と・・・ 永遠と続いてしまった・・・残念レポ。本当にスイマセン。

IMG_1985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯を食べて・・・出来るだけ早めに三山目を目指したかったのです。

IMG_1961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道は残雪はホンノリあるけれど 昨日の近道の何倍もラクチンでした!
で、先に行った親分が 「アフーこっちの雪のある方が楽かもよっ!」
と・・・ 言うのでそちらに・・・

IMG_2001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事に嵌りました。  カチカチで・・・進めずに嵌ってしまいます。

天然滑り台のようです。(´ヘ`;) 本当に残念です。この記憶確か
仙丈でも似た記憶が・・・

IMG_2084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


残念アフーもルートに無事に戻ります。もう親分の助言は
聞きません・・・ (`へ´)プンプン

IMG_2012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


脱出してからは少し滑るけれどモーマンタイな傾斜を
スタコラ と登ります。

IMG_2017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日の道に比べたら〜♪ こんなのは アサメシマエ〜だね〜♪ なんちて。

IMG_2021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日の教訓で今日はすぐにスパッツをつけました。

IMG_2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分が後を見て 雄叫びをアゲテイマス。なんちて。 で・・・理由は!

IMG_2024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲海です。 久しぶりに見ました!

IMG_2027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと滑る所は手を使って・・・ 直下部分は結構傾斜があります。

IMG_2028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


素敵ですねっ! 

で、実は鳳凰小屋から地蔵岳までは1キロとありましたが
GPSでは800m弱でした。 

IMG_2030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天空の城 な感じです。

IMG_2031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実は昨日小屋でテントの手続きをしている際に小屋のオジサンに
ルートを聞かれました。

中道からテント装備で来たことを褒められてしまいました!
それから・・・途中の近道を通ってきた事も♪

そうしたら・・・「荒れてて大変だったでしょ」

と。 でも終わった事だったので 「はいっ!ちょっと」
暢気に笑いながら言えた事はなんだかとっても嬉しかったりです。

IMG_2037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで少し 成長したかもよっ!と自分で思っていた アフーの
背後から・・・ 彼が姿を現します。

IMG_2066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフー それはカンティガイだよ・・・ ちっとも成長してないよ。
と毎回南アルプスで痛い目にあっているアフーに富士山君からの
言葉だったかもです。

IMG_2068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南アルプスに登る時はいつも見守ってくれている富士山くんです。
今回もしっかりとアフーが山頂を頂く際には見守ってくれていました。

IMG_2070

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本一の山に見守れて 安心して、そろそろ3つめ頂きます。

IMG_2045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲海と・・・ アフーと・・・太陽です。 

IMG_2048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オベリスクです。 鳳凰三山 やっと頂くことができました。

IMG_0933

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オベリスクに向かう親分をここで待つことにします。 親分がとっても
小さく見えます。 目印は いひひ。あのスパッツです。

IMG_0935

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはのんびり写真を撮る事にしましょう!親分はとっても
小さく見えますよ〜。

IMG_0939

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もいなくなった賽の河原?をひとりウロチョロします。するとお地蔵様です。

そして・・・その後には!

IMG_0942

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


遠くは 北アルプスも見えました! すぐ隣には 甲斐駒君。

IMG_2050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分が撮ってきてくれた甲斐駒君です!雲がしたから湧き上がり
神秘的でした。

IMG_2057

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥には北アルプス。たぶん・・・

IMG_2055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フーフーはバッチリと届いていました。 鳳凰三山を無事に頂き
アフーは大満足です! とっても名残惜しいですがまだこれから
今日は青木鉱泉まで下らねばなりません。 

IMG_2083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下りは慎重にと思いましたが結構 サクサク〜と下れてしまいます。

IMG_0957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分と雲海と富士山。 

IMG_2081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーとオベリスク。 さようなら・・・また来ます。

IMG_2082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


早く出発したのでどうにかこうにか親分の足をひっぱらずに山頂に
辿り着く事ができました! で・・・テント場に戻ると・・・

IMG_0967

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらら・・・ 北岳の時と一緒です。少しのんびりしすぎたのでしょうか?
でもまだ8時です。 で テントを片付けている間にアフーは眠ってしまいました。

IMG_0968

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・今回も ピンッ と張る事は出来ませんでした・・・(´ヘ`;)。

困ったものです... しかもテント内は トッチラカリ状態です。
急いでお方付けをしている間に親分が!!!作ってくれました!

IMG_0970

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっほほ〜い! と言う訳で テントを片付けながらのんびりと
赤いキツネさんを食べました! オアゲが二枚はポイント高いです!なんちて。

テントの片づけが終わった頃・・・ 2日間続いたフーフーも翌日の八ヶ岳に
向けて移動中かもです。

74396d49

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋のオジサンとしばしお話をして下山開始です。 その前に
IMG_0974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

かわいいお花を見つけました。 クモイコザクラさんです。
珍しいお花さんとの事でした。

IMG_0975

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オジサンと雷鳥のお話もしました。 雷鳥の声を聞いたのですが
いるのですか?と伺ったらやはりこの山にもいるようなのです。

とっても喜んでいらっしゃいました。なんだか私まで嬉しくなってしまいました!鳳凰小屋のオジサンはとっても優しい素敵な方でした。また行きたい小屋が増えてしまいました_(^^;)ゞ

IMG_0980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと、ここからは ドンドコ一本勝負です!

IMG_0983

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


始めはとっても歩き易い道でとっても安心していたのですが・・・

IMG_2089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川を渡り・・・ ますが なかなか高度も距離も進みません。

IMG_2088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さすがにザックの重さが足に来てしまいました。

IMG_0984

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中道ルートとは違い途中で滝を見れるのですが 1つ、2つは鳳凰ニ山までと
同じく比較的 モーマンタイでしたが・・・

IMG_2093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りもまだヨユウシャクシャク。

 

IMG_0993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰の滝からが めちゃくちゃ長く感じます。

IMG_2104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


湿気を含んだ地面は滑りやすくなり・・・ もう流石に足に疲労感のきている
私には踏ん張りも ちょっとずつ鈍ってきて・・・

IMG_2106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何度も小川を渡り・・・ 足場の悪い道を進みます。 
・・・もう ダメになってしまいました。 早くスタタタと歩くのは無理で
一歩一歩。と

IMG_2107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くて・・・ツライです。 しかも なぜか登る道も何度か出てきて・・・
アフー ヘロヘロです。 スローになってしまい、親分はブチキレテイマス。

親分は機嫌は悪い事はあっても絶対に 怒鳴ったり怒ったりする事は無いのですが親分も流石に疲れていたようで・・・

IMG_2099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「頼むから 歩いてくれよ〜」 
「どうやったらそんなに遅く歩けるんだよっ!」
「後ろ向きで歩いているんじゃないのっ!」 

IMG_2108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となんだかメチャクチャ怒っています。あまりにいつもの親分とは違うので

あ〜これは親分じゃないよ・・・ なんだか 違う人が出てきちゃってるな〜。 
と無視する事にします。

IMG_0996

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が・・・また やっとのことで親分の元に辿り着くとまた怒っています。

「何年山登ってるんだよっ! いい加減にしてくれよ。
いいから ザックよこせっ!」

IMG_2096

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あ〜違う人・・・違う人・・・これは親分じゃないね・・・ スタコラ〜

それでも危険な箇所ではしっかり待ってくれています。 ・・・

足はもういう事を聞いてくれません。↓もはや四次元空間です。意味不明。

IMG_2109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ザックの重さは2日間かけてズッシリと足を攻撃していたようです・・・
帰ってきてみたら足の爪は左右とも・・・数本 亀裂が横に入っていました。

アフーのザックで邪魔になっていたゴミとマットを親分が持ってくれました。

IMG_1001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSで青木鉱泉をゴールに設定していたのですが 数百m進むのに
結構時間を要しました。この堤防が出てきてからは平坦な道が
増えたので 一安心です。

IMG_2111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンドコの川沿いコースを歩いています。 やっぱりさっきの親分は
違う人だったようです。

IMG_2114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しっかりつけたスパッツも ずり落ちています。 
気持ちは全然ヘロヘロではありませんでした!

IMG_1004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう、鳳凰三山の思い出話で盛り上がっています!

IMG_2117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜! 昨日の朝に通った分岐です!
嬉しかったです! この時、山頂はすでに雲隠れしていました。


IMG_1007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑を抜ければ 青木鉱泉! ゴールしてしまいました。
なんだか 少し寂しいです。

IMG_2123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンドコ一本勝負は・・・長かったです。 結局5時間以上かかってしまいました。
親分には今回も迷惑をかけてしまいました・・・

IMG_1012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰一山。薬師岳。

IMG_1811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰ニ山。観音岳。

IMG_0868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰三山 地蔵岳。

IMG_0938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

今回も一筋縄では行かなかったけれど、たくさんの思い出と・・・

IMG_0821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事な景色をたくさんたくさん 記憶にインプットしてきました。

IMG_1821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤快速アフー・・・ タダイマ、 薬師岳山頂付近を通過中で〜す。

↓通勤快速アフー待ちの親分。

IMG_0836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分「今日の通勤快速、遅れてない?」

IMG_1822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

おすぃまい。長くなってしまってゴメンナサイm(._.)m