と言う訳で・・・ 鳳凰三山 【其の零】

韮崎ICを降りて コンビニに寄って 青木鉱泉を目指します。

青木鉱泉というのは鳳凰三山へ続く道というのは昔から知っていた。

そういえば・・・ポンコが亡くなってから5日後。家にいるのが嫌で
ロングドライブに出た事があった・・・

記憶ではその時、この青木鉱泉の入り口を
見て、シャッターを押したのを記憶していました。これは2007年3月18日。

IMG_2046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時はまだ冬季休業中でした。 それから1年と3ヶ月 この先に進む
事となります。 

ナビの案内に任せながら進んでいくと 少し気になるものが・・・

熊出没注意 という看板でした。 それはもう見慣れているけど・・・
道路の左右には熊対策の電流の流れた有刺鉄線を見た時は少し
不安になりました・・・


青木鉱泉へ通づる道は・・・ ハッキリ言って レツモーな悪路でした。
落ちたばかりと見られる頭くらいの大きさの石が道路真ん中に・・・

車高が低いレガシィ君では通過できず降りて石を除けてから進みます。
未舗装の林道は落石が至る所に と言った感じです。

無事に青木鉱泉についた時は少し違う疲れが襲っていました。
でも他の車もたくさん入ってきていたので少しホッとしました。

IMG_1738

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レガシィ君の中でお弁当を食べて・・・出発の準備です。タダイマ6時5分

準備中に青木鉱泉さんのオジサマが駐車料金の徴収に来られました。

IMG_0778

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日750円*2日分 ¥1500円をお支払いしてフロントに置く紙を
頂きます。 これはまたアフーにとって嬉しい記念品です。

IMG_0782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、やっと出発です。ここから中道コースで
鳳凰三山の頂へ・・・ 

青木鉱泉さんで 登山届を出して出発です。

IMG_1740

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青木鉱泉からは川コースと書いてある方へ一度進む事になります。

IMG_0784

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑が綺麗です!


IMG_1739

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ドンドコ沢の川沿いコースに入って5分位でしょうか・・・キャンプ場の間を
歩きます。

IMG_0786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

するとまたまた分岐が出てきました。

IMG_1742

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にいらっしゃった皆さんはドンドコ沢コースに行ってしまいました。

IMG_1743

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


親分と不安になりながらも中道コースへ向かいます。

実はどうしても中道コースに進みたい理由があった訳なんです。

それは丁度、一年前に話を戻します。仙丈のバスで一緒だったご夫婦の
奥様と小仙丈の手前で周囲の山を教えて頂いたり色々な南アルプスの
小屋のお話を聞いていた際に、静かなルートが好きならば国体ルート
が良いですよ!

IMG_0787

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑まずは川を渡る事になります。

と教えて頂いていたのです。昔はこの中道は笹薮のルートだったのですが
甲斐路国体の際に整備されたので通称国体ルートと呼ばれているようです。

IMG_1744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑丸太は苦手です・・・

実は国体ルートと言うのが本に載っていなくて色々調べた場所が
国体ルート=中道という訳でした。

IMG_0788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中道ルートは川を渡り前の石垣を登って案内表示にそって進みます。
すると今度はジャリ車道に出ます。

IMG_0789

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタコラと九十九な感じでゆるや〜か〜に登ります。まだまだ余裕ドゥエス。

IMG_0791

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば今回はGPSで各ポイントを設定していました。で始めの目的地を
薬師岳に設定します。

IMG_0792

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しばし・・・時間にすると青木鉱泉から50分で薬師岳山頂への登山口が
出てきました。 バイクが一台止まっていました。(廃屋がありました)

IMG_1745

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーは雲竜漠ですでにこのテント泊用のザックを使っていたのですが
親分は今回がシェイクダウンです。おそろいのザックでアフーはうれしいです!

IMG_1747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


背面パッドが今までのノースフェイスよりもしっかりしていて
重さを丁度良く分散してくれているのが判ります。

IMG_1766

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中道コースはとにかく樹林帯が続きます。九十九折に・・・でも道はそれほど
狭くなく歩き易い方だと思いました。

IMG_0797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んっ。しばし樹林帯を登った所に 
ダート道ですがどうやら繋がっているようです。小屋専用の道路かもです。
南御室小屋と書いてある車が一台止っていました。

ここで、初めてこのルート上で他の方にお会いしました。
ご夫婦でした。マットをザックにつけていたのでテント泊なんだと
安心したアフーがいました。

IMG_1760

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・この少し開けた場所にもまた、入り口とあります。
何箇も入り口と書かれると 困ってしまいます・・・ スタートが何回も訪れます。

IMG_0798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは・・・一気に写真が減ります。
ずっとずっと ずっと ずぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと樹林帯です。

IMG_1758

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑は綺麗ですが・・・さすがに3時間程歩くと・・・ザックの重さが
ズッシリと肩に・・・ 強引にウエストベルトで腰に負担を横流しします・・・

IMG_1755

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


で この中道コースは山頂直下まで標高差は1700m。

IMG_1770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わり映えの無い景色なので、毛虫さんが歩いているだけでもなんだか
仲間が出来たようで嬉しくなってしまいます。

IMG_1771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにヘロヘロです。
それでもどうにか・・・親分にこの辺りではついていってます。

時折、ドリンク休憩とGPSで残りの距離を把握しますが思っているより
全然進みません・・・


標高1700mも上げて登るそのルートの間の見所は・・・

IMG_1777

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石君です。 えっ!と言われてしまいそうですが・・・樹林帯しか
ない道でこの石に遭遇すると不思議と嬉しいモンデス!

ココダケデス・・・ (´ヘ`;) で、実はここに山頂まで1時間30分と
ありますが、青木鉱泉まで2時間45分と書いてあるのを見て・・・


( ̄□ ̄;)!! 正直ショックでした。 
下りの時間とはいえ・・・
すでにココまで5時間以上樹林帯を歩いています。

IMG_1772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから樹林帯をまた登るのですが・・・アフーは鈍足が加速してしまいました。
親分とドンドン距離が離れてしまい、一人ぼっちの登山が始まります。

で・・・心細くなってしまい 親分を呼んでみても返事がなく・・・

不安になってしまい、登っても登っても何も見えない不安さに半べそ状態に
なってしまいました。誰も来ないと思っていたので・・・

そこへ 下りのオジサマが下っていらっしゃいました。急いで半べそを
押さえて道をお譲りしましたが、コンニチハと言われた際に挨拶を
したさいに半べそで鼻が緩んでいたせいか・・・

なんとも ハナチョウチ を作ってしまいました。半べそハナチョウチン・・・
本当に申し訳ない事をしてしまいました。そんな恥ずかしさで少し元気が
出てきてとにかく足を進めます。

 

すると上から チャリチャリ〜ン とずっと鈴の音が聞えます。
親分が少し開けた場所で待っていてくれていました!

IMG_1775

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これがそのときの写真! アフーは大喜びの顔をしています。
ここからは親分もペースを少し落として一緒に歩いてくれました!

イチ・ニ・イチ・ニ と掛け声をかけながら登ります。
少し飽きてきたら100まで数える事に・・・
そうでもして気を紛らわせて登ります。親分も少し疲れている感じだったので

ふざけて世界のナベアツアフーで 1・2・さ〜ん と・・・ 初めてやってみたら
間違ってでもアホになってしまいました・・・ 困り者です。(´ヘ`;)ハァ

本当にお馬鹿ですがそれでも笑いは疲れを紛らわせてくれます・・・

で・・・この道のちょっと怖いところは・・・

IMG_1776

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんな感じに上が開けて喜んでも 尽く裏切られます。
何度も何度も、上の写真の様に 開けるのですが巻いては
また薄暗い樹林帯に戻されます。

 

樹林帯を歩き始めて7時間。まだ樹林帯を歩いています・・・

 

そこへ・・・下りの男性2名にお会いします。ここで・・・・
本当に珍しい事が起きました。

親分「あとどのくらいで開けますか?」 と聞いたのです。

「開けるのはすぐですよ!でもその先は雪渓ですよ。気をつけて。」

親分は滅多に道や先のことを聞くことはありませんが・・・さすがに
樹林帯が長すぎてそして、開けそうで開けないのです。

でもオジサマの言っていたとおりにすぐに開けました!

そこでランチにします。 ランチパックと薄皮あんぱんを食べます。

IMG_1780

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑山頂の見える場所でランチ中です。 13:15

粒あんが嫌いなアフーですが!粒あんが好きになってしまいそうな程
美味しかったです! 

IMG_0802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・ランチも嬉しかったですが!山頂が見えた事がうれしいです!
さてと先を急ぎます。 で、ランチの際、

IMG_1781

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は鳳凰小屋にテント泊という予定でしたが 親分はアフーの
遅さとバテ気味を見て・・・今日は南御室に予定を変更しようと言います。

IMG_1782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも・・・遅いけれどアフーはまだ しっかり鳳凰小屋に行く余力は残して
あります・・・ あんぱん食べたし。。。 そこで、言葉を濁しておきます。

IMG_0801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪渓はステップが踏み固められていてとてもラクチンです!

IMG_1785

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから山頂まではあっという間だった気がします。でも親分とは
差が付いてしまいます。

IMG_1786

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で先についた親分はなにやら 怒っています。

IMG_1788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフーはいつも5秒遅いんだよ!(`へ´)プンプン

IMG_1802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と・・・やっと山頂直下に来たのに・・・ なんで親分が機嫌が悪いか
判りません・・・(・_・")?

IMG_1796

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由を聞くと・・・ 

IMG_0805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも お日様が照っていたから写真を撮りたかったんだと・・・

IMG_1798

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の雲を待てばよいよ〜・・・と アフーはチャッカリと座り込んでズル休みしています。

IMG_1804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜それにしても この開放的な景色!!!

IMG_1801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここまで8時間歩いた事になります。少し雲は多いけれど、

IMG_1795

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8時間歩いた分を忘れさせてくれる景色が山頂には広がっていました!

IMG_0808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い砂。時折見せてくれる青い空。

IMG_0807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから白い雲。フーフーが届いています!

IMG_1806

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開けた所から奥に進むと地蔵岳の山頂となります。

IMG_0804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで歩いてきた道とは正反対の 世界が広がっています。

IMG_0809

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂に進む親分。

IMG_1805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフーと親分を出迎えてくれたのは 北岳君でした!

アフーもスカサズトリマクリです。

IMG_0812

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧巻とはたぶん こう言う時に使う言葉なんだな・・・と思わせる景色です。
堂々たる南アルプスの景色には 圧巻と言う言葉がピッタリです。

IMG_0815

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間はとってもとっても小さいです...ここで先程、小屋の車が止っていた場所で
お会いしたご夫婦とお会いします。 お話をした所、この方達はこれから
三山巡りして鳳凰小屋に下る予定と仰っていました。時間が間に合わなければ
山頂付近でビバーグしようと思っていらっしゃると仰っていました。

IMG_0818

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず無事に一つ目の 鳳凰一山を頂きました!後は北岳君。

IMG_1814

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山パンツは上がり・・・帽子はコロンボなアフーも まだまだ元気です!
親分に「どうするアフー。南御室に泊まる?」

IMG_1811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフー 「 鳳凰小屋まで行けますっ!」

という訳で 空中散歩を楽しんだ後・・・ 鳳凰小屋に向かうのですが・・・

災難は小屋に付く前に待っていました・・・・・

                続く... 

 

続きも読むよッ!お尻ペンペンっ!クリックなんちて。