其の零 其の弐

IMG_0812

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で・・・長い長い樹林帯を無事に越え 鳳凰一山の薬師岳

IMG_1811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


を頂いた後は まったりと足を進めます。

IMG_1816

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰ニ山へ・・・三山の中での最高峰である観音岳へ向かう事にします。

IMG_0821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰三山より白鳳三山と交信中の親分です。ピーピピピーなんちて。

IMG_0825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


白鳳三山は北岳から間ノ岳までの道はこんな余裕の状況ではなかったなぁ〜と
思いながら歩きます。

IMG_0823

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の南アルプスと比べると アフーの中では少しだけ鳳凰三山は地味な
存在でした。 

IMG_1820

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どの山そうだけど・・・ 登ってみてみないと判らないアルヨ...

DSCF0180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北岳に登りながら見た鳳凰三山。

P1020512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2年前に、いつか歩きたいと思っていた稜線を今日は歩いています。
やっと・・・来る事が出来ました!今のアフーの頭の中はそんな場所が
メニメニです。

IMG_1821

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・親分に怒られるのでまずは 一歩を進めます。

ス〜タコラ。それでもこの景色を素通りするのはもったいない・・・

IMG_1822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北岳〜間ノ岳 そして 小仙丈〜仙丈
そして今回は鳳凰山。3回目の空中散歩! サイコーです!

IMG_0826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親分もとても楽しそうで何よりです!実は今回はここの写真がタップリです。

IMG_1823

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そそ・・・金曜日に新しいヒールを履いて歩いてしまった為、
アフーの両足には大きな靴擦れが出来ていました。

IMG_1824

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも靴下が靴擦れをココまで守ってくれていました!
靴擦れは実は両親指だったので登り一辺倒だった事が救いだったのかもです。
ツイテルナァ〜

IMG_0827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観音岳まではとにかくフラットで楽な道です。それでも足は一向に
前へ進もうとしません。

IMG_0828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い樹林帯で今日一日。こんな空が広がっていたのも知りませんでした。
原生林の樹林帯は視界をすべて奪っていたので・・・

IMG_1842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも悪い事ばかりではありません。直射日光から守ってくれたと
考えたらなんだか 国体ルート!素敵な気がしてきました!

IMG_1825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスっていると思っていた山頂は、長い樹林帯を上がってきただけの
ご褒美以上の眺めでした!

IMG_0829

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


青空だって!待ってくれていました! フーフーの効果は絶大です!

IMG_0831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は薬師岳からほぼ同じペースで あのご夫婦と入れ替わりな
感じでのんびりと空中散歩をしていました!

IMG_1828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのご夫婦も私達もお互いの距離を確認しながらなんとなく
遠くなく、近くなく、安心な距離で進んでいます。

IMG_1847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木から来られたと仰っていたご夫婦はもう見るからに柔和な感じで
シャクナゲが今綺麗な山を教えてくださったりと、なんだか今回も
とっても素敵な出会いでした

IMG_1831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山で不思議な間に できる連帯感というか・・・あの人は大丈夫かな?とか
気になったりする人がいて、目的地が一緒だったりするとちょっとホッとする
自分がいて・・・

IMG_1862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えながらこういう道ではアフーも のんびりと鈍足に
なれるわけなんです。景色がよければ親分もご機嫌です!

IMG_0836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもあまり待たせるとこんな感じです。

IMG_1838

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は・・・目を合わせないのが一番です。なんちて。
それか、なんかよく判らないけれど笑っちゃうとか・・・

IMG_1850

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元は滑りそうな砂でした。

IMG_1868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも景色に気を取られて歩きづらさもありませんでした。

IMG_1872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、帽子は頭に乗っけているだけの状態です・・・(´ヘ`;)

IMG_1852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言っているけれど・・・ちっとも進んでいません。(´ヘ`;)ハァ

IMG_1874

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時折、アフーはこうやってザックの重さを 横流しです・・・

IMG_1876

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも今日持ってきていた水分はこの時点で2人で1?だけ残っている
状態でした。すでに3リットル以上飲んでいるようです。

IMG_1851

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目と鼻の先くらいの距離の薬師と観音の間をできるだけ時間をかけてゆっくりと
歩きました。

IMG_1886

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の事を言えば明日が曇りだったり何かの事情で
登れなくなってしまう事もあるので・・・ 

IMG_1864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木々の間からも南アルプスを見て、とにかく たくさんの景色をこの眼に
焼き付けています。

IMG_0844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・ またもや お待ちの親分です。 うっしっし〜。

IMG_0846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トコトコと付いていきます。

IMG_0847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!そうそうお揃いのザックは今回親分が使って気にいらなければ
あの黄色の前のザックを使うと言っていましたが!!!

IMG_1866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら 無事合格したようですV(^0^)

IMG_0848

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると親分が何かを見つけました!

IMG_1877

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお花の名前は・・・ シャクナゲのお友達?

IMG_1880

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて親分と話しながら短い距離の長い長い散歩は続きます。

IMG_1891

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はずっと、登って歩いている間、左ばかり気にしていたけれど・・・
右側には 美しい街並と山並みが・・・あったのですね。

IMG_1890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また足を止めてみることにします。

IMG_1899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、次、したの街並からこの山を見た時に 山頂はこんな感じだったと!
アフーの頭にインプットが完了です!

IMG_1917

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはたぶん 親分の頭にも・・・

IMG_1904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この先の人生に ほんのりな楽しみを1つ増やせたようです!

IMG_0861

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前には 岩がメニメニ。と言う事は どうやら
最高峰についてしまったようです。

IMG_0866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一箇所だけザックが引っかかると言うので親分に助けを借りてアフーも
観音岳に登頂です。

IMG_0870

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で!!! 鳳凰ニ山。無事頂きました!

IMG_1921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰ニ山に辿り着いた時に!!!お目見えしたのは!甲斐駒君!
今回は・・・勝負を挑むのはヤメテオクネっ!なんちて_(^^;)ゞ

IMG_1940

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

距離にして・・・数百mしか進んでないのにこの長さ・・・
本当にスイマセンm(._.)m

と言う訳で・・・

IMG_1758

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い長い樹林帯の後のご褒美は!!! この景色でした!

IMG_1855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      そして・・・長い長いレポは まだ続く・・・続きも読んでくれますか?
         お尻ぺんぺ〜んっ!クリック!なんちて。