2008年08月05日

富士山 【5合目〜8合目】

そんな訳で・・・ 【0合目〜5合目】 はコチラです♪

親分パパグループに追いつく為に・・・かなりハイペースで歩いています。
3000mまではモーマンタイだろうと思っていたので8合目までは普通にあがる事を念頭に入れていました。

IMG_5040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにご来光の方達はすでに登っているので比較的空いています。

IMG_5042

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに・・・地図を持っていません。そして頭にも入っていません・・・
5合目ターミナルを越えなだらかに一旦下ります。そして緩やかに登ります。そんな感じで進むと6合目はあっという間でした。

IMG_5044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分はここで何か小屋の人に手渡されていました。(・_・")?あとで聞いたらそれは簡易地図だったようです。

IMG_5045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分パパグループは今どの辺りでしょうか? グイグイペースをあげていきます。大きなパーティをパスして、次の前方の方達が見えてきました。

どんどん前方のチームに近づきます。6合目を越えてさほど時間は
経過していませんでしたが前方のチームは休憩に入りました。

合流です・・・

と言う訳で 富士山の6合目で自己紹介が始まります_(^^;)ゞ

IMG_4927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とても不思議な感じです。ゲストの青年はGO君。年齢は25歳。
にこやかな好青年です。 GO君はどんな人だろうか?
ここで不安だった事がひとつ消えました。(^。^;)ホッ

しかし・・・すぐに次の不安がやってきます。
親分パパがすでにグロッキー状態なのです。

IMG_5046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


相変らず空には満点の星空! あっ!そして・・・すごい事がありました!
GO君の手には・・・あのスポーツマンヘッドライトが・・・

もちろん、涸沢の時と同じ風前の灯火状態です。このあとすぐに消えてしまい
ます。

IMG_5048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここで親分パパの様子が完全に・・・おかしいです。
グロッキー状態。 理由は食べ過ぎとの事。若いGO君に合わせて
肉系の食事を沢山とったようなのです。 

ちなみにまだ 6合目を過ぎたばかりだと言うのに・・・

50mに一回の中休止が始まります。

IMG_5049

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


顔色は真っ青で・・・ 隣で親分ママも無睡眠でムカムカと気持ち悪いと言い出します。足元は少しバテバテな感じです。

IMG_5051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな訳で小屋に到着するたびに大休止です。

IMG_5052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


頭を抱え込んでいる親分パパとGO君。 この時点で親分パパとママに
日帰りは少しキツイのでは・・・と思っていました。

IMG_5053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GO君は余裕です・・・ 親分ママもすでにバテバテでGO君が親分ママの
ザックを前に持っている状態です。

IMG_5054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・親分パパのグロッキーは更に進行していきます・・・

そんな訳で小屋が出てくるたびに大休止です。

IMG_5057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この小屋で親分パパがリポDを飲んで元気をつけると言い出します。

親分 「炭酸くらいにしておきなよ。甘くてよけい気持ち悪くなるよ」
親分ママ 「 やめて炭酸にしたほうが 」

頑固パパ、2人の制止も聞くわけなく・・・ 

小屋でリポDを購入後飲み干します。

IMG_5058

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・すると 3分後。 

モーレツグロッキー状態・・・の親分パパ。

IMG_5064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも少しずつ頑張って歩いて高度を上げていきます。
ちなみに地図が頭に入っていないので・・・7合目が何回も出てくるのです。

IMG_5068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通りけっこう空いています。

実はGO君を抜いたこのメンバーでの山行は毎回スッタカメッタカに
なる訳で・・・今回も歩い程度の予想はしていたので、この状態も
特にモーマンタイな訳です。

IMG_5070

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーの隣で親分ママもなんだか少しずつ様子に変化が・・・
実は親分ママはヘッドライトではなく、手にLEDライトを持って
歩いていたのですがとても不安定に歩くのでLEDをGO君に渡して

アフーのヘッデンで親分ママの足元を照らしながら
歩きます。そんな訳で・・・この時点で親分ママの足はもうグタグタ
状態で小屋手前の階段になると足を何度も引っ掛けてしまう状態。


IMG_5072

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは七合目日の出館。 もちろん、御来光を山頂でという目的は無くて・・・
ひとまずGO君を山頂へというのが今回の目的。

IMG_5079

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮りながらまったりと高度を上げていきます。
が・・・日の出館の次の次の小屋についても・・・まだ七合目。
親分ママがやはり・・・もう限界のようです。見ていてあまりにも可哀想なので
小屋での休憩を打診します。

IMG_5081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辺りは明るくなってきました。 親分パパもグロッキー状態は続いています。
親分パパにGO君と親分、そして親分ママにアフーの援護体制で上を目指しますが・・・

IMG_5083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの岩場では親分ママの足が上がらず・・・何度も爪先を岩にぶつけている
状態・・・ 

IMG_5094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の小屋への途中でも何度も休みます。正直な心の内は・・・
今、7合目でこの状態ではやはりこの上に行った際にどうなってしまうか・・・
このまま山頂を目指すのが怖かったです・・・

IMG_5096

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


倒れてしまったりしたら・・・、やっぱり具合が悪いのに高度を上げていくのは・・・


IMG_5098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり無理と言うか・・・ちょっと無謀じゃないかと・・・

IMG_5100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分ママはもうバテバテ状態です。ここがたぶん、限界だと思いました。
この小屋の上で歩けなくなります。

「アフーちゃん。小屋で休憩したい・・・」

IMG_5104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


すでに小屋を出発した親分を呼び止めて・・・状況を説明しました。
半分も話さぬうちに親分は察知して 小屋に入っていき2名の休憩を
お願いしてきてくれました。

 

IMG_5107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・日の出です。ここは七合目。ここで日の出を
迎えました。そして・・・

日の出と共に親分パパとママは小屋に消えていきました。

IMG_5114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分パパに 「GO君を山頂まで連れて行ってくれ」と・・・

IMG_5115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で・・・ここから3人で山頂を目指します。

IMG_5116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも少しだけ、安心しました。無理して山頂まで
連れて行くことに抵抗があったのが本心です。 

IMG_5117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3人で山頂を目指すのですが・・・この2人・・・相当なペースで
上がっていくのです。アフーが追い付ける訳もありません。

IMG_5118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンドン人を抜かして登っていきます。 (・_・、)ついていけない。

IMG_5119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


待っていてくれますが・・・追い付くとすぐにスタート。キビスィ。

IMG_5120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それでもかなりなハイペースに頑張ってついていきました・・・

IMG_5121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が・・・これ以上はさすがに高度的にも無理すると高山病が・・・

IMG_5122

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余裕のGO君です。親分もマダマダ余裕です。アフー待ちの写真なのでしょう。。。

IMG_5123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの・・・GO君。 どんだけ健脚なの・・・ と思いながらもヒタスラ付いていきます。

IMG_5129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分は沢山写真を撮っています。うっすらと河口湖とそして 三ツ峠が見えます。

IMG_5131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフィ〜〜〜〜。 つらいよ〜。

IMG_5132

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追い付いては置いていかれの繰り返し状態です。

IMG_5134

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも あまりツライ状態でなく3000mに到着です。

IMG_5135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば・・・七合目に小屋は幾つあったのだろう・・・

IMG_5136

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


GO君は・・・健脚で山道のイワゴツにもなんだか慣れているステップなのです。 後で聞いたら・・・理由は彼の生まれは 中国の黄山。
山岳地帯だと言っていました・・・(´ヘ`;) 山で遊んでいたと言う彼。

IMG_5137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GO君の遥か後ろで訳の放心状態で休んでいるのは・・・アフーです。
もうこの時点で付いていくのは・・・厳しいカモ・・・と察知です。

IMG_5139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはあまりハイペースでは上がろうとも思ってませんでした。

まぁ・・・アフーにハイペース = それでも鈍足です・・・

IMG_5140

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


次の小屋はやっと8合目だろうと・・・

IMG_5144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・ここでもう付いていけないから置いていってもらおうと
思ってました。

IMG_5145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、実際に待たしてしまっている状態で・・・悪いな・・・と
思っていて・・・でも急げないし・・・

IMG_5146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがにペースを一気に上げると息が切れてきます。
そんな時は腹式呼吸。 これは親分に教えてもらってからずっと
実践しています。 これさえしっかりやれば高山病にならないと
1人勝手に思い込んでいます。

IMG_5147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい・・・腹式呼吸中。 相変らず マイペースです。(;´д`)トホホ

IMG_5148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花が咲いているとなんだか嬉しくなります。

IMG_5151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・雲上で 八ヶ岳君との再会を果たします。

IMG_5154

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでランチパックです。 美味しかったなぁ〜。

で、親分に なんとなく・・・今日は山頂は無理かも・・・と
仄めかします。


IMG_5155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・・・ もう無理だ。 ここで親分達とお別れです。
「この富士山ホテルまで来れるなら登っておいで」

登山道と下山道が異なる為、富士山ホテルが都合が良いとのことでした。

IMG_5156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな・・・訳で アフーの一人旅が始まります。

そして・・・終わったはずの富士登山。。。月曜日に連絡がありました。
最悪の結末が待っていました。 
親分ママ・・・骨折だそうです・・・

               読んだよっ!ハヨカケペンペンっ!