2008年06月17日

鳳凰三山 【其の零】

2008.6.13(金) 夜 から14日の朝までの出来事。

 

仕事が終わってから親分と幾つかの候補より山を選びました。

久しぶりのテント泊。 とってもo(^-^)oワクワクドキドキです。

いつものザックから全ての荷物を取り出して そしてテント泊用の

ザックに詰め込んでいきます。

 

親分 「 できるだけ 軽量にしていこう 」

といいながら、結構省く物がないのです・・・

ネックウォーマー。それからホッカイロ。
を追加して放り込んでいます。替えのスキーソックスを入れようとして
いたので・・・

それを見ながら・・・アフーは 「全然軽量になってないよ〜靴下は置いていきなよ〜」

親分は渋々、替えの靴下を取り出していました・・・

私も自分の冬用の備えより
替えの靴下。ネックウォーマー。ホッカイロ。 全部放り出してしまいました。
軽くなったと喜んでいた私には後にしっかり 天罰が下りました。

 

 

後にアフーが親分を笑い飛ばした 補助用品 にアフーは助けてもらう
事となります。

冬じゃないからという言い訳は通用しない事を身をもって痛感です。

 


GPSに地図とルートをセットして、我家を出発です。
いつも通り・・・無事に帰れますようにと出発時に心に誓います。

 

東北自動車道、首都高、山手トンネルを抜け中央道、
そして韮崎ICまでヒトットビです。

韮崎ICについてからすぐにコンビニに寄ります。

 

行動食用のパン。ランチパックは深入りピーナッツ。そしてアフーは
ネオバターロール。親分は薄皮あんぱん。
スポドリジュース、予備食のカップラーメン、それから飲み物を補給して・・・

青木鉱泉に向かいます。

 

と言う訳で・・・ザックの重さが確定しました。カメラも含め

アフーの荷物  13.4キロ 

親分の荷物   14.5キロ

 

ザックの重さのウェイトを占めているのは・・・ 水です。
共に2?以上積み込んでいます。

 

パッキングから始まって帰ってくるまでの間・・・ 要る物。要らない物。
そして現在あるけれど軽量化しなおす物。など色々な発見がありました。

 

そして・・・・一番 は 心の準備が未熟でした。

 

鳳凰三山。 残念アフーは一応、南アルプスは 甲斐駒から始まり
北岳、間ノ岳、そして仙丈 と登ってきていて・・・標高から考えたら
鳳凰三山は楽だと思い込んでいました...

 

これはカンティガイでした・・・

鳳凰三山恐るべし。

一つ目の山頂まで標高差1700m 
なんと・・・99.5% 視界の無いオール樹林帯一本勝負。

そんな訳で・・・・ 2日間。長い様で短かった・・・

そして、辛いようで、楽しかった、鳳凰三山のレポの始まりです。

続きも読むよ。お尻ぺんぺ〜ん。クリック(^-^)







Posted by theslowpace at 13:42 | ヤマノボリ ,ヤマドウグ