・・それは大きく・・・目の前に・・・現れました。

北アルプスの山並みです。

IMG_0338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは・・・本当に 絶景です。

IMG_0368

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスの運転手さんのご配慮でご来光にも間に合いましたV(^0^)

IMG_0350

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0360

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんなに綺麗なご来光を見る機会は・・・

IMG_1358

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

当分無いのかもしれないな・・・

IMG_0346

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


尖がった君にも逢う事が出来た。

初めての登山は上高地入りの
岳沢リタイヤ、そして二度目も涸沢リタイヤ・・・その時はまだ、槍君にも
興味なし・・・北アルプスにも興味なし。でも今は・・・興味津々でありますっ!

IMG_0347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの日か、親分と私にも、あの縦走路を歩く事ができるかな?
もっと、近くで見てみたいっ!
ずっと先の先かもしれないけれど、
必ず 一滴ますっ!と言い残して出発したいです。

IMG_1331

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な思いと希望と野望が・・・交互に出てきます。

IMG_1356

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の中はとても忙しいでアルヨ・・・

IMG_1353

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この景色・・・ 

IMG_1387

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アホアホな山好きアフーは・・・なかなか離れません。

IMG_0361

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん親分も・・・ そして、周りにいる方々も・・・

IMG_1346

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しっかりと目にこの景色を焼き付けているのですね。

IMG_0364

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は・・・

IMG_1351

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲海の上には北アルプスだけでなく日本の名峰が姿を
見せていました。

IMG_1362

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随分、ゆっくりしちゃったかな?時間はどのくらい経過したかもわからず・・・
でも、急ぐたびではありません。ここで過ごした時間は

IMG_1364

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健脚アフーなので、速く歩けば良いのです。
(´ヘ`;)ハァ・・・言っててカナスィ。 そして、ムナスィ。

IMG_1381

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時間を忘れるとは きっとこのことですね♪ 身を持って知りました。

IMG_1388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


次に上高地に入るときは必ず、どれかの山のテッペンに到着しないとと・・・
リベンジに気持ちだけ 萌えています。 おっと・・・燃えています。
漢字間違えるだけでをエライ違いです・・・

IMG_1382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は・・・あちらから、この大黒岳を眺めたいっ!

IMG_1372

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ山の選定はオオマカにしかできず・・・・

IMG_1371

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早起きはやっぱりいい事があるっ!と思ったよ♪

IMG_1379

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと、健脚だけど急がないと・・・どうせ、この後、遅くて親分に
迷惑かけちゃうからな・・・

IMG_0369

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山に紛れて朝焼け色に染まってみた・・・
眩しくて・・・目が変になった・・・(´ヘ`;)ハァ。

IMG_0373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・ そろそろ、歩き出しますか?

とっても とっても、 と〜っても 名残惜しいです。 

IMG_0377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、本当にうっとりしていました。

IMG_0378

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度、振り返ったかな? 

もう数え切れないほど、アフーは
後を振り返りました。

IMG_1371

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


すべてのてっぺんに・・・
きっと10年以上かかってしまいそうだけれど必ず・・・
逃げずに待っててください

IMG_1383

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこの、てっぺんにも・・・ いつの日か、必ず・・・
我家の百名山の最後に残す山は・・・たぶん 君か剣君。

IMG_0346

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大黒岳さん。ステキな景色を見せてくれてありがとう♪
必ずまた来ます(^-^)

IMG_1402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうm(._.)m

IMG_1337

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予定していなくて、予期していなかった出来事と
景色に胸いっぱいのアフーと
親分は、これから 乗鞍岳に向かうことになります。

IMG_1395

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健脚・・・だと思っていたけれど・・・やっぱり そうじゃなかったアルヨ・・・

そんな訳で・・・ 次につづく。

IMG_1414

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きも読むよ♪ お尻ぺんぺ〜んっクリック!嬉しいです♪