たった・・・ 60年とちょっと昔の話なのに・・・

すでに忘れ去られそうになっている・・・そして、
消えてしまいそうな・・・ 傷跡をめぐって参りました。

 

実を言うと、グアムの旅行と言えば、お買い物とタモンビーチ。
これが基本なのですが・・・

 

違うグアムを見てしまいました。そこから 傷跡をめぐる旅に・・・

 

そして、最終日には・・・偶然に ガイドブックにも載っていない場所に・・・
引きずり込まれるように・・・導かれました。

 

それでは・・・ グアムのアフーツアーの始まりです。

平和慰霊記念公園です。

IMG_3115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、本当に判りずらい場所にあります。看板は本当に小さい為
見落としてしまいます。 

IMG_3063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Uターンをして、辿り着きました。

DSCF1134

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地は、太平洋戦争のグアム戦。日本が最後に行き着いた場所です。
誰もいません。少し寂しいです。

DSCF1148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここは マタギャック山 でもあります。日本は戦争の時に
叉木山と呼んでいました。

IMG_3064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グアム島での戦いは1944年7月21日にアメリカ軍がグアム島の
アサンという港に上陸、
そこから3週間でこの地まで追い詰められる事になるわけです。

グアムの戦時中の年表、地図等、詳しい詳細はこちらで見ることができます。

浅間とあるのがアサン港。叉木山

IMG_3068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慰霊碑の横には 建物があります。 
そして・・・ここは沢山のお花が咲いています。

IMG_3102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、激戦があったと聞いて、戦争はいけないし、仲良い世界が
一番と思うけれど・・・罪のない日本人が家族の事を思いこの地で
散りさったと言う事は現実に あったわけで・・・

IMG_3090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の中には戦時中にここで使われた物が展示されて
います。(しかしながら、ただ置かれているだけで・・・このままではどんどん
保存状態も悪くなってしまいそうで・・・少し複雑な思いです)

DSCF1138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スコップや・・・なんだろう?でもこれは 今から64年前に日本兵が
使っていたものなのです。

DSCF1136

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは・・・この人と同じ地に辿り着いたけれど・・・
日本に帰れた訳で・・・

IMG_3080

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・調べてみると・・・ とても悲しい現実があったのです。

それは。1944年7月21日。米軍がグアム島(アサン)に上陸した同日。
日本大本陣はグアム島を絶対国防圏から除外した日でもあります。


IMG_3076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その事を、グアムで戦っている兵士。軍司令官、師団長には
通告しませんでした。

簡単に説明すれば・・・見殺しにしたのと同等な気がします。

IMG_3071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、3週間。ここで散った命は、すでに撤廃された
絶対国防圏を守り抜く為、自らの命を持って戦い続けます。

裏切られた事を知らず・・・

IMG_3077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国の為に戦っているのに・・・国に裏切られ・・・見捨てられた命です。

IMG_3078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べていくと、このような事は グアムに限りません。
色々な地で・・・このような矛盾が生じていた訳です。硫黄島もそうです。 

IMG_3107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで散った命と私。

ただ、生まれた時期が違うだけ・・・過酷で熾烈な人生だったのです。

IMG_3101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本からも、来てくれている人がいるようです。

そして・・・ここは この慰霊碑があるだけではありません。
叉木山。最後の司令本部があります。それは・・・

IMG_3083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防空壕とありますが・・・ここから進むとそこは・・・総司令本部。
しかし・・・しばらくの間、誰も行っていないのか・・・そこに進む道は
くもの巣だらけです。

IMG_3084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・ 大きなカエルさんだらけです。きっとこのカエルさんの
祖先と日本兵はお友達だったかもしれません・・・

IMG_3087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無数のくもの巣をよけながら・・・そして蚊もすごいです。

DSCF1140

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここはジャングルの中にある訳で・・・今、思い出すと・・・本当に
なんともいえない湿気でした・・・

IMG_3088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・階段を下ると・・・総司令本部。この穴が、司令本部です。

DSCF1142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここで、なにも知らずに戦っていた人たちがたった63年前にと
思うと・・・本当に胸が詰まる思いです。

DSCF1145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見捨てられた事を知らず・・・追い詰められた兵士達は投降する事無く・・・
60名の兵士はここで自決しました。

そして・・・

DSCF1139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



大本陣に裏切られた・・・小畑司令官は、裏切られた事を知らず、
3週間戦った後、8月10日、?8月11日?に大本陣と天皇陛下に
守りきれなかった事を打電し・・・その後 この場所で自決しました。

IMG_3079

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで散った人たちは、最後、何を思ったのだろうか・・・
それはきっと家族の事だろうと思う。 奥さん。お母さん。お父さん。
妹。弟。・・・ 

IMG_3093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本軍が使っていた飲料貯水槽。 そのまま残されています。

IMG_3097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60名余りと司令官が自決した司令本部の前には沢山の日本円と
日本酒が置いてありました。 アフーも・・・なにかを・・・

IMG_3099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑の巾着。これはアフーがいつも山に登る時に持っていたものです。

t-IMG_9114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ↑ いつもザックのポケットに・・・数年間入れて連れていました。

日本の沢山の山を登り続けた この巾着が一番ふさわしいかと思い
置かせて頂きました。

IMG_3094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても薄暗い司令本部から・・・階段を登り戻ると
真っ青な空が出迎えてくれました。

IMG_3100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争は・・・二度とない事を祈り・・・そして
アフーと親分は イルカウォッチングツアーを取りやめ・・・
グアムの傷跡をすべて見ることにしました。

IMG_3111


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに、グアムの太平洋戦争跡地は殆んどが・・・もう半分朽ち果てて
いました。 タモンの町は・・・ 日本人の旅行客でこれでもか・・・と言うほど
あふれ返っていました。 できたら、こういう戦地の傷跡で日本人の方と
お会いしたかったです。

IMG_3104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また好き勝手な記事ですいません。。。これは去年の9月のお話です。

    少しだけ・・・続きます。 続きも読むよお尻ぺんぺ〜ん。

グアムの傷跡へ・・・?